ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【第2回】広島カープ、中日ドラゴンズの行方は? “野球ラブ”な面々が2009年シーズンを語る!
【ファミ通的プロ野球サミット2009 スペシャル】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●豪華賞品が当たる(?)読者予想も受付中

 

samit2009_logo

 全国のプロ野球ファンが待ちに待った2009年シーズンが、セ・リーグ、パ・リーグともに2009年4月3日から開幕! すでに開幕3連戦が行われ、各地で熱戦がくり拡げられている。今シーズンは、先日まで行われていた“'09 WORLD BASEBALL CLASSIC[TM]”(WBC)での劇的連覇もあり、例年以上に話題が豊富で、盛り上がっていることは間違いない。というわけで、週刊ファミ通編集部のプロ野球好きが集まって、今年のシーズンの展望を語り尽くす恒例の企画“プロ野球サミット”を開催しちゃいます! しかも、今回は豪華ゲスト2名を加えていつも以上に真剣モード(?)で、お届け。ファミ通.comでは全4回にわたって掲載する。なお、今回のプロ野球サミットの模様は、ダイジェスト版として週刊ファミ通4月17日号(4月3日発売)にも掲載しているので、いち早くその全容を知りたい人はそちらもお見逃しなく!

 

 まずは今回、プロ野球サミットに参加した面々による独自の予想から。自分の持つ情報網を総動員して得た情報や自信の野球観、経験を集約した予想を見ているだけでも野球ファンは楽しめるはず。プロ野球サミットはこの予想をもとに展開しているので、じっくりとチェックしたうえで、読んでみてほしい。第2回目となる今回は、昨年4位の広島カープと3位の中日ドラゴンズについて語っている部分をお届けする。


KONAMI
パワプロプロダクション 野球統轄ディレクター

豊原浩司氏

セガ
『プロ野球チームをつくろう』シリーズ プロデューサー
馬場保仁氏

toyohara
yosou_toyohashi
baba
yosou_baba

▲『実況パワフルプロ野球』、『プロ野球スピリッツ』の両タイトルに1作目から携わり、現在は選手データ作成グループの統括、および、両シリーズの野球システムの指南役。以前は球場へ出向いてデータを集めていたこともあり、選手を見る目は折り紙つき。確かな経験に裏打ちされた鋭い分析力に注目が集まる。

▲長年にわたって『プロ野球チームをつくろう!』シリーズを手掛けてきた、通称“野球つく★番長”。選手だけでなく球団全体の育成がキモとなるゲームに携わっているだけに、フロントを含めた戦力分析に期待。全球団の戦力を把握しているのはもちろん、若手選手の成長ぶりやチームの補強ポイントにも目を光らせる。

 

カミカゼ長田
(巨人ファン代表)

浜村通信
(阪神ファン代表)

osada
yosou_osada
hamamura
yosou_hamamura

▲巨人優勝は当然。ライバルと見ているのは、4位予想の中日までか。ヤクルトは、昨年の開幕3連敗の恨みだけで最下位にした模様。「予想が難しい」と語るパ・リーグは、実績を重視した予想のようだ。

▲誰に何を言われても謙虚な姿勢は崩さず。阪神の優勝が決まったら優勝を予想しそうな勢いだ。というわけで、阪神は2位予想。本音か牽制かは不明だが、優勝には巨人を推す。パ・リーグは西武と予想。


ふじのっち
(中日ファン代表)

トマト杉原
(広島ファン代表)

fujino
yosou_hujino
sugihara
yosou_sugihara

▲ほかのメンバーが中位付近に予想する中、「不安要素はほぼなし」と、ひいきの中日を自信の優勝予想。対抗は巨人と阪神か。パ・リーグは昨年度覇者の西武と、近年の実績は十分のソフトバンクを上位予想。

▲さすがの超ポジティブシンキング男も、ひいきの広島は2位予想まで。クライマックスシリーズでのミラクルを目指す。ほかは両リーグともに実績重視の予想、かと思いきや中日の評価は低め。ただの勘?


