携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Wii『テイルズ オブ グレイセス』の詳細判明!GIRL NEXT DOORがシリーズ最新作のテーマソングを担当!

Wii『テイルズ オブ グレイセス』の詳細判明!GIRL NEXT DOORがシリーズ最新作のテーマソングを担当!
【『テイルズ オブ』シリーズ2009年度ラインナップ発表会】

2009/4/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2009年度はPSP、プレイステーション3、Wiiの3ハードで展開

 

 2009年4月6日にバンダイナムコゲームス本社内にあるイベントスペース“ファンシアター”にて、“『テイルズ オブ』シリーズ2009年度ラインナップ発表会”が行われた。今年で3回目となるこの催しは毎年年度初めに実施されるもので、『テイルズ オブ』シリーズの年度内計画が明らかになる場だ。発表会の冒頭、2009年4月からバンダイナムコゲームスの代表取締役社長に就任した鵜之沢伸氏が登壇。社長就任のあいさつとともに、『テイルズ オブ』シリーズの今後の展開について自身の想いを語った。
 

unozawa

▲バンダイナムコゲームスの新社長、鵜之沢伸氏が冒頭のあいさつを行った。社長に就任後も、ジョークを交えたトークは健在。

  「4月1日から社長になっちゃいました。なっちゃいましたじゃなかった、就任いたしました。少しは社長らしくしゃべろうと思っているのですが、なかなかできなくて(笑)。バンダイとナムコが統合して3年が経ち、3年ごとに作っている中期計画をこの4月から新たにスタートさせました。そのなかのビジョンとして、“チェンジ ザ エンターテインメント”を掲げております。我々はエンターテインメントの中に身を置く会社で、ゲームを中心に展開しております。一方、我々のグループには、バンダイビジュアルのようなアニメを手掛けている会社もあります。そのなかで(ゲームとアニメの)融合がこれまで進んでいなかったのかなと思います。今後はグループを上げて、何か新しいエンターテインメントの概念を生み出したいというのが僕の想いです。チェンジといっても、社長ひとりが変わってもたいして変わらない。全体で変わりたいんだという想いが大事なんだと思っています。また、社外取締役の松永真理さんの言葉で、「チェンジ(CHANGE)はチャレンジ(CHALLENGE)の中にある」というのがあります。そういう意味で、『テイルズ オブ』シリーズでは新たなチャレンジをしていきたいと思っています」(鵜之沢)
 

yosidumi

▲『テイルズ オブ』シリーズを統轄している吉積氏。革新という言葉をもじった“拡進”というテーマで2009年度の展開を推し進めるという。

 続いて、『テイルズ オブ』シリーズを統轄する吉積信氏(コンテンツ制作本部 第3企画ユニット ゼネラルマネージャー)が登壇。2008年度の展開を振り返りつつ、2009年度の展開について言及した。吉積氏は「2008年度は“躍導”というテーマで、Wii、Xbox 360、ニンテンドーDS、PSP(プレイステーション・ポータブル)で展開してきました。また、アニメなどの展開も含め、いろいろなことを模索しながら進めてきました」と昨年度を分析。その流れを継続し、「2009年度はさらなるステップアップをしたい、という意味を込め、“革新”をもじって“拡進”をテーマにしたいと思います」(吉積)と発表した。“拡げられたステージで、さらなる進化を目指す”という意味が込められているこの言葉。プロモーションを担当する田中快氏が自信満々で吉積氏に提案した言葉とのことで、「メディアの方々、ユーザーの皆さんに、このもじった言葉に対する評価をしていただきたい(笑)」(吉積)と会場を沸かせた。肝心のタイトルラインアップについて吉積氏からは発売するハードだけが明らかに。「PSP、プレイステーション3、Wiiで『テイルズ オブ』シリーズを展開しつつ、イベントや昨年展開したアニメの延長線上にある新しいものをやりたい」(吉積)と、含みを持たせつつ、各タイトルのプロデューサーに壇上を譲った。

 

02
08
01

▲2008年度、『テイルズ オブ ジ アビス』のアニメ化、ハイエンド機Xbox 360で初めて発売した『テイルズ オブ ヴェスペリア』といった新たに拡大した『テイルズ オブ』シリーズの裾野を、2009年度はさらに拡げつつ、邁進するという。今年度、ゲームに関してはPSP、プレイステーション3、Wiiの順で展開予定ということだ。

 

●クラシックコントローラPROにも完全対応 Wii用ソフト『テイルズ オブ グレイセス』

 

toglogo
 
tog01
tog03
tog02

▲『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトルとして発売が決定したWii用ソフト『テイルズ オブ グレイセス』。今冬発売予定。


 まず、先陣を切って発表されたのが、新たなマザーシップタイトル『テイルズ オブ グレイセス』。Wii用ソフトとして発売される本作のジャンルテーマは“守る強さを知るRPG”。本作を手掛ける馬場英雄制作プロデューサーによると「「守るって何を?」と思われるかもしれませんが、守るものは自分の信念や決めたことをやり遂げること、家族、友人など、いろんなものを“守る”というテーマを世界観と物語を通じて表現していきたい」ということだ。また、今回主人公キャラクターも明らかに。アスベル・ラントという名前の主人公で、キャラクターデザインは『テイルズ オブ』シリーズでおなじみのいのまたむつみ氏が手掛けている。馬場氏は「正義感が強く、透明感、清潔感があるキャラクター。注目していただきたいのは強い意志を持った目」とアピール。アスベル・ラントを中心にどんな物語が展開されるのか、続報にも期待したい。また、本作は任天堂が2月に発表したクラシックコントローラPROにも対応。「Wiiリモコンとヌンチャクで遊べるのはもちろん、クラシックコントローラPROを使って爽快な戦闘、ゲームプレイができるように開発中です」(馬場)と締めくくった。
 

tog04
tog05
tog08
 
tog06
tog07

▲従来のLMBS(リニアモーションバトルシステム)をさらに昇華させた“スタイルシフト LMBS”。キャラクターごとに異なる固有武器を別のスタイルで切り替えが可能となっているほか、戦闘中、ターゲットのまわり360度動き回ることができるように。

