携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年度のゲーム市場規模は約5524億2000万円、ハード&ソフトともに前年比減

2008年度のゲーム市場規模は約5524億2000万円、ハード&ソフトともに前年比減

2009/4/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ハードはニンテンドーDSがトップの売れ行き

 

 エンターブレインは2009年4月2日、2008年度の国内家庭用ゲーム市場について、速報を発表した。集計期間は2008年3月31日〜2009年3月29日で、ゲーム市場の規模は全体で約5524億2000万円に。うち、ハードが約2315億2000万円、ソフトが3209億1000万円という結果になった。いずれも前年度に比べると規模を縮小しており、市場全体では前年度比81.6パーセントとなっている。



2008年度・2007年度の市場規模比較
(2007年度の集計期間は2007年3月26日〜2008年3月30日)

 

ハード

ソフト

合計

2008年度(52週)

2315億2000万円

3209億1000万円

5524億2000万円

2007年度(53週)

3174億7000万円

3594億8000万円

6769億5000万円

前年比

72.9パーセント

89.3パーセント

81.6パーセント

 

dsi

▲ニンテンドーDSは2008年11月に発売されたニンテンドーDSiが好調。同モデルの国内累計販売台数は200万台を突破した。

 2008年度もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定販売台数は398万3205台。それにPSP(プレイステーション・ポータブル)が323万563台、Wiiが225万7575台で続いている。ちなみに、ほとんどのハードが前年度と比べて販売台数を落としているが、Xbox 360は2007年度の23万5318台から、39万8633台と倍近い伸びを見せた。

 

 ソフト販売本数はポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター プラチナ』が237万2336本でトップに。2位以下は任天堂のタイトルが好調で、2位に『マリオカート Wii』、3位に『リズム天国ゴールド』、そして5位には『Wii Fit』と3本がランクイン。4位、カプコンのPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』は任天堂ハード以外から唯一のランクインとなった。
 

各ハードの販売台数
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2009年3月29日)

ハード名

2008年度
推定販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS(※)

398万3205台

2615万2966台

PSP

323万563台

1180万4589台

Wii

225万7575台

795万3154台

プレイステーション3

99万9903台

300万9395台

Xbox 360

39万8633台

100万1191台

※ニンテンドーDS、ニンテンドーDS LiteおよびニンテンドーDSiの合計値


ソフト販売本数トップ5
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2009年3月29日)

順位

ハード

タイトル名

メーカー

発売日

2008年度
推定販売台数

1

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ 

ポケモン 

2008年
9月13日 

237万2336本

2

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年
4月10日

220万3430本

3

ニンテンドーDS

リズム天国ゴールド

任天堂

2008年
7月31日

 165万1424本

4

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年
3月27日

 162万9867本
(累計:245万3132本)

5

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年
12月1日

 150万6713本
(累計:326万8906本)


※2007年度のデータはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『呪術廻戦』×ユニクロのコラボTシャツ第1弾が6月4日より発売。漫画のコマやイラスト、名台詞を切り取ったデザイン【喜べ男子 紅一点よ】

『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)とユニクロのグラフィックTシャツブランド“UT”とがコラボレーション。『呪術廻戦UT 第1弾』が2021年6月4日より発売される、

テレビアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』2期制作決定。2022年放送予定

テレビアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の2期制作が決定し、2022年に放送予定であることが発表された。

2021年4月ソフト・ハード売上ランキング4月速報。『モンハンライズ』2ヵ月連続首位、新作『ニーア レプリカント ver.1.22』が10.9万本で2位を獲得

ファミ通は、2021年4月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データを発表した。集計期間は2021年3月29日〜年4月25日。

『呪術廻戦』渋谷事変の首謀者が不敵に嗤う第16巻カバーイラストが公開。6月1日には特設サイト“渋谷事変之景”がオープン

2021年5月10日、6月4日に発売されるコミックス『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)第16巻のカバーイラストが公開された。

『バイオハザード ヴィレッジ』×人形劇“バイオ村であそぼ♪”最終回が公開。マザー・ミランダ(声:木下紗華)が登場

カプコンは、発売中のプレイステーション5・4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『バイオハザード ヴィレッジ』(バイオ8)について、人形劇“バイオ村であそぼ♪”最終回を公開した。

『Becastled』昼は街づくり、夜は敵軍とのバトルに明け暮れるシミュレーション【とっておきインディー】

古今東西の良作インディーゲームを紹介。今回お届けするのは、昼は建築、夜は防御なシミュレーション『Becastled』。

ゲーム『ウマ娘』5/14開催レースイベント“チャンピオンズミーティング タウラス杯”情報まとめ。本日5/10より参加リーグを選択可能

『ウマ娘 プリティーダービー』で5月14日12:00からレースイベント“チャンピオンズミーティング タウラス杯”の開催が決定。本日5/10より参加リーグの選択が開始された。

『バイオミュータント』ガイド。ただのケモノと思ったら大間違い!? 格闘術、さまざまな武器、超能力を使いこなす、自由度の高いバトルシステムを紹介

THQ Nordicより2021年5月25日に発売となるプレイステーション4、Xbox One、PC用ケモノ系オープンワールドアクションRPG『バイオミュータント』。いま話題の同作をファミ通.comならではの視点でお届け。第2回はバトルシステムについてご紹介します。

『鬼滅の刃』無限列車プラレールと、胡蝶しのぶや煉獄杏寿郎といった柱をイメージしたトミカ5種が今夏発売

2021年5月10日、タカラトミーはアニメ『鬼滅の刃』より、無限列車のプラレールと柱をイメージしたトミカ5種を発表した。