携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ペレ、キャメロン監督も登壇したユービーアイソフトカンファレンス

ペレ、キャメロン監督も登壇したユービーアイソフトカンファレンス
【E3 2009】

2009/6/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●注目は『アサシン クリードII』、『Splinter Cell: Conviction』

 

DSC_2596

 E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)開催まえの2009年6月1日、ユービーアイソフトが単独でカンファレンスを開催。今年発売予定の注力タイトルを一挙公開した。

 

 今回目玉となったのは、1作目にして同社の看板タイトルまでのぼりつめた『アサシン クリード』の最新作『アサシン クリードII』の公開。映像のみで何も補足はなかったものの、ストレスない独特のアクションと生々しいグラフィックは健在。今作ではどんなストーリーと、暗殺ミッションが待ち受けるのか? とくに発表に時間が割かれたのは、映画『タイタニック』や『ターミネーター2』でおなじみのジェームズ・キャメロン監督が手がける『アバター』。2009年12月18日には映画の公開も予定されていて、ゲームと映画が同時進行するSF超大作だ。


AVTR_SCREEN_NG_Sturmbeast_Charge
AVTR_SCREEN_NG_Ampsuit_March
AVTR_SCREEN_NG_Samson_Attack


 今回キャメロン監督はゲームについて「『アバター』のアイディアは14年前からあったが、テクノロジーがなくて10年放置。CGのクリチャーなどを見てから4年前に持ち出した」と切り出した。「パンドラは巨大なガスの周囲の月で、トロピカル気候、美しいクリチャーもいるが怖いものもいる」、「ナビという種族がいるが、人間はこの世界には住めないのでナビと同じ大きさのアバターボディの中で暮らす。この主人公がナビと恋をしてどちらに付くか選択しなくてはならない」など、ゲームの映像やスクリーンショットは公開されなかったが、監督の言葉でその詳細が語られた。また、映画については、「この映画はドリームのように中に入っていく感じ。映画をベースに作られたゲームは駄目なものもあった。映画とは別のストーリーラインを独自に持つべき。ユービーアイソフトはゲームのキャラ、乗物、武器を独自に作っている。ゲームは映画より大きくリッチな体験を提供するが、それで映画にケチがつくことはない」と熱のこもった話は約30分にも及んだ。巨匠による貴重な独演会だけに、来場者は熱心に言葉に耳を傾けていた。


DSC_2659
DSC_2635

▲左がペレ、右がキャメロン監督。かなりの豪華ゲスト。


 このほか注目タイトルは、マイクロソフトのカンファレンスでも大々的にプッシュされていた『Splinter Cell: Conviction』。いわゆるステルスアクションと呼ばれるものだが、その暗殺アクションが、大胆かつ華麗で、スムーズの三拍子揃い。マイクロソフトのカンファレンスでプレイ動画を公開してメディアから大きな喝采が湧き上がったが、ここユービーアイソフトのカンファレンスでも惜しみない拍手が送られたほど、大作感を感じるタイトルとなっている。このほか、『Red Steel 2』ではWiiモーションプラス同梱で発売されることが明らかに。サッカーの神様、ペレがサプライズで登壇し、自身が校長先生として登場する『Academy of Champions』についてコメントする場面も。

 

 このゲーム、ペレが校長のアカデミー生活を体験できるミニゲーム集。5対5のサッカーや多数のミニゲームなどをとおしてスキルを磨き、邪悪なアカデミーを倒すことが目的だ。「このプロジェクトに参加出来てうれしい。サッカーは自分にとってもっとも大事なもの。旅の機会を与えてくれ、人生の指針となった。若者にこうしたコネクションを感じて欲しい。子供たちは常に大切に思っている。ポジティブなメッセージを送りたい」と貫禄の言葉を残した。

 

■Splinter Cell: Conviction

Xbox 360、PC/2009年発売予定

究極のステルスアクションとなるか? ターゲットを決めて実行する、その一連の流れがスムーズで華麗。指示が建物に表示されるなど、ゲーム画面も非常にスタイリッシュに仕上がっている。2年前から発表されていたタイトルだが、大きくテコ入れされ、非常に魅力溢れる内容に。

※公式サイト

SCC_KeyArt_psd_jpgcopy
SCC_Malta_01
SCC_Malta_02

 

■SHAUN WHITE SNOWBOADING 2

Wii/2009年冬発売予定

バランスWiiボードを使ったスノーボードゲームの新作。More Cmpetition、More Slopes、More Thrillsとなる。


SWS2_scr_010_USsl
SWS2_scr_009_USsl
SWS2_scr_007_Vr
SWS2_scr_004_Tsq

 

