携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> テーマは“GAMEは、元気です。”――東京ゲームショウ 2009開催発表会

テーマは“GAMEは、元気です。”――東京ゲームショウ 2009開催発表会

2009/2/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「日本のゲームメーカーが圧倒的な存在感を示す場に」(和田氏)

 

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2009年2月27日、“東京ゲームショウ 2009”開催発表会を都内で実施した。


▲ゲーム業界から世界に元気を発信していこうというメッセージが込められた今年のテーマ“GAMEは、元気です。”。

 今年の会期は2009年9月24日〜9月27日(24日、25日はビジネスデイ)となっており、一昨年、昨年に引き続いての4日間開催に。会場は例年通り千葉県の幕張メッセで、イベントのテーマは“GAMEは、元気です。”。このテーマには、経済混乱にともなう不況が世界を取り巻くいま、ゲームを通じて世界を元気にしていきたいという願いが込められている。

 

 昨年開催時は来場者、出展小間数、出展タイトル数、プレス来場者数で過去最高の数字を記録した東京ゲームショウ。2009年はその実績を最低限のクリアーラインに設定し、新たな施策が複数仕掛けられることに。まず、“アドバンスド モバイル&PC コーナー”を新設。モバイルとPCの融合が進む現在の業界動向に合わせて、携帯電話向けコンテンツやPCオンラインゲーム、ゲーム専用PC、周辺機器などの出展が行われる。また、ゲーム産業の最新技術動向やビジネス動向にフォーカスしたカンファレンス“TGSフォーラム”における出展社セミナー枠“スポンサーシップセッション”を拡充。これまで実施されていた“ワークショップ(関係者を対象に製品やサービスの説明などを行う会議室)”を取り込み“TGSフォーラム スポンサーシップセッション“Light””を新たに開設して、業界関係者への発信機会のさらなる増加を目指す。海外市場を視野に入れた取り組みも例年以上に強化される予定で、ニュースリリース配信サービスの増加を行う予定となっている。
 

▲アドバンスド モバイル&PCコーナーの新設で、出展内容のさらなる充実を目指す。

 

▲海外の大手ゲームメディアも活用し、コアユーザーへの告知強化も行われる。


 ユーザーに向けた施策としては、混雑が予想されるブースでの整理券配布を主催者側で代行するサービスを実施予定。加えて、誘導サイン、待ち合わせ場所サインの設置といった会場内での移動に関する補助を強化するとのこと。昨年開催時からスタートした手荷物検査は今年も実施され、会場内のセキュリティーはJリーグの規定を参考により強化。安全で楽しい空間作りに尽力する。主催者イベントに関しては具体的な例が出なかったが、昨年の一般来場初日に実施されたゲーム音楽のライブイベント“GMT 2008(Gam, Music, TGS)”のような、ゲーム市場の裾野を広げる施策を検討中とのことだ。

 

▲より多くの人が最新ゲームに触れられるよう、主催者側からも施策が行われることに。


 社団法人コンピュータエンターテインメント協会 会長の和田洋一氏は「今年はさらに飛躍して、大成功の東京ゲームショウにしたいと思います」と挨拶。続けて「今年の東京ゲームショウは日本のゲームメーカーが圧倒的な存在感を示す場にし、もういちど日本が世界市場でもその存在感を発揮するきっかけにしたい」と意気込みを語った。また、東京ゲームショウと同月の9月1日〜9月3日にパシフィコ横浜で開催される、日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2009”とのつながりをより強化する意向も。「クリエーティブなつながりを目指し、一歩踏み込んだつながりでクリエーターにとって豊かな土壌を作ります」とした。

 

 東京ゲームショウとCEDECのつながりを強化する取り組みのひとつとして、和田氏に続いて登壇した日経BP社 代表取締役社長の平田保雄氏が、東京ゲームショウと同様にCEDECでも日経BPが共催することを明らかにした。平田氏は世界的に広がる経済不況に触れながら「そういった中にあってもこの業界は非常に個性的な人たちが集まっているので、元気です」と前向きな言葉を述べ、「東京ゲームショウは、世界に向けてゲームという個性が輝いていることを示すショーにしていきたい」と語った。
 

▲主催者、共催者としてそれぞれ挨拶を行った和田氏(左)と平田氏(右)。


※東京ゲームショウ 2009の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。