携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 創立50周年を迎えた神戸電子専門学校で、ゲーム作品発表会“DigitalWorks2008-2009”を開催

創立50周年を迎えた神戸電子専門学校で、ゲーム作品発表会“DigitalWorks2008-2009”を開催

2009/2/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●学生たちの1年間の成果を現役ゲームクリエイターが鋭く分析

 

 兵庫県神戸市に校舎をかまえる神戸電子専門学校。ゲームソフト、ゲームデザイン、サウンドなど7分野15学科を持つコンピュータ総合学園として昨年、創立50周年を迎えた同校では“ゲーム業界一直線”を合言葉に、即戦力となるゲームプログラマーを養成しており、これまでに数多くの卒業生をゲーム業界の最前線へ送り込んでいる。

 

 2009年2月20日、この学校のゲームソフト分野に在籍する学生達の作品発表会、表彰する催し”DigitalWorks2008-2009”が神戸市中央区の西山記念会館で開催された。
 

▲会場となった西山記念会館は、学生、来賓などでほぼ満員状態に。

 

 神戸電子専門学校のゲームソフト分野におけるカリキュラムは、プログラミング技術の教育に1本化されており、2〜3年という短い期間で深い知識と技術の習得ができる体制になっている。卒業生の就職先には大手パブリッシャーやデベロッパーも名を連ねるなど、この方針は確かな実績を残しており、業界関係者からの注目度も高いそうだ。それを証明するように、今回の発表会には“ゲームリパブリック”、“サイバーコネクトツー”、“プラチナゲームズ”、“ヘキサドライブ”など錚々たる企業が来賓として出席。将来のゲーム業界を担う才能を見つけ出そうと、作品ひとつひとつに目を光らせていた。
 

▲各企業の現役クリエーターたちが、全作品を厳正に審査した。

 

▲ゲームリパブリック代表取締役社長の岡本氏(左)も来賓として参加。


 DigitalWorksが開催されるのは、今年で9回目。発表会は1〜3学年ごとの優秀作品がノミネート作品として紹介され、その後来賓の投票を経て最優秀作品を決定するというスケジュールで行われた。1年生は初めてのゲーム制作ということで、緊張の中での発表になったが、各人ともしっかりとプレゼン。上級生に比べると技術的な不足は否めないものの、『BARRGE』など独創的な表現でそれを補う作品も見られ、来賓の講評では「もうひとつ何かを加えればもっと楽しくなる」と期待のコメントが寄せられていた。


▲独創的な世界観、表現が光ったチームLUPISの『BARRGE』。


 2、3年生の発表になるとプレゼンテーション能力の高さはもちろん、3DCGを駆使した本格的な作品が相次いで登場。若干のアレンジを加えれば製品として通用しそうな完成度の高い作品も見られた。
 

 2年生の作品では、チーム“may be”の『激闘!トップブレード』がトップに登場。昔のベーゴマを思い出させてくれるような作品だった。物理エンジンを使った戦車ゲーム『PHYSICAL COMBAT』にも「完成度が高い」、「プレイしてみたい」など来賓からの絶賛の声が複数聞かれた。


▲『激闘!トップブレード』は近未来の独楽対決をイメージしたような作品。

  

▲完成度の高いゲームとして評価された『PHYSICAL COMBAT』はチームUNIQUE’Sの作品。

 

 3年生の中には、すでにゲーム会社に就職内定している学生たちも含まれており、高い技術力にオリジナリティーが同居した作品がつぎつぎと登場。『麻雀面子養成ソフト麻雀やらないか』はその内容もさることながら、生徒たちのプレゼンも非常に巧みで、会場からはたびたび大きな笑いが起きていた。
 

▲会場全体を笑いの渦に包み込むプレゼンのうまさには驚かされるばかり。

 

 『Promenade』は先輩から引き継がれた技術を生かし、「自分の気持ちが落ち着くようなゲーム」をコンセプトに制作された作品。プレゼンの最後には先輩たちへの感謝の気持ちを表し、サウンド分野の学生とコラボして同校校歌が映像とともに流すという演出も挿入された。

 

 『電子勇者ウィンドゥザー』もサウンド分野とコラボして制作。“合体と変身のかっこよさ”を追求し「合体のときのアングル、カットにこだわった」という本作に、来賓は「自分のやりたいことが前面に出ている」とコメント。合わせてこのような人材を育成する神戸電子専門学校に対する賞賛の声も寄せられた。
 

▲「散歩を楽しんでほしい」という思いで制作された『プロムナード』。


『電子勇者ウィンドゥザー』では、合体のときに発する声などすべてチーム学生の声を録音して使用。


 エキシビジョンとして発表された『Cards for lonesome player』。“簡単操作でひとりでも遊べる”、“16種類のゲームをひとつのソフトに”がコンセプトの本作を制作したのは、昨年に引き続いての出場となる71歳の高橋武文さん。今春卒業予定ということもあり、プレゼン直後は会場から割れんばかりの拍手が。「先生のご指導によりここまで成長できました」とコメントした高橋さんには、来賓から「いろいろな人に遊んでもらいたいという気持ちが伝わりました」、「去年より格段にレベルが上がっていますね」といった賛辞が贈られた。

 

