携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『Left 4 Dead 2』の日本発売にかなり前向き――VALVE社インタビュー

『Left 4 Dead 2』の日本発売にかなり前向き――VALVE社インタビュー
【E3 2009】

2009/6/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●フライパンでゾンビをボコボコにするユーモアテイスト



 

l4

 E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)のVALVE社ブースに、Xbox 360用ソフト『Left 4 Dead 2』が早くも出展されていた。『Left 4 Dead』は生存者4人で助け合いながら、ゾンビがうごめく世界を生き残るサバイバルアクション。猛烈なダッシュで駆け寄ってくる無数のゾンビの姿が、世界のホラーファンの度肝を抜いた。ゲームシステムもよくできており、生き残るためにはチームの協力が絶対に必須。ゾンビを警戒する者、後方からのゾンビの襲撃に目を光らせる者、傷ついた仲間を治療する者など役割をこなし助け合うことが生存への近道となる。とくにオンラインでの4人プレイが人気を博し、日本でも根強い人気を見せたタイトルだ。前作発売から約1年で早くも『2』がプレイアブルで楽しめた。そこで今作の特徴を、VALVE社のマーケティング部門副社長のダグ・ロンバルディ氏に直撃した。

 

――今作は明るくなったイメージですが、なぜですか?
 

ロンバルディ 今回は5つのキャンペーンがあり、一部は夜だがほかは昼間。バラエティー性を加えたかった。常に暗いところにいるとモノトーンでつまらないよね。

 

――今作でとくにパワーアップしたところは?
 

ロンバルディ 武器とアイテム合わせて20種類用意しました。ショットガン、スナイパーライフル、サブマシンガンなど新しく、またインシネレート・アモ(火炎弾)を加えました。もっともエキサイティングな違いは近接戦の武器を入れたこと。斧、フライパン、バットなど、おもしろいでしょ?

 

――なぜ近接を入れたんですか?
 

ロンバルディ プレイヤーにこれまでとは異なるアプローチの仕方を与えたかったんです。チーム同志が狭いところで戦っていると、マシンガンなどでは味方を撃ってしまう可能性があり、必ずしも適切ではない。また緊張して戦っている時に誰かがフライパンでゾンビをボコボコにすると笑いが起こって、チームの結束にも効果的だと思うんだ。あとでいっしょにリプレイを見ても笑えるよ(笑)。

 

――(笑)。前作の強いミュータントはまた出てきます?
 

ロンバルディ 前作のボス・モンスター5体は、行動様式が変るなど多少変更したが再登場するよ。新しいボス・モンスターは3体。そのひとつはチャージャー(ゾンビ)。チームを分裂させ、プレイヤーを持ち上げて歩道に叩き落す力がある。

 

――さっきやられました(笑)。前作ファンからの要望がいろいろとあったと思うんですが、何か入れました?
 

ロンバルディ もちろん。ゲームが完成した際、開発チームも入れたいアイディアが色々あったんだ。250〜300万人がプレイしたわけだが、彼らの動きを見ていて変更したいと思うところがあった。たとえば前作のフィナーレなどで、壁にくっついて4人まとまっていれば安全だったが、今回はプレイヤーが移動しなければいけないシチュエーションが増やしたので、ほとんど安全な場所がない。また、オープニングムービーがとてもよいとの意見があったので、各キャンペーンにムービーを取り入れたよ。

 

――ズバリ発売予定は?
 

ロンバルディ 米国では2009年11月17日。アジアでの日にちははっきり知らないがその週に発売されるはずだよ。


DSC_5011

▲満員御礼のVALVEブース。ヒット作が生まれると注目度も変わる。


――日本版を出してほしいというローカライズの要望はどこのメーカーからもまだ来ていないですか(笑)?
 

ロンバルディ 前作は日本でも大ヒットが証明されたのでローカライズを強化する理由ができた(笑)。詳細はまだわからないが、『Left 4 Dead』は日本で売れる、もっと投資しよう! と考えているよ。

 

――最後にファンへのメッセージをください!
 

ロンバルディ 前作の日本での反響の大きさにびっくりしています。このゲームも前作同様、できればそれ以上に楽しんでもらいたいと思う。これからもヒット作を提供していきたい。日本のファンがただゾンビだけ気に入ったのではなく、ゲームが気に入ってくれているといいな(笑)。今年東京ゲームショウに出展するので、ぜひそこでもプレイしてもらいたい。
 

※『Left 4 Dead』のサイトはこちら(前作)


[関連記事]
※大量に襲ってくるゾンビの恐怖は確実に倍増!『Left 4 Dead 2』プレイリポート
 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【PS5】通販サイトにプレイステーション5特設ページが登場。予約案内メールが受け取れるサイトも

2020年7月15日、ヨドバシ・ドット・コムや楽天ブックスで2020年年末商戦期に発売予定のプレイステーション5特設ページが設置された。

コナミがGoogleのクラウドゲームサービス“Stadia”に参入。第1弾タイトルは『スーパーボンバーマン R オンライン』

コナミデジタルエンタテインメントは、Googleが提供するゲーミングプラットフォーム“Stadia”への参入を決定した。

賞金総額は300万円以上! “魔法のiらんど 小説&コミック大賞”小説、コミック、コミックシナリオの3大賞6部門で募集を開始

KADOKAWAは、2020年7月15日より“魔法のiらんど 小説&コミック大賞”の募集を開始することを発表した。

料理アクションゲーム『タベオウジャ』がSwitchで2020年冬に発売決定。一番“強い”料理を作って頂上決戦に挑め!

バンダイは、2020年冬に料理アクションゲーム『タベオウジャ』をNintendo Switchで発売すると発表した。

Switch、PS4『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』ローンチトレーラーが公開! いよいよ明日7/16発売

2020年7月15日、スパイク・チュンソフトは2020年7月16日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』のローンチトレーラーを公開した。

『MOTHER』シリーズ全3作のセリフを収録した本“『MOTHER』のことば。”内容チェックメンバーをファンの中から募集。人数は最大100名ほど

ほぼ日は2020年12月に発売を予定している本“『MOTHER』のことば。”について、プレイ&チェックチームのメンバー募集を開始した。

『機動戦士ガンダム』最終話の名シーンがファッションアイテムに! トラックジャケットやTシャツなど全7種が発売決定!

プレミアムバンダイは、アニメ『機動戦士ガンダム』最終話の名シーン”をモチーフにした“トラックジャケット”、“トラックパンツ”、“ランニングTシャツ”など全7種類の新商品を発売。本日(2020年7月15日)より予約受付が開始された。

『ドラゴンクエストタクト』プレイレビュー。これこそ『DQ』ファンが期待していた通りのタクティカルなゲームです!

2020年7月16日より配信される『ドラゴンクエスト』シリーズ初のタクティカルRPG、『ドラゴンクエストタクト』。本作をいち早くプレイしてわかったポイントを紹介。スタートダッシュには必須のレビュー!

『ロケットアリーナ』全キャラがロケラン撃ちまくりという変則対戦TPSの開発チームにインタビュー。コンセプトから今後まで聞いた

発売されたばかりのオンライン対戦TPS『ロケットアリーナ』の開発チームへのオンラインインタビューをお届け。

【あつ森】『一番くじ あつまれ どうぶつの森』が8月15日から順次発売

『あつまれ どうぶつの森』を題材にした『一番くじ あつまれ どうぶつの森』が2020年8月15日から順次発売される。