女尻笠井
(ヤクルトファン代表)

フランソワ林
(横浜ファン代表)

kasai
yosou_kasai
hayasi
yosou_hyashi

▲カミカゼ長田に「予想と願望をいっしょにするな!」とツッコまれても、セ・リーグを制するのはヤクルトと信じているファンの鏡。パ・リーグでは、馬場氏、浜村通信と同じく、楽天の躍進を予想して3位に置いた。

▲昨年の負けっぷりからの社会復帰は、いまだ果たせず。ひいきの横浜をクライマックスシリーズすら逃す4位に予想。ちなみに、この原稿を書いている最中に、WBCで村田選手が故障……がんばるしかない!

 

●新球場効果で、念願のクライマックスシリーズ進出なるか?

 

佐治 ここまでの横浜、ヤクルトの分析に比べたら、ここからは明るい話題に……なるのかな? 広島の今シーズンはどうでしょう?

 

長田 広島は今年、明るい話題多いでしょう。

 

浜村 球場が新しくなったもんねぇ。

 

杉原 なんと新球場には、“びっくりテラス”というのがあって、そこでバーベキューが楽しめると……。

 

一同 (爆笑)。

 

長田 そういうことじゃねーだろ!

 

浜村 えっ? バーベキューが球場でできる場所を、“びっくりテラス”って名前にしちゃったの?

 

杉原 しちゃってます(笑)。

 

佐治 そんなことより、オープン戦、広島は調子がいいようで。

 

長田 オープン戦だけでしょ?

 

杉原 去年から比べると、建さん(高橋建投手)[注1]は抜けたものの、戦力ダウンがほとんどない。

 

浜村 ふつう毎年戦力ダウンしないでしょ。

 

馬場 阪神ファンがその言葉をいちばん言っちゃいけない気がしますよ

 

一同 (笑)。

 

長田 4番とエース獲られたり、ね。

 

浜村 それに関しては申し訳ないんだけどね(笑)。

 

佐治 過去に金本(知憲外野手)、新井(貴浩内野手)を獲った球団ですからね。そういえば、去年の広島を支えたルイス(投手)は今年も調子いいみたいで。

 

藤野 天谷(宗一郎外野手)、赤松(真人外野手)あたりもかなりイイですよね。

 

杉原 エース(ルイス投手)と4番(栗原健太内野手)がしっかりしているし、若手も育ってきていますから。

 

浜村 赤松はいいねぇ〜。

 

佐治 ちょっとアンタ![注2]

 

一同 (大爆笑)。

 

長田 でも、栗原はいいよね。

 

杉原 勝負強いですから。昔の山本浩二のような……。

 

藤野 えっ? そんなに?

 

馬場 栗原選手のようなタイプが能力設定が難しいんですよ。2ストライクになったら、長打を捨てて右に打てるタイプなので。

 

長田 さすがの分析。

 

豊原 新球場はいままでより広くなるというのは、かなりプラスだと思いますしね。

 

長田 でも、広島失策多すぎませんか?[注3]

 

豊原 (失策数を左右する)内野の守備は球場の広さと関係ないですから大丈夫なんじゃないかなと。

 

杉原 でも、ホームアドバンテージがほとんどないんですよ。練習試合も、オープン戦もあまりできてない。他球団といっしょに新球場に慣れていかないと……。

 

長田 どうでもいいけど、球場広くなったら、広島からホームラン王は未来永劫出ないよね。内野の守備も最悪だし。

 

 何でそんなに偉そうなのかがわからん!

 

一同 (爆笑)。

 

杉原 カギは機動力ですよ。あとは栗原の前後を打つ選手がしっかりがんばってくれれば、優勝も狙える。

 

浜村 えっ? 優勝も狙えるって言ったの? へぇ〜そう思ってるんだ。

 

一同 (笑)。

 

長田 それも予想じゃなくて、願望でしょ?

 

馬場 先発が足りないんじゃないですかね?

