携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『鉄拳6』、『ソウルキャリバー』最新作がPSPで! “2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY”でふたつのビッグサプライズ

『鉄拳6』、『ソウルキャリバー』最新作がPSPで! “2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY”でふたつのビッグサプライズ
【2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY】

2009/4/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●携帯ゲーム機の限界を追及する2タイトルが登場

 

 現地時間2009年4月28日、アメリカのサンフランシスコにてバンダイナムコゲームスの現地法人であるNAMCO BANDAI Games Americaが“2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY”と題した、業界関係者のみに向けた発表会を開催。バンダイナムコゲームスの北米における、2009年度の最新ラインアップがお披露目された。いずれのタイトルとも北米向けの展開として紹介されたのだが、その内容は日本のゲームファンにとっても見逃せない新情報ばかり。国内での展開を期待せずにはいられない発表内容をお届けしよう。


DSC_0429
DSC_0446

▲クローズドイベントということで警戒はかなり厳重。入口には黒服を身に纏った屈強なガードマンの姿も。

▲会場となったのはTemple 540というクラブ。Temple(寺院)という名前のとおり、仏像などが設置されたオリエンタルな雰囲気の内装となっていた。

 
DSC_0464

▲会場内の撮影はすべて禁止。特別に許可をもらい、全景のみは撮ることができたが、残念ながら体験台の様子などはお届けすることができない。


 今回のイベントではふたつのビッグサプライズが来場者に贈られた。ひとつ目は2008年7月にプレイステーション3、Xbox 360で登場した『ソウルキャリバーIV』に続く、『ソウルキャリバー』シリーズ最新作『ソウルキャリバー Broken Destiny』の発表だ。シリーズ初のPSP(プレイステーション・ポータブル)向けタイトルとなる本作。ゲーム内容としては『ソウルキャリバーIV』に登場したキャラクター、システムをベースに数多くの新要素が追加されており、過去作品からの移植およびアレンジではない完全新作となっている。会場では早くもプレイアブルで出展されていたのだが、実際に触って驚かされたのがそのグラフィックだ。最新の据え置き機で登場した『ソウルキャリバーIV』と比べても遜色がなく、加えて描画も60フレームで安定。新世代ハードの作品を携帯ゲーム機で遊んでいる、そんな錯覚を覚えそうになるほど、この美麗なグラフィックは鮮烈なものとなっていた。もちろん8Way-Runを始めとするシリーズの特徴的なシステムも完全に再現されている。北米では2009年夏の発売を予定しているが、現状日本では発売そのものが未定。しかし、日本でも人気が高いシリーズだけに発売の可能性はかなり高いと思われる。

 

 もうひとつにビッグサプライズも同じくPSPの新作タイトルに関して。現在、プレイステーション3とXbox 360で日米ともに2009年秋発売予定の『鉄拳6』が、なんとPSPでも発売されることが決定したのだ! 今回は発売決定のアナウンスのみで体験台の出展は行われなかったが、PSP版のスクリーンショットを独占入手することができた。『ソウルキャリバー Broken Destiny』と合わせてお届けしよう。


『ソウルキャリバー Broken Destiny』(日本発売未定)
PSP/2009年夏発売予定

scbd_pub_logo_title_b copy
scbd_pub_stg_jyurakudai_brocade_002_web
scbd_pub_ss_tira_cassandra090410_001_web
scbd_pub_ss_mitsurugi_taki_090410_001_web
scbd_pub_ss_mitsurugi_090410_001_web
scbd_pub_ss_astaroth_hilde_090410_001_web
scbd_pub_hss_siegfried1 copy
scbd_pub_hss_mitsurugi1 copy
scbd_pub_hss_hilde1 copy
 


PSP版『鉄拳6』(日本発売未定)
PSP/発売日未定

capture_psp-yone_0001
capture_psp-yone_0007
capture_psp-yone_0008
capture_psp-yone_0013
capture_psp-yone_0014

 

