携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 国内360万台の普及を目指して! Xbox 360が怒濤のタイトルラインアップを披露

国内360万台の普及を目指して! Xbox 360が怒濤のタイトルラインアップを披露
【Xbox 360 Title Preview : Spring 2009】

2009/4/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『マグナカルタ2』や『ロスト プラネット 2』など大作のオンパレード

ms03

▲マイクロソフトの泉水敬氏。

 既報のとおり、2009年4月21日、東京・表参道ヒルズ SPACE O(スペースオー)にて“Xbox 360 Title Preview : Spring 2009”が開催された。この発表会は、今後発売が予定されているXbox 360用タイトルをお披露目することを目的に行われたもの。今後リリースされる31タイトルを中心にプレゼンが行われた。

 最初に登壇したのは、マイクロソフトの執行役 常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長の泉水敬氏。泉水氏はXbox 360の国内における販売台数が100万台を突破したことを受けて、「正直、長い時間がかかりましたが、ユーザーさんをはじめXbox 360を支えてくださった皆さんに感謝します」と感慨深げに語ったあとで、「100万台はうれしいですが、これはあくまでひとつの通過点。さらに本体を普及させるべく、タイトルラインアップやオンラインサービス、ハードウェアで最高の努力をしていきたい」とつぎなる目標に向けてまい進する決意であることを改めて強調した。
 

ms01
ms02

▲泉水氏は“ありがとう キャンペーン”を実施することを明らかに。これはXbox 360ユーザーに総額100万マイクロソフトポイントをプレゼントするというもの。記念テーマなども配信されるとのことだ。

▲「今年はオンラインに力を入れる」という泉水氏だが、国内でXbox LIVE コミュニティーゲームを7月中旬にスタートすることも明らかに。XNA Game Studioで作ったソフトをXbox 360で配信可能にするXbox LIVE コミュニティーゲームだが、これでアマチュアゲーム制作者にもさらなる可能性が広がる。


 そのための重要な戦略となるのは、やはりタイトルラインアップ。まず紹介されたのはバンダイナムコゲームス期待のRPG『マグナカルタ2』。登壇したバンダイナムコゲームスの金坂吉久プロデューサーは、「本作は、愛と宿命、犠牲をテーマにした完全新作RPGです。独創的な原画デザインと秀麗なグラフィック、それに映像に躍動を与える実力派声優陣により、すばらしい作品に仕上がっています」と説明した。ちなみに登場人物を描くのは、韓国の人気絵師であるキム・ヒョンテ。声優には福山潤や平野綾などが起用されている。気になる戦闘システムは、パーティーバトルを活かしたリアルタイムバトルが採用されるとのことだ。

 また、本作のテーマソングがGLAYの『シンクロニシティ』になることも発表。ビデオ出演したGLAYのメンバーは「原曲を作っているときにテーマ曲のお話しをいただいたのですが、ゲームのテーマに偶然合致していました。タイトルは“共時性”という意味で、すべての偶然は必然でできているという意味合いがあるのですが、そういう意味では『マグナカルタ2』とこの曲の出会いは必然です。『シンクロニシティ』という曲は、ゲームにマッチしていると思いますよ」とコメントした。韓国の実力派メーカー、ソフトマックスとの共同開発による『マグナカルタ2』は、2009年8月6日発売予定だ。

 さらにバンダイナムコゲームスのタイトルとしては、2009年秋発売予定の『鉄拳6(仮題)』の本邦初公開となる最新映像も披露された。会場で公開された映像は、発表会当日よりXbox LIVE マーケットプレースにて配信されるとのことだ。

ms08
ms05

▲バンダイナムコゲームスの金坂吉久プロデューサー。『マグナカルタ2』の魅力をプレゼン。

▲初公開となる映像が披露された『マグナカルタ2』。さすがのクオリティーを見せつけていた。

ms06
ms07

▲『マグナカルタ2』の魅力は、独創的な原画デザイン、秀麗なグラフィック、そして実力派声優陣にあるとのこと。

▲GLAYがテーマ曲を担当することも明らかに。トップアーティストの起用で、話題性も抜群。大作RPGとして期待も高まる。


 おつぎに紹介されたのは、カプコン期待の2タイトル『ロスト プラネット 2』と『デッドライジング2』。『ロスト プラネット 2』では、プロデューサーを務める竹内潤氏がビデオ出演。「『ロスト プラネット 2』は、いままでのゲームとは違った新しい技術を使っています。Xbox LIVEのオンライン機能を最大限に使った4人協力プレイにも注目してください」とコメントし、全世界初公開となる映像が披露された。超巨大な敵を相手に戦うさまは、まさに迫力のひと言だった。

