携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイステーション3のさらなるコスト改善が進む――ソニーグループが2008年度 連結業績説明会を実施

プレイステーション3のさらなるコスト改善が進む――ソニーグループが2008年度 連結業績説明会を実施

2009/5/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ネットワークの強化で新たなビジネス基盤を確立

 

 ソニーは2009年5月14日、都内にある東京ミッドタウン・ホールでソニーグループ2008年度 連結業績説明会を開催した。

 

 発表によれば、ソニーグループ全体における2008年度(2008年4月1日〜2009年3月31日まで)の売上高および営業収入(以下、売上高)は前年度比12.9パーセント減少の7兆7300億円。営業損益は前年度比で7031億円悪化し、2278億円の営業損失に。2008年9月ごろからの世界的な金融不況に円高が重なるといった要因もあり、非常にきびしい数字となった。


▲説明は代表執行役EVP CFOの大根田伸行氏(左)と、業務執行役員SVPの原直史氏が行った。

 

 ゲーム分野も不況と円高の煽りを受けて売上高が前年度比18パーセントマイナスの1兆531億円となったが、営業損失は前年度の1245億円から585億円に縮小。プレイステーション2がハードとソフトの両方で売上数を下げた一方、80ギガバイトのハードディスクを搭載した新モデルの導入、ソフトラインアップの充実、製造コストの改善など、プレイステーション3ビジネスが堅調に推移し、本体売上は前年度比プラス94万台の1006万台に。PSP(プレイステーション・ポータブル)も2008年度の全世界売上が前年度を上回る1411万台で、発売から5年を迎えたいまも確かな成果を上げている。これらプレイステーション3、PSPビジネスの着実な展開が、プレイステーション2ビジネスにおけるマイナスを埋める結果となったようだ。


▲原氏によれば「PSPは普及のピークは過ぎたものの、中近東、アジア地域での需要は多い」とのこと。


 また、プレイステーション3ビジネスの好材料としてネットワークサービスの充実が2008年度のトピックスとして挙げられた。2008年度はPlayStation Storeでのビデオコンテンツ配信、“Life with PlayStation”、“PlayStation Home”といった新展開が立て続けに投入され、PlayStation Networkの利用者(アカウント)数も増加。2009年5月現在その数は全世界で2300万件にのぼっており、ソフトウェアにおいてパッケージ販売だけに頼らない、ネットワークビジネスの基盤をより強固なものとしている。

 

 ゲーム分野における2009年度の展開について代表執行役EVP CFOの大根田伸行氏は、現在プレイステーション3のコスト改善が順調に進んでいることを強調し、「来年の終わりごろにはさらなるコストダウンが行えているでしょう」とコメント。しかし、価格改定の可能性については「ビジネスに直で結びつくことなのでノーコメントとさせていただきます」とした。

 ハードの売上台数は前年度を上回ったものの、ソフト売上本数は前年度比マイナスとなったPSP。大根田氏は「ひとつのゲームを複数人プレイで何時間も遊ぶ」というPSP独特のスタイルが定着したことで、ひとり当たりのソフト所有本数が伸びづらくなったとその原因を説明する。こういった傾向を受けて同氏は、今後PSPのさらなる発展にはソフト拡充はもちろんだが、「ネットワークサービスを強化していく」ことが重要であるとした。

 

ソニーグループ 2008年度ゲーム分野の業績概要

 

2007年度

2008年度

増減率

売上高

1兆2842億円

1兆531億円

−18パーセント

営業利益(損失)

(1245億円)

(585億円)

 

 

2008年度 ハードウェアの売上台数(全地域合計)

プレイステーション2

791万台(前年度比 −575万台)

PSP

1411万台(前年度比 +30万台)

プレイステーション3

1006万台(前年度比 +94万台)


2008年度 ソフトウェアの売上本数(全地域合計)

プレイステーション2

8350万本(前年度比 −7050万本)

PSP

5030万本(前年度比 −520万本)

プレイステーション3

1億370万本(前年度比 +4580万本)


※リリースはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

東京ゲームショウ 2017でeスポーツイベント“e-Sports X”開催決定 『CoD:MWR』、『MHXX』、『ストV』、『CSO2』がラインアップ

東京ゲームショウ2017は、一般公開日の9月23日(土)・24日(日)の2日間の期間中、ホール11の特設ステージ(写真中央)で実施する主催者企画“e-Sports X(イースポーツクロス)”の開催概要を発表した。

『真・三國無双8』の実機プレイがPSのプレスカンファレンスで初公開! 気になるアレコレを鈴木亮浩プロデューサーに直撃!!【ChinaJoy 2017】

2017年7月27日〜30日にかけて、中国の上海でChina Joy 2017が開催。コーエーテクモゲームスの『真・三國無双8』の実機プレイが初公開された。気になる情報を同作のプロデューサーを務める、鈴木亮浩氏にうかがった。

『アケアカ NEOGEO 得点王』、『アケアカNEOGEO 龍虎の拳2』7月27日発売決定!

ハムスターは、『アケアカNEOGEO』シリーズにおいて、2017年7月27日より、『アケアカNEOGEO 龍虎の拳2』(プレイステーション4)と、『アケアカ NEOGEO 得点王』(プレイステーション4、Xbox One、PC)の配信を開始することを発表した。

Steamの“シブサワ・コウ アーカイブス”第7弾は『信長の野望・将星録 with パワーアップキット』、『三國志VII with パワーアップキット』、『ウイニングポスト』

コーエーテクモゲームスは、同社ゼネラルプロデューサーであるシブサワ・コウ氏の35周年を記念してSteamストアで配信中の“シブサワ・コウ アーカイブス”にて、第7弾タイトルとして、『信長の野望・将星録 with パワーアップキット』、『三國志VII with パワーアップキット』、『ウイニングポスト』の3作品を配信開始した。

『ファンタシースターオンライン2』大型アップデート“Heroes:EPISODE5”が7月26日より配信開始

 セガゲームスは、サービス中のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』について、2017年7月26日より大型アップデート“Heroes:EPISODE5”の配信を開始した。

『ファミ通presents WUGちゃんねる!』第8回は永野愛理さん、田中美海さん、山下七海さんが『New みんなのGOLF』に挑戦!

2017年7月28日(金)21時30分より配信予定の『ファミ通presents WUGちゃんねる!』第8回は、永野愛理さん、田中美海さん、山下七海さんが『New みんなのGOLF』に挑戦!

全クラスがそろい踏みした最新バージョンがお披露目! 『ソウルリバース』プレイリポート

2017年7月20日、セガ・インタラクティブのアーケードタイトルの新作展示会” SEGA PRIVATE SHOW 2017 Summer”が行なわれた。ここではプレイアブル出展された『SOUL REVERSE(ソウルリバース)』のプレイリポートをお届けする。

『BLUE REFLECTION』初のドラマCDと豪華グッズがセットになったコミケセットが発売決定

コーエーテクモゲームスは、2017年8月11日(金)から13日(日)まで東京ビッグサイトにて開催されるコミックマーケット92にて、プレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』初のドラマCDと、お風呂ポスターやクリアファイルバッグがセットになったコミケセットを発売するとともに、出演声優によるお渡し会を開催することを決定した。

『仁王』ダウンロードコンテンツ第2弾“義の後継者”の新ステージ“大坂冬の陣”のプレイムービーが公開

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』について、ダウンロードコンテンツ第2弾“義の後継者”の新ステージ“大坂冬の陣”の様子を収録したプレイムービーを公開した。

『閃乱カグラ』新作発表会2017が“パイの日(8月1日)”18時より放送決定 ゲストは原田ひとみ、喜多村英梨、そして叶美香!

マーベラスは、『閃乱カグラ』の新作タイトルや最新情報をお届けする発表会“マーベラス×HONEY∞PARADE GAMES『閃乱カグラ』新作発表会 2017”を、“パイの日”2017年8月1日(火)に放送することを発表した。