携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> やっぱり『マリオ』にハズレなし――『New スーパーマリオブラザーズ Wii』プレイリポート

やっぱり『マリオ』にハズレなし――『New スーパーマリオブラザーズ Wii』プレイリポート
【E3 2009】

2009/6/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●邪魔するわけじゃないけど邪魔しちゃうもどかしさ


 宮本茂氏が以前から実現してみたいと言っていた“『スーパーマリオ』のマルチプレイ”を体験できるのが『New スーパーマリオブラザーズ Wii』だ。今回は地下、砂漠、氷の世界などバリエーション溢れる10ステージが楽しめた。プレイしてみての率直な感想は……『マリオ』にハズレなし!

 

 

 

 4人プレイは予測もしない事態をたびたび引き起こす。たとえば何かの障害物を飛び越えようとジャンプしたとき、ふいにほかのキャラクターが目の前に現れ、下からつきあげてあらぬ方向に飛ばしてしまったり(しまいには穴とか……)、逆に敵にぶつかる寸前に、ほかの人がたたまたま放ったファイヤーに助けられたり、意識していないのに自然と“邪魔”と“協力”が生まれてくる。「ちょっと! いまのオマエ!!」、「あぶねー! 助かったー」、「届かないから俺を下からつきあげてー!」などギャーギャーと騒いでしまうのは必至で……この“邪魔”と“協力”のバランスが一体感を生んで心地いいのだ。『スーパーマリオブラザーズ』で同じ画面にほかの人がいるというだけで、これだけゲーム性がかわるのかと思わず唸ってしまう。
 

 徹底的にヒールなキャラになってもかまわない。ちょっと想像してみて。誰もがハマった『マリオブラザーズ』の“潰しあい”が『スーパーマリオ』の舞台で展開できるのだ。ドSのキミなら絶対にハマるはず……という書き方はソフトのイメージを崩すかもしれないが、あのいやらしい中毒性がこのゲームにはある。※ご注意:ヒールキャラがいると全然ステージが進められません(笑)。協力は絶対に必要です!
 

▲『NewスーパーマリオブラザーズWii』ブースは笑顔が絶えません。


 なんでこんなにおもしろいんだろうと考えたとき、やはりステージの構成が絶妙なんだと気づかされる。『スーパーマリオ』をプレイしていてジャンプボタンを押した瞬間、「あ、このタイミングは早かったか! いや、でもいけるかも。あ、やっぱりだめだった……」と、しごく優柔不断なジャンプをしてしまうことがあると思うが(記者だけ?)、あの踏み切れない場面がいっぱい出てくる。逆に足もとが非常に不安定なステージで、ひょいひょいと身軽に超絶プレイですり抜けられると単細胞のごとく悦に入ってしまうのだが、このプレイヤーへの飴と鞭が神業的。プレイ模様を思い出すだけでニヤリとしてしまう。

 

 今作はキャラの衣装もかわいく、ペンギンだったり、プロペラスーツだったり、いろいろな性能をもったコスチュームが登場する模様。あ、でもこれを(数に限りがあるため)無意識に取り合いしちゃうんだよな……こんな原稿を書いていたらとにかくまたプレイしたくなってきた! 記者は幼少期に家族で『スーパーマリオ』をワイワイとプレイしていた世代。『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の登場で、父となった記者がこんどは自分の子供とワイワイと遊ぶ時代が到来するのかなと少しおセンチな気分になりました。

RVL_MarioBrosW_01ss01_E3
RVL_MarioBrosW_01ss02_E3
RVL_MarioBrosW_01ss03_E3
RVL_MarioBrosW_02ss01_E3
RVL_MarioBrosW_02ss02_E3
RVL_MarioBrosW_02ss03_E3
RVL_MarioBrosW_02ss04_E3
RVL_MarioBrosW_02ss05_E3
RVL_MarioBrosW_02ss06_E3
RVL_MarioBrosW_02ss07_E3
RVL_MarioBrosW_01char_E3
RVL_MarioBrosW_03char_E3
RVL_MarioBrosW_01illu_E3

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アイドルマスター シンデレラガールズ』6thLIVEの日程と開催場所が発表、台湾で初の海外単独公演も決定!

バンダイナムコエンターテインメントは、本日11月19日に開催された“アイドルマスター シンデレラガールズ 6th Anniversary Memorial Party”において、新規情報を公開した。

『PUBG』日本のSunsister Unknownがラストでドン勝! アジア大会Squad戦を制したのは!?【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。3日目のSquad戦・4ラウンド目で日本チームのSunsister Unknownが見事に1位を獲得し、総合5位に食い込んだ。

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデューサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。