携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ストライカーズ 1945 PLUS Portable』名作シューティングゲームがPSPで復活

『ストライカーズ 1945 PLUS Portable』名作シューティングゲームがPSPで復活

2009/5/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●家庭用初移植

 

 アークシステムワークスが、PSP用ソフト『ストライカーズ 1945 PLUS Portable』を、2009年8月6日に3990円[税込]で発売することが明らかになった。

 

Title_000

 

 『ストライカーズ 1945 PLUS Portable』は、アーケードで’99年に発売された名作縦スクロールシューティングゲームの移植作。自機は、実在する各国の名戦闘機7機、敵機は架空の超兵器が多数登場する。ゲーム内容は、多数の敵と弾を避けながら、敵機を撃破していくというオーソドックスなもの。往年のシューティングファンには懐かしさを感じさせてくれることだろう。また、アーケード版のふたり同時プレイを、PSPのワイヤレスLAN機能(アドホックモード)を利用して再現している。

 ちなみにオリジナル版は、アーケードで数々の傑作シューティングを制作した“彩京”ブランド作品。本作品の『ストライカーズ』シリーズはシリーズ4作品が制作されており、アーケードでもファンに長く楽しまれた。

 

Stg0_001
Stg1_001

 

 

●ストーリー

 

 1945年 冬、“CANY”との壮絶な戦いは、ポツダム宣言の受諾を承認しない軍国主義者のクーデターとして処理された。が、“CANY”によってもたらされた脅威は世界に暗い影を落としていった。 一方、アメリカ国防総省に厳重に封印されていた“CANY”の新型兵器データが何者かによって外部に流出した。それを手に入れ再び世界を混沌へと引きずり込もう とする新たな組織“F・G・R”! この事態を受けて新兵器開発実験部隊としての任に就いていたストライカーズが、再び世界の護り手として招集された !

 

Select_000
Select_001
Select_002
Select_003
Select_004
Select_005
Select_006

本作では実在する戦闘機7機が自機として登場するが、ゲーム内のストーリーは架空のものであり、敵兵器も架空のものとなっている。とくにボス兵器は、登場時はふつうの兵器のような見た目ですが、攻撃してダメージを追うにつれ、特殊な形に変形し、ロボットのような形になったりありえない兵器へと変化する。

 

スクリーンショット


Multi_001
Option_000
Option_002
Ranking_000

Stg1_000
Stg1_003
Stg2_002
Stg2_003
 
Stg2_006
Stg3_006
Stg3_009
Stg4_009

Stg6_001
Stg6_008
Stg7_003
Stg7_007
 

※アークシステムワークス公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。