携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 武器カスタマイズも? 7000体のゾンビがひしめく『デッドライジング2』

武器カスタマイズも? 7000体のゾンビがひしめく『デッドライジング2』
【CAPTIVATE09】

2009/4/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●チェーンソーつきバイクなどが世界初公開

 

 2009年4月20日〜23日、西ヨーロッパにあるモナコ公国でCapcom Entertainment Europeが主催するプライベートイベント“CAPTIVATE09”が開催された。この催しは、カプコンが今後発売を予定しているタイトルの数々を、欧米のゲームメディア向けにお披露目するもの。今回はあくまで欧米向けの発表ではあったが、日本でも発売が予定されている『デッドライジング2』(プレイステーション3、Xbox 360、PC)や『ロスト プラネット2』(Xbox 360)、『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』(Wii)などのプレゼンテーションも行われた。今回日本のメディアとして単独潜入に成功。その模様をリポートする。

 

●真のグローバル企業を目指すための最先端タイトル

 

01

▲海外デベロッパーとのコラボレーションにより、「本当の意味で欧米で通用する作品にしたい」と語る稲船氏。

 日本のみならず世界中で多くのファンを獲得している『デッドライジング』。その続編『デッドライジング2』がついにベールを脱いだ。すでに週刊ファミ通5月8・16日合併号で画面写真が公開されているものの、ゲームシステムの詳細についてはまだ謎が多い。CAPTIVATE09では本作をプロデュースする稲船敬二氏自らがプレゼンテーションを実施。世界初となるデモプレイも行われ、その詳細がつぎつぎに明らかになった。まず、デモプレイをまえに、久々の現場復帰となった稲船氏は『デッドライジング2』についてつぎのように切り出した。

 

 「『デッドライジング2』は前作同様、ただゾンビを倒すだけでなく、随所にブラックユーモアを散りばめた作品になっています。前作を作ったとき日本の人たちから「海外タイトルっぽいね」と言われ、喜んでいたのですが、海外の人たちからは「西洋っぽいけど、日本の色が残っている」と言われ、ショックを受けました。やはり本場の人たちには見抜かれてしまう。だから、今作は本当の意味で海外で通用する作品にしたいと強い意志が固まり、海外デベロッパーの“ブルーキャッスルゲームス”と開発することにしました。言語や時差、文化の違いなどがあり、開発は容易なことではありませんが、逆にお互いのよさを認め合って開発することが大事なことだと思っています。海外の人たちが好むゲームを真似するのがグローバルの道ではなく、お互いの心が分かり合ったうえで作るのが本当のグローバルなんじゃないかと。そういう意味で『デッドライジング2』はそれができていると確信しています」(稲船)

 

03

▲ブルーキャッスルゲームスの高い技術力により7000体ものゾンビが表示できるという『デッドライジング2』。

 通常、海外デベロッパーとの作業は、開発をまかせっきりにして出来上がったものをチェックするだけになりがちだが、本作では毎週のように密に連絡を取り合い、カプコンとブルーキャッスルゲームスの共同作業によって、開発は進められているという。つまり、西洋と東洋の融合、真のグローバル戦略の最先端が『デッドライジング2』というわけだ。その融合が成功した例として挙げられたのが、ゾンビの数。稲船氏は「日本で開発していた前作はゾンビを500体出すことが精一杯だった」が、今作ではなんと「7000体のゾンビが表示できる」という。「ブルーキャスルゲームスの技術力は非常に高く、カプコン側の無茶な要求にも応えてくれる(笑)」(稲船)と、稲船氏もその開発力に舌を巻くほどで、「苦労は絶えないが、本当の意味でグローバルな作品に仕上がっている」ことを実感しているようだ。

 

 デモプレイの舞台は、フォーチュンシティ(『デッドライジング2』の舞台)の中にある大通り。デモプレイ用のステージとのことだったが、通りの両側には今作の舞台の特徴でもあるカジノが並んでいた。まず圧巻だったのは、前述したゾンビの数。前作でゾンビがウジャウジャとひしめき合っていた地下駐車場をはるかに凌ぐゾンビの密集感で、通りの奥にいるゾンビが蠢いている様子も見て取ることができた。ゾンビが密集する様子は、“通勤時の満員電車の中”や“お祭りの混雑ぶり”をイメージしてもらうといいかもしれない。稲船氏は「ゾンビの数だけがゲームのおもしろさに直結しないことは十分わかっているが、この中をチェーンソーがついたバイクなどで走り回ると、気持ち悪さを超えた爽快感を感じてもらえるはず」と自信を持って語るのも素直にうなずけるデモプレイだった。正直な話、記者は「ゾンビが7000体登場する」というのは理論値のことで、ゲームになるとそこまで表示できないだろうとタカをくくっていたが、実際にそのゾンビの群れを目の当たりにし、とにかくド肝を抜かれてしまった、というのがデモプレイを見た率直な感想だ。

