携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> スクウェア・エニックス・ホールディングスが英国Eidosのグループ化を発表

スクウェア・エニックス・ホールディングスが英国Eidosのグループ化を発表

2009/4/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「これによってグローバル企業の骨格ができました」(和田)

 

TN2_0265

▲2009年2月12日から行われていた、スクウェア・エニックス・ホールディングスによる英国Eidosの公開買い付けの手続きが完了。2009年4月22日をもってスクウェア・エニックスグループの傘下に入った。


 2009年4月22日に都内で、スクウェア・エニックス・ホールディングスがグループ戦略説明会を実施。英国のEidosのグループ化について、和田洋一代表取締役社長が説明を行った。

 

 Eidosは、『トゥームレイダー』や『ヒットマン』、『ケイン&リンチ』など世界的に人気な数多くのシリーズ作品を持つメーカー。英国のほかに、スウェーデン、ドイツ、上海、北米、カナダなど各地に開発スタジオを持っている。スクウェア・エニックス・ホールディングスは2009年2月12日より、同社の完全子会社である英国SQEXを通じてEidosの発行済み、および発行予定全株式の買い付けに着手。2009年4月22日日本時間の夕刻にその手続きを完了し、同日付けでEidosはSQEXの完全子会社となった。買い付け価格は1株当たり32ペンスで、発行済み全株式の価値は日本円にして約121億円に。なお、グループの傘下に入るものの、Eidosというブランドは存続されるという。


TN2_0253

▲スクウェア・エニックスグループには現在、スクウェア・エニックスとタイトー、そしてEidosの3つのブランドが存在。売上や従業員などの規模としてはスクウェア・エニックスがもっとも大きく、Eidosがもっとも小さい。

 

 和田社長は説明会冒頭で、「私が2001年に社長就任して以来、一貫してグローバル化を進めてきましたが、今回のEidos社のグループ化によってその骨格ができたものと思っております」と明言。具体的に、スクウェア・エニックス・ホールディングスのグローバル戦略について説明していった。和田社長はまず、エンターテインメントビジネスに必要な要素として以下の3つのポイントを挙げた。

 

1 ブランド価値の創出

2 多様な顧客接点の確保

3 コミュニティ・マネジメント能力

 

 “多様な顧客接点の確保”とは、コンテンツを多面展開してより多くのユーザーに触れてもらうことを指す。「ひとつのコンテンツがひとつのメディア、端末でしか楽しめないという状況はいまでは少ない。マルチプラットフォーム化を進め、ユーザーとメディアとの接点を増やすことを課題にしてきました」と、これまでに同社が推し進めてきた戦略を改めて説明。「(スクウェア・エニックスは)ひとつの世界観をどう多面的に収益化するかに特化してやってきた」(和田)とも語った。例に挙げたのは、『ファイナルファンタジー』シリーズのナンバリングタイトルの、さらに続編を出すことや、攻略本、映像化、ケータイコンテンツ化など。これに対して、Eidosはゲームソフト1本で完結してしまっていると指摘し、スクウェア・エニックスのノウハウを使って多様な展開を行いたいとした。

 
 また、セールス、マーケティングの面では、スクウェア・エニックスにとってもEidosをグループ化することで大きなメリットがある。 
 

 「Eidosという会社は、『トゥームレイダー』シリーズなどを見てわかるとおり、オリジナルのIP(知的財産)を作る能力がある。グループとして、ワールドワイドで数百万本売れるシリーズを数多く作っていきたいと思います。また、Eidosをグループ化することによって、世界中に事業所や開発拠点ができる。欧州、アジア、北米と3つの市場に基盤ができるのはもちろん、開発拠点が散らばっていることで世界中のクリエイターに対して門を開けている状態となることに意味があると思っています」(和田)

 

 またEidosは、スクウェア・エニックスがあまり得意としていないアクションなどのジャンルの作品を多く手掛けており、技術を共有することでもお互いに補完しあえる。和田社長は、「グローバル企業としてどう戦っていくのか、やっと枠組みができました。これにどう肉付けしていくかが、今後の課題と考えています」とまとめた。


TN2_0285

▲グローバル企業化への道を推し進めてきた和田社長。「やっと枠組みができて、いまはホッとしているところです」と本音をのぞかせた。

※スクウェア・エニックス・ホールディングスの公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『DARK SOULS III』DLC第2弾『THE RINGED CITY』最新トレーラーが公開 未公開のシチュエーションでの戦闘やイベントシーンを収録

フロム・ソフトウェアは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『DARK SOULS III(ダークソウル III)』について、追加ダウンロードコンテンツ第2弾となる『THE RINGED CITY(ザ リングド シティ)』の発表トレーラー完全版を公開した。また、最新スクリーンショットも公開されている。

『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』 発売日が6月1日に決定! 最新プロモーションビデオも公開

バンダイナムコエンターテインメントは、PS Vita用ソフト『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』の発売日が2017年6月1日に決定したことを明らかにした。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第149回 提督と、光作戦発動

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 『光』作戦編も中盤、水本提督と艦娘たちは松風に出会えるか!?

まるでゲームのようなFPSムービー『ハードコア』、斬新な映像作品を作り出した監督の単独インタビューを紹介!

全編FPS(一人称視点)という、まるでゲームのような映像表現によって全米で話題を集めた映画『ハードコア』が、いよいよ2017年4月1日より全国ロードショー開始。公開に先駆けて、本作の監督・脚本を務めるイリヤ・ナイシュラー氏に単独インタビューを実施。その模様をお届けします。

開催目前!3/26ファミ通Appリアルイベントの全貌を公開!当日の物販グッズ情報もチェック

2017年3月26日はファミ通Appのファンイベント開催。ファミ通Appの中のひとに会えちゃうゾ!

2チームに分かれてリアル勢力戦! 『ディシディア ファイナルファンタジー』公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASYヴァリアントストライク2”リポート

2017年3月18日に、池袋のシアターカフェ&ダイニング“STORIA”にて、公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASYヴァリアントストライク2”が開催された。本記事では、熱気に包まれた会場の模様を、皆さまにもお届け!

『電脳戦機バーチャロン』 ヒューマンサイズ“MBV-04テムジン”が“AnimeJapan 2017”に出展決定! 受注生産受付も3月31日よりスタート

フロンティアワークスは、『電脳戦機バーチャロン』に登場するプレイヤー機“テムジン”のヒューマンサイズ・モニュメントを、2017年3月25日・26日に東京ビッグサイトで開催される“AnimeJapan 2017”に出展する。

『ドラゴンクエストX オンライン』タロットカードが商品化! ゲーム内アイテムの特典も付属

スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストX オンライン』に登場するタロットカードが商品化決定。

『無双☆スターズ』ゲーム実況グループ“いい大人達”による実況プレイ動画が公開

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『無双☆スターズ』について、ゲーム実況グループ“いい大人達”による実況動画の第1弾を公開した。

SIEJAがESL Japan開催のゲーム大会に特別協賛、PS4のイベント機能から参加できる“PlayStation Plus presents 『ESL Japan Cup』”4月8日より開幕

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、ESL Japanが開催する、プレイステーション4のイベント機能を用いたトーナメント形式のゲーム大会に特別協賛することを発表。