携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ナンバーワンセプターが決定! 『カルドセプトDS』公式全国大会“ALL JAPAN CEPTER'S CUP 2008”本選が開催

ナンバーワンセプターが決定! 『カルドセプトDS』公式全国大会“ALL JAPAN CEPTER'S CUP 2008”本選が開催

2009/2/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●決勝戦にふさわしい大接戦が展開

 

 2009年2月28日、セガ本社でニンテンドーDS用ソフト『カルドセプトDS』の公式全国大会“ALL JAPAN CEPTER'S CUP 2008”本選が開催された。これは、ソフト発売直後の2008年11月から全国5都市で実施されてきた、ワイヤレス予選会およびWi-Fi予選会を勝ち上がった64名の『カルドセプト』ユーザー、“セプター”の頂点を決める大会。会場には全国の頂点が見届けようと数多くのファンが足を運び、目の前でくり広げられるハイレベルな頭脳戦に一喜一憂しながら観戦を楽しんでいた。
 

▲観客席には正面にあるメインモニターのほか、サブモニターも設けられ、第1回戦および準決勝では複数のグループの試合展開を同時に観ることができた。


▲試合会場の外には歴代のカードアートとイメージアートを展示。シリーズの歴史が振り返られる内容になっていた。


 出場選手は全員日本トップクラスの実力者ということで、試合展開は非常にスピーディー。いずれの選手とも動きに迷いが感じられず、その数十手さきまで読んでいるかのような試合運びには解説陣から「本当に認識できているんですかね?」というコメントが出るほど。大会はトーナメント方式で、第1回戦でまず48名がふるいにかけられ16名が準決勝に進出。そこからA、B、C、D各4人ずつのグループに分かれ、それぞれのグループの1位が決勝へとコマを進めた。
 

▲試合はどれもハイレベルかつハイスピードな戦いに。


 総参加者5832人という、甲子園の予選参加校数をも上回る戦いのラストステージに立ったのは、カッパ選手、hitan選手、かむいまる選手、かよ選手の4人。カッパ選手とかむいまる選手はどちらも過去に全国大会本選へ進出した経験を複数回持つ、いわば全国大会常連セプター。いっぽうのhitan選手とかよ選手は『カルドセプト』シリーズにおいて初の試みになる“Wi-Fi予選会”通過者となっていた。

 

 決勝戦のマップは“うし年”で、ラウンド数は50。観客からの歓声や解説陣からのコメントで相手の手がわかってしまうことを避けるため、4人は全員ヘッドフォンを装着してのプレイとなった。1回戦、準決勝と同様に試合は非常にテンポよく進み、全員が早めに勝負を仕掛ける展開になったため順位はころころと変動。序盤はかむいまる選手がトップを走り、カッパ選手とhitan選手が2位を争い、かよ選手が少し出遅れるという試合運びに。しかし、中盤でかよ選手が一気に巻き返しをはかり、あっという間にトップへ躍り出でるという、まったくさきの読めない展開になった。その後何度かトップが入れ代わり、試合はかむいまる選手とhitan選手の一騎打ちという模様を呈してくる。どちらが勝ってもおかしくない一瞬たりとも目の離せない駆け引きがくり広げられ、最終的に勝利を得たのはかむいまる選手に。試合終了時点での両者の保有魔力はかむいまる選手が8330で、hitan選手が8310。いかに両者の実力が拮抗していたかをうかがえる結果となった。

 

▲左からカッパ選手、hitan選手、かむいまる選手、かよ選手。5000人を超える参加者の頂点を目指して、激闘をくりひろげた。


▲優勝したかむいまる選手には、ソフトの開発元である大宮ソフトの代表取締役、鈴木英夫氏から盾と開発スタッフ直筆のイラストを始めとする副賞の数々、そしてダウンロードマップ作成権が贈られた。ちなみにかむいまる選手が作ったダウンロードマップは完成次第配信されるとのこと。

 

▲そのほか、『カルドセプト』シリーズの象徴的なキャラクター”カルドラ”を描き続けているイラストレーター加藤直之氏からは、同氏がみずから制作した特製トロフィーが贈られた。


