携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ニンテンドーDS用『ゼルダの伝説』の新作からWiiウェア向け『ファイナルファンタジー』の新作まで、岩田社長の基調講演で新情報が続々と明らかに

ニンテンドーDS用『ゼルダの伝説』の新作からWiiウェア向け『ファイナルファンタジー』の新作まで、岩田社長の基調講演で新情報が続々と明らかに
【GDC09】

2009/3/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Wiiウェア用の新作『RockN’Roll Climber』や“バーチャルコンソール アーケード”なども

 2009年3月23日〜27日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターのための国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)09が開催。世界中のクリエーターによる技術交流を目的としたGDCでは、トップクリエーターらによる注目の講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

P3260166 開催3日目となる3月25日(現地時間)には、GDC09のハイライトとでも呼ぶべき、任天堂の岩田聡社長による基調講演“新しい開発の機会を発見する”が行なわれた。GDCにおける岩田氏の基調講演は、2006年についで3年ぶりのこと。ニンテンドーDSやWiiの成功を受けての今回の基調講演は、世界を代表するクリエーターである宮本茂氏の開発スタイルなどを紹介しつつ、自身の開発に対する哲学を語るというもの。基調講演では、新たな情報が続々と飛び出したのだが、まずは新情報をまとめて紹介しよう。

 ファンにとっていちばんのビッグニュースは、ニンテンドーDS向けとして『ゼルダの伝説』の新作が発表されたこと。タイトルは『THE LEGEND OF ZERDA Spirit Tracks(仮題)』。その詳細などは不明だが、前作『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』(2007年発売)の操作方法を踏まえつつ、リンクが新たな冒険に出るといった内容のようだ。注目は、移動方法に蒸気機関車を使用する点で、機関車を操作するリンクが写しださせるや、会場からは大きな歓声が沸きあがった。『THE LEGEND OF ZELDA Spirit Tracks(仮題)』の北米での発売は2009年を予定しているとのことだ。

DSC_1014
DSC_1015
DSC_1018
DSC_1024


DSC_1027
DSC_1040
DSC_1052
DSC_1060

▲前作では船に乗れたリンクだが、本作では機関車に!? ちなみにサブタイトルの“Spirit Tracks”だが、Spiritは精霊、 Tracksは線路とか軌道といった意味合いを持つ。どのようなストーリーが展開されるのかな?


 また、Wiiウェア用の新タイトルとして『RockN’Roll Climber』も明らかに。ロッククライムをテーマにした本作は、バランスWiiボードとヌンチャクコントローラーを駆使して、激しい岩肌を登っていくゲーム。全世界で相当数普及しているバランスWiiボードの新しい遊びかたを提案するソフトと言えるだろう。日本発売などの詳細のついては未定だ。

DSC_8368
DSC_8367
DSC_8378

▲ロッククライミングを成功させるとギターが弾けるとのこと。まさに、ロック!!

 

DSC_8364

▲バランスWiiボードの新しい遊びかたを提案する『RockN’Roll Climber』。


 Wiiウェアでは、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES: My Life as a Darklord』が発表。さらには『FINAL FANTASY IV THE AFTER YEARS』のリリースも明らかに。こちらは、タイトルからしてあるいは、ケータイ向けに配信されている『ファイナルファンタジーIV THE AFTER‐月の帰還‐』のWiiウェア版とも思われるが詳細は未定だ。しかも、バーチャルコンソールにて『ファイナルファンタジー』シリーズを順次展開していくことも明言。詳細は近日中にスクウェア・エニックスから発表されるとのことだが、日本では5月に最初のタイトルを発売し、その後5タイトルを予定しているとのこと。北米、ヨーロッパ、オーストラリアでは、1作目の『ファイナルファンタジー』と『ファイナルファンタジーIV』がリリースされるとのことだ。

DSC_8406
DSC_8410

▲『ファイナルファンタジー』の新作もWiiウェアに。


 システムまわりでは、“Wii System Menu 4.0”も明らかにされた。こちらはSDカードに保存したWii用のデータも、Wiiチャンネルとして見られるようになるというもの。さらには、従来までの2ギガバイトまでではなく、32ギガバイトのSDカードに対応。これによりひとつのSDカードに240タイトルまで保存しておくことができるようになる。ロード時間も相当短縮されているようで、SDカードにデータを保存してゲームを楽しむといった使い勝手のよさをさらに広げるものと言えるだろう。こちらは基調講演と同日に配信をされるとのこと(北米にて)。

DSC_8403
DSC_8393

▲SDカードの使い勝手をさらによくする“Wii System Menu 4.0”。


 さらに、新たに “バーチャルコンソール アーケード”もスタートすることがアナウンスされた。こちらのサービスはその名のとおり、アーケードの往年の名作を“バーチャルコンソール”にて配信するというもの。日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでサービスが開始され、まずは6タイトルがリリースされる。会場では、『スペースハリアー』や『マッピイ』、『スターフォース』といったタイトルを確認できた。“バーチャルコンソール アーケード”のサービス開始は、北米では基調講演と同日とのことだ。

P3260165

▲往年のアーケードの名作をWiiで配信する“バーチャルコンソール アーケード”がスタートする。

 

【GDC09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Minecraft』とMixerが連携して視聴者がゲームに参加できるようになる! その詳細をキーパーソンに聞く

『Minecraft』とMixerとの連携により視聴者がよりアクティブにゲームに参加できるようになる! その詳細をマイクロソフトのキーパーソンに聞いた。

子どもから大人まで有明に集結!誰もがアツくなれる対戦ゲームの可能性を見せた“1Day Match Carnival”2日目をレポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、2日目の模様をリポートする。

円熟の域に達したかけ引きやテクニックが熱い勝負を生んだ“1Day Match Carnival”1日目をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、1日目の模様をリポートする。

“スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25”10月25日正午に放送決定

任天堂は、開発中のスマートフォン向けアプリ『どうぶつの森』に関する情報を公開する“スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25”を、2017年10月25日正午に配信することを発表した。

『真・女神転生V』発表&PV公開! ニンテンドースイッチ向けの新作が正統ナンバリングタイトルに!!

アトラスの人気RPG『真・女神転生』シリーズの最新ナンバリングタイトルが発表!

『Wake Up, Girls! 新章』第三話場面カットが到着! お仕事で奮闘するWUGちゃんたち!!

テレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』の第3話場面カットが到着! 気になるストーリーとともにお届けする。さらに、『新章』応援イラストも公開。

『ストリートファイターV』アーケード筐体を用いた特別プログラムが実施、フリープレイや大会の模様をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21〜22日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会の会場にて、アーケード筐体用にカスタマイズした『ストリートファイターV』の特別プログラムが実施された。

『マジシャンズデッド』『鉄拳7FR』『ポッ拳』『KOF XIV』4種目のトッププレイヤーたちによる闘いが決着。決勝大会2日目のメインホールをリポート【闘神祭2017】

2017年10月21〜22日、東京・お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“闘神祭2017”の決勝大会が実施された。

“テイルズ オブ オーケストラ コンサート 2017”のゲストが公開、桜庭統氏と椎名豪氏が生演奏

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年11月7日開催の“テイルズ オブ オーケストラ コンサート 2017”について、作曲家・桜庭統氏と椎名豪氏の出演を発表した。

書評:読めば思わずあなたもゲームライフ語りをしたくなる。ほろ苦い青春を遊んだゲームの記憶とともに綴る自叙伝『ゲームライフ』

マイケル・W・クルーン『ゲームライフ』は、子供のころに遊んでいたゲームの記憶を軸に辿っていくユニークな自叙伝。