携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 小林裕幸プロデューサーが『デビル メイ クライ4』、『戦国BASARA』シリーズの制作話を大学生の前で披露

小林裕幸プロデューサーが『デビル メイ クライ4』、『戦国BASARA』シリーズの制作話を大学生の前で披露

2009/4/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●映像業界を目指す若人を前に、小林氏が熱く語った

 

 京都にある立命館大学映像学部(衣笠キャンパス)が、2009年4月23日に特別講演“クリエイティブリーダーシップセミナー”を開催。これは学生たちが将来像を定めるためのビジョン形成を想定した授業で、毎回映像業界関連でさまざまなゲストを招いて行われている。そして今回のゲストとして招かれたのが、カプコンの小林裕幸プロデューサー。この日、小林氏はみずからの代表作である『デビル メイ クライ4』(プレイステーション3、Xbox 360)、『戦国BASARA』シリーズを題材に講演を実施した。

 

 第1部は『デビル メイ クライ4』のプロデュースがテーマ。本作は『デビル メイ クライ3』の開発スタッフを中心に制作されたそうだが、当初は「じつはスタッフたちは『3』を完成させた時点で、すべて出しつくしたという思いが強くなり、『4』の開発に対するモチベーションが低かった」と当時を語った小林氏。そんな自身も、前作『3』、『2』の開発にタッチしていなかったため、『4』をプロデュースすることにモチベーションを上げづらかったという。そんな中スタートした『4』の開発プロジェクト。何か目新しくしようと悩み、シナリオを外部ライターに依頼したり、新たな主人公を設定したりと、新しいエキスを注入することに。

 

ONI_5239

ONI_5294

ONI_5356

ONI_5263

ONI_5409

▲『デビル メイ クライ4』の映像や、ネロの新アクションのデッサンをもとにしたGIFアニメを上映。

 

 とくに新主人公については、「シリーズのファンには新鮮な感覚を持ってもらえるし、新規ユーザーも入りやすいと思ったから」(小林)と、前作までの主人公ダンテではなくネロを誕生させた。その新主人公を盛り上げるために、ダンテとネロが戦うムービーシーンを制作したり、拳銃と剣を使うダンテにはない“悪魔の右腕”による新たなアクションを構築していったという。また、悪魔に親を殺されたヒロインのキリエとの関係(悪魔を嫌うキリエの前で悪魔の右腕を使いたくないネロ)といった重厚なストーリー、人間関係を作ることで、「従来のファンも新規ユーザーの心を熱くさせる」(小林)。

 

 第2部のテーマは、『戦国BASARA』シリーズのプロデュース。誰でも遊べる簡単なアクションゲームを作りたかったという小林氏だが、「ボタンを押すだけでゲームを進めることを目指したが、それだけでは初心者もすぐに飽きてしまう」という。だから英語混じりのセリフを言う伊達政宗を筆頭とするひとクセもふたクセもあるキャラクターと、激動の戦国時代を駆け抜けた武将たちのドラマチックなストーリーをマッチさせることで、『戦国BASARA』がより魅力的なものになると小林氏は語った。

 

ONI_5515

ONI_5497

ONI_5596

ONI_5555

ONI_5689

 

 また、小林氏を始めとするスタッフは『戦国BASARA』のために歴史を勉強。上杉謙信の女性説、大きな戦から無傷で帰還した本多忠勝など、その勉強での知識がキャラクター設定で活かされる。その結果、『戦国BASARA』における上杉謙信は女性キャラ、本多忠勝は無傷をイメージしてロボットのようなキャラクターに。「ユーザーのことを意識するのはもちろんですが、作り手側がおもしろいと思えるものはどんどん入れるべき」(小林)。2005年7月に1作目を発売してから、短期間で2作目を発売した『戦国BASARA』。これについては、「『1』がそれなりのヒットを記録したので勢いを止めたくなかった」と小林氏。『戦国BASARA』シリーズが約1年で新作が発売される理由のひとつをそのように説明した。最後に、『戦国BASARA』シリーズをプロデュースするうえでの姿勢として、歴史の勉強。ドラマやゲームなどほかの作品のいい部分は取り入れる、客観的に考える、つねに向上心を持つ、クオリティーを妥協しない、時間の限りベストをつくすといった点を掲げた。

 

※『デビル メイ クライ4』公式サイトはこちら

※『戦国BASARA』シリーズ公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『フィギュアヘッズ』最高峰の戦いをイタリアンを食べつつ観戦! “WOCT 2017Season1 for PS4”決勝戦パブリックビューイングリポート

『フィギュアヘッズ』の賞金制公式大会“WOCT 2017 Season1 for PS4”パブリックビューイングの模様をお届け。

ゲストは高野麻里佳さん&渚さん! 『DFF』ゆるゆる配信“ゆるディア”は2017年10月19日の19時から!!

週刊ファミ通編集部の『ディシディア ファイナルファンタジー』好き編集者&ライターが、ゆる〜く全国対戦やトークをしているゆるゆる放送 “ゆるディア”。2017年10月19日19時からの配信では、ゲストに高野麻里佳さんと渚さんお迎えして、ソロ出撃&パーティ出撃で楽しみます!!

格闘ゲームの王者を決める! “闘神祭2017 CHAMPIONS CARNIVAL”10月21日、22日に決勝大会が開催

タイトーは、“闘神祭2017 CHAMPIONS CARNIVAL”全国決勝大会を、2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトにて開催する。

『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』おいしく“いただける”特設サイトが公開

スクウェア・エニックスは、2017年10月19日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』について、おいしく“いただける”特設サイトを公開した。

『アケアカNEOGEO ロボアーミー』がNintendo Switch、PS4、Xbox Oneで10月19日に配信決定

ハムスターは、2017年10月19日よりNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One用ダウンロードソフト『アケアカNEOGEO ロボアーミー』の配信を開始する。

『Nidhogg 2(ニーズヘッグ2)』10月19日配信の“生放送・ゆるっと日本一”で対戦プレイを披露

日本一ソフトウェアは、2017年10月19日19時よりニコニコ生放送、FRESH!、Periscopeにて、公式バラエティ番組“生放送・ゆるっと日本一”第17回を配信すると発表。プレイステーション4用ソフト『Nidhogg 2(ニーズヘッグ2)』が紹介される。

『北斗が如く』主要キャストインタビュー第2弾が公開、宇垣秀成さん、森川智之さんらが本作を語る

セガゲームスは、プレイステーション4用ソフト『北斗が如く』について、主要キャストインタビュー映像第2弾を公開した。

『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』販売店別のオリジナル予約特典が公開

セガゲームスは、2018年2月15日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』について、販売店別のオリジナル予約特典の情報を公開した。

オプーナになりきれ!『DOA5LR』“マリー・ローズ オプーナなりきり衣装”をPS Plus、Xbox Live ゴールドメンバーシップ 加入者限定で無料配信開始

コーエーテクモゲームスは、発売中の格闘エンターテインメント『デッド オア アライブ 5 ラストラウンド』について、“マリー・ローズ オプーナなりきり衣装”を本日10月18日より、PlayStation Plus、Xbox Live ゴールドメンバーシップ加入者限定で無料配信を開始した。

『MHF-Z』Wii U版、Xbox 360版のゲームデータをパソコンからもプレイ可能にするアカウント連携サービスが11月29日より開始、詳細の動画や特設サイトも公開

カプコンは、サービス中のWii U版、Xbox 360版『モンスターハンター フロンティアZ』について、現在プレイ中のゲームデータを、パソコンからもプレイ可能する“アカウント連携サービス”を2017年11月29日より開始する。