■Red Steel 2

Wii

Wiiモーションプラス対応で剣の繊細な動きにも対応。刀は力を入れればそれだけパワーが出る。

※公式サイト

RS2_S_016_Strong_Slash
RS2_S_009_slash_light_tif_jpgcopy
RS2_S_014_Shoot
RS2_S_013_Light_Slash


■RUSE

PS3、Xbox 360、PC

ジオラマ上で遊ぶボードゲームをイメージしたリアルタイムストラテジー。画面をひくとジオラマ、寄ると本格的な戦場が姿を見せる。『エンドウォー』のように革新的なタイトルになれるか?

※公式サイト


RUSE_ALL_HIGHREZ_DUMMIES_psd_jpgcopy
Ruse_ALL_Screenshot_strategic_Landscape_32_copy
Ruse_ALL_Screenshot_Ennemy_HQ_attack_30_copy
RUSE_ALL_Screenshot_Zoom_in_20_copy
RUSE_ALL_Screenshot_Flame_Thrower_33_copy
RUSE_ALL_Screenshot_Deciphering_Zone_Effect_copy
RUSE_ALL_Screenshot_Camouflage_Building_34_copy
RUSE_ALL_Screenshot_Airplanes_VS_AA_03_copy
RUSE_ALL_ARTWORK_DidYouNow_BarclayOperation_psd_jpgcopy
RUSE_ALL_Artwork_ID_Card_VonRichter.psd_psd_jpgcopy
RUSE_ALL_Artwork__ID_Card_Sheridan_psd_jpgcopy
RUSE_ALL_Sketch_American_HQ

 

■Academy of Champions

Wii/2009年発売

 

なんと伝説のプレイヤーがペレが校長のアカデミーを4ヵ月体験できる。5対5のパーティーサッカーや12以上のサッカーに関するミニゲームをとおしてスキルアップを図っていく。悪いライバル校がいて、ここを倒すのが目的。

AOC_E3_Screenshot9
AOC_E3_Screenshot8
AOC_E3_Screenshot6
AOC_E3_Screenshot2

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月18日〜2017年11月24日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『PUBG』アジア大会に見る松木安太郎ポジションの大切さ

『PUBG』のアジア大会が閉幕して5日ほど経過。落ち着いたところで感想を書きました。

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第55話/渡まかな】

プレイ漫画で『グラブル』の世界を追体験! 年に一度のお祭り、ハロウィンでのキャラクターたちを振り返る!!

VR ZONEと“異色肌ギャル”のコラボPVが公開、ド派手な色彩のフードメニューやフォトスポットを用意

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”について、2017年11月24日より“異色肌ギャル”とのコラボを開始した。

東京ジョイポリスで開催中のコラボイベント“初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX”が、2018年1月8日まで開催延長!

東京・台場の東京ジョイポリスで開催中の“『初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX』”が、好評につき、2018年1月8日まで会期が延長されることが決定した。

『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』 ニンテンドー3DS用ソフトとして2018年春発売決定

システムソフト・アルファーは、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』を2018年春に発売することを明らかにした。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”詳細リポート まさにお祭りのコンセプトマッチが展開

2017年11月24日、東京・浅草橋ヒューリックスホールにてバンダイナムコエンターテインメントのアーケードゲーム、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント、“極限感謝祭2017”が開催された。ここではその模様をお届けする。

『ディシディア ファイナルファンタジー』野村哲也氏直筆ゴルベーザのイラスト入りフリッププレゼント

『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#13 新キャラSP』で使用された、鯨岡武生ディレクター直筆のキーワードと、野村哲也氏によるゴルベーザのイラスト、そしておふたりのサインが入ったフリップを、抽選で1名様にプレゼント! 

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』序盤のエリア“東京砂漠”やキャラクターの情報を公開、楽曲担当アーティストも発表

角川ゲームスは、2018年春発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、最新情報を公開した。

“エムツー ショット トリガーズ”第3弾『魔法大作戦』発売記念ロングインタビュー(エイティング編) 振り向けば仲間がいた。原作開発時の熱き情熱を当時のスタッフに聞く

2017年11月2日に配信されたエムツー ショット トリガーズ第3弾『魔法大作戦』。先日掲載したエムツーへのインタビューに続き、原作開発を手掛けたエイティング/ライジングの横尾憲一氏、そして外山雄一氏にご登場いただき、当時の開発エピソードや心意気を存分に語っていただいた。