▲エキシビジョンとして登場した、高橋さんの『Cards for lonesome player』


 そして、すべての学生作品が出揃ったところでいよいよ最優秀作品の発表に。プロが選ぶ今年度ナンバーワン作品の栄誉に輝いたのは、2年生のチーム“UNIQUE'S”が制作した『PHYSICAL COMBAT』。校長の福岡氏から表彰状、トロフィー、副賞を受け取った”UNIQUE'S”代表の尾上将之さんは、「協力していただいた先生がた、友人に感謝しています」と壇上で受賞のよろこびを語った。


▲『PHYSICAL COMBAT』は学生と企業、両方からの注目度が高く満場一致で最優秀賞となった。


▲心からよろこぶ尾上さん(左)と神戸さん(右)。


 発表会終了後には、来賓として出席したクリエイターと学生が作品指導を通じてコミュニケーションを取る場も用意。自分の作品を直接講評してもらえる機会とあって、学生たちは各自持参したPCでプレゼンを行い、積極的に意見交換を行ったり、作品指導を受けていた。ゲーム業界との連携を強化し、即戦力となるゲームプログラマーを輩出している神戸電子専門学校に、これからも期待していきたい。

 

▲ヘキサドライブ代表取締役CEOの松下氏(中央)に熱心に指導をうける学生。

 

▲こちらは、神戸電子専門学校でゲームソフト分野のリーダーを務める白石久雄氏。神戸電子では“業界連携強化”、“プログラミングに特化したカリキュラム構築”、“人間力と品位を有する職業人・専門職業人の育成”を柱に教育に取り組んでいるとのこと。そういったことを強化する理由について同氏は「メーカーなどへ就職した際活きてくるのは、なんでもかんでもよりもひとつのことに集中した知識、技術だと思います。加えて人間力が必須であると確信しています」と説明した。


※神戸電子専門学校の公式サイトはこちら

※ゲームソフト分野の公式ブログはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アニメ『鬼滅の刃』2期“遊郭編”は12月5日放送開始。新規エピソードを交えた『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』が10月10日より放送

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」放送後、テレビアニメ『鬼滅の刃』2期“遊郭編”の新情報が発表された。

恋愛アドベンチャー『経験ゼロなクラスメイト』Switch版の体験版が配信開始。10%OFFで予約受付中

エンターグラムは、2021年10月28日(木)発売予定のNintendo Switch用恋愛アドベンチャーゲーム『経験ゼロなクラスメイト』体験版で配信開始した。

『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』家庭用ゲーム機版が12月16日に発売決定。ディードリットの冒険を描くメトロイドヴァニア2D探索アクション

PLAYISMとワイソーシリアスのレーベルであるWSS playgroundは、『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』の家庭用ゲーム機版を、2021年12月6日に発売する。対応プラットフォームはNintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox Oneで、Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4はパッケージでも発売される。

『鬼滅の刃』柄のインテリアアイテムが発売。ブランケットやクッションカバー、ラグマットが新登場

ムービックは、テレビアニメ『鬼滅の刃』のキャラクター、竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、冨岡義勇、煉獄杏寿郎をイメージしたデザインのインテリアを発売した。

Switch・PS4『小林さんちのメイドラゴン 炸裂!!ちょろゴン☆ブレス』が2022年春発売決定! シューティングとして初ゲーム化

ブシロードは、2022年春、『小林さんちのメイドラゴン』初のゲーム化となる『小林さんちのメイドラゴン 炸裂!!ちょろゴン☆ブレス』を、Nintendo Switch・プレイステーション4向けに発売する。

『鬼滅の刃』炭治郎や柱たちのお手ごろフィギュアをご紹介。初心者でもお手軽に楽しめるミニフィギュアシリーズ

多数販売中の『鬼滅の刃』(きめつのやいば)フィギュアの中から、ホビー通販サイト“あみあみ”売上ランキングにも度々登場し、フィギュア初心者でもお手軽に楽しめるミニフィギュアシリーズを紹介する。

【週間PVランキング】『鬼滅の刃』2期“遊郭編”の放送時間帯の発表が再び1位。Nintendo Directにも注目が集まる【9/17〜9/23】

ファミ通ドットコムで2021年9月17日〜9月23日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届け。

【タイバニ】『TIGER & BUNNY』劇場版2作が4DXシアターにて2022年1月21日より期間限定で公開!

バンダイナムコアーツは、TIGER & BUNNY 10th Anniversary 企画の一環として、同シリーズの劇場版2作『劇場版TIGER & BUNNY -The Beginning-』、『劇場版TIGER & BUNNY -The Rising-』の4DX上映を2022年1月21日(金) より全国4DXシアターで期間限定公開することを発表した。

【Amazon】タイムセール祭り、ゲーミングモニターをピックアップ。LG、MSI、ASUS、Acer、Dellなどのモニターがお買い得に!

Amazon.co.jp(アマゾン)恒例のタイムセール祭りが2021年9月25日〜9月27日まで開催中。本稿では、セール対象となったゲーミングモニターをピックアップして紹介。

『ロストジャッジメント』プレイ日記【2夜目】。八神の強化に必須となるSpの稼ぎかたを紹介。取りやすいバトルリワードは?

2021年9月24日発売の『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』のプレイ日記を掲載。『ジャッジアイズ』シリーズの大ファンであるライターのリプ斉トンが、プレイしながら八神のカッコよさやゲームのおもしろさを語ります。