 

長田 ルイスが30勝しないとダメでしょ。

 

馬場 前田健投手、大竹投手、ルイス投手の3人しかいないような……。

 

杉原 あとは齊藤(悠葵投手)と長谷川(昌幸投手)が復活してくれると踏んでるんですが……どうですかね?

 

馬場 確かに、齊藤投手は楽しみですよね。

 

 でも、今年はサイクル的に永川(勝浩投手)がダメな年のような……。

 

馬場 いやいや、永川投手は毎年スケールアップ! ですよね?

 

杉原 去年は抜群でしたからね。今年も!

 

長田 広島の話、長くない? もう、新球場おめでとうってだけでいいんじゃない?

 

一同 (笑)。

 

佐治 樽募金[注4]は今年もやってたんですかね?

 

馬場 やってますよ、入れましたもん。

 

長田 そんじゃ今年の広島は、新球場と樽募金……びっくりテラスってことで。

 

杉原 いや本当は……。

 

長田 もうお前はイイって!

 

[注1]「建さん」:高橋建投手。昨年広島に所属し、39歳ながらも先発の一角として8勝5敗の好成績。現在はメージャーリーグのトロント・ブルージェイズとマイナー契約。

[注2]「赤松はいいねぇ〜」:赤松真人選手は、快足と強肩で期待された元阪神の選手。しかし、2008年に“FA移籍で阪神に入団した新井貴浩の人的補償”で広島に移籍したわけで……要するに阪神がプロテクトしていなかった選手なんです。

[注3]「広島失策多すぎませんか?」:2008年シーズン、広島の失策数は87で6球団ワースト。でも、この発言をしているカミカゼ長田が好きな巨人も失策数は83。あんま、変わらないじゃん!

[注4]「樽募金」:球団の資金難を救うべく広島市民が酒樽に募金を募ったという何ともイイ話。今回は、なんと1億2000万円以上も集まったそうです。
 

●投手陣が豊富な中日が、セ・リーグを圧倒する?

 

佐治 さて、ここからは昨年のAクラス。まず中日は今年も話題が豊富ですよね。

 

藤野 うんうん

 

佐治 岩瀬(仁紀投手)、中田(賢一投手)がグラブ盗難に遭う……。

 

藤野 オイ、ネタかよ!

 

佐治 オープン戦は調子があまりよくないようで……。

 

藤野 いまのうちに打たれているだけ。あくまで調整ですから、オープン戦は。

 

長田 ウッズ(内野手)がいなくなったから、今年は恐くないね。

 

藤野 現状を言うと、4番(ウッズ)とエース(川上憲伸投手)がいなくなったと……。

 

浜村 そうだよね。

 

藤野 だけど、ピッチャーは多いんですよ。先発を数えると片手じゃ足りない。

 

長田 コイツが言うには余ってるって言ってるんですが、どうですか?

 

馬場 チェン投手が15勝くらいしたら優勝すると思います。今年の中日のエースはチェン投手じゃないかと思っていますから。

 

長田 ほかに先発は?

 

藤野 朝倉(健太投手)、中田、小笠原(孝投手)、山本(昌投手)、チェン、ほかに吉見(一起投手)がいて……まだ候補はいるんですよ。浅尾(拓也投手)とか久本(祐一投手)、山井(大介投手)も。

 

馬場 山井投手は今年来るかもしれませんよね。3年に1回くらいの周期で活躍してますから。

 

藤野 だから、誰が故障しても痛くない。

 

馬場 山本昌投手は今年大丈夫ですかね?

 

藤野 あと7勝で球団新記録なんで、がんばってほしいところです。

 

浜村 えっ、山本昌が球団新記録? ……野手はどうなの?

 

藤野 ウッズの代わりに連れて来たブランコ(内野手)がよさそうなんですよ。変化球に対応できるかがカギかと。

 

馬場 オープン戦もそこそこ打ってましたよね。

 

藤野 唯一不安なのが、荒木(雅博内野手)と井端(弘和内野手)のポジションチェンジですね。

 

浜村 あれは何で?

