携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 思い出を美しく――『ストリートファイターIV』の“原点回帰”の制作手法とは?

思い出を美しく――『ストリートファイターIV』の“原点回帰”の制作手法とは?
【GDC09】

2009/3/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●“なつかしい”と思ってもらえるものを目指した

 2009年3月23日〜27日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターのための国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)09が開催。世界中のクリエーターによる技術交流を目的としたGDCでは、トップクリエーターらによる注目の講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

DSC_1464  カプコンの2D対戦格闘ゲーム『ストリートファイターIV』の制作過程をたとったセッションが、同作にてプロデューサーを務める小野義徳氏による“IV Style:Returning to the Roots of a Fighting Game Classic(『ストリートファイターIV』のスタイル:格闘ゲームの原点の復活)”だ。ナンバリングタイトルとして十数年ぶりの復活を果たした『ストリートファイターIV』だが、カプコンとしては『ストリートファイターIII』が格闘ゲームの完成形だと思っていたために、続編を作るプランはなかったという。ところがユーザーの認識は少し違ったようで、「『ストリートファイター』シリーズの続編はまだなのか?」という声が多く聞かれるようになり、復活を決意したとのことだ。長いあいだ眠っていたタイトルを呼び起こすのは難しいが、そこで掲げたテーマが“原点回帰”。小野氏には昨今の格闘ゲームは“ハードコア”という印象があり、それではこのジャンルはなかなか広がらないのでは、という思いがあった。翻るに『ストリートファイターII』の全盛期には、コントローラーを奪い合うようにして遊ぶ時代があり、「そこに戻れないかな?」と思ったというのだ。

 プロデューサーとしては、スタッフにいかに同じ方向を向いて開発に取り組んでもらうかが大きなカギとなる。そこで小野氏がスタッフに対して掲げたキーワードが“同窓会”。「15〜16年ぶりに初恋の人に会うときは、その人を美化していますよね。“変わった”ではなくて、“なつかしい”と思ってもらえるものを目指そうと思ったんです」と小野氏は語る。

 思い出というのは美化されるもの。いかにその“思い出”のままに『ストリートファイターIV』を楽しんでもらえるかがテーマであったというのだ。「いかに思い出をリアルに再現していくのかもテクノロジーではないかと思いました」(小野)という。当時『ストリートファイターII』を遊んでいた若者たちが少し年をとって、反応速度なども少し衰えただろうから、当時の操作感をそのまま味わってもらえるようにコマンドの入力受付けを少し長めにした……など細やかな心配りが随所に施されているのだ。「私にとって最高のほめ言葉は、『ストリートファイターIV』は『II』とぜんぜん変わらないですねと嫌味を言われること(笑)」と小野氏は来場者を笑わせた。

DSC_1483
DSC_1484

▲当時のキャミィは左のようだったかもしれないが、年月がキャミィを美化し、右のように思っているのかもしれない、という一例。


 以前にゲーム開発をしていたときは、「斬新な機能を入れないといけないのでは?」と悩んだという小野氏だが、『ストリートファイターIV』では、プレイヤーがあってこその『ストリートファイターIV』なので、あくまでプレイヤーの目線に立っての“斬新”だと思えるゲームにすることに注力したとのこと。その結果生まれたのが、中パンチボタンと中キックボタンを同時押しすることで発動する“セービングアタック”だ。小野氏いわく「カジュアル層だけでなく、熱心なゲームファンにも遊んでもらえるように、噛めば噛むほど味のでるようにしました」とのことだ。奥深く遊べるゲームを作るのが、そのゲームが長生きする要因になるという。

 「いいツール(対戦格闘ゲーム)は偉大な先人たちが作り上げた財産。これからは、これらの偉大な財産を後世に伝えていかないといけないと思います。新しいゲームを作るときは、そういった点も考えてみてほしいです。それがつぎの時代につながるのではないでしょうか」(小野)

 ちなみに、最後の質疑応答で、新キャラを入れた理由を問われた小野氏は以下のとおり答えた。小野氏の挑戦はまだまだ続くのかも。

「同窓会なので本来は新キャラはいらないのかもしれないのですが、折詰弁当を作ったときに、毎日白いご飯と梅干だけだと、いくらご飯と梅干がおいしくても、ユーザーさんにキャッチーな部分がないかなと思いまして(笑)。で、『IV』を見たら埋まっていないポジションがあったので、4キャラを入れました。後悔があるとしたら、アベルが思った以上にキャラが立たなかったこと。人気も上がらなくて、ユーザー視点で見られなかったと反省しています。もし、数年後につぎを作るチャンスがあるとすれば、そういうところも見極めてやりたいと思っています」(小野)

DSC_1489
DSC_1490

▲当たり判定も当時を再現すべく、2D的にしているという。

▲キャラの動きも滑らかなアニメーションをつけのではなくて、あえて段階ごとに描くことで当時の雰囲気をかもしだしている。

 

DSC_1508

▲かつては友だちの家などに集まって対戦プレイを楽しんだが、いまはなかなかそういうわけにもいかないので、テクノロジーの力を使ってかつての熱気を取り戻したい……ということで、『ストリートファイターIV』はオンラインに対応している。参加プレイヤーを待つストレスを解消するために、アーケードでゲームをしているのと同じ感覚で、CPUとプレイをしながら対戦相手の乱入を待つ“アーケード待ち受け”を採用。

【GDC09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。