携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 家庭用ゲームの傑作をケータイに移植する課題とは? ケータイ版『BIOSHOCK(バイオショック)』に見る事例

家庭用ゲームの傑作をケータイに移植する課題とは? ケータイ版『BIOSHOCK(バイオショック)』に見る事例
【GDC09】

2009/3/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ケータイのスペックに対応する形で、2Dバージョンと3Dバージョンの2種類を用意

 2009年3月23日〜27日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターのための国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)09が開催。世界中のクリエーターによる技術交流を目的としたGDCでは、トップクリエーターらによる注目の講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

P3240067

 開催1日目の“GDC モバイル”セッションでは、世界規模でケータイコンテンツのビジネスを展開するIG FUNのCEO、ショーン・マラテスタ氏による“家庭用のキラータイトルをモバイルに”と題する講演が行なわれた。ケータイコンテンツが充実してくるにつれて、家庭用ゲームの傑作がケータイコンテンツに移植されていくのは自然の流れだが、プレイステーション3やXbox 360といったハイスペックマシンのゲームを、ケータイというマシンスペックに制約のあるハードに移植するのは、当然相当な苦労が伴うはず。増してや家庭用ゲーム機で多くのファンを獲得しているゲームともなれば、ファンからの期待値も高く、移植に対する目もきびしくなる。マラテスタ氏は、そんな家庭用ゲームのキラータイトルを、ケータイコンテンツに移植する際の課題や苦労を語ったもの。サンプル例は、IG FUNが2008年にケータイへの移植を発表した2KGAMESの『BIOSHOCK(バイオショック)』だ(日本ではスパイクより発売)。

 まずマラテスタ氏は、家庭用ゲーム機からケータイに移植するに際しては、「家庭用ゲームは多くのボタンを操作する必要があるが、ケータイゲームではそういうわけにはいかない」、「グラフィックは当然家庭用ゲームと同程度というわけにはいかない」、「ストーリーのボリュームも制約がある」といった課題があることを列挙。さらには、「ゲームの権利を持っているメーカーがケータイゲームは“真のビデオゲーム市場ではない”と判断しがちなので、移植の承諾を得にくい」といったビジネス面での問題があることを指摘した。

 これらの問題点に対してマラテスタ氏は、『BIOSHOCK(バイオショック)』にてどう対応したかとうと、まずはグラフィクのクオリティーに関しては、スマートフォンなど比較的高スペックのマシンに向けては3Dバージョンを、通常のケータイ端末向けには2Dバージョンをと、2種類の『BIOSHOCK(バイオショック)』を制作することで対処。「ハイグラフィックなゲームをどうやって2Dにするのかは大きなチャレンジでしたが、オリジナルのビジュアルを最重要視しながら作り上げていきました」(マラテスタ)とのこと。また、ストーリー展開にしても、「あくまでもオリジナルを最重要視しました。ストーリーは3分割して全体を若干短くしましたが、重要なストーリーラインは変えていません。ふつうのケータイゲームの3倍のボリュームのゲームプレイを提供していますよ」(マラテスタ)とのこと。「2D版はゲームのエッセンスを、3D版は見た目とゲームプレイの感触をうまく再現できたのではないか」とマラテスタもケータイ版『BIOSHOCK(バイオショック)』の仕上がりに自信のほどを見せた。どうやら、移植に際しては“とにかくオリジナルを大切にする”という指標が何よりだと言えるだろう。とはいえ、ケータイ版『BIOSHOCK(バイオショック)』は2Dチームと3Dチームを合わせて45〜50人の開発体制だったというから、相当な規模のプロジェクトだったことがわかる。「ケータイゲームは気軽に作る」という時代ではなくなっているようだ。

 また、最後の質疑応答では聴講者の「iPhoneでの可能性は?」との質問に対し、「iPhoneはケータイと携帯ゲーム機の架け橋的な存在。『BIOSHOCK(バイオショック)』とiPhoneについてはトップシークレットなのでいまはコメントできないが、iPhoneはすばらしいハードだと思う。家庭用ゲーム機のユーザーがiPhoneに魅力を感じるのか、もっとカジュアルなゲームを遊びたいと思っているのかなどが課題だ」と回答。iPhone版『BIOSHOCK(バイオショック)』での展開について含みを持たせた。あるいは何らかの展開が期待できるかも。