 『デッドライジング2』では、プロデューサーを務める稲船敬二氏がこちらもビデオ出演し、「久々に自らプロデュースを務めるということで、ノリノリでやっています。カプコンでは、世界市場に向けての取り組みをしてきましたが、『デッドライジング2』はその集大成となります。本作は海外の開発会社とコラボしてやっていますが、難しい点がある反面で楽しい面もあります。主人公がゾンビを相手に暴れまわりますので、楽しみにしていてください」と説明した。

ms10
ms11

▲カプコンの竹内潤氏と稲船敬二氏はビデオ出演。それぞれ『ロスト プラネット 2』と『デッドライジング2』への抱負を語った。

▲会場で流されたバージョンとは異なるが、『デッドライジング2』の最新映像は、Xbox LIVE マーケットプレースにて配信予定とのこと。

 
 泉水氏より「初代Xboxからがっちりとパートナーを組んでいるメーカーさん」として紹介されたのがセガで、登壇した執行役員 国内CS事業部 事業部長 の川越隆幸氏は、セガが“超大作”として位置づける『エンド オブ エタニティ』とアクション『BAYONETTA(ベヨネッタ)』を披露した。『エンド オブ エタニティ』では、開発を担当するトライエースの勝呂隆之ディレクターが登壇。セガの新作発表会で上映した“デビュートレーラー”に、戦闘シーンを織り交ぜた最新映像を紹介したうえで、勝呂氏は「皆さんの関心が高いのはバトルシステムだと思いますが、本作はコマンドバトルではありません。剣と魔法ではなくて銃撃戦になっていまして、じっくりと腰を据えて遊ぶゲームになっています」と、熱心なRPGファン向けの作品であることを示唆した。

 一方の「3Dアクションの最高峰を目指して開発中です。今期の目玉として期待しています」(川越)という『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は、プラチナゲームズの橋本祐介プロデューサーらが登壇し、最新映像と実機によるデモプレイを披露した。「どんな場面でもクライマックス感があります。映画のクライマックスが連続するような作品に仕上がっています」(橋本)との言葉どおり、迫力の映像だった。

ms12
ms14

▲マイクロソフトの発表会には7年ぶりの登壇になるという川越氏。泉水氏とがっちり握手。

▲プラチナゲームズ開発による『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は2009年秋発売予定。

ms13
ms16
ms15

▲セガ 執行役員 国内CS事業部 事業部長 川越隆幸氏,。「超大作を2本、Xbox 360のために用意しています。期待してください」とのこと。

▲トライエースの勝呂隆之ディレクター。『エンド オブ エタニティ』に関しては、「Xbox 360では3タイトル目。いままでのノウハウを活かしつつ、新しい要素も盛り込んで、最高のRPGを作りたい」とのこと。

▲プラチナゲームズの橋本祐介プロデューサー。「デモを見ると難しく感じるかもしれませんが、触ってみれば簡単な操作に驚くはず。アクションの新たな柱となるべく開発しています」と『BAYONETTA(ベヨネッタ)』に自信を持つ。


 バンダイナムコゲームス、カプコン、セガと、Xbox 360を支えるサードパーティーのプレゼンのあとは、マイクロソフトのホーム&エンターテイメント事業本部 マーケティング本部長の坂口城治氏が『Mass Effect(マスエフェクト)』や『Halo 3(ヘイロー3):ODST』のファーストパーティータイトルを披露。さらには、アーケードゲームの移植作への注力ぷりを改めてアピールした上で、ケイブの『虫姫さま ふたりVer1.5』やSNKプレイモアの『ザ・キング・オブ・ファイターズ XII』、『サムライスピリッツ閃』といった新タイトルを紹介した。

 あわせて、Xbox 360 プラチナコレクションとして新規に『真・三國無双5(Xbox 360 プラチナコレクション)』と『BIOSHOCK(バイオショック)(Xbox 360 プラチナコレクション)』の2タイトルが2009年7月2日にリリースされることも明らかに。『真・三國無双5(Xbox 360 プラチナコレクション)』は3990円[税込]、『BIOSHOCK(バイオショック)(Xbox 360 プラチナコレクション)』は2940円[税込]だ。良質なタイトルをリーズナブルな価格で提供するXbox 360 プラチナコレクションだが、この2タイトルを加えて全部で50タイトルになるとのことだ。

 

