携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 打倒Wiiへの秘策!? コントローラーを使わずにゲームで遊べるXbox 360の新しいデバイス“Project Natal”発表

打倒Wiiへの秘策!? コントローラーを使わずにゲームで遊べるXbox 360の新しいデバイス“Project Natal”発表
【E3 2009】

2009/6/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「自分自身がコントローラーになれる!」

R0010585
R0010576

▲“Project Natal”は、RGB カメラや深度センサー、マルチアレイ マイクロフォン、カスタム プロセッサを内蔵した機器。センサーで全身の動きを3Dで追跡。音声に現れる気分の変化にまで対応するとのことだ。顔の認識もできる。


 2009年6月1日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにてマイクロソフトの発表会“Xbox 360 E309 Media Briefing”が開催。Xbox 360の新しいデバイスとして、コードネーム“Project Natal(プロジェクト ナタル)”が衝撃的に発表された。この“Project Natal”は、手や足を動かすことでゲームを操作するフルモーションキャプチャー機能を搭載。さらに音声認識にも対応することで、コントローラーを使わずにゲームを遊べるという操作を実現しているのが特徴だ。

 発表会では、まずは“Project Natal”のポテンシャルを紹介すべく、格闘ゲームやレース、スケボーゲームなどをプレイするデモ映像が紹介。パンチをくり出してキャラを操作したり、ハンドルを握る感じで手を左右に振ることでクルマを操作したりといった操作方法が紹介された。「コントローラーがあることで、ゲームを遊ばないという人もいます。“Project Natal”は自分がコントローラーになれるのです」とマイクロソフトのシニアバイスプレジデント エンターテインメント アンド デバイス ディビジョンのドン・マトリック氏は誇らしげに語った。

 そして、会場にはサプライズゲストとして映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏が登壇! 「これは、10年くらいまえにドン(マトリック)と話したことなのですが、一般のユーザーはコントローラーに威嚇されてしまう。いまゲームが人気といっても60パーセントの家庭がゲーム機を持っていないわけで、テクノロジーを見えないようにしないといけないと思っています。そういった意味では、“Natal”を見て、ゲーマーとしてスリリングだと感じました。歴史的な瞬間に立ち会えて光栄です」と最大限の賛辞を呈した。なお、ただいまスティーブン・スピルバーグは、スタッフとともに“Project Natal”対応のゲームを制作中とのことだ。

DSC_2522

▲映画監督としてあまりにもおなじみのスティーブン・スピルバーグが登場! 大歓声に包まれるなか、“Project Natal”のコンセプトに大いに賛同を示していた。

 

 そのあとで、“Project Natal”向けのソフトを開発するマイクロソフトゲームスタジオのゼネラルマネージャ、クドウ・ツノダ氏が登壇。手だけを使ってダッシュボード上でメニュー画面を操作するデモを披露。さらには、“Project Natal”対応のゲームとして、手足を使ってボールを壁に当てて得点を稼ぐ『リコショット』と、絵を自由に描くお絵かきツールなどが紹介された。

R0010588

▲マイクロソフトゲームスタジオのゼネラルマネージャ、クドウ・ツノダ氏が自身のアバターを使って“Project Natal”をデモ。ツノダ氏が動くとアバターも動くといったデモが披露された。

R0010606
DSC_2554
R0010614

▲“Project Natal”対応のお絵かきツールでは、画面をキャンパスに見立てて、自由にペインティングできる。絵を描くことができた。プレイヤーがシルエットを作って(写真中央)それに色をつけると、象に早や変わり(写真右)。


 圧巻だったのは、『Fable II(フェイブルII)』などでおなじみのピーター・モリニュー氏が登壇しての、ライオンヘッドスタジオ制作による“Project Natal”を使用してのテクノロジーデモ。映像で披露されたこのデモは、ゲーム中の少年に話しかけると少年が実際に反応。ユーザーが紙を渡すとゲーム中の少年が紙を受け取ったり、覗き込んだ川面をなでると、川面に波紋ができたり……といった模様が紹介された。モリニュー氏は、「“Project Natal”は本当にすばらしい革命です。これまでのゲームは使用するボタンの数が増えることがユーザーの敷居を上げてきました。この“Project Natal”は、コンピュータエンタテインメントの金字塔になるものです」と手放しで賞賛した。

