携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 驚き度はナンバーワン! SCEプレスカンファレンス

驚き度はナンバーワン! SCEプレスカンファレンス
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●とんでもない隠し球も!!

  ハードメーカーの発表ラッシュの最後を飾るべく、2009年6月2日(現地時間)にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がプレスカンファレンスを開催。ソフト、ハードの両面で驚きの発表を連発した。

 

 まずステージに現れたのはSCEアメリカのジャック・トレットンCEO。冒頭、「なんだかいろいろとバレてしまっているので、皆さん、来てくれないかと思った」と記者団を笑わせ、続いて登場したSCE代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏も「昨年は舞台下で見ていたので、久しぶりにステージに立ちたかった」と言ったあとに「もっとも明らかになってしまった秘密だね」と苦笑し、おもむろに小型の携帯ゲーム機を取り出した。そう、これが速報でも紹介しているPSP(プレイステーション・ポータブル)の新型“PSP go”だ。

 

▲欧米では249.99ドルで発売される。

 

 平井社長は「どうすればPSPがもっとよくなるのかを、日々研究していた」とし、さらに「つぎなる革新のためにさまざまな部分を改良した」と言葉を続けたあと、フルモデルチェンジとも言えるPSP goの詳細を明らかにした。

 

 細かな部分は詳報を見てもらうとして、ここではとくに大きな変更点を。まずPSP goでは、PSPのアイデンティティーのひとつであるUMDディスクは使用しない。ゲームソフトはPLAYSTATIONネットワークからのダウンロード販売のみになるようで、UMDの代わりに搭載された16ギガバイトのフラッシュメモリーにソフトを保存することになりそうだ。本体の大きさは、サイズ的には、従来機と比べて50パーセントの小型化、40パーセントのスリム化を実現。パっと見たところ、本体表面は液晶モニターだけが目立つデザインでボタン類が見受けられないが、じつはこの液晶モニター、上にスライドする。するとその下から、十字キー、アナログキー、△□○×ボタンが出てくる。ネットワーク機能の部分では、Wi-Fiのほかにブルートゥースにも対応。気になる発売日と価格は、まずは欧米で2009年10月1日に249.99ドルで発売され、日本では2009年11月1日に26800円でのリリースとなる。またサービスの部分で、「ゲームやビデオなど、バラバラに存在しているエンターテインメントコンテンツをPSP goに集約する」(平井)という狙いで、“センスミー”というサービスをこの秋にもスタートさせるという。また対応ソフトとして真っ先に発表されたのはPSP版の『グランツーリスモ』。これを開発するポリフォニーデジタルの山内一典プレジデントが登壇し、ゲームの概要を説明した。こちらはのちほど、詳細記事をアップする。

 

▲PSP版『グランツーリスモ』を発表する山内一典氏。
 

▲小島クオリティーと言うべきコミカル要素を交えた映像が公開された『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』。


 そしてこのあと、ステージ上にはKONAMIの小島秀夫監督が登壇。こちらも詳報を読んでほしいが、PSP用の『メタルギア ソリッド』シリーズの新作『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』を発表! ウィットに富んだデモ映像も公開し、来場者から笑いと喝采を浴びた。またカプコンが『バイオハザードポータブル』なるタイトルを開発中であることが判明。こちらはタイトルロゴが公開されるに止まったが、今後の発表に注目が集まる。


▲さらりとした発表だったが、かなりのビッグニュース。


 

 続いてステージではプレイステーション3の注目タイトルとして、ユービーアイソフトの『アサシンクリードII』のプレイアブルデモが公開されたあと、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXIII』のトレーラーが流された。これまで公開されていたものよりもさらに深く、物語の部分やアクションシーンに切り込んだ内容だったが、スクウェア・エニックスのサプライズはこれだけではなかった。突如、ステージにトレットンCEOが現れ、「『ファイナルファンタジー』はこれだけじゃありません。今日は『ファイナルファンタジーXIV』を紹介しましょう。このプラットフォームだけのタイトルですよ」と発言。会場のあちこちから「ジョークだろう」という笑い声が漏れていたが、スクリーンで映像が流れるやいなや笑いは驚きの声に! マルチプレイオンラインゲームを思わせるデモ映像のあと、スクリーンに『ファイナルファンタジーXIV』のロゴが大映しにされるや、驚きの声は拍手喝采に変わった。詳しくは詳報を参照願いたい。

 

▲電撃発表された『ファイナルファンタジーXIV』のロゴ。
 

▲あのロックスターの新作もプレイステーション3独占で発売されることが明らかに。タイトルは『Agent』で、`70年代のスパイ活動を背景にした作品となるという。


 続いてはインターフェースまわりの発表だ。コケシ大の、刀の柄のようなコントローラーとEyeToyカメラを連動させてプレイヤー自身の動きをゲームに取り込む“モーションコントローラー”が発表になった。このモーションコントローラーを持ってカメラに映ると、その映像はテレビモニターの中に現れる。するとモーションコントローラーの先端部分がラケットに変わったり、刀に変わったり……。もちろん、プレイヤーが動けば画面の中の自分も手に持ったモーションコントローラー(と、バーチャルに現れた先端部分)も、それとまったく同じように動くのだ。のちほど詳細をアップするが、こちらは2010年春には発売される見込みだ。

 

▲モーションコントローラーを使って、弓を発射。プレイヤーの挙動が、そのままゲームに反映されているのがわかる。

 

 そして発表会の最後を飾るべく、プレイステーション3に独占供給される2タイトルが明らかに。まず、SCEジャパンスタジオが満を持して放つ大作『The Last Guardian』の映像が紹介。『ICO』、『ワンダと巨像』を髣髴とさせる映像美は圧巻のひと言だった。最後に紹介されたのは『GOD OF WAR 3』。さらに残虐になったとおぼしきクレイトスが、ペガサス、ケンタウロス、マンティコアっぽい敵をなぎ倒す、美しくも残酷な映像(『GOD OF WAR』らしい映像、ということだが)に来場者は大喜びだった。こちらは2010年3月発売予定とのこと。

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!