携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ハドソン高橋名人が、東京大学で“ファミコンブーム”を熱く語る!

ハドソン高橋名人が、東京大学で“ファミコンブーム”を熱く語る!

2009/3/7

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●当時の熱気あふれるエピソードを多数披露!

NY1_01322 2009年3月6日、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)主催による公開講座“名人の目からみたファミコンブーム”が、東京大学にて行われた。当日は、“名人”としておなじみのハドソン高橋利幸氏がゲストとして登壇。楽しいエピソードを交え、ファミコンブーム時の盛り上がりぶりが語られたのだ。

 講演は、高橋名人がハドソンに入社したいきさつからスタート。大学を「おもしろくないから」という理由から3ヵ月で辞めたという高橋名人は、その後スーパーマーケットで野菜の仕入れ担当などを4年間勤め、仕入れ時の作業の煩わしさから解放されるために当時大金をはたいてPCを入手。それがPCに触れるきっかけとなり、当時パソコンソフトの制作などをしていたハドソンに入社することにつながったという。そして、’84年7月にサードパーティー初の作品としてファミコンソフト『ナッツ&ミルク』と『ロードランナー』を発売。当時10000本売れればヒットと言われていたPCソフトに対し、ファミコン市場は30万本の売り上げが見込めたので、ファミコンに参入するのは「経営陣としては当然の決断」(高橋)だったものの、PCゲームをリリースしていた同業者からは「なんでおもちゃに行っちゃうの?」と訝しがられたという。なんとも当時の雰囲気を伺わせるエピソードだ。とはいえ、以降時代の波は雪崩を打ってファミコンに押し寄せ、ファミコンは一大ブームに。とくに’85年〜’86年はその絶頂で、高橋名人いわく「スパゲッティーのようにぐるぐるに絡まってブームが巻き起こった」状態だったという。ちなみにハドソンは36タイトルのファミコン向けソフトをリリース。『ロードランナー』、『忍者ハットリくん』、『高橋名人の冒険島』、『ドラえもん』と4タイトルのミリオン突破タイトルを輩出している。ときには、3ヵ月間に毎日2時間しか睡眠時間が取れないこともあったという。

 ファミコン市場に参入し、雑誌との協力やテレビ番組への出演など、さまざまなプロモーション展開をしていったハドソンだが、外すわけにいかないのはやっぱりイベント展開だろう。ハドソンでは’85年から順次イベントを展開、当時来場したちびっ子たちの熱狂ぶりから手応えを感じたという。その過程で生まれたのが、全国規模で開催されたイベント、いわゆる“全国キャラバン”だ。’85年はファミコン用ソフト『スターフォース』のハイスコアを競うという形で行われた全国キャラバン“チビッコ大集合!夏休み ファミコンプラザ 全国キャラバン”は、夏休み期間中に全国59ヵ所(!)で開催され、各地で大人気を博す。翌’86年はさらに盛り上がり、『スターソルジャー』を対象タイトルとした“全国キャラバン”は、70000人の動員を記録する。全国キャラバンに“名人”として参加していた高橋名人は、マスコミから注目を集め、“子どもたちのあこがれ”の存在となる。当時の忙しさは想像を絶したようで、「“全国キャラバン”以外にもイベントは毎週のように開催されていたのですが、土日はずっとイベントでした。1日に4〜5店ゲームショップを巡って、それを1年続けていましたね」(高橋)という状態だったという。

 興味深かったのが、高橋名人の名言「ゲームは一日一時間」が生まれたときのエピソード。ある日イベントで、同伴の父兄(とくにお母さん)がたくさん訪れていることに気付いた高橋名人は、「お母さんが財布の紐を緩くしてくれないと(ソフトを)買ってくれない」ということに思い至り、そのお母さんへの印象をよくするために、「テレビゲームがうまくなりたいなら、“ゲームは一日一時間”集中すべし!」と発言したのだという。ところが、それを一部の流通関係者が「ゲームを売る立場の人間が、ゲームを遊ばなくていいという趣旨の発言をするとは何事が!」と聞き咎めたことから事態は紛糾。ハドソンで役員会が開かれ、高橋名人の発言の是非が問われるほどの状況になったのだという。そこで出されたハドソン役員会の結論が驚きで、「ハドソンでは、ゲームのイメージアップのために“標語”として展開していく」というもの。そこで世に“ゲームは一日一時間”という言葉が生まれたのだ。

