携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PSP版は初心に返って作った2009年の『グランツーリスモ』――山内一典氏インタビュー

PSP版は初心に返って作った2009年の『グランツーリスモ』――山内一典氏インタビュー
【E3 2009】

2009/6/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●“ドライビングの高揚感”はPSPでも充分味わえる

 

 E3 2009で、ついにそのベールを脱いだPSP(プレイステーション・ポータブル)版『グランツーリスモ』。今回、開発を手掛けるポリフォニー・デジタルの山内一典氏にインタビューする機会を得られた。シリーズ初のPSP版がどういったコンセプトのもと作られているのかなどについて聞いた。
 

▲E3 2009で公開されたPSP版『グランツーリスモ』の詳細を山内氏に聞いた。

――実際にゲーム画面を見させてもらいましたが、映像のクオリティーは据え置き機版に迫るものがありました。

山内一典氏(以下、山内) 据え置き機版を超える、とまで言う気はないのですが、やはり誰もが『グランツーリスモ』だとわかるクオリティーを達成しないことには出す意味がありませんからね。そういった意味で今回のPSP版は大きな賭けでした。PSPで出したら『グランツーリスモ』じゃなくなった……そうなったらどうしようと、とても不安でしたから。画面をパッと見て、スゴイと思ってもらえるのはいちばんうれしいことです。

 

――最近のPSPはひとつのタイトルを長く遊ぶという傾向が強いと思うのですが、PSP版『グランツーリスモ』にもそういった長く遊ぶための仕掛けはあるのでしょうか?

山内 『グランツーリスモ』シリーズはもともとプレイ時間の長いタイトルですが、加えて今回はアドホックモードを通じて、クルマのシェアやトレーディングができるようになっています。『モンスターハンターポータブル』シリーズもそうですけど、みんなで遊べるというのは、長く遊んでもらうための要素のひとつでしょう。800台用意されているクルマそれぞれの背景、歴史、ドライビング感覚などを友だちどうしで共有する、そういったコミュニケーションがPSP版『グランツーリスモ』から生まれてくれればと思います。
 

▲携帯ゲーム機向けタイトルとしては、驚異的なグラフィックを実現しているPSP版『グランツーリスモ』。

 

――800車種をひとりですべて集めるとしたらどれくらいの時間がかかりますか?

山内 想像もつかないですね(笑)。なのでそこはぜひ、友だちとシェアしながらコンプリートを目指してほしいですね。

 

――コースのボリュームはどれくらいになるのでしょうか?

山内 全体の数としては、シリーズ最大になるんじゃないでしょうか。ただ、新コースをどんどん追加しようという考えはあまりないです。これまでに制作したコースだけでもかなりの数になっていますからね。

 

――コースやクルマの追加配信は考えているのでしょうか?

山内 アイデアとしてはあったのですが、いまのところ予定していません。PSP版『グランツーリスモ』は、シリーズ10年の歴史を踏まえたうえで、2009年のいま、シリーズ第1作目を初心に返って作ったらどうなるのか? という気持ちで開発しました。なので、初めて遊ぶ人も充分満足できる内容にしたかったんです。だから、ソフトの構成もシンプル。ネットワーク配信といった別のビジネスが絡まないようにしました。


▲PSP版『グランツーリスモ』はシリーズ入門にも最適な作りとなっている。


――すべてがパッケージで完結するというわけですね。

山内 そうですね。ネットワーク配信などは、プレイステーション3で開発中の『グランツーリスモ 5』で本格的にやろうと考えています。PSP版はみんなで持ち寄ってもらい、とにかくプレイすること自体を楽しみ、みんなでクルマの話をする。そういった遊びかたをしてもらうのが理想的です。

 

――『グランツーリスモ』シリーズはこれまで、初心者には敷居が高いという感もありましたが、今回は敷居が下げられているのでしょうか?