 閉会の挨拶で登場した、『カルドセプト』シリーズのタイトルプロデューサーである武重康平は、約4ヵ月にわたって行われてきた大会を振り返り「初めての携帯ゲーム機向けということで、いろいろとバタバタもしましたが、皆さんのおかげでここまでやってこれました」とファンに向けて感謝のコメント。「大会は今後も開催していこうと思うので、そのときはまた皆さんといっしょにやれればと思います。『カルドセプト』はただのゲームではなくて、皆さんがいてこその『カルドセプト』なんです」とつぎなる大会の開催を約束した。最後はナンバーワンセプターに輝いたかむいまる選手の号令で、『カルドセプト』シリーズの大会で恒例の掛け声「カルドさいこー!!」で締めとなった。
 

▲大会では司会も務めた武重氏。最後の挨拶でファンへの感謝を改めて述べた。

 

▲「カルドさいこー!!」の掛け声とともに、約4ヵ月にわたった戦いは幕を閉じた。


※『カルドセプトDS』のスペシャルサイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

Wake Up, Girls!のNEWシングル『恋?で愛?で暴君です!』がいよいよ発売!――WUGメンバー7人全員でのわちゃわちゃインタビュー!

2017年5月24日(水)に、いよいよNEWシングル『恋?で愛?で暴君です!』をリリースする、声優ユニットWake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑/以下、WUG)に、ファミ通.comが直撃インタビュー!

“モンスターハンター頂上大会2017” 仙台大会決勝の結果を発表! 『MH ストーリーズ』の最新映像も公開! 予選大会もいよいよ5月27日の札幌大会を残すのみ

カプコンは、2017年5月21日に開催した“モンスターハンター頂上大会2017”の仙台大会の結果を発表した。

ゴジラとパックマンがアート空間に登場、体験型アート展“TOKYO ART CITY by NAKED”が開催決定

ネイキッドが企画演出する、東京の名所やビル群の巨大模型に最新テクノロジーを駆使し、都市の持つ魅力をアートとして表現する体験型アート展“TOKYO ART CITY by NAKED”が開催される。

『NieR』のスタッフが贈るスマホRPG『SINoALICE(シノアリス)』配信日が、ヨコオタロウ氏誕生日/仏滅の6月6日に決定

ポケラボとスクウェア・エニックスが共同開発中の新作スマートフォンアプリ『SINoALICE(シノアリス)』の配信日が、2017年6月6日(火)に決定した。

『ブレイドアンドソウル』市来光弘さんとみゃこさんも駆けつけた! 3周年記念の公開生放送をリポート

PC用MMORPG『ブレイドアンドソウル』の3周年を記念した公開生放送イベントが開催。会場、視聴者、プレイヤーが一体となったにぎやかなイベント模様をお届けする。

『第9地区』、『チャッピー』のニール・ブロムカンプ監督の短編映像作品がSteamで発売予定

映画『第9地区』、『エリジウム』、『チャッピー』などで知られるニール・ブロムカンプ監督。ニール氏が手掛ける最新短編映像作品の第1弾ティザー映像が公開された。

『バイオハザード:ヴェンデッタ』レオンvsケルベロスの壮絶なバイクチェイス映像が解禁

2017年5月27日より公開予定の『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』について、最新映像が公開された。

『MXGP3 - The Official Motocross Videogame』グラフィックやさまざまなバイクをチェックできるムービー3本が公開

インターグローは、2017年7月20日発売予定のプレイステーション4用モトクロスレーシングゲーム『MXGP3 - The Official Motocross Videogame』のトレーラームービー3本を公開した。

『鉄拳7FR』ד新日本プロレス”コラボ第2弾“TEKKEN7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24”を開催!

バンダイナムコエンターテインメントは、新日本プロレスリングが2017年5月17日〜6月3日まで開催中の“TEKKEN7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24”大会を協賛。期間中はリングマット中央に『鉄拳7』のロゴが、コーナーポストには“三島財閥”のロゴが提出されている。

日本初登場のVRアトラクションが楽しめる施設が5月31日よりクラブセガ秋葉原新館6階にオープン!

セガ エンタテインメントは、同社の公式Twitterアカウント(@SEGA_Ent)にて、2017年5月31日より、日本初登場のVRアトラクションを楽しめる施設“SEGA VR AREA AKIHABARA”をクラブセガ秋葉原新館6階にオープンすることを発表した。