携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『FFVII』の配信も発表に―― 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』プレミア試写会が開催

『FFVII』の配信も発表に―― 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』プレミア試写会が開催

2009/4/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●舞台挨拶には野村哲也氏らクリエーター陣も登場

 

 スクウェア・エニックスは2009年4月10日、都内にあるソニービルのコミュニケーションゾーン OPUSで、2009年4月16日に発売されるブルーレイ用映像作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』(以下、『FFVII ACC』)のプレミア試写会を開催した。


▲会場となったソニービルの1階には、『ファイナルファンタジーVII』の象徴とも言える“ミッドガル”の模型が鎮座。

 

▲1階ロビーには専用のコーナーも。ディスプレイ内には本体同梱版に封入される、特別仕様のプレイステーション3“Cloud Black”も展示されていた。

 

▲館内のいたるところに『ファイナルファンタジーVII』および『ファイナルファンタジーXIII』関連の展示。ビル全体で発売に向けて作品を盛り上げていた。

 

 『FFVII ACC』は、2005年にDVDおよびUMD Video向けに発売された映像作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』へ、30分におよぶ新規シーンの追加や改変、1000カットの修正を行った、同作の決定版ともいえるもの。もちろん、供給メディアが大容量のブルーレイへ移ったことによる、映像のさらなる高画質化も実現されている。また、全3バージョン発売されるなかで初回通常版と特別仕様のプレイステーション3本体“Cloud Black”同梱版には、プレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』の体験版も収録された特典ディスクを同梱。シリーズのファンなら絶対に見逃せない内容となっているのだ。

 

 今回の試写会では、この作品を全世界に先駆けて関係者向けに公開。追加、改変も含め物語に関する説明はここでは避けるが、ブルーレイで生まれ変わった映像は圧巻のひとこと。舞台となる“ミッドガル”の街はその存在感をさらに増し、建物の陰影、そこに住む人々の表情を含め、より“生”が感じられる描写に。目まぐるしくキャラが動き回るバトルシーンは、衝突の瞬間など思わずのけぞってしまうほどの迫力だ。個人的にとくに印象的だったのが、花や水など自然物の描写。実写と見まがうほど違和感なく描かれたそれらは、CG映像の可能性のさらなる広がりを予感させるものとなっていた。


 

 上映終了後には、本作を手掛けたクリーエーター陣による舞台挨拶も実施。プロデューサーの橋本真司氏、北瀬佳範氏、Co.ディレクターの野末武志、シナリオライターを務めたステラヴィスタ在籍の野島一成氏、そしてディレクターの野村哲也氏が登場した。

 

 橋本氏は「前作から4年経っても色褪せない作品であることは本日観ていただいたとおりです。まさに時代のさきを見据えた作品だったんだなと実感しています」と、いよいよ発売される『FFVII ACC』への感想を披露。また、前作が全世界累計で410万枚以上販売した実績があることから、現在海外での展開も詰めていることも明らかにした。

 

 世界最高峰とも言える映像はいかにして生まれたのか? 野末氏は「CGというとコンピュータですべてやる印象があるかもしれませんが、実際にはスタッフがひとコマひとコマを丁寧に作ったのが絵にも出ているんです」と、開発陣の細やかな仕事ぶりによるものだと説明。野島氏は、前作から追加となる部分のストーリーを書く際どこに重点を置いたかを紹介。「前作はあれで完成していたので、今回はその物語がより浮かび上がるように書き上げました」と語った。


▲橋本氏はブルーレイで発売した理由について、「プレイステーション3の拡大とともに、時期が来たなと感じました」と語った。

▲「前回カットした部分や、ユーザーからの意見を取り入れました」とシーン追加、改変の意図を明かした野末氏。

▲野島氏は作品に同時収録されるアニメについて「アニメ化は予想していなかったのでうれしいです」と率直な感想を延べた。

 

