携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> さあ、世界大会へ!“ポケモンワールドチャンピオンシップス日本代表決定大会 Finalステージ 日本代表決定戦”が開催

さあ、世界大会へ!“ポケモンワールドチャンピオンシップス日本代表決定大会 Finalステージ 日本代表決定戦”が開催

2009/5/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『ポケモン』日本代表がついに決まる!

 2009年5月4日、ザ・プリンスパークタワー東京にて、“ポケモンワールドチャンピオンシップス日本代表決定大会 Finalステージ 日本代表決定戦”が行われた。この大会は、ニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター プラチナ』および、カードゲーム“ポケモンカードゲーム”の世界大会代表の座をかけて競うべく開催されたもの。

 今回の日本代表戦は、まずは2008年10月〜2009年1月にかけて47都道府県で行われた予選“1stステージ”を勝ち抜き、さらに、2009年3月〜4月にかけて全国6会場で行われた“2ndステージ”の上位に入賞してやっと参加可能になるという、まさに狭き門。文字通り、全国からトップレベルの実力者が集結しての大会となった。

 ちなみに、大会はそれぞれ年齢によってカテゴリが分けられており、“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケットモンスター プラチナ〜”では、1997年1月1日以降に生まれた参加者を対象とした“カテゴリーA”と、1996年12月31日以前に生まれた参加者を対象とした“カテゴリーB”の2種類に、“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケモンカードゲーム〜”では、1998年以降に生まれた参加者を対象にした“ジュニアリーグ”と、1994年〜1997年までに生まれた参加者を対象にした“シニアリーグ”、そして1996年以前に生まれた参加者を対象にした“マスターリーグ”の3種類にて競われた。

poke04
poke05
poke06

▲“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケットモンスター プラチナ〜”。決勝トーナメントは、この大会のために用意された大会特別版のWii用『ポケモンバトルレボリューション』を介して行われた。来場者は白熱のバトルをしっかりと堪能できた。

poke01
poke02
poke03

▲“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケモンカードゲーム〜”。スイスドロー形式で行なわれた。ちなみにスイスドロー形式とは、リーグ戦の一種で、同じ点数の人どうしを組みあわせるようにする対戦形式のこと。


 『ポケットモンスター プラチナ』を使っての、“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケットモンスター プラチナ〜”は、ポケモンを二匹ずつ出して戦う“ダブルバトル”を採用。レベル50までの手持ちのポケモン4匹で戦うことになる。どのポケモンを選んで、どのように敵の攻撃を読み合うかが、勝負の鍵を握ることになる。大会は、午前中に参加者全員が4グループに分かれてスイスドロー形式で競う“予選ラウンド”を実施、午後になると、“予選ラウンド”を勝ち抜いた8名が参加しての“決勝トーナメント”が行われた。実力者揃いが参加しているとあって戦いはもちろん白熱。一進一退のバトルがくり広げられた。そんな激しいバトルの果てに、大会を制したのは、“カテゴリーA”は広島県代表の小学校5年生、小路弘人くん。表彰式では「優勝できると思わなかったけど、できてうれしかったです」と初々しいコメントを口にした。一方の“カテゴリーB”では、山口県代表の大学院生、赤井隆宏さんが見事優勝。赤井さんは「昨日の夜語り合った関東や関西の仲間たちに(この喜びを)伝えたいです!」と喜びのほどを明らかに。

poke07
poke08

▲“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケットモンスター プラチナ〜”の“カテゴリーA”の決勝戦は、広島代表の小路弘人くん(左の写真では左)とラストチャレンジ予選を勝ち抜いた草野正樹くん(左の写真では右)によって争われた。小路くんのポケモンは、ヨノワール、メタグロス、マリルリ、カビゴン、草野くんはドータクン、ヨノワール、メタグロス、ガブリアスの4匹。優勝した小路くんいわく、「メタグロスの”大ばくはつ”が決まった時点で優勝を確信した」とのこと。ちょっとした差が勝負をわけることになった。

poke09
poke10

▲一方“カテゴリーB”の決勝戦は、山口県代表の赤井隆宏さん(左の写真では右)と、静岡県代表の占野侑さん(左の写真では左)によって競われた。赤井さんがサンダース、メタグロス、ガビゴン、マリルリで臨めば、占野さんはゴウカザル、ヨノワール、ユキノオー、グレイシアで対抗。優勝したのは「運がよかったから」とのこと。『ポケットモンスター』を始めて1年3ヵ月で頂点に上り詰めた。勝利を確信して思わずガッツポーズ(右の写真)。


 一方の“ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会〜ポケモンカードゲーム〜”では、各リーグスイスドロー形式による大会が実施。“ジュニアリーグ”は神奈川代表の清田匠くん、“シニアリーグ”はラストチャレンジ予選代表の板垣拓斗くん、“マスターリーグ”は兵庫県代表の中井竜太さんがそれぞれ優勝した。