 なお、ケータイ版『BIOSHOCK(バイオショック)』は北米では2009年配信予定。残念ながら日本での配信は現時点では予定されていない。

DSC_0749
DSC_0745
R0012299

▲3D(写真左)と2D(写真中央)の2種類を制作したケータイ版『BIOSHOCK(バイオショック)』。オリジナルストーリーを守ることに注力したという(写真右)。


※IG FUNの公式サイトはこちら(英文)

【GDC09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

タイトーのAC新作『ミュージックダイバー(MUSIC DIVER)』先行体験レビュー。液晶画面をスティックで叩いていいの!? 新感覚音ゲーを初体験

2022年冬に稼働を予定しているアミューズメント施設向けの音楽体感演奏ゲーム『MUSIC DIVER』(ミュージック ダイバー)。2022年5月27日〜29日にロケテストも予定されている本作を先んじて体験することができたので、その感触をリポートする。

『パックマン』の歴史を辿る海外本『PAC-MAN: Birth of an Icon』著者インタビュー。シリーズの歴史を日本と米国の両面から追った、その制作秘話を語る

ビデオゲームの金字塔『パックマン』シリーズの40周年を記念した書籍『PAC-MAN: Birth of an Icon』が、海外限定で2021年11月9日に発売された。本記事では、その著者であるTim Lapetino氏と、Arjan Terpstra氏にインタビューをおこなった。

TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期が30分でわかる動画が公開中。7月放送開始の2期までに入門&復習したい人は必見

動画“30分でわかる!TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期”が公開中。30分で1期の各シーン、挿入歌を振り返っていく。

『クローズ×WORST - XROSS OVER -』6月末リリース予定。パズルを制して“最高の男”を目指せ。事前登録受付中

ソニックパワードは?橋ヒロシが描く人気不良漫画2作品を題材にしたスマホゲーム『クローズ×WORST - XROSS OVER -』を6月末にリリースすることを発表した。

『進撃の巨人』×福岡ソフトバンクホークスのコラボグッズが登場。ユニホームを着用したクールな立ち姿のエレンたちの描き下ろしイラストを使用

スペースエイジは、テレビアニメ『進撃の巨人』The Final Seasonと福岡ソフトバンクホークスのコラボグッズを発売した。グッズは、HAWKS STORE PayPayドーム店のほか、福岡ソフトバンクホークスのオンラインストアでも販売中。

『範馬刃牙』のアクションフィギュアがあみあみにて予約受付中。差し替え可能なハンドパーツやヘッドパーツで劇中のポーズを再現可能

2022年5月17日(火)、あみあみは“バキ アクションフィギュア 範馬刃牙”の予約を開始した。

百獣合体 ガオゴッドが食玩プラキット“SMP”に登場。『勇者特急マイトガイン』の原型モデルやアクションフィギュアプラキット“SMPキメポーズ”の情報も

2022年5月20日(金)、バンダイはプラキットブランド“SMP(SHOKUGAN MODELING PROJECT)”よりNo.100“百獣合体 ガオゴッド”(『百獣戦隊ガオレンジャー』)の予約をプレミアムバンダイにて開始。さらに『勇者特急マイトガイン』や『超獣戦隊ライブマン』の商品展開や新ブランド“SMPキメポーズ”の情報も解禁された。

『パックマン』が誕生した日。北米で大ヒットを記録して空前の“パックマンフィーバー”を巻き起こした伝説的ビデオゲーム【今日は何の日?】

過去のこの日にゲーム業界で何かあったのかを振り返る。1980年(昭和55年)5月22日は、アーケードゲームの『パックマン』が発表された日。

Switch/PS4『冥契のルペルカリア』の体験版が公開。小劇団を舞台に可憐なヒロインとの切なく悲しい物語を描いた恋愛アドベンチャー

2022年5月19日(木)、エンターグラムは、2022年6月23日(木)に発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『冥契のルペルカリア』について、体験版を公開した。

大型のゲーミングデバイスを安全に持ち運べる“マルチゲーミングリュック”が登場。大型アケコンやヘッドホンなどのガジェットを細かく分けて収納可能

ライラクスは、ゲーミングデバイス一式をまとめて収納できるマルチゲーミングリュックを発表した。2022年6月に発売予定で、価格は14080円[税込]。