携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> レベルファイブ日野晃博氏がセッションで『二ノ国』について語る

レベルファイブ日野晃博氏がセッションで『二ノ国』について語る
【GDC09】

2009/3/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●おもしろいゲームはなぜ売れていくのかを語る

 2009年3月23日〜27日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターのための国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)09が開催。世界中のクリエーターによる技術交流を目的としたGDCでは、トップクリエーターらによる注目の講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

mrhino

▲「ソフトは発表会の日を想像しながら作成します。発表会に訪れた人をどう驚かせるか? これを考えることが重要です」(日野)

 3月25日(現地時間)、レベルファイブの日野晃博氏が“Level-5's Techinique to Producing a Hit Game”(レベルファイブのヒットゲームを生むテクニック)と題し、ディスカッションを行った。GDCでは、多くがゲームをおもしろく作る方法やテクノロジーについて講演している中、日野氏は趣旨を変え、おもしろいゲームを作ったあとに、なぜそれが売れていくのかという興味深い内容のセッションを実施。ゲームプロデュースの方法として、“キャッチコピープランニング”、“ブームトリガー”というふたつのポイントを取り上げ、まずはゲームを作るうえでのプロモーションの重要性、プロモーションを考えたソフト制作について、『レイトン教授』シリーズを例に挙げて詳細を伝えていった。「携帯ゲーム機でありながら、高品質のムービーを入れたり、有名な俳優を声優としてキャスティングするなど、ほかのゲームが行っていないことに僕らは勝算があると考えました。このポイントに焦点を置くことでソフトにウリを作れたことに加え、ニンテンドーDS用ソフトの中でものすごく目立つ存在になれたんですよね。目立つということが、大きなセールスにつながっていったと思います。ニンテンドーDSに向いていないと思われることを逆手に取った戦略を行ったわけです」(日野)

 また、『レイトン教授』シリーズのプログラマーを務める、レベルファイブの熊谷宇祐氏が開発現場で感じたプロモーションの重要性をコメント。「プロモーションをイメージすることは開発現場にも有効で、いまから作ろうとする世界観がチーム内で共有できるんです。また、PVが公開されるタイミングは作業が佳境を迎えている時期なのですが、完成度が高く、説得力のあるPVを作ることでチームのモチベーションが大きく上がります。『レイトン教授』最新作もこの作りかたを踏襲して、さらにいい作品をお届けしたいと思います」(熊谷)

 一方、『イナズマイレブン』を作成するうえでのプロモーションでは、マンガやテレビアニメとの完全連動、笑いが出るほど痛快な必殺技、収集可能な1000人の登場キャラクターという3つのプロモーションウエポンがあったことを解説。また、日野氏は『イナズマイレブン』はブームトリガーの塊だと語り、コミュニケーションギミック(情報交換ができるシステム)とエクステンションギミック(長く遊べるシステム)というふたつのギミックが重要であるとコメントしていた。

 セッションの最後には、スタジオジブリとのコラボレーションが注目を集めている、レベルファイブ創立10周年記念作品、『二ノ国』の最新映像が公開され、会場を大きく沸かせていた。

【GDC09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。