携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイステーション3版モーションコントローラーが実演! その実力は……?

プレイステーション3版モーションコントローラーが実演! その実力は……?
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●PlayStation Eye×専用コントローラーで新たなインターフェイスが誕生

 

 PSP goのお披露目、新タイトルの電撃発表など直球勝負のサプライズ満載だったソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のプレスカンファレンスの中で、変化球的な驚きを提供したのが“モーションコントロール”のデモンストレーションだ。これは、プレイステーション3向けのカメラ、PlayStation Eyeと専用コントローラーを使用する新たな操作方法の提案。「モーションコントロール技術を使ったゲームはひとつのムーブメントになっていますが、プレイステーションでもそれを実現します」というコメントとともに、『Eye Toy』のクリエーターたちが数年かけて開発したというモーションコントロールのプロトタイプが公開された。
 

▲これが専用コントローラー。


 専用コントローラーは刀の柄のような棒状で、いくつかのボタンと内蔵のモーションセンサーを搭載。特徴的なのは、コントローラーの先端についた光る球体で、この球体の動きをPlayStation Eyeが正確に追跡してくれるという。デモンストレーションではまず、ゲーム画面内でコントローラーを別の物に置き換えることでさまざまなゲームに活用できることが説明。バッドに始まり、テニスのラケット、巨大な剣、さらには扇子などさまざまなアイデアが紹介された。

 

▲PlayStation Eyeを使ってテレビ画面に映し出されると、手に持つ専用コントローラーがさまざまなアイテムに! かなり激しい動きをしてもきちんと反映されているようだった。


 また、ふたつのコントローラーを両手に持って積み木を持ち上げたり、コントローラーを振ることで字や絵を描いたり、懐中電灯に見立てて辺りを照らしたりも。コントローラーを画面に向けてポインティングし、リアルタイムストラテジーのようなゲームで戦車をポイントして指示を出す様子も実演された。コントローラーの動きがほぼリアルタイムに反映され、どのような動きも完全に捉えられるというのが、この技術の強みだそうで、デモを見ている限りではラグはほとんど感じられなかった。

▲字を書いたり、絵を描いたりというのはやはり難しいそう。詳しい操作についての説明はなかったが、こういった細かい動きにはいくつか搭載されているというボタンを使っていると思われる。


▲「家庭用ゲーム機のリアルタイムストラテジーに、ついに最適のインターフェイスが誕生した」として紹介。コントローラーのポインティングを使って直感的に操作ができる。


 さらに一歩進んだデモンストレーションとして、バーチャルアリーナでのキャラクターコントロールが実演。両手に持ったふたつのコントローラーを剣と盾に見立てて、クリーチャーとの勝負が演じられた。印象的だったのは、振り下ろす剣だけではなく、防ぐ盾の動きもかなり忠実に反映されていたこと。人間の動きをカメラで捉えてそのまま再現するため、非常に自然な動きに見えた。バーチャルアリーナでは、近寄ってくる敵にコントローラーを振る動作で手裏剣を投げて倒したり、ふたつのコントローラーを使って弓矢を放ったりも。開発者のお気に入りはこの弓だそうで、実際の動きを奥行きまで正確に捉えることができるため、弓を引き絞れば絞るほど威力の高い攻撃を出せるという。
 

▲剣と盾を手にしてクリーチャーと渡り合う! かなり自然な人間の動きが再現されているように見えた。

 

▲こちらは手裏剣で敵を狙い打つ様子。正確性を感じてもらえるという開発者のコメントどおり、小さな手裏剣がきちんと狙った場所に当たっているようだった。


▲弓は引き絞れば絞るほど早くて強い矢を撃つことができる。敵に狙いを合わせると、そこにカメラの照準も合うなど演出も巧みで、プロトタイプながら「やってみたい!」と思わせる内容!


 実際に体を動かすことで操作を行うモーションコントロールは、ゲームファンならいまさら驚くまでもない技術なのも事実。今回はあくまでもプロトタイプの紹介だったが、これをどのようにゲームに昇華させるかと、実際のモーションコントローラーの感度がどの程度なのかが気になるところだ。デモを見る限りでは何のストレスもなく操作できそうだったが、はたして……? このモーションコントローラーは、2010年春に発売される予定だ。
 


 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『DOAX VV』クールでボインな新キャラクター"ルナ”が登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、DMM GAMESで展開中のコミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開。

『真・三國無双8』釣りや狩りをしてワイルドに暮らせ!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、2018年2月8日に発売予定のタクティカルアクションゲーム『真・三國無双8』の最新情報を公開。

プロゲーマー・sako氏がシーズン3を語る! 『ストV AE』発売記念特集&シーズン3開幕記念特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、『ストリートファイターV アーケードエディション』の最新情報を公開。

『New ガンダムブレイカー』がPS4で2018年に発売決定、同作の詳細を紹介する番組の配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『ガンダムブレイカー』シリーズ最新作『New ガンダムブレイカー』をプレイステーション4で2018年に発売することを発表した。

『ガンダムバトルオペレーションNEXT』新機能“ウィークリーミッション”が実装決定 ストライクフリーダムガンダムも参戦!

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ガンダムバトルオペレーションNEXT』にて新機能“ウィークリーミッション”の実装が発表された。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』Nintendo Switch版が4月26日に発売決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のNintendo Switch版を2018年4月26日に発売することを発表した。

『ガンダムバーサス』“ゴッドガンダム”、“マスターガンダム”は1月23日配信 ファルシア、ビルドストライクガンダムも参戦決定【リリース追記】

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、発売中のプレイステーション4用ソフト『ガンダムバーサス』を発表した。

『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日配信開始、独特な世界観の2Dホラーアドベンチャー

アクティブゲーミングメディアより、Uri Games 開発による『Strange Man』シリーズの第一作目、『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日(2018年1月16日)配信を開始した。

“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』の凱旋公演が1月25日からスタート

池袋シアターグリーン“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』が、凱旋公演として2018年1月25日(木)〜29日(月)、池袋シアターグリーンBASE THEATERにて上演される。本舞台には、ゲーム好きな声優・俳優として、ゲーム系のさまざまな配信番組に出演している望月英さんも出演。

『戦場のヴァルキュリア4』の戦場を支配する戦車と、それを操る車輌搭乗員たち【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、セガゲームスより2018年3月21日に発売される期待のシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』の最新情報を紹介。