 

02

▲今回稲船氏からゲームシステムについて細かい説明はなかったが、武器のカスタマイズなどを示唆した。

 もうひとつデモプレイで特筆すべき点、それは前述した稲船氏の発言にある“チェーンソーがついたバイク”だ。この“チェーンソーがついたバイク”とはデモプレイで披露された新たな武器。この武器以外にも、“ドリルつきのバケツ”や、鉄パイプの両端にチェーンソーを結びつけた“薙刀チェーンソー”といった、カスタマイズされたとおぼしき武器が新たに公開されたのだ(これらの武器の名前は記者が見た目からつけたものです)。バイクに薙刀チェーンソーを装着した“チェーンソーがついたバイク”で、ゾンビの群れのなかを疾走するシーンは圧巻のひと言。稲船氏の「気持ち悪さを超えた爽快感」とは、このシーンを指した発言というわけだ。実際にこれらの武器がゲーム中でどのように登場するのか、プレイヤーがカスタマイズできるのかについて稲船氏は、「今回システムについては触れませんが、そういった(改造された)武器が落ちているのは不自然なこと。そこから推測してみてください」と明言は避けた。が、この発言からもわかるとおり、何らかの形で武器を組み合わせたり、カスタマイズすることができるのはほぼ間違いなさそうだ。

 

 新たな武器の登場だけでなく、前作に登場したバットや刀の攻撃バリエーションが増えていたのにも驚かされた。とくに刀は左右のなぎ払い、縦斬りなどのバリエーションがあり、縦斬りでゾンビを縦に真っ二つにするシーンには稲船氏が語る「気持ち悪さを超えた爽快感」が十二分に感じられた。『デッドライジング2』は単純に武器の数が増えているだけでなく、攻撃のバリエーションの増加や改造武器の登場により、前作以上に遊びの幅が厚みを増しそうな印象だ。

 

 今回のデモプレイは、ゾンビの数と新たな武器、攻撃方法に特化した形で行われたが、稲船氏の言う「ブラックユーモア的な要素」が前作以上に随所に散りばめられており、まさに東洋と西洋の開発技術が融合したグローバルな作品と言えそう。下にはプレゼンテーションで行われた稲船氏と欧米メディアによる一問一答を掲載。ゲームの一端を垣間見ることができるやり取りがくり広げられたので、こちらもじっくりチェックして想像を膨らませてほしい。

 

●『デッドライジング2』一問一答

Q.オンラインマルチプレイには対応しているのでしょうか?

稲船 いまのところ発表はしていません。ただ、このご時世、シングルプレイだけというのは苦しいと思っています。どのような形になるかはまったくわかりませんが、(オンラインマルチプレイを)実現させたいとは思っています。

 

Q.前作のように武器を一定数使うと壊れてしまうのでしょうか?

稲船 武器が無限に使える仕様は前作にはありませんでした。それはいろいろな武器を使ってもらいたいという気持ちがあるからです。そういう意味でも、前作と同じようなシステムもしくは多少違うかもしれませんが、無限に使えないようになると思います。

 

Q.今作でも72時間という時間制限が設けられるのでしょうか?

稲船 前作のおもしろさのひとつは72時間生き残るというところにあったと思います。そこはしっかり今作でも残したいと思っています。

 

Q.前作の主人公フランクはジャーナリストとしてカメラを持っていて、写真を撮ることでポイントを得ていました。それに代わるシステムはあるのでしょうか?

稲船 フランクはジャーナリストで、カメラマン。だから、カメラを持っているのは必然で、それをシステムに使っていました。今回の主人公Chuck Greeneはカメラマンではありません。職業はバイク乗り。その職業に合ったシステムは入れたいと思っています。

 

Q.前作ではセーブファイルがひとつしか作成できなかったが、今作では?