 

藤野 井端の膝の調子が悪くて、それを荒木の守備力を活かす形でフォローすると……。

 

浜村 なるほどね。

 

藤野 あとは外野の競争であぶれちゃった選手をどうするか、くらい。和田が1塁を守らないと、枠がないです。

 

長田 森野(将彦内野手)は?

 

藤野 中村ノリ(紀洋内野手)がいなくなった[注5]ので、サード確定じゃないですかね。不安要素はそれくらいで。下位球団に比べたら、ぜいたくな悩みですよ(笑)。ピッチャーは安定しているので、優勝は堅いかなと。だから、何で皆さんの予想がこんなに低いのか……。

 

豊原 去年、エースと4番が抜けた広島がBクラスでしたから。

 

馬場 僕はウッズ選手よりも中村ノリ選手が抜けた穴が大きいと思いますね。

 

藤野 でも、選手層は厚いですよ。

 

浜村 エースと4番が抜けたら、ねぇ〜。

 

佐治 ところでウッズはけっきょく何歳だったんですか?

 

藤野 わからん。

 

一同 (爆笑)。

 

[注5]「中村ノリがいなくなった」:中村紀洋選手。2009年から楽天イーグルスに入団。

 

次回につづきます−−2009年4月8日更新予定

 

★ファミ通的プロ野球サミット2009 スペシャル 第1回目の模様はこちらから★

 

〜『実況パワフルプロ野球NEXT』&『実況パワフルプロ野球2009』〜

 

 コミカルな外見の選手を操作して本格的な野球が楽しめる『実況パワフルプロ野球』シリーズ。2009年度シーズン開幕予想データを搭載した同シリーズの最新作は、Wiiとプレイステーション2で2009年3月19日に発売されている。

 

 Wii版の『実況パワフルプロ野球NEXT』は、オリジナル選手が育成できる新モード“ヒーロー”に加え、全国の友だちと対戦できる“Wi-Fi”や最大4人で楽しめる協力対戦など、新要素が多数追加されている。一方、プレイステーション2版の『実況パワフルプロ野球2009』には、Wii版とは異なる選手育成モード“ドリームJAPAN”と、“栄冠ナイン”を収録。また、『実況パワフルプロ野球ポータブル3』の応援曲と選手データが引き継げる、ファンにとってはうれしい機能も搭載されている。

 

NEXT

 

実況パワフルプロ野球NEXT

メーカー

KONAMI

対応機種

Wii

発売日

2009年3月19日発売

価格

5980円[税込]

ジャンル

アクション / 野球

備考

ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
制作:パワプロプロダクション

 

実況パワフルプロ野球2009

メーカー

KONAMI

対応機種

プレイステーション2

発売日

2009年3月19日発売

価格

4980円[税込]

ジャンル

アクション / 野球

備考

制作:パワプロプロダクション

 

●Wi-Fi対戦の実現!

 

 『実況パワフルプロ野球NEXT』では、シリーズ初の通信対戦が可能になっている。ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用して、全国のライバルたちとの対戦プレイが楽しめる。また、対戦プレイだけでなく、友だちどうしでオリジナル選手やアレンジチームを好感することも可能だ。

 

●パワプロモードセレクト_NEXT修正版
ogasawara

▲Wi-Fiモードで待望の通信対戦が可能に。全国のプレイヤーを相手に、自分の腕を試してみよう。

 

 〜『プロ野球チームをつくろう!2』〜

 

 ゼネラルマネージャーとしてプロ野球の球団経営を行う人気シミュレーションゲーム『プロ野球チームをつくろう!』シリーズ。シリーズ最新作『プロ野球チームをつくろう! 2』が、2009年5月21日にニンテンドーDSで登場。同作では、2009年シーズン開幕まえの最新データで遊べるのはもちろん、特定の選手を重点的に育てられる“ひいきシステム”や新モード“野球つくJapanロード”など、新要素が多数追加されている。
 

yaky

 

プロ野球チームをつくろう! 2

メーカー

セガ

対応機種

ニンテンドーDS

発売日

2009年5月21日発売

価格

5229円[税込]