 広がり続ける『ファイナルファンタジーVII』という作品。北瀬氏は「4年まえから『ファイナルファンタジーVII』を補完する作品がいくつも出ていますが、それがここ(『FFVII ACC』)に結実するのは非常に感慨深いです」とコメント。それに続いて野村氏は『FFVII ACC』を発売した経緯や意図について「ブルーレイディスクで出すことが決まったとき、高画質化するだけでいいのか? と考え、さらに物語に深みを持たせられるように決めました」と明かした。また、野村氏は本作について「新規シーンの間を重視したので、全編を通して観てもらえればそれがわかると思います」と紹介。「子供たちも重視しているので、“クラウド”と子供の触れ合いのシーンはお気に入りですね」と、とくに思い入れの強いシーンも明かした。

 

▲北瀬氏は「『ファイナルファンタジーVII』は今回でひと段落ですが、今後もユーザーとコミュニケーションを取りながら、生き続けていくでしょう」とコメント。

▲「発売が当初の予定から少しずれてしまいましたが、その分充実した内容のものができた思いますので、皆さんにぜひ楽しんでもらいたいです」とファンにメッセージを送った野村氏。

 

 試写会の最後にはこちらの記事でも紹介しているとおり、ゲームアーカイブスでの『ファイナルファンタジーVII』配信が発表に。橋本氏は「ディスク交換の必要もなく、作品のすべてを手の平で遊ぶことができます」と、『ファイナルファンタジーVII』関連作品の原点をより多くの人に遊んでもらえるようアピールした。


▲不朽の名作がついにゲームアーカイブスで登場! この機会にぜひ、『FFVII ACC』の原点を体験してみては?

 

※『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』の公式サイトはこちら

※名作『ファイナルファンタジーVII』がゲームアーカイブスに登場
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

先行試射会まであと2日! 『スプラトゥーン2』のクラゲたちもトレーニング中

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、先行試射会のカウントダウンツイートを配信した。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』に太鼓判を押す、押井守氏がコメントを寄せる特別映像が公開

『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公開を間近に控えて、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の押井守監督が同作にコメントを寄せる特別映像が公開された。

『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』日本語版が発売、ディープな情報を発信するブログもオープン

スクウェア・エニックスは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』日本語版を、本日2017年3月23日に発売した。

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル〜after school ACTIVITY〜』筐体のお祓いも!? “神田明神シャンシャン祭(フェスティバル)”リポート

2017年3月11日(土)、3月12日(日)、秋葉原・神田明神にて『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』&『ラブライブ!スクールアイドルコレクション』の合同イベント“神田明神シャンシャン祭(フェスティバル)”が開催された。

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』水の色が黄金&白に変わる危険な新色、衣装“ダボッとしたYシャツ”などDLC第2弾が配信開始

マーベラスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』について、ダウンロードコンテンツ第2弾の配信を開始。

アニメ『ONE PIECE』“ジュエリー・ボニー”と“ポートガス・D・エース”のフィギュアがアーケード向け景品に登場

バンプレストは、アニメ『ONE PIECE』をモチーフとしたアミューズメント専用景品“ワンピース GLITTER&GLAMOURS -JEWELRY. BONNEY-”および“ワンピース 造形物語-PORTGAS・D・ACE-”を、2017年4月下旬より全国のアミューズメント施設向けに順次投入する。

ついに発売! 世界観、登場人物、ゲームシステムなど『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』情報を総まとめ

本日3月23日発売のアクションRPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』の世界観、登場人物、ゲームシステムなどの情報をまとめてお届け。

『ディシディア ファイナルファンタジー』(アーケード版)に『FFII』の“皇帝”が参戦!

スクウェア・エニックスは、アーケードで稼動中の『ディシディア ファイナルファンタジー』において、本日(2017年3月23日)にバージョンアップを実施。新キャラクターとして『FFII』の“皇帝”が参戦するほか、プレイヤーズサイトへの新アイテムを追加した。

Razer、ゲーミングPC“Razer Blade”i7-7700HQとDDR4搭載新モデルの国内販売を開始 超薄型、ラップトップならがらも高性能

デジカは、Razer製の新しいゲーミングノートPC“Razer Blade(レイザー ブレード)”最新バージョンの国内取り扱いを発表した。

『ゴジラVSモスラ』成虫&幼虫のモスラがスペシャルカラーで立体化

特撮映画『ゴジラ』シリーズの19作目、『ゴジラVSモスラ』に登場する、モスラの成虫姿と幼虫姿をスペシャルカラーで仕上げた可動フィギュアセットが発売決定。