 表彰式には、『ポケットモンスター プラチナ』の開発を担当したゲームフリークの河内丸武史氏がプレゼンターとして登壇。「大会では、人気のあるポケモンばかりではなく、きらりと光るポケモンを使ってくれている方が多くて、うれしかったです。『ポケットモンスター プラチナ』から覚えられるようになった“わざ”を使ってくれているのを見ると、『ポケットモンスター プラチナ』を作ってよかったと思いました」とコメントした。

 今回の大会を勝ち抜いた上位入賞者は“ポケモン日本代表”として、世界大会に参加できる。世界大会は2009年8月にアメリカ・サンディエゴにて開催される予定とのことだ。“ポケモン日本代表”として健闘を大いに期待したいところだ。

poke11
poke12
poke13

▲ゲームフリークの河内丸氏からトロフィーを手渡される小路くん。取材陣の「『ポケモン』を強くなるこつは?」との質問には、「練習あるのみです!」としっかりしたお答えが。小路くん自身、毎日Wii用ソフト『ポケモンバトルレボリューション』のWi‐Fi対戦で対人プレイを鍛えているとか。「『ポケモン』は読み合いが楽しい」とのことだ。

▲ゲーム大会“カテゴリーA”で入賞した、左から2位の草野正樹くん、1位の小路弘人くん、3位の高橋十和くんと門脇勇樹くん。

▲ゲーム大会“カテゴリーB”で入賞した、左から3位の福森智章さん、2位の占野侑さん、1位の赤井隆宏さん、3位の森島卓志さん。

poke14
poke15
poke16

▲カード大会の“ジュニアリーグ”で入賞した、左から清岡大真くん、清田匠くん、東原史弥くん。

▲カード大会の“シニアリーグ”で入賞した、左から2位の高岡駿人くん、1位の板垣拓斗くん、3位の片岡直輝くん。

▲カード大会の“マスターリーグ”の入賞者。左から2位の中谷暁さん、1位の中井竜太さん、3位の佐々木翔さん。


※“ポケモンワールドチャンピオンシップス日本代表決定大会”の公式サイトはこちら 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『呪術廻戦』渋谷事変の首謀者が不敵に嗤う第16巻カバーイラストが公開。6月1日には特設サイト“渋谷事変之景”がオープン

2021年5月10日、6月4日に発売されるコミックス『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)第16巻のカバーイラストが公開された。

『バイオハザード ヴィレッジ』×人形劇“バイオ村であそぼ♪”最終回が公開。マザー・ミランダ(声:木下紗華)が登場

カプコンは、発売中のプレイステーション5・4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『バイオハザード ヴィレッジ』(バイオ8)について、人形劇“バイオ村であそぼ♪”最終回を公開した。

『Becastled』昼は街づくり、夜は敵軍とのバトルに明け暮れるシミュレーション【とっておきインディー】

古今東西の良作インディーゲームを紹介。今回お届けするのは、昼は建築、夜は防御なシミュレーション『Becastled』。

ゲーム『ウマ娘』5/14開催レースイベント“チャンピオンズミーティング タウラス杯”情報まとめ。本日5/10より参加リーグを選択可能

『ウマ娘 プリティーダービー』で5月14日12:00からレースイベント“チャンピオンズミーティング タウラス杯”の開催が決定。本日5/10より参加リーグの選択が開始された。

『バイオミュータント』ガイド。ただのケモノと思ったら大間違い!? 格闘術、さまざまな武器、超能力を使いこなす、自由度の高いバトルシステムを紹介

THQ Nordicより2021年5月25日に発売となるプレイステーション4、Xbox One、PC用ケモノ系オープンワールドアクションRPG『バイオミュータント』。いま話題の同作をファミ通.comならではの視点でお届け。第2回はバトルシステムについてご紹介します。

『鬼滅の刃』無限列車プラレールと、胡蝶しのぶや煉獄杏寿郎といった柱をイメージしたトミカ5種が今夏発売

2021年5月10日、タカラトミーはアニメ『鬼滅の刃』より、無限列車のプラレールと柱をイメージしたトミカ5種を発表した。

【タツヤ軍団、ピンチに参上! ゲーム業界お仕事マンガ】『チェイサーゲーム』第46話 ヴェインドリーム(3)

ファミ通.comで連載されているゲーム業界をリアルに描いたマンガ『チェイサーゲーム』の第46話を掲載。

『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の誕生日を記念して特別イラストが公開。冨岡義勇、胡蝶しのぶ、宇髄天元とさつまいもで「わっしょい!」

2021年5月10日、『鬼滅の刃』に登場する煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)の誕生日を記念して、アニメ版の制作会社であるufotable描き下ろしのイラストが公開された。

ゲーム『ウマ娘』ヴィクトリアマイル応援ミッション登場。阪神ウマ娘ステークスの開催時期は?【春のGIキャンペーン第2弾】

『ウマ娘 プリティーダービー』にてヴィクトリアマイル応援の期間限定ミッションが登場。応援ミッションの内容と阪神ウマ娘ステークスや福島ウマ娘ステークスの開催時期を紹介する。