携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年度のゲーム市場規模は約5524億2000万円、ハード&ソフトともに前年比減

2008年度のゲーム市場規模は約5524億2000万円、ハード&ソフトともに前年比減

2009/4/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ハードはニンテンドーDSがトップの売れ行き

 

 エンターブレインは2009年4月2日、2008年度の国内家庭用ゲーム市場について、速報を発表した。集計期間は2008年3月31日〜2009年3月29日で、ゲーム市場の規模は全体で約5524億2000万円に。うち、ハードが約2315億2000万円、ソフトが3209億1000万円という結果になった。いずれも前年度に比べると規模を縮小しており、市場全体では前年度比81.6パーセントとなっている。



2008年度・2007年度の市場規模比較
(2007年度の集計期間は2007年3月26日〜2008年3月30日)

 

ハード

ソフト

合計

2008年度(52週)

2315億2000万円

3209億1000万円

5524億2000万円

2007年度(53週)

3174億7000万円

3594億8000万円

6769億5000万円

前年比

72.9パーセント

89.3パーセント

81.6パーセント

 

dsi

▲ニンテンドーDSは2008年11月に発売されたニンテンドーDSiが好調。同モデルの国内累計販売台数は200万台を突破した。

 2008年度もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定販売台数は398万3205台。それにPSP(プレイステーション・ポータブル)が323万563台、Wiiが225万7575台で続いている。ちなみに、ほとんどのハードが前年度と比べて販売台数を落としているが、Xbox 360は2007年度の23万5318台から、39万8633台と倍近い伸びを見せた。

 

 ソフト販売本数はポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター プラチナ』が237万2336本でトップに。2位以下は任天堂のタイトルが好調で、2位に『マリオカート Wii』、3位に『リズム天国ゴールド』、そして5位には『Wii Fit』と3本がランクイン。4位、カプコンのPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』は任天堂ハード以外から唯一のランクインとなった。
 

各ハードの販売台数
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2009年3月29日)

ハード名

2008年度
推定販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS(※)

398万3205台

2615万2966台

PSP

323万563台

1180万4589台

Wii

225万7575台

795万3154台

プレイステーション3

99万9903台

300万9395台

Xbox 360

39万8633台

100万1191台

※ニンテンドーDS、ニンテンドーDS LiteおよびニンテンドーDSiの合計値


ソフト販売本数トップ5
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2009年3月29日)

順位

ハード

タイトル名

メーカー

発売日

2008年度
推定販売台数

1

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ 

ポケモン 

2008年
9月13日 

237万2336本

2

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年
4月10日

220万3430本

3

ニンテンドーDS

リズム天国ゴールド

任天堂

2008年
7月31日

 165万1424本

4

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年
3月27日

 162万9867本
(累計:245万3132本)

5

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年
12月1日

 150万6713本
(累計:326万8906本)


※2007年度のデータはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【おそらく世界初】Twitterで写真を使った壮大なじゃんけん大会が開催。優勝者には布団や枕、ビワコットンのタートルネック、土鍋、地球儀などの賞品を用意

WEBサイト“ほぼ日刊イトイ新聞”は、世界初となるTwitterを介した写真でのじゃんけん大会を開催する。参加締め切りは2022年12月9日(金)12時まで。

『ドラクエ10 オフライン』開発経緯を安元洋貴さんが聞く。オフ版が必要な理由と“再構築”する挑戦の中に潜む苦労と工夫を白石琢磨Pが答える

スクウェア・エニックスは、WEB動画コンテンツ“スクエニの創りかた”の最新動画を2022年12月6日(火)21時よりスクウェア・エニックスYouTubeチャンネルで配信する。

“森のポケモンたち2”森ですごすフシギダネ、バタフリー、キモリ、カイロスがガチャになって発売決定!

タカラトミーアーツは、“森のポケモンたち2”を2022年11月下旬よりカプセル自販機にて発売開始した。

『人喰いの大鷲トリコ』が発売された日。少年と巨獣の絆を描いた文化庁メディア芸術祭大賞受賞作。発表から7年を要しての発売となった【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2016年(平成28年)12月6日は、プレイステーション4用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』が発売された日。

『ICO』が発売された日。少年と少女が手を繋いで冒険するシチュエーションに心打たれた傑作。切なげな雰囲気が漂う幻想的な風景が忘れられない【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2001年(平成13年)12月6日は、プレイステーション2用ソフト『ICO』が発売された日。

『パラッパラッパー』が発売された日。ノリノリのサウンドと特徴的な映像表現で、世界的ヒット! リズムゲームの草分け【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1996年(平成8年)12月6日は、プレイステーション用ソフト『パラッパラッパー』が発売された日。

『クラッシュ・バンディクー』が発売された日。画面奥に向かって進んでいく3Dアクション。キャラはかわいいけど、難度は高くてやり応えたっぷり!【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1996年(平成8年)12月6日は、プレイステーション用ソフト『クラッシュ・バンディクー』が発売された日。

【ホロマート】ホロライブ×ファミマは本日(12/6)10時より開始。さくらみこ、星街すいせい、宝鐘マリン、ロボ子さん、夜空メル、AZKiのグッズをゲット!

ホロライブとファミリーマート(ファミマ)の“ホロマート”が、12月6日10時よりスタート。さくらみこ、星街すいせい、ロボ子さん、宝鐘マリン、夜空メル、AZKiの6名が参加!

『戦隊大失格』TVアニメ化決定。原作は『五等分の花嫁』の春場ねぎ、監督は『タイバニ』のさとうけいいち

『戦隊大失格』テレビアニメ化が発表された。『戦隊大失格』は『五等分の花嫁』で知られる春場ねぎ氏による作品で、『週刊少年マガジン』にて連載中だ。

『オーバーウォッチ2』“ラマットラ”を徹底解説! 形態変化で敵を蹂躙する攻撃特化型の新タンク。ネメシス・モードの8秒間で一気に決める!

2022年12月7日(水)より開始される『オーバーウォッチ2』のシーズン2にて使用可能となる新タンクヒーロー“ラマットラ”。ラマットラの先行プレイの模様をお届けする。