ジャンル

シミュレーション / 野球

備考

プロデューサー:馬場保仁

 

 ●“ひいきシステム”で好みの選手を育成しよう

 

 シーズン中、試合の成績によって毎週得られる“ひいきポイント”。このポイントを特定の選手に割り振ることで、その選手の成長を早めることができる。中心選手の成長を促したり、期待の大型新人に優先的にポイントを与えたり、成長に時間のかかる晩成型選手の成長を早めるなど、より選手に愛情を注いだ育成が可能になっている。

 

image0050
image0052

▲ひいきポイントは、試合でいい成績を収めることでより多く獲得できる。ゲットしたポイントをひいきの選手に割り振ろう。

 

image0078
image0081

▲選手の成長具合をグラフで確認できる“成長の軌跡システム”を新搭載。これにより、選手の成長を実感することができるようになっている。

 

●順位予想最下位の人間が読者にプレゼントを自腹で用意!

 

 順位予想あるところに、罰ゲームあり! プロ野球サミットの参加メンバーの予想とシーズン終了後の順位が当たっていたら、それぞれ1ポイントを加算するシステムで、順位予想をポイント化。たとえば、1位を巨人と予想し、実際にリーグ終了後、巨人が1位であれば1ポイントを加算し、2〜6位だった場合は0ポイントという方式だ。セ・パ両リーグの予想合計ポイントが最下位だった人間が、自腹で読者プレゼントを用意する。ただし、単なる抽選ではおもしろくない! ということで、読者の皆さんにもこの順位予想に参加してもらい、実際の順位と同じ予想をした(もしくは予想ポイントがもっとも高い)人に、最下位の人間が用意した賞品をプレゼント(当選者多数だった場合は抽選とさせていただきます)。プレゼントの内容は、プロ野球2009年シーズン終了後、実施予定のプロ野球サミット2009-結果発表編-で決定。もちろん、豊原氏、馬場氏も参加するので、全国のプロ野球ファンたちよ、緻密な予想で豪華賞品(?)をゲットしてくれ!

 

質問.2009年のプロ野球、パ・リーグとセ・リーグそれぞれの順位予想をお答えください。併せて、予想をした理由を教えてください。

●パ・リーグ
1位 
2位 
3位 
4位 
5位 

●セ・リーグ

1位 
2位 
3位 
4位 
5位 


●予想の理由など

 

プロフィールをお書きください。

年齢

性別

男性  女性

お住まいの
都道府県

ご職業

メールアドレス

 

 

プレゼントを希望するかたは、以下の項目に必要事項をご記入ください。プレゼントとしてどんな物が欲しいか希望をお書きください。プレゼントを希望されない方は、そのままフォームの下にある「送信!」ボタンを押してください。

希望賞品

お名前

郵便番号(半角数字)


記入例:123-456

住所

 

【「送信!」を押す前に必ずお読みください】

ご応募いただいた場合、弊社が定めるプライバシーポリシーに同意したものとみなさせていただきます。ご記入の内容により、弊社商品およびサービスに関するご案内をお送りさせていただく場合がございます。なお、入力漏れなど正しく記入されていないと対象外になる可能性がありますので、いま一度記入内容をご確認ください。

 

※パワプロ通信はこちら

※『プロ野球チームをつくろう!2』の公式サイトはこちら

 

(C)SEGA (社)日本野球機構承認 NPB BIS プロ野球公式記録使用 ※画面は開発中のものです。

(C)2009 Konami Digital Entertainment

(社)日本野球機構承認 NPB BIS プロ野球公式記録使用

フランチャイズ12球場+スカイマークスタジアム公認

(社)全国野球振興会公認

ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2008年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。

 

【ファミ通的プロ野球サミット2009 スペシャル】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

TVゲームニュース




ゲームソフト販売ランキング

2位:アマガミアマガミ

販売数ランキングをすべて見る

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いたデータに基づいた販売ランキングです(毎週更新)