 

●対戦型アクションゲーム、PSP用ソフト『テイルズ オブ バーサス』

 

vslogo
 
vs01
vs02

▲シリーズ初の対戦アクションゲーム『テイルズ オブ バーサス』。今夏発売予定。

 

 2009年度最初の『テイルズ オブ』シリーズとして発売される予定となっているのが、PSP用ソフト『テイルズ オブバーサス』。シリーズ歴代のキャラクター35名が登場する対戦アクションゲームで、2009年夏発売予定ということが明らかに。戦闘システムはリニアモーションバトルシステムを踏襲しつつ、壁や床に当てた跳ね返り攻撃なども可能な新しいシステムを採用しているという。また、同ソフトのテーマソングは、人気ユニットGIRL NEXT DOORが担当。本作のために書き下ろされた曲とのことで、2009年6月14日に開催されるテイルズ オブ フェスティバル2009でもテーマソングをお披露目する予定になっているということだ。さらに連動コンテンツとして、ケータイアプリも本作と同時期に展開される予定となっており、両方をプレイすることでよりゲームが深く楽しめる仕様に。魅力的なキャラクターを多数輩出してきた『テイルズ オブ』シリーズならではの作品と言えそうだ。

 

vs05
vs06
vs09
vs04
 
vs08
vs07
vs03

▲シリーズ13作品の中から総勢35名のキャラクターが参戦。ケータイアプリとの連動も明らかになった。


06
girlnextdoor
 
03
04
05
07

▲GIRL NEXT DOORが『テイルズ オブ バーサス』のテーマソングを担当。すでにほぼ完成しているという楽曲は、6月に開催予定のテイルズ オブ フェスティバル2009でお披露目されるという。また、発売後のお楽しみとして、メンバーがデザインした武器がゲーム中に登場するんだとか。ボーカルの千紗は「人気タイトルのテーマソングを担当できて、本当にすごくうれしいです!」、キーボードの鈴木大輔は「3人ともPSPを購入して発売を楽しみに待っています!」、ギターの井上裕治は「僕たちがデザインした武器を使ってぜひ楽しんでほしい」とそれぞれコメント。

 

※『テイルズ オブ』シリーズのポータルサイト“テイルズ チャンネル”


 

 

【『テイルズ オブ』シリーズ2009年度ラインナップ発表会】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』4人のキャラクターのメインストーリーとゲームオリジナル私服を紹介

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年春頃の発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト、『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』に登場するキャラクターたちの最新情報を公開した。

動画初公開エリアでのデモプレイも! 人気声優・石川由依さん&齊藤陽介プロデューサーが駆け付けた『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ステージ【台湾ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目(2017年1月22日)に行われた、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のステージをリポートする。

『LET IT DIE』ジャパンプレミア開催 神田沙也加さんと浜野謙太さんがサプライズ出演! 豪華声優陣が発表に

ガンホー・オンライン・エンターテイメントより2017年2月2日に配信を控えているアクション『LET IT DIE』。その配信を間近に控えて、1月22日に東京・Zepp東京にて“『LET IT DIE』ジャパンプレミア”が開催された。

実写映画版『ねこあつめ』本ビジュアルはキャット版&キャスト版の両A面、追加キャストのコメントも

ヒットポイントより配信中のスマートフォン用ゲーム『ねこあつめ』を原作にした実写映画『ねこあつめの家』(2017年4月8日全国公開予定)について、本ビジュアルが解禁。

『東亰ザナドゥ eX+(エクスプラス)』、PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』の中文版発売日発表にどよめき! 日本ファルコムのステージをリポート【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目に行われた日本ファルコムのステージをリポートする。

デルがゲーミングノートPCの2017年春モデルを発表! 13インチのVR対応『ALIENWARE』のほかに低価格ゲーミングノートも登場

2017年1月20日、デルは新製品発表会を開催した。ゲーミングノートPC『New Inspiron 15ゲーミング』や『New ALIENWARE 13』のほかに、タブレット形態にも変形するノートPC『New XPS 13 2-in-1』など、多彩なラインアップを公開。

『FFXV』に台湾料理が登場!? 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』のデモプレイも行われた『ファイナルファンタジー』ステージは大盛況!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。同イベント期間中の1月21日に行われた『ファイナルファンタジー』ステージの模様をリポートする。

人気声優・井上喜久子さん(17歳)も参加した『ダンガンロンパ』ステージの模様をお届け!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。ここでは、1月20日に行われた『ダンガンロンパ』ステージの模様をリポート!

PS4 Pro&PS VRの安定供給はいつ? SIEのアジア戦略キーパーソン・織田博之氏と江口達雄氏に聞く、現状と今後の展望【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月20日のSIETブースのステージおよび、台湾メディア向けに設けられたSIEのアジア戦略キーパーソンへの共同取材の模様をお届けする。

“ぷよぷよカフェ”での対戦イベントは有名JKプレイヤーいーちゃんさんも参戦して大盛況!

2017年1月21日、“ぷよぷよカフェ”池袋店にて、来店者と『ぷよぷよ』上級プレイヤーが対戦できるイベントが開催された。その模様をお届けしよう。