携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ソウルキャリバー Broken Destiny』は、「“Project Soul”がお贈りするまったく新しいタイトル」に

『ソウルキャリバー Broken Destiny』は、「“Project Soul”がお贈りするまったく新しいタイトル」に
【2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY】

2009/4/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●制作ディレクターの日山氏に直撃インタビュー!

 

 現地時間2009年4月28日、アメリカのサンフランシスコにてバンダイナムコゲームスの現地法人NAMCO BANDAI Games Americaが“2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY”と題した、業界関係者のみに向けた発表会を開催。バンダイナムコゲームスの北米における、2009年度の最新ラインアップがお披露目された。

 

 こちらの記事では会場にてサプライズ発表されたPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ソウルキャリバー Broken Destiny』で、制作ディレクターを務める日山慎之氏へのインタビューをお届けする。なお、『ソウルキャリバー Broken Destiny』は北米で2009年夏発売予定。日本発売は未定となっている。

 

▲日山氏とゲームのキービジュアルが描かれたポップ。このビジュアルにも“Broken Destiny”の意味が込められているという。

――『ソウルキャリバー Broken Destiny』は、何か過去の作品をベースに開発されたものなのでしょうか?

日山 あくまで『ソウルキャリバーIV』のつぎの作品ということで、ゲームシステムなどは継承しているところもありますが、ベースとなっているというよりもより進化したオリジナルの作品だと思っていただいてかまわないです。

 

――登場キャラクターも新しくなるのでしょうか?

日山 まだ詳しい内容はお伝えできないのですが、今回は『ソウルキャリバーIV』に登場しているキャラクターにプラスして、新キャラクターを何名か用意しています。誰が出るとか、何人出るかといったところはお教えできないのですけど、皆さまの期待に添えるような顔ぶれになると思いますよ。

 

――新モードの搭載などはあるのでしょうか?

日山 今回はとくにゲームシステムとモードに力を入れており、それがPSP版を作るきっかけでもあったのですが、本作にはすべてのプレイヤー、とくに初心者から中級者の方にもっともっと『ソウルキャリバー』シリーズのおもしろさを理解していただき、のめり込んでもらいたい、熱い闘いと勝利の快感を味わってもらいたいというコンセプトがありました。そのためにはどうしたらいいのか? というのを課題に開発を進めてきました。そして、そのコンセプトを実現させるために考え抜いたオリジナルのモードを搭載させていたいています。ほかにももちろん、人気に定評のあるキャラクタークリエイションやアーケードといったものは『ソウルキャリバーIV』からいいところを引き継ぎつつ、新機能を搭載したり、よりバトルに特化した刺激的なゲームデザインに進化させています。

 

――キャラクタークリエイションはボリュームアップしていると考えてもいいのでしょうか?

日山 パーツのバリエーションに関してはアップしていますね。あと、カスタマイズするに当たっては、前作での「もっとこういうパーツがあったらいいのにな」、「こういう機能があったらいいのにな」という要望に応えた内容になっていると思います。これまでのシリーズ以上にユーザーの意見を取り入れたカスタマイズになったと言えるかもしれません。は痒いところに手が届かなかった部分を埋めつつ、バリエーションを増やした形になっています。
 

――PSPで『ソウルキャリバー』シリーズが出るのは今回が始めてですが、携帯ゲーム機で制作するに当たっていちばん研究した点はどこでしょうか?

日山 携帯ゲーム機向けに研究したよりは、さきほど言った新しいモードのコンセプトを実現するためにどうすればいいのか? という点を一番研究しましたね。それを熟考した結果、携帯性という最大の特徴を持ったPSPがハードとしていちばん適しているという形になりましたので、軌道に乗ってからはPSPだから特別にどうこう、といった話はとくになかったです。

 

――据え置き機のクオリティーを、PSPではどこまで再現できているのでしょうか?

日山 あくまで、今回は新作なので再現といった言葉はちょっと当てはまらないと思っています。いままでのいいところを引き継いでさらに新しい『ソウルキャリバー』を追及した内容になっていますので“Project Soul”がお贈りするまったく新しいタイトルだと思ってください。


▲据え置きからの移植、再現ではなく完全新作と描かれる本作。そのグラフィック、モーションのクオリティーはご覧のとおりPSP用ゲームの中でも屈指の仕上がりとなっている。


 

――新しい『ソウルキャリバー』とのことですが、サブタイトルの“Broken Destiny”は何を意味しているのでしょうか?

日山 さきほど説明したゲームコンセプトで、初心者や中級者の方にもっともっと楽しんでもらいたいというのがありました。「格闘ゲームって難しいなあ」って思っている方や、「敷居が高いなあ」と思っている方に対し、今回はその気持ちや、「もっともっと強くなりたいけどなれない」といったこれまでの“Destiny”を壊してあげますよ、という意味を込めています。キービジュアルの雰囲気をその意味合いも表現しています。

 

――初心者でも遊べる作りは、具体的にどういったところで感じられるのでしょうか?