NY1_0155
NY1_0174

▲新聞に“スーパーヒーロー出現”と取り上げられ、一躍時代の寵児となる。

▲“ゲームは一日一時間”というユーザーへのメッセージを発したと高橋名人。「でも、大人の人は自己責任でゲームを楽しんでください」とのこと。


 公開講座ということで、会場にはゲームクリエーターやクリエーターの卵たちも多数詰め掛けていたのだが、それらの来場者に対して高橋名人は、「これからゲーム業界を担うであろう人たちに言いたいのは、何か驚きのあるものを与えたいと考えるのはわかりますが、いま一度“遊び”というものの本質に立ち返ってもらいたいということ。何が楽しみにつながるのかを真摯に考えてほしい。それを突き詰めることで、ファミコン時に負けないブームを起こせるのでは」と熱いエールを贈り、講演の幕を閉じた。

NY1_0046
NY1_0114

▲ときに真面目に、ときに熱く語る高橋名人。「ヒットしたゲームは、枝葉末節を取り除いても、面白い要素が残る」といった発言も。

 

NY1_0190

▲全国キャラバンには“ファミコン体操”なども折りませ、イベントとしての幅を広げていったという。「当時の子どもは、やればファミコンがうまくなるよ!」と言えば、目を輝かせて取り組んでくれましたね」と、ファミコンへの熱狂ぶりを伝えるエピソードも紹介。


 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【オススメSteam】人狼ゲーム要素を取り入れたホラーFPS『Deceit』【DayDreamSteamer】

PCゲームのダウンロード販売サイト“Steam”で配信されているタイトルの中から、メジャー・インディー問わず毎週1本のオススメSteamタイトルを編集者が独断と偏見で選び、プレイリポートをお届けするこのコーナー。今回は、人狼ゲーム要素を取り入れたホラーFPS『Deceit』を紹介する。

『マフィア III』体験版&新たなストーリーやシステムなど追加の有料DLC第1弾が配信開始

2Kは、発売中の『マフィア III』について、プレイステーション4およびPC(Steam)対応の体験版および、プレイステーション4・Xbox One・PC(Steam)向けの有料ダウンロードコンテンツ“マフィア III もっと速く!”の配信を開始した。

【ファミ通生放送】『ドルアーガの塔』をプレイ! -ででおとゆーみん17のレトロゲーム研究室-(水曜21時から)【ニコ生&YouTube Live】

本日(2017年3月29日)21時から、ファミ通のニコニコ生放送“ファミ通チャンネル”とYouTubeチャンネル“ファミ通Tube”にて、『ででお&ゆーみん17のレトロゲーム研究室を配信します。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』とスニッカーズのコラボキャンペーンが開催決定! アイドルたちからリプライがもらえるかも!?

マース ジャパン リミテッドは、チョコレートバーブランド“スニッカーズ”とゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』のコラボレーション企画“#スニッカーズの写真ツイートでシンデレラガールズからリプが届くかも!?略して #スニリプ”キャンペーンを2017年4月1日より開始する。

『パズドラクロス 神の章/龍の章』連続してモンスターたちに立ち向かう“ラッシュ”クエスト第3弾が配信開始

ガンホー・オンラインエンターテイメントは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『パズドラクロス 神の章/龍の章』において、配信クエストのボスとして登場していた降臨モンスターが連続で登場する“ラッシュ”クエスト第3弾の配信を、本日2017年3月29日より開始した。

【先出週刊ファミ通】『エグリア 〜赤いぼうしの伝説〜』配信直前! 攻略情報満載でお届け!!(2017年3月30日発売号)

ブラウニーズ初のスマートフォン向けRPGとして注目を集めている『エグリア 〜赤いぼうしの伝説〜』(以下、『エグリア』)。週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)では、いよいよ配信直前となった『エグリア』の序盤の冒険に役立つ攻略情報やデータ類を掲載。

【先出し週刊ファミ通】『アライアンス・アライブ』体験版が2017年3月30日に配信!(2017年3月30日発売号)

古きよきRPGの魅力が凝縮された注目タイトル『アライアンス・アライブ』の体験版が3月30日より配信開始される。週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)では、その体験版で遊べる要素をまとめて紹介。

プロゲーマーのボンちゃんがオフ会で全国を回る“Bonchan's Road Trip”が東京で開催! 第4回TOPANGA大学対抗戦も

2017年3月26日、東京都江東区にあるアリオ北砂店 イトーヨーカドーにて開催された“Bonchan's Road Trip”をリポート。

舞台『ロマサガ3』は、“フリーシナリオ感”が感じられる『サガ』らしい内容に!? メインスタッフインタビュー

2017年4月から公演がスタートする舞台“ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜”のメインスタッフのインタビューをお届け。舞台でありながら、“フリーシナリオ”らしさや、熱いバトルシーンを表現しているという同作の魅力を聞いた。