 発表会の冒頭で、「今年もっとも力を入れるのはオンラインサービスです」と言明していた泉水敬氏だが、今回の発表会で充実ぶりが目立ったのはXbox LIVE アーケードタイトル。Xbox LIVE アーケードではすでに140タイトル以上が配信されているとのことだが、発表会では国内開発の15タイトルが紹介。そのなかにはカプコン『ロックマン9 野望の復活!!』、スクウェア・エニックス『0 Day Attack on Earth(ゼロ デイ アタック オン アース)』、『プロジェクトCUBE』(タイトル未定)、SNKプレイモアの『ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002 アンリミテッドマッチ』、『ザ・キング・オブ・ファイターズ -SKY STAGE-(仮題)』などの新作も含まれていた。

ms17
ms19
ms18

▲マイクロソフトのホーム&エンターテイメント事業本部 マーケティング本部長の坂口城治氏。怒濤のタイトルラインアップを紹介。

▲カプコン『ロックマン9 野望の復活!!』のXbox LIVE アーケードでの配信が決定。

▲Xbox LIVEに参入したばかりのスクウェア・エニックスは、発売中の『クリスタル・ディフェンダーズ』のほかに、『0 Day Attack on Earth(ゼロ デイ アタック オン アース)』、『プロジェクトCUBE』(タイトル未定)などを発表。


 そして最後のプレゼンタイトルとして紹介されたのが、マイクロソフトのいち押しタイトル『ギアーズ オブ ウォー2』。いままで“発売日未定”とアナウンスされていた同作が、2009年夏に発売されることが正式決定した。

 最後に泉水氏は「Xbox 360では、引き続き強力なタイトルラインアップを提供し、新たなるステージに向かって前進していきます。よくファンの方からは、100万台のつぎは360万台を! と言われますが、その目標に向けて突き進んでいきます」とコメントし発表会を締めくくった。2008年はRPGの充実ぶりが記憶に新しいXbox 360だが、今回の発表会は、“Xbox 360 Title Preview”とあるとおり、RPG以外でもXbox 360タイトルが充実していることをアピールするために催されたもの。そういった意味では、まさに今後のXbox 360に対して期待させるに足る、圧巻の“タイトル プレビュー”だったと言えるだろう。

KN1_3780

▲『ギアーズ オブ ウォー2』が2009年夏に発売されることが最後の最後に発表!


※Xbox.comはこちら

【Xbox 360 Title Preview : Spring 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【今週の週刊ファミ通】DLC付録付き『グランブルーファンタジー』3周年記念総力特集特集!!『モンハン ダブルクロス』の攻略に、サイゲームスの特集も!(2017年3月23日発売号)

本日(2017年3月23日)発売の週刊ファミ通2017年4月6日号の表紙を飾るのは、2017年3月10日に3周年を迎えた『グランブルーファンタジー』。特集ページには、特製イラストカードやアイテムがもらえるシリアルコードを封入しています!!

『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』時の狭間を越え、世界の滅びを救え

アトラスは、週刊ファミ通2017年4月6日号(2017年3月23日発売)にてニンテンドー3DS用ソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』の最新情報を公開した。

『聖剣伝説コレクション』語り継ぎたい伝説がある

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年4月6日号(2017年3月23日発売)にてNintendo Switch用ソフト『聖剣伝説コレクション』の最新情報を公開した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年03月13日〜2017年03月19日

首位の『モンスターハンターダブルクロス』が、2017年初となるミリオンタイトルに

『TERA』4月12日実装の新クラス・ムーングレイバーの追加情報が公開、専用アバターなどがもらえる先行イベントもスタート

2017年3月22日、ゲームオンはPC用MMORPG『TERA :The Exiled Realm of Arborea』において、4月12日に実装される新クラス“ムーングレイバー”の追加情報を公開した。

Nintendo Switch版『アケアカNEOGEO ビッグトーナメントゴルフ』の配信日が3月23日に決定! オリジナルは1996年発売のゴルフゲーム

ハムスターは、Nintendo Switch版『アケアカNEOGEO ビッグトーナメントゴルフ』の配信日が2017年3月23日に決定したことを明らかにした。

PS4版『アケアカNEOGEO 龍虎の拳』が3月23日より配信決定、1992年発売の意欲作

ハムスターは、SNKより許諾を得て展開するプレイステーション4向けダウンロードソフト『アケアカNEOGEO』シリーズの10作目として、2017年3月23日より『アケアカNEOGEO 龍虎の拳』を配信開始することを発表した。

Xbox One版『アケアカNEOGEO』シリーズ、『龍虎の拳』&『餓狼伝説〜宿命の闘い〜』が3月23日に配信決定

ハムスターは、SNKより許諾を得て展開するXbox One向けダウンロードソフト『アケアカNEOGEO』シリーズにて、2017年3月23日より『アケアカNEOGEO 龍虎の拳』および『アケアカNEOGEO 餓狼伝説 〜宿命の闘い〜』を配信開始することを発表した。