 据え置き機版の『鉄拳6』に関しては世界初となるプレイアブル出展が行われた。これに合わせて、ゲームの具体的な内容についても一部が判明。キャラ選択画面に、アーケードの『鉄拳6 BLOODLINE REBELLION』から登場した新キャラ“ラース”と“アリサ”がプレイヤーキャラとして登場していたのだ。これまで両キャラが家庭用版に登場するかどうかは正式にアナウンスされていなかったので、アーケードで使用していた人はひと安心といったところ。また、グラフィックやゲームバランスといった部分に関しても基本的には『鉄拳6 BLOODLINE REBELLION』に準拠しているとのことだ。家庭用版『鉄拳』シリーズの名物とも言える、豊富なオリジナルモードに関しては現段階で詳細は不明。


再生するにはプラグインが必要です。  
 

 今回、会場内には『ソウルキャリバー Broken Destiny』で制作ディレクターを務める日山慎之氏と、『鉄拳』シリーズのプロジェクトディレクター原田勝弘氏も訪れていた。両氏に今回発表された新情報に関してインタビューする機会が得られたので、そちらの模様は別記事にてお届けする。

 

 そのほかの注目タイトルとしては、日本でも発売された3Dアクションアドベンチャー『デッド トゥ ライツ』の続編、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『Dead to Rights Retribution』が発表に。主人公は前作と同じく“Jack Slate”とその愛犬“Shadow”のコンビだが、大きな変更点としてShadow単体でプレイするステージが登場。物陰に隠れながら敵に近づき、首元への噛みつきや武器の奪取を行うというスニーキングアクションのようなシステムとなっている。Jack Slateの操作パートは前作を踏襲しつつ、1対多数での戦いにおけるリアリティーを追及。1体の敵だけに攻撃を集中させてしまうロックオンシステムを廃止し、周囲の敵を直感的に好きな方向、タイミングで攻撃できるようになったという。残念ながら今回は映像のみの出展となっていたが、コーナー周辺にはつねに人だかりができており会場全体で見ても屈指の人気を誇っていた。


Jack&Shadow

 

『Dead to Rights Retribution』(日本発売未定)
プレイステーション3、Xbox 360/発売日未定

DTRR Logo
DTRR_03
DTRR_8
DTRR_16

 

 今回のイベントはあくまで北米向けの発表会ということで、初お披露目されたタイトルのほとんどが日本での発売が未定。しかし、PSP版『鉄拳6』、『ソウルキャリバー Broken Destiny』は過去のリリース状況を見ても日本発売は間違いなさそう。そのほかのタイトルについても、前作が日本でも発売されたものも含まれているので、続報に期待したいところだ。


<そのほかの出展タイトル>

『Active Life extreme challenge』
Wii/日本発売未定

Sporty_Style
vlcsnap-926421
vlcsnap-917115
vlcsnap-912598


『Food Network: Cook or Be Cooked』
Wii/日本発売未定 

Food Network Logo
culinaryDemoScreenshots120
culinaryDemoScreenshots065
culinaryDemoScreenshots048


『Invincible Tiger The Legend of Han Tao』
PlayStation Network、Xbox LVE アーケード/日本発売未定

Invincible02
HanTao
Demon_crouch
namco_rj-image71
namco_rj-image49
namco_rj-image31


『塊魂トリビュート』
プレイステーション3/2009年発売予定

katamariforever16 copy
katamariforever06 copy
katamariforever05 copy
katamariforever02 copy

 
『風のクロノア door to phantomile』
Wii/発売中

Toon_Pub_03_02
Klonoa Logo alt
5245
5111
1227
1221


『マグナカルタ2』
Xbox 360/2009年8月6日発売予定
 

MC2_Logo wTM
MC2_skill_022
MC2_skill_015
MC2_skill_008
MC2_general_048
MC2_general_010


『たべモン』
Wii/2009年発売予定
 

TM Logo
Grapy
Brocco-Lee
Big Fishy


 
『We Cheer 2』
Wii/日本発売未定
 

We Cheer2 Logo
weCheer2art
dance_Tracy01
dance_Ronnie02
custom_eye04

 

【2009 NAMCO BANDAI EDITOR’S DAY】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『PUBG』日本のSunsister Unknownがラストでドン勝! アジア大会Squad戦を制したのは!?【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。3日目のSquad戦・4ラウンド目で日本チームのSunsister Unknownが見事に1位を獲得し、総合5位に食い込んだ。

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデューサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『レインボーシックス シージ』シーズン4に登場する2人目の韓国オペレーター“Vigil”トレーラーが公開

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year2シーズン4にて追加予定の新オペレーター“Vigil”のトレーラーを公開した。