携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Take-Two Interactiveブースリポートその1 世紀末ライクなオープンワールドのオンラインCo-opシューター!『Borderlands』

Take-Two Interactiveブースリポートその1 世紀末ライクなオープンワールドのオンラインCo-opシューター!『Borderlands』
【E3 2009】

2009/6/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●FPSとRPG。ふたつの要素を取り入れた新感覚FPS『Borderlands』

 

booth2

 米国の大手パブリッシャー、Take-Two Interactiveは、E3ではクローズドブースによる出展となっており、事前申請をしているメディアのみが取材を行えるという厳重体勢がひかれていた。多くの記者が詰め掛けていたのが、2K Gamesレーベル『Borderlands』、『Mafia 2』、『Bioshock 2』の3タイトル。ここでは、Take-Two Interactiveブースリポートその1として、FPSでは定評のあるデベロッパー、Gearbox Softwareが手掛ける『Borderlands』のプレビューをお届けする。

 


 トゥーンシェーディング風になった新たなグラフィックが印象的な『Borderlands』。FPSとRPGの要素を併せ持つ斬新なスタイルで、シングルプレイのほか、CO-OPによるマルチプレイが楽しめることも特徴だ。プレイヤーが選択可能なキャラクタータイプは、特徴の異なるBrick、Mordecai、Roland、Lilithの4種。経験値を獲得すると固有のスキルをアップグレードできるという要素は、まさにRPGらしさ。

 デモでは、本作のクリエイティブディレクター、Mikey Neumann氏がプレゼンテーションを務め、新情報を中心にゲームの説明が行われた。ゲームの舞台となるのは、パンドラという荒廃した惑星。だが、ただ荒れた大地が広がっているだけではない。壮大な自然が見られる場所もある。トゥーンシェーディング風のアートスタイルに変更した理由のひとつには、美しさを感じられるポイントを入れたかったからでもあるそうだ。メインミッションの総数は20〜30。ほかにもサイドミッションが130〜140も用意されている。デモでは、スキャッグス(野犬のような敵)とそのボスを倒すミッションをプレイしていたのだが、キャラクタータイプの違いについても言及。印象的だったのはタンク型のBrickだ。素手で敵を倒すシーンが公開されたときには、記者たちから驚嘆の声があがっていた。本作を象徴する、ほかのゲームにはない、特徴的なシーンと言えるだろう。また、マップが非常に広大なことに加え、いたるところでミッションを請け負うことが可能で、乗り物で移動できることも明らかにされた。

 

 さらに、デモ後のQ&Aでは「以前のアートスタイルは真面目すぎたので、変更して“楽しさ”を取り入れた」、「オープンワールドだがミッションを追って進行できる。プレイヤー次第で楽しみかたはいろいろ」、「ゲームスタート時、武器はふたつ(前後)だが4つまで持てる。また、バックパック(3〜6個)も追加可能で、新しいものを得た場合、オート機能によって下位のものが自動的に落とされる」、「ミッション中、いつでもCO-OPに参加できる」、「ステージ間は自由に移動可能」など、さまざまな新情報が公開された。本作は欧米では今秋発売予定。機種はプレイステーション3、Xbox 360、PC。ちなみに、日本での発売は未定だ。

 

Borderlands E3 Screenshot 1
Borderlands E3 Screenshot 2
Borderlands E3 Screenshot 3
Borderlands E3 Screenshot 4

 

Borderlands E3 Screenshot 5
Borderlands E3 Screenshot 6
Borderlands E3 Screenshot 7
booth1

▲左端の画像を見ればわかりやすいかと思うが、独特のタッチのグラフィックとなっている。


※『Borderlands』の公式サイト(英語)はこちら

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ガルパ』バンド“RAISE A SUILEN”フィーチャー特集! 『FF11』新シナリオ開始記念企画&秋のゲーム配信放送ガイド(2020年9月24日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2020年9月24日)発売の週刊ファミ通2020年10月1日号は、個性豊かなガールズバンドの活躍を描いたリズム&アドベンチャーゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティー!』が表紙!

The Game Awardsが今年は12月10日(北米時間)に開催決定。ロサンゼルス、東京、ロンドンの3都市をつないで生配信

年末の祭典The Game Awardsが、今年は北米時間の2020年12月10日(木)に開催されることが明らかとなった。しかも今年は、ロサンゼルス、東京、ロンドンの3都市をデジタルでつなぎ、賞のライブプレゼンテーション、音楽パフォーマンス、“ワールドプレミア”としてのゲームの新作発表などを行うという。

【週刊ファミ通9月24日発売】『ガルパ』バンド“RAISE ASUILEN”特集&限定デザインのQUOカードが当たるキャンペーンを実施!

KADOKAWA Game Linkageは、2020年9月24日(木)発売の週刊ファミ通2020年10月8日号にて、『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』に登場するバンド“RAISE A SUILEN”特集&限定デザインのQUOカードが当たるキャンペーンを実施する。

“セガ60周年記念 アフターサマーセール”開催!『新サクラ大戦』や『BAYONETTA&VANQUISH』など全80タイトル以上がお安く

セガは、PS Storeとニンテンドーeショップにて“セガ60周年記念 アフターサマーセール”を開催中。今回のセールでは、『新サクラ大戦』が50%OFF、『東京2020オリンピック The Official Video Game』が30%OFFなど、全80タイトル以上が特別特価で販売されている。

『ニーア オートマタ』や『FF』シリーズが50%オフ、『キングダムハーツ3』が70%オフなど、スクエニの名作がお得に買えるTGS記念セールがPS4とSwitchで開催

2020年9月23日、スクウェア・エニックスはニンテンドーe ショップ、PlayStation Storeにて“スクウェア・エニックス TOKYO GAME SHOW ONLINE 2020開催記念セール”を開始した。

『アケアカ バーニンラバー』Switch、PS4向けに9月24日配信。敵車と激しく競り合いながら障害物を避け、ゴールを目指すアクションゲーム

ハムスターは、Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『アーケードアーカイブス バーニンラバー』の配信を2020年9月17日(木)より開始する。

Switch『ふたりで! にゃんこ大戦争』12月3日にパッケージ版が発売決定。限定EXキャラクターが手に入るシリアルカード付き

ポノスは、スマートフォン向けアプリ『にゃんこ大戦争』のNintendo Switch用ソフト『ふたりで! にゃんこ大戦争』パッケージ版を2020年12月3日に発売することを決定した。9月23日より予約がスタートしている。

【FGOアーケード】マーリン〔プロトタイプ〕(声優:川澄綾子さん)実装決定! 9/23生放送最新情報まとめ

『Fate/Grand Order Arcade』でプロトマーリンこと星5キャスター・マーリン〔プロトタイプ〕(声優:川澄綾子さん)が実装されることが発表! 9月23日に放送された公式生放送の新情報をまとめてお届けする。

『Dead by Daylight』キラー“スピリット”の固有パーク“呪術:霊障の地”が聖堂(シュライン・オブ・シークレット)に登場!

本日2020年9月23日、非対称マルチプレイヤー・ホラーゲーム『Dead by Daylight』において、ゲーム内通貨でキャラクターの固有パークを購入することができる聖堂(シュライン・オブ・シークレット)が更新され、キラー“スピリット”の固有パーク“呪術:霊障の地”が登場。

『時計じかけのアクワリオ』幻のアーケードゲームが27年の時を経て、いま蘇る!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2020年10月8日号(2020年9月24日発売)では、『時計じかけのアクワリオ』の最新情報をお届け!