携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『Wii Fit Plus』、Wiiモーションプラスでさらに広がるWiiの可能性

『Wii Fit Plus』、Wiiモーションプラスでさらに広がるWiiの可能性
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●『Wii Sports Resort』のデモプレイも実施

 

 現地時間2009年6月2日に開催された任天堂のメディアブリーフィング。こちらの記事では、『Wii Fit Plus』(北米で2009年秋発売予定)と『Wii Sports Resort』(北米で2009年7月26日発売予定)を始めとする“Wiiモーションプラス”対応タイトルについて紹介する。

 

 『Wii Fit Plus』は全世界で1500万本以上を販売した『Wii Fit』の次回作。バランスWiiボードを使って本格的なエクササイズが楽しめるというコンセプトはそのままに、より個人的なトレーニングに特化した作りになるという。具体的には6つの新たな筋トレとヨガのアクティビティーが収録されており、それを個人個人の要素に応じてミックスすることが可能。好きな順番で実行することも、とくに効果的だと思うものをくりかえし行うこともでき、さらに燃焼した総カロリー量も記録し続けてくれるのだ。


RVL_WFitPlus_01ssHR01_E3
RVL_WFitPlus_01ssLS01_E3
RVL_WFitPlus_01ssLS02_E3
RVL_WFitPlus_02ssHR02_E3

▲より効率的なフィットネスを可能にする『Wii Fit Plus』。

 

 フィットネス以外の要素もパワーアップしており、15の新バランスゲームを収録。スケートボード、ジャグリングといったものに加えて、“パーフェクト10”と呼ばれる脳トレ要素を持つものも。これは、周囲に置かれた数字の方向にお尻を振って、その合計を10にするという内容で、体と頭を同時に鍛えることができるというわけだ。

 

DSC_0667

▲新たに収録されるバランスゲームのひとつ、パーフェクト10は体と頭を使って楽しむ内容に。

 

 レジー・フィザメイ氏が「よりリアルに見せるのではなく、よりリアルに感じ、プレイさせるもの」と語るWiiモーションプラス。Wiiリモコンの機能をさらに拡張させる同機器の真価をお披露目する具体例として、『Wii Sports Resort』のデモプレイが公開された。まずは、ゲームのイントロダクション部分となるスカイダイビングをプレイ。ダイバーとなったMiiは、Wiiモーションプラスを搭載したWiiリモコンの動きと完全にリンクし、リモコンをひっくり返せばMiiもひっくり返り、角度を変えれば落下する方向を調整することができる。また、近くにいるほかのダイバーたちと手をつないだり、隊列を組むことも可能だ。デモプレイの最後では全員がいっせいにパラシュートを開き、ゲームの舞台となる島へ着陸するというシーンも確認することができた。

 

DSC_0724

▲ゲームのイントロダクション部分にして、Wiiモーションプラスの効果を実感できるスカイダイビング。


 そのほか、アーチェリー、フリースローコンテストのデモプレイも実施。どちらにも共通しているのは、操作方法を習得するのではなく、現実に沿った動きをすれば遊べるということ。アーチェリーならば、ヌンチャクを弦に見立てて引き、その引き具合で強さを調整する。フリースローは現実のバスケットボールと同じように、手首のスナップを利かせればすればより安定したシュートができるといった具合にだ。レジー氏はWiiモーションプラスで「身体的リアリティーの新次元をWiiらしいやりかたで表現する」と語り、反応の正確さと奥深さに自信を見せた。

RVL_WSportsR_02ss01_E3

RVL_WSportsR_02ss02_E3

▲現実に沿った動きを意識するだけで、誰でも遊べる『Wii Sports Resort』。

 

 なおWiiモーションプラスは『Wii Sports Resort』に同梱されるが、同作に先駆けて北米で発売されるエレクトロニック・アーツの『EA SPORTS TIGER WOODS PGA TOUR 10』にも同梱されることが発表に。それ以外に『EA SPORTS グランドスラム テニス』、セガの『Virtua Tennis 2009』、ユービーアイソフトの『Red Steel 2』が対応することも明らかになっている。

 

DSC_0759
DSC_0763

▲サードパーティーからもWiiモーションプラスに対応したタイトルが続々と登場。

 

RS2_S_Heavy_001

RS2_S_Hero_001

RS2_S_Light_Slash_001

RS2_S_Strong_Slash_001

▲Wiiモーションプラスで、より本格派の剣劇が楽しめる『Red Steel 2』。

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ヤングアニマル』がバックナンバー大量無料試読&100円[税抜]購入キャンペーンを開催。紙版&電子版の同日配信を記念

青年マンガ誌『ヤングアニマル』が5月24日発売の11号から紙版との同日配信を開始。それに伴ったキャンペーンが開催される。

『メギド72』アンケート! 「好きなメギドは?」「あなたの自慢のパーティーは?」メギド愛を存分にお聞かせください!

週刊ファミ通7月18日号(7月4日発売)では、『メギド72』の特集を掲載予定です。特集内の特別企画としてアンケートを実施します。

BitSummit 7 Spiritsがアワード6部門のノミネート作品を発表。『RPGタイム!』、『アンパッキング』、『BELOW』が3部門でノミネート

BitSummit 7 Spiritsにて、事前選考を行った6つのカテゴリーのノミネート作品が発表された。

“ディライトワークス インディーズ”がBitSummit 7 Spiritsに出展決定。『タイニーメタル 虚構の帝国』が日本最速体験可能に

ディライトワークスのインディーゲームレーベル“ディライトワークス インディーズ”が、BitSummit 7 Spiritsに出展。

『あんスタ』テレビアニメ、放送情報の詳細が公開!【7月放送開始】

2015年4月からサービスを開始し、現在3周年を迎えた大人気スマートフォンアプリゲーム『あんさんぶるスターズ!』のアニメ放送が2019年7月からスタート。同番組放送に関する詳細情報が公開。

『ライアン・マークス リベンジミッション』の最新ゲーム画像が到着。映画のような臨場感を体験できるVRシューティングアクションに注目!

2019年5月30日に発売を控えた“VRシューティングアクション”『ライアン・マークス リベンジミッション』の魅力を紹介。

『モンスターハンター:ワールド』“歴戦王”のモンスターアイコンがキラキラ輝くメタルマスコットが発売

『モンスターハンター:ワールド』に登場する“歴戦王”のモンスターアイコンをイメージしたメタルマスカットが発売。

ベストヒット町内会4月分更新!

本誌ファミ通町内会の傑作ネタを選りすぐってお届けするベストヒット町内会。今回は4月分の希少部位をおすそ分け。さらにナッツ・ザ・レジェンドと俺ービルダーも更新。6月の投稿者ランキングがスタート。背中の痛みは心の痛み! 

『東京2020オリンピック The Official Video Game TM』収録競技のボクシング、ハンマー投の詳細ほか、オンラインのランク昇格戦の情報が公開

東京2020オリンピック公式ゲームタイトル『東京2020オリンピック The Official Video Game TM』の種目詳細やオンライン要素を紹介。

『マッチョでポン! ZZ』Switch版が5月30日発売!キャラを鍛えてマッチョにせよ!BGMは葉山宏治アニキが担当

Nintendo Switch版『マッチョでポン ZZ』が2019年5月30日に発売されることが発表された。