稲船 最初にブルーキャッスルゲームスと話し合ったのが、セーブシステムについて。ただ、まだ正式な発表できませんが、ゲームの進行、おもしろさを妨げないような作りにはしようと思っています。

 

Q.海外のデベロッパーと開発していることを感じられる具体的な要素は?

稲船 すべても面において感じてもらえると思います。強いてひとつ挙げるとすると、キャラクターのデザイン。西洋の感覚だけで作成すると、ある種凝り固まったイメージになりやすいですが、今作では西洋人が臨むもの、東洋人が臨むものをうまくミックスできていると思います。遊んでもらえれば、そういったポイントが随所に感じられると思います。

 

Q.ゾンビが集団で攻撃してきたり、走り回ったり、前作になかったアクションはあるのでしょうか?

稲船 ふつうのゾンビに関しては大きな変更はありませんが、前作以上にA.Iが賢くはなっています。ただ、ゾンビの定義として“走らない”、“知能が低い”というルールがあるので、それを守ったうえで前作のように夜になると行動パターンが変わる、というようなことはあり得ると思います。

 

Q.フォーチュン・シティ以外の場所へも行くのでしょうか? また、フォーチュン・シティの広さはどれくらいでしょうか?

稲船 基本的にはフォーチュン・シティの中での物語になります。広さは最低でも前作の1.5〜2倍にはなると思います。

 

【CAPTIVATE09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

新作ゲーミングキーボード『ROG Falchion RX Low Profile』が3月8日発売。ROGブランド初のロープロファイルスイッチ、トライモード接続機能が搭載

ASUS JAPANは、Republic Of Gamers(ROG)の新作ゲーミングキーボード“ROG Falchion RX Low Profile”を発表した。2024年3月8日に発売予定。

『ダンジョン飯』オンラインくじ3/7販売。魔術学校時代のマルシルとファリンを描いたBIG布ポスターやマグカップが登場

KADOKAWAは、オンラインくじサービス“くじ引き堂”にて、テレビアニメ『ダンジョン飯』のオリジナル商品が手に入る“ダンジョン飯 オンラインくじ”を2024年3月7日(木)12時より販売する。

『クリケット・スルー・エイジ』Switch、PC、スマホ向けにリリース。事実と物理演算にのみ基づいたふにゃふにゃアクション。一万年前を支配する生物に抗うため生まれたクリケットをとくと見よ

Devolver Digitalは、事実と物理演算にのみ基づいたふにゃふにゃスポーツアクション『Cricket Through the Ages(クリケット・スルー・エイジ)』を、Nintendo Switch、PC(Steam)にて発売。

ドラえもん・コロ助・パーマン1号・ポコニャンたちのTシャツが登場。3月9日よりアベイルの店舗とオンラインストアにて発売【藤子・F・不二雄 生誕90周年記念】

藤子・F・不二雄氏の生誕90周年を記念した“FUJIKO・F・FUJIO 90TH Anniversary”デザインTシャツが、2024年3月9日よりアベイルの店舗オンラインストアにて販売される。価格は各1650円[税込]。

『ガンダムSEED』シリーズよりピンク色のハロのお部屋ライトとスマホ充電器が登場。お部屋に飾っても映えるキュートなデザイン

2024年3月1日(金)、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズより、ハロのお部屋ライトとスマホ充電器が販売される。

【Amazon新生活セール】ゲーミングヘッドセットやマイクが割引中。HyperXやオーテク、Logicool Gの対象製品が安く買える

Amazon.co.jp(アマゾン)で、新生活セールが2024年3月5日23時59分まで開催中。ゲーミングヘッドセットやマイクでおすすめの商品をピックアップして紹介。

『GTAオンライン』ドリフト、ドラッグレースをプレイして大量のGTAマネーとRPをゲット。報酬2倍キャンペーンが3月6日まで開催中

Rockstar Gamesは、『グランド・セフト・オートV』でサービス中の『GTAオンライン』にて、ドリフトレースとドラッグレースで報酬が2倍となるキャンペーンを2024年3月6日まで開催する。

【原神】Ver.4.5公式生放送(予告番組)最新情報まとめ。千織(声:竹達彩奈)実装。ヌヴィレットの復刻、新祈願“集録祈願”の実装も【Genshin】

『原神』バージョン4.5の公式生放送で発表されるアップデート情報、シリアルコード(交換コード)、発表内容を速報形式でお届け。