山内 たしかにいままでの作品には、ライトなユーザーが一歩引いてしまうコアな部分があったと思います。これから出る『5』にしても、プレイステーション3本体が必要だし、ネットワークも必須。できればフルHDのテレビもほしいでしょう。これだけのセットアップを、ティーンエイジャーなど初めて『グランツーリスモ』に触れる人へ求めるのは正直きびしい。そういった意味でも、今回PSP版を出した意味は大きいと思います。具体的に初めて触った人でも楽しめるための仕組みとしては、ゲームの進行をとにかく早くしました。15分遊んだら何か変化があるような、そんな作りにしようと思っています。長時間集中するといった遊びかたもいいのですが、やはりポータブル機の特性を考えた場合、ちょっと時間ができたときとか、電車で移動しているときなどに遊びたいでしょう。分断された時間の中でもゲームの進捗がハッキリとわかるゲームデザイン、それを目指していますね。

 

▲シリーズ1作目を初心に返って作りなおした、と語る山内氏。

――『グランツーリスモ 5』との連携要素などはあるのでしょうか?

山内 PSP版で獲得したクルマは、自分のガレージに置かれているようなものですから、『5』でも乗れるようにできればと思います。ラジコンやミニチュアカーの世界といっしょで、1回手に入れたクルマはもう自分のもの。好きなように使いたいでしょう。そういう部分で、PSP版が『5』に向けてうまく機能してくれればいいと思いますね。

 

――今回発表された新型PSP“PSP go”との同梱版、限定カラー発売などは予定していますか?

山内 そこは僕が決められるところではないので、正直まだわかりません。ただ、個人的にはやりたいです。でも、もしPSP goと同梱にしたらディスクが必要ないですから……プリインストールという形になるんですね。

 

――最後にファンに向けてひとことお願いします。

山内 たいへん長いことお待たせしました。『グランツーリスモ』が、手軽に持ち運び可能なPSPで遊べるというのは、とても大きいことだと思っています。『グランツーリスモ』が持つ“ドライビングの高揚感”は、PSP版でも充分味わえるよう作っていますので、時間が空いたらいつでもどこでも好きなときに楽しんでください。

※グランツーリスモ・ドットコムはこちら
 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『銀魂PROJECT Last Game』早期購入特典の選抜投票3週目は屁怒絽VSモザイク!?

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーションVita、プレイステーション4用ソフト『銀魂PROJECT Last Game』について、早期購入特典選抜投票3週目を開始した。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『GT SPORT』“Amazon プライムデー”の特別企画によるスタジオツアーを開催! 参加体験レポートを紹介

Amazonが2017年7月10日より開催した“Amazon プライムデー”の目玉商品のひとつ、“『グランツーリスモSPORT リミテッドエディション』制作スタジオ見学ツアー付”。2017年7月21日、ポリフォニー・デジタル本社スタジオにて、商品購入者を招いてのイベントが実施された。

『グランツーリスモSPORT』メディア向けスタジオツアーでその全貌が明らかに! 最新ビルドを用いた試遊会も実施

2017年10月19日に発売が決定したプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』。2017年7月26日、同作の開発スタジオである“ポリフォニー・デジタル”にて、メディアを招待しての『GT SPORT』のプレゼンテーションならびにスタジオ見学ツアー&試遊体験会が実施された。

コンピュータ町内会 各投稿コーナー更新!

ナッツ・ザ・レジェンド、俺の推理、○○少年の3コーナーを更新! 最新投稿者ランキングも更新! 町内会GP2016Web投票は締切! 真夏日は9月いっぱい続くとか!

『ナルティメットストーム』3作品がひとつになった『NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー』本日7月27日発売

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー』を、本日2017年7月27日に発売開始した。

コーエーテクモゲームスの早矢仕洋介氏がボツとなった資料を交え語る “『仁王』先輩”はいかにしてアジアでヒット作となるに至ったか【ChinaJoy 2017】

ChinaJoy 2017に合わせて行われたCGDCのコーエーテクモゲームス早矢仕洋介氏のキーノートの模様をお届けしよう。

『戦御村正DX−紅蓮の血統−』ソフマップとAmazonの店舗特典が公開

システムソフト・アルファーは、2017年10月26日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『戦御村正DX−紅蓮の血統−』について、ソフマップとAmazonの店舗特典を公開した。