携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『脳トレ』、『Wii Fit』に続く任天堂のアプローチ、脈拍計(?)Wii Vitality Sensorを発表

『脳トレ』、『Wii Fit』に続く任天堂のアプローチ、脈拍計(?)Wii Vitality Sensorを発表
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●「ゲームユーザーの拡大はまだまだ途上に過ぎない」

 

 E3開幕初日の2009年6月2日(現地時間)に合わせて、任天堂が報道向けの発表会であるメディアブリーフィングを開催。『スーパーマリオ』シリーズの最新作などニンテンドーDSおよびWii向けの新たな施策をつぎつぎと明らかにした。
 

▲任天堂のつぎなる目標が明かされた岩田氏のスピーチ。

 その中で、代表取締役社長の岩田聡氏によるスピーチも実施。現在のゲーム業界を取り巻く状況に触れながら、任天堂の新たな目標を示した。

 

 ニンテンドーDS、Wiiの登場で世界中のゲーム人口が大幅に拡大した一方、「その勢いが弱まり始めていると考える人もいます」と切り出した岩田氏。任天堂でもこういった声を受け「何が起こっているのかを発見するために独自の調査を行っている」と同氏は語り、ゲームを取り巻く層を“アクティブなゲームユーザー”、“絶対にゲームを遊ばない人”、“もしかしたらいつかは遊ぶ人”という3つの基本区分に分けたと説明した。

 

 岩田氏によればアクティブなゲームユーザーは日本、北米、欧州合計で約2億9500万人以上、今後遊ぶ可能性がある人は1億4900万人。これは、後者の層を取り込んだ場合、ゲームをふたりで遊んでいる人たちの隣にもうひとり仲間を増やすことができる数字だという。今後遊ぶ可能性がある人へ、いかにアピールしていくのか? それがすべてのゲームプラットフォームにおける目標であり、そういった観点からして「ゲームユーザーの拡大はまだまだ途上に過ぎない」(岩田)と結論づけた。
 

▲ゲーム人口のさらなる拡大に向けた可能性が、具体的な数字で示された。

 

 続けて岩田氏は、「(これまでの施策によって)いままでゲームをしなかった人に対しても、今後もゲームをするはずがないという先入観を破壊することができました」と任天堂のこれまでの活動について振り返り、つぎなる目標は「1本のタイトルですべてのプレーヤーを満足させることができるものを作ることです」と宣言。ハードルを上げ過ぎず下げ過ぎない、というこの挑戦に向けた展開はすでに始まっており、その一例が『マリオカートWii』に同梱された“Wiiハンドル”であったり、今回のブリーフィングで紹介された『Wii Sports Resort』および『NEW スーパーマリオブラザーズ Wii』なのだという。岩田氏はこれらのタイトルについて、上級者も初心者も同時に満足させる「“みんなのゲーム”と言えるでしょう」と語り、一定の成果を上げていると胸を張った。
 

▲誰もが満足できるゲームの開発、という「かつてない挑戦」(岩田)の実現に向けた動きを本格化した任天堂。


 一方で「それだけでは説得力にかける」(岩田)とし、ゲームを遊んでこなかった人を惹きつけるには、過去の例から“脳トレ”シリーズや『Wii Fit』など、従来とは異なるアプローチの作品を投入する必要があると説明。そして、新たな取り組み“Wii Vitality Sensor”の投入を明らかにした。

 

 Wii Vitality Sensorに関して、現時点で判明しているのは脈が測れるという機能のみ。「『Wii Fit』で体のバランスの中心を見られるようにしたように、体の中の状態を見えるようにする」という岩田氏の言葉から考える限り、ライフスタイルに寄り添う形のゲーム、またはサービスとなりそうだ。「ゲームは興奮、刺激を与えるものだったが、これからはゲームが緊張をほぐし、安眠をうながすものになるかもしれません」(岩田)。Wii Vitality Sensorがゲームの新たな役割を創出する……そんな予感を抱かせる言葉で、スピーチは終了となった。
 

▲脳トレ、『Wii Fit』に続く、新しいアプローチの取り組みとなりそうなWii Vitality Sensor。


RVL_WVS_logo_E3
RVL_WVS_A_E3
RVL_WVS_B_E3
RVL_WVS_C1_E3
RVL_WVS_C2_E3



 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』がニンテンドーDSで発売された日。Wi-Fiを利用して交換やバトルがグッと楽になった【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2006年(平成18年)9月28日は、ニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売された日。

『グラディウスIII 伝説から神話へ』開発中! 『アーケードアーカイブス』今後リリース予定のタイトル一覧が公開【TGS2020】

2020年9月25日〜27日、ハムスターの公式配信にて、すでに公開中の8タイトルに加え、18タイトルが開発中であることが発表された。

【バイオ8】『バイオハザード ヴィレッジ』を狩野英孝さんが体験。『ヴィレッジ』は棚を倒して敵を足止めしたり、アクション性が増した作品に【TGS2020】

2020年9月23日〜27日に開催中の東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 オンライン)。9月27日には、カプコンの番組“CAPCOM TGS LIVE 2020”にて、狩野英孝さんが『バイオハザード ヴィレッジ』をプレイする様子が公開された。

『バイオハザード』オリジナルドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』のティザーPVが公開。レオンとクレアの物語がフル3DCGアニメで描かれる

サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズ初となる連続CGドラマが制作決定。Netflixにて2021年に全世界独占配信される。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』公式生放送リポート。『クロスブレイド』10/22稼動開始&『魂の絆』のさらなる詳細が明らかに【TGS2020】

2020年9月27日、“SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2020 Online”で対戦カードアーケードゲーム『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 クロスブレイド』と、スマートフォン向けの爽快“大爆進”RPG『ドラゴンクエスト ダイの大冒険-魂の絆-』の最新情報が公開された。

『リトルナイトメア2』日本で初めての同作のゲーム実況で、人気YouTuberも思わず絶叫【TGS2020】

東京ゲームショウ2020 オンライン最終日となる9月27日に、“バンダイナムコエンターテインメントPresents TGS2020 ONLINE バンナム8時間TV”にて、“ホラーナイト:「リトルナイトメア2」ゲーム紹介&実況スペシャル”が配信された。その模様をお届けしよう。

『DMC5』超絶クオリティのダンテ1/2スケールスタチューが登場。カプコンカフェ イオンレイクタウン店でコラボ開催決定【TGS2020】

東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 オンライン)で9月27日に配信されたカプコンの番組“CAPCOM TGS LIVE 2020”で『デビル メイ クライ 5』関連の最新情報が公開された。

『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』がNetflixで2021年に配信決定! レオンとクレアの物語が描かれる【TGS2020】

2020年9月23日〜27日に開催中の東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 オンライン)。9月27日には、カプコンの番組“CAPCOM TGS LIVE 2020”で『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』がNetflixで2021年に独占配信されることが発表。

『バブルボブル4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』&『ダライアス コズミックリベレーション』世界初の実機プレイでその魅力に迫る。公式生配信の模様をリポート【GLJ2020】

“GAME LIVE JAPAN 2020”の公式生配信において、タイトーより2020年11月19日発売予定の『バブルボブル 4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』と、今冬発売予定の『ダライアス コズミックリベレーション』が実機プレイとともに紹介された。その模様をリポート!