携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『Xブレード』の主人公・アユミを演じる釘宮理恵さんにインタビュー

『Xブレード』の主人公・アユミを演じる釘宮理恵さんにインタビュー

2009/5/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●釘宮理恵が語る“アユミ”というキャラクター

 2009年4月30日にプレイステーション3とXbox 360にてリリースされた『Xブレード』。ロシアのゲーム開発会社、Gaijin Entertainmentによって手掛けられた同作は、アクションゲームとしての魅力はもちろん、日本のサブカルチャーを意識した独特のグラフィックが話題となった。
 また、ユービーアイソフトによる日本語版のローカライズでは、主人公・アユミの声に、声優の釘宮理恵を起用するなど、日本のアニメファンやゲームファンの注目も集めることとなる。そんな『Xブレード』の主人公・アユミを演じた釘宮理恵にインタビューを敢行。どのようにしてアユミというキャラクターを作り上げたのか、また、『Xブレード』の魅力について語っていただいた。

 

釘宮理恵

5月30日生まれ。アイムエンタープライズ所属。テレビアニメ『鋼の錬金術師』、『十二国記』、『銀魂』、『ゼロの使い魔』シリーズなど、数々の話題作に出演。存在感のある演技と声で作品世界を彩る。2009年には、“第3回声優アワード”において主演女優賞を受賞。

釘宮理恵



釘宮理恵

 

――『Xブレード』の主人公・アユミを釘宮さんが演じられているわけですが、アユミというキャラクターはどんな女性なのでしょう?


釘宮理恵(以下、釘宮) 自立した強い女性というイメージですね。そもそも、ひとりでぜんぜん生きていけるし、それだけでは飽き足らず、トレジャーハンターとして世界各国を飛び回っていて。つねに自分がアツく楽しくいられるものを、夢中になって追いかけていたいという気持ちで冒険に出ているんじゃないでしょうか。


――芯の強いキャラクターなんですね。


釘宮 そうですね。
 

――いままで演じられているキャラクターも芯の強いキャラクターが多いイメージなんですけれども。


釘宮 芯があると自分のハートをドンっと一本通せるというか、モチベーションが保ちやすいですね。芯がしかりとあって、さらにほかにも何かあることで演じる核が決まる、というか。
 

――芯が強いだけじゃなく、ほかの一面も見えてくると演じやすい?


釘宮 そのほうがキャラクター性が広がっていきますしね。
 

――アユミは、演じてみていかがでしたか?


釘宮 姿かたちがすごく大人っぽいので、私にとってもがんばって大人っぽく演じなくちゃっていう気持ちがすごく強くて。私が演じると、どれだけがんばってもどうしても子供っぽさがにじんでしまうというか。こういう声質というのもあると思うんですけれど、できる限り子供っぽさというのはカットして、大人の女性の強さというところを前面に押し出したいな、とは思っていました。
 

――具体的にどう工夫されたんですか?


釘宮 やっぱり、低めに声を出すということですね。低めで、しかも男の子っぽくならずに適度に女性らしいツヤを意識しつつ、という感じですかね。
 

――演じてるときに「こんな女性!」というイメージはあったりするんですか?


釘宮 まさにゲームのビジュアルをイメージしていました。実際に彼女が動いてムービーに当てながら収録できたので、やりやすかったですね。呼吸が合わせやすいというか。
 

釘宮理恵

 

――なるほど。海外のゲームだと、向こうのキャストさんが収録した声を聞きながらやるっていう形が多いようなんですが……。
 

釘宮 そうでした!


――聞きながらというのは、たいへんだったりしないんですか?


釘宮 吹き替えということがまだ不慣れで、どうしたらいいのかわからなかったんですけれど、絵のキャラクターの呼吸と、もともとのキャストさんの呼吸がカチッと合っているところなんかは、「私もそこに合わせます!」みたいな。3人で合わせましょうって(笑)。
 

――向こうのキャストさんの演技とのシンクロっていう部分も気にしながら演じられているんですか。


釘宮 そうですね。吹き替えってあまり、もともとの役者さんからはみ出しちゃいけないのかなって。実際のところはどうかわからないんですけれども。アクションや呼吸も合わせ、私なりに考えながら演じる……という感じでした。


――以前に、開発されたロシアのクリエーターの方のコメントをいただいたんですけど、「釘宮さんに決まってどうでしたか?」という質問に対して「Great!」というコメントをいただいて。
 

釘宮 ありがとうございます(笑)。光栄です。


――海外のゲームということで意識された部分っていうのはありますか?


釘宮 それが私あまり意識していなくて。当日スタッフさんに詳しい話を聞くまでは、台詞やキャラクターの設定はしっかり読み込んでいたんですけれど、そこまでは見ていなかったので、収録当日に「海外の作品なんだぁ」って(笑)。それぐらい日本の作品だと思い込んでいたんですよ。
 

――逆にそれがよかったのかもしれないですね。
 

釘宮 おおー。そうですね。逆に「ロシアで作られた作品なので、そこのところどうですか?」って聞かれても「いや、何も考えずに……」みたいな(笑)。
 

――(笑)。それでは、最後にゲームの発売からだいぶ立つんですが、まだやっていないという人にこんなところがオススメだよ、注目してね、といったところを教えていただければ。
 

釘宮 すごく絵がキレイで、戦っているところの臨場感があるので、こういうスタイルが好きな方にはホントに楽しんでいただけるんじゃないかな、と思いました。私はクモの形の敵が出てきたときに、ビックリしちゃって半泣きだったんですけど(笑)。
 

――クモお嫌いなんですか?


釘宮 そんなに嫌いなわけじゃないんですけれど、クモがやたらといっぱいいて、小さいのが。しかも大きいクモもいて、「もぅ……!」って(笑)。
 

――そこでビックリしてくれよ、と。


釘宮 そうですね(笑)。あとは、ところどころムービーが入るのですが、そういった部分の演技もがんばりましたので、チェックしていただければと思います。

 

Xブレード

機種

プレイステーション3/Xbox 360

発売日

発売中

価格

各7329円[税込]

テイスト/ジャンル

ファンタジー/アクション

備考

開発:Gaijin Entertainment



※『Xブレード』公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

あの熱狂的EGファンほか、選手陣や試合会場をフォトリポート 『レインボーシックス シージ』シーズン7グローバルファイナル

現地時間の5月19日、20日(日本時間5月20日0時〜)にアメリカ・アトランティックシティで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルをフォトリポートで紹介する。