携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 山内氏のコメント追加! ついにPSP版『グランツーリスモ』が登場 発売は2009年10月8日

山内氏のコメント追加! ついにPSP版『グランツーリスモ』が登場 発売は2009年10月8日
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●800台のクルマ、35種類のコース、60レイアウト以上のトラックを収録!

yamauchi

▲PSP goを片手に、待望の『グランツーリスモPSP』に語る山内氏。

 

1p_04_replay

▲『グランツーリスモPSP』の最新画面写真。

 PSP goの発表直後に、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏が登壇。シリーズ初のPSP版『グランツーリスモ』を発表した。山内氏は、PSP goにインストールされた『グランツーリスモ PSP』を披露し、「とても小さなPSP goですが、中に入っている『グランツーリスモ』はフルスケールのものです」とコメント。さらに、800台のクルマ、35種類のコース、60レイアウト以上のトラックを収録していることを明らかにした。モードは、レース、タイムトライアル、ドリフトトライアル、ミッションチャレンジが搭載されているとのこと(いずれもシングル用)。なお、アドホック通信による最大4人のレース対戦が楽しめるほか、クルマを友だちと共有したりトレードしたりする機能も判明した。

 

 なお、2009年6月3日にソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンから、『グランツーリスモPSP』の発売日が2009年10月8日であることが発表された。価格は未定。


gt04
gt03
gt02
gt

▲会場では最新映像が公開された。


1p_00_top
1p_01_mode_detail
1p_02_car_detail
1p_02_car_detail_02
1p_02_car_spec_02
1p_02_car_spec_04
1p_03_course_detail_01
1p_04_racedisplay

▲最新画面写真も公開。山内氏は、「皆さま、たいへんお待たせしました!」とコメントし、PSP goで動く『グランツーリスモ』をアピール! さらにこの日のために編集した映像を披露した。


山内一典氏のコメント全文掲載

 皆さんに、今日この場で、本当に長い時間お待たせしていた、『グランツーリスモ PSP』の発表ができることを光栄に思っています。いま、ここ(山内氏が持つPSP go)で、実際に『グランツーリスモ PSP』が動いています。

 小さな小さなPSP goですが、中に入っている『グランツーリスモ』は、フルスケールのものです。60フレーム/secで動いていますね。簡単に『グランツーリスモ PSP』の内容を皆さんに紹介しましょう。この『グランツーリスモ』には、800台以上のクルマが収録され、35コース、60レイアウト以上の景観、トラックが収録されます。

 ゲームモードについては、たとえばシングルプレイヤーモードでは、通常のレースに加えて、タイムトライアル、ドリフトトライアル、それから『グランツーリスモ』の伝統的なゲームモードと言ってもいい、ライセンスを含むミッションチャレンジモードが搭載されています。

 この『グランツーリスモ』は、小さなマシンには入っているものの、決してサブセットではない、フルセットの『グランツーリスモ』です。

 それから、持ち運べるプレイステーション・ポータブルならではの機能として、アドホックモードを通じた最大4人までの対戦機能があります。ユニークな機能として、同じアドホックモードを通じて、プレイヤーどうしのガレージの内容をお互いにトレードしたりシェアしたりすることができるようになっています。全部で800台以上ものクルマですから、当然ひとりで全部を獲得するのはたいへん困難な作業になるわけですが、今回の『グランツーリスモ』では、言ってみれば友だちみんなでこのクルマたちを獲得していくというように設計されているということです。

 クルマのトレーディングをしに友だちに会いに行く、友だちが集まる、そこにコミュニケーションが行われて、お互いのガレージにクルマが入る。そういった行為そのものが、『グランツーリスモ PSP』というゲームの一部であるというふうに僕は思っています。

 E3の会場では、たくさんのプレイアブルな『グランツーリスモ』が並んでいると思います。ぜひ、皆さんご自身の目で、キチンとした、しっかりとした『グランツーリスモ』がこの小さなマシンの中で動いているという様を確認してみてください。

 最後に、僕らポリフォニー・デジタルが『グランツーリスモ PSP』についてのビデオを作って用意していますので、それを皆さんにご覧いただきたいと思います。今日はお時間を割いていただいて、ありがとうございました。

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『グラナド・エスパダ』新アップデート“花都イノリー〜イリシアの陥落〜”実施、魔法攻撃タイプの新キャラ“ジョシュア”が登場

2017年5月27日、ハンビットユビキタスエンターテインメントはPC用MMORPG『グラナド・エスパダ』において、新アップデート“花都イノリー〜イリシアの陥落〜”を実施した。

『アラド戦記』6月4日に特番生放送を実施、夏のアップデートを大発表!

2017年5月24日、ネクソンはPC用オンラインアクションRPG『アラド戦記』において、6月4日(日)にニコニコ生放送とYouTube Liveにて特番放送を実施すると発表した。

PSVR対応ホラーアドベンチャー『DYING: Reborn』5月25日配信開始 日本語吹き替えは木村昴さん

中国の北京を本拠地とするゲームパブリッシャーOasis Gamesは、プレイステーション4、プレイステーションVR、プレイステーションVita用ホラーアドベンチャーゲーム『DYING: Reborn』を、2017年5月25日より国内で配信開始することを発表した。

『スプラトゥーン2』ヒーローモードに登場する新たな敵キャラクター“スタコラー”の情報が公開

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ひとり用モード“ヒーローモード”に登場する新たな敵キャラクター“スタコラー”の情報を公開した。

【プレゼント】アニメ・ゲームファン限定!『キング・アーサー』特別試写会に25組50名をご招待!

6月17日劇場公開の話題の『キング・アーサー』特別試写会に25組50名をご招待! アニメ&ゲームファン限定です。

一大イベント“ガンホーフェスティバル2017”の見どころを徹底解説!!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年6月8日号(2017年5月25日発売)では、2017年5月28日に幕張メッセで開催されるイベント“ガンホーフェスティバル2017”の見どころを紹介。

“UBIDAY2017”今年は渋谷で開催! 『レインボーシックス シージ』、『フォーオナー』eスポーツ大会決勝などを実施

ユービーアイソフトは、ユーザー参加型イベント“UBIDAY2017”を2017年10月9日に開催することを発表した。 

『League of Legends』“LJL 2017 Summer Split”6月2日より開幕!

ライアットゲームズは、サービス中の『League of Legends』eスポーツリーグ“LJL 2017 Summer Split”を、2017年6月2日より開幕することを発表した。

『ウルトラストリートファイターII』発売記念特集! 攻略に加え、伝説の『ベーマガ』企画“バトル・オブ・ストII”の当事者にインタビュー!【先出し週刊ファミ通】

2017年5月25日発売の週刊ファミ通2017年6月8日号では、ついに発売される『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャー』の魅力をたっぷりお届け!

スマホ向けデジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』配信決定! クローズドβテスターの募集も開始

スクウェア・エニックスは、スマートフォン向けドラゴンクエスト関連作品では初となるデジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』を発表した。