日山 初心者でも遊べるというと、ゲームシステムが簡易的になってしまったりだとか、操作が簡単になって上級者が楽しめない、といった印象を受けるかもしれません。が、これはそういった意味ではなく各種モードをプレイすることで、難しい部分をクリアーでき、楽しみながらスキルアップしていけるという意味です。また、それを実現させる内容になっています。そのバランスがいちばん苦労した点でもありますし、今回もっとも力を入れた部分でもあります。

 

――PSP版ではひとりでもじっくり遊べる作りになっているということでしょうか?

日山 そのとおりです。いつでもどこでも遊べるというのが携帯ゲーム機のメリットですから、ひとりでもじっくり遊べる作りになるよう力を入れました

 

――最後にユーザーへ向けてメッセージをお願いします。

日山 今回初めてPSPで『ソウルキャリバー』を出させていただきますが、非常にハイクオリティーなグラフィック、モーション、サウンドを実現しつつ、新しいモードや新機能の搭載、より白熱したバトルシステムへの調整に力を入れて、大きく進化させました。移植や再現といったものではなく”Project Soul”のスタッフが全力でお贈りする新作ですので、どうぞ手にとっていただき、このおもしろさを味わってください。
 

▲日本での発売が正式アナウンスされるのを心待ちにしよう!

 

【2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『LEFT ALIVE』初公開のキャラクターやヴァンツァーを紹介! ゲームの基本進行も明らかに!

スクウェア・エニックスより、2019年2月28日(PC版は2019年3月6日)発売予定のプレイステーション4/PC用のサバイバルアクションゲーム『LEFT ALIVE』。初公開となるキャラクターやヴァンツァーに加えて、生き残るための基本的な手段を紹介する。

2018年12月25日(火)『今井麻美のニコニコSSG』特番に鷲崎健さん&吉岡茉祐さんの出演が大決定!!

『今井麻美のニコニコSSG』の特番生放送“ミンゴスサンタが聖夜にやってくる!!”の配信が大決定! 2018年12月25日(火)20時から、クリスマスの夜に豪華ゲストともに番組をお届けします!! クリスマスのSSGを彩ってくれる豪華なゲストは、鷲崎健さんと吉岡茉祐さんです!

『スーパーロボット大戦T』の発売日が2019年3月20日に決定! 期間限定版の同時発売や早期購入特典などの新情報を公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4およびNintendo Switch用ソフト『スーパーロボット大戦T』を2019年3月20日に発売することを発表した。また、期間限定版“プレミアムアニメソング&サウンドエディション”を同時発売することや早期購入特典情報も発表した。

『リーグ・オブ・レジェンド』世界大会“2018 World Championship”の視聴数は9960万人! 公式データを発表

2018年12月11日、Riot GamesはPC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』における世界大会“2018 World Championship”の視聴者数に関する公式データを発表した。

宮崎県小林市“シムシティ課”の学生が、学習の成果をまちづくりのプロに報告、『シムシティ』がリアルな街作りに活かされる!?

宮崎県小林市の“シムシティ課”の地元高校生が、まちづくりのプロの三菱地所に学習成果を報告した。その模様をお届けする。

アマチュアesports大会“Logicool G CUP 2018”が12月22日に神戸で開催。ゲストは俳優のケイン・コスギ氏

2018年12月11日、ロジクールは日本一のアマチュアチーム・プレイヤーを決める大会“Logicool G CUP 2018 FINAL”を、12月22日に開催すると発表した。

『デビル メイ クライ 5』とHYDEが夢のコラボレーション! イメージソング“MAD QUALIA”が使われたPVや日本語ボイス版メイントレーラーが公開

カプコンは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『デビル メイ クライ 5』で、HYDEとのコラボ情報などを公開した。

『レインボーシックス シージ』“野良連合”密着ドキュメンタリー映像が公開【プロリーグ ファイナル】

2018年11月にブラジル・リオデジャネイロで行われたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ世界大会“プロリーグ シーズン8 ファイナル”で、APAC初となる世界4位入賞を成し遂げた日本チーム“野良連合”に密着したドキュメンタリーが公開された。

『GE3』の発売日に手元に置いておきたい36ページ冊子! 冊子の表紙は板倉耕一氏描き下ろし【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年12月27日増刊号(2018年12月13日発売)には、『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』の36ページ冊子が特別付録としてついてきます。

『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』のスタッフが語る、“神宮寺三郎:新章”とは?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年12月27日増刊号(2018年12月13日発売)では、“神宮寺三郎:新章”となる『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』の発売記念特集を掲載!