DSC_2560
R0010626

▲“Project Natal”への手応えを語る、ピーター・モリニュー氏。

▲ライオンヘッドスタジオ制作によるテクノロジーデモ。画面の中のキャラに話しかけたりできる。


 多くのクリエーターが注目する“Project Natal”は、Xbox 360の可能性と魅力をさらに広げるものとなりそうだ。“Project Natal”はすべてのXbox 360向けタイトルに対応することになるという。“Project Natal”のサービス開始時期などは一切未定だが、今後の展開に期待したい。

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『FFXI』15周年を中村悠一さん、加藤英美里さん、浅川悠さんとお祝いしよう!【2017年5月13日放送】

2002年5月16日より正式サービスを開始した、スクウェア・エニックスのMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジーXI』が、間もなく15周年を迎える。それを記念して、2017年5月13日(土)の19時より、ニコニコ生放送・ファミ通チャンネルにて特番を放送。ゲストは声優の中村悠一さん、加藤英美里さん、浅川悠さん。

“ペルソナストーカー倶楽部V” 3年間の歴史に幕! 最終回は3月30日に配信した“世紀末覇者先輩とシメる最終回サラダバーSP”再編集版を配信

アトラスは、本日2017年4月28日、『ペルソナ』シリーズのWEB番組“ペルソナストーカー倶楽部V”の最終回を配信。

ポケモンセンターにて“イーブイとカラフルフレンズ”キャンペーンが5月13日より開催、イーブイの進化形のポケモンのプレゼントや新商品を販売!

ポケモンは、オフィシャルショップ“ポケモンセンター”にて、2017年5月13日より“イーブイとカラフルフレンズ”キャンペーンを開催することを発表した。

アトラス・副島成記氏の仕事場拝見! インタビュー&動画で珠玉のクリエイティブに迫る

アトラス所属のデザイナー、副島成記氏のインタビューが、創作系メディア・pixivisionにて公開された。

“A 5th of BitSummit”に任天堂、SIE、マイクロソフトがスポンサーとして参加することが明らかに 二木幸生氏や安藤武博氏ら登壇者も一部公開

2017年5月20日(土)、21日(日)に、京都市勧業館みやこめっせにて行われるインディーゲームの祭典“A 5th of BitSummit”にて、スポンサーとメディアパートナーが発表。あわせてステージ情報の一部が公開された。

PC&スマホ『アキバズトリップ フェスタ!』にてイベント“アキバ祭り”が開催!

DMM GAMESは、PCブラウザ・Android用ゲーム『AKIBA’S TRIP Festa!(アキバズトリップ フェスタ!)』において、2017年4月28日よりイベント“アキバ祭り”を開催する。

『ゴーストリコン ワイルドランズ』プレイ日記 四天王の一角を崩せ! 組織の“護衛”部門に王手!(夢崎・第6回)

ただいま発売中のユービーアイソフトの『ゴーストリコン ワイルドランズ』。ライター夢崎によるワイルド日記をどうぞ。6回目もますますワイルド!

PC版『オーバーウォッチ』世界最大級eスポーツイベント“オーバーウォッチ ワールドカップ”日本代表競技委員会の投票が開始、競技委員はチーム編成を担当

ブリザード・エンターテイメントは、発売中のFPS『オーバーウォッチ』(PC版)の世界最高のチームを決めるe-Sportsイベント“オーバーウォッチ ワールドカップ”について、参加国32ヵ国を発表。合わせて、競技委員会の投票を開始した。

『世界樹と不思議のダンジョン2』湖畔の町で出会う謎の少女“ナディカ”の情報が公開

アトラスは、2017年8月31日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『世界樹と不思議のダンジョン2』について、公式サイトを更新。

『ドラゴンボール ゼノバース2』GW中のレイドボスイベント&キャラクター一武道会の情報が公開

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト 『ドラゴンボール ゼノバース2』について、ゴールデンウィーク中に実施されるレイドボスイベントとキャラクター一武道会の情報を公開した。