携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『Halo 3(ヘイロー3)』や『アイドルマスター ライブフォーユー!』など、Xbox 360プラチナコレクションに話題作が続々と追加

『Halo 3(ヘイロー3)』や『アイドルマスター ライブフォーユー!』など、Xbox 360プラチナコレクションに話題作が続々と追加

2009/2/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●今度のXbox 360 プラチナコレクションは人気シリーズ4タイトルが登場!

 良質なXbox 360向けタイトルをリーズナブルな価格でお届けする“Xbox 360 プラチナコレクション”。今度のXbox 360 プラチナコレクションは『Halo 3 (ヘイロー 3)(Xbox 360 プラチナコレクション)』や『アイドルマスター ライブフォーユー!(Xbox 360 プラチナコレクション)』など人気シリーズが勢揃い。しかも、Xbox 360ならではのXbox LIVEが楽しめるタイトルばかりとなっているのだ。さらには、『アイドルマスター (Xbox 360 プラチナコレクション)』と『アイドルマスター ライブフォーユー!(Xbox 360 プラチナコレクション)』を同梱した『アイドルマスターツインズ』なども予定。魅惑のXbox 360 プラチナコレクションの最新作をとくとご覧あれ。なお、この4作が加われることで、Xbox 360 プラチナコレクションは48タイトルに!

Xbox 360 プラチナコレクション 新作タイトルラインアップ

発売日

タイトル名

発売元

価格[税込]

2月26日

Halo 3(ヘイロー3)(Xbox 360 プラチナコレクション)

マイクロソフト

2940円

2月26日

バトルフィールド:バッドカンパニー

エレクトロニック・アーツ

2940円

2月26日

レインボーシックスベガス2(Xbox 360 プラチナコレクション)

ユービーアイソフト

2940円

3月12日

アイドルマスター ライブフォーユー!(Xbox 360 プラチナコレクション)

バンダイナムコゲームス

2940円

3月12日

アイドルマスターツインズ

バンダイナムコゲームス

5040円

※本製品は期間限定生産商品


※Xbox 360 プラチナコレクションのラインアップはこちら 
 

【TOPIC】Xbox 360 プラチナコレクションは名作の宝庫!

 Xbox 360 プラチナコレクションの良質ぶりを語るうえで参考の手助けになるのが、週刊ファミ通の“新作ゲームクロスレビュー”のコーナーで殿堂入りしているXbox 360 プラチナコレクションのタイトル数。レビュー対象の38タイトル中32本が殿堂入りという充実ぶり。なかでも、合計35点以上を獲得した作品に送られる“プラチナ殿堂入り”タイトルは14作品。まさに、Xbox 360 プラチナコレクションは名作の宝庫と断言!

プラチナ殿堂入りしたXbox 360 プラチナコレクションタイトル

点数

タイトル名

発売元

39点 

デッド オア アライブ 4

テクモ

38点

ザ エルダー スクロールズ IV:オブリビオン

ベセスダ・ソフトワークス

37点

ギアーズ オブ ウォー

マイクロソフト

37点

ブルードラゴン

マイクロソフト

37点

Halo 3(ヘイロー3)

マイクロソフト

36点

ロスト プラネット エクストリーム コンディション

カプコン

36点

レインボーシックス ベガス

ユービーアイソフト

36点

フォルツァ モータースポーツ2 

マイクロソフト

36点

エースコンバット 6 解放への戦火

バンダイナムコゲームス

36点

アサシン クリード

ユービーアイソフト

36点

ロストオデッセイ

マイクロソフト

35点

デッドライジング

カプコン

35点

トラスティベル 〜ショパンの夢〜

バンダイナムコゲームス

35点

バトルフィールド:バッドカンパニー 

エレクトロニック・アーツ



Halo 3(ヘイロー3)(Xbox 360 プラチナコレクション)


発売元:マイクロソフト
発売日:2009年2月26日発売予定
■価格:2940円[税込]
■ジャンル:アクション・シューティング
■対象年齢:17歳以上
■プレイ人数:オフライン/1〜4人、オンライン/2〜16人
■通信機能:マルチプレイなど


 シリーズ累計の販売本数が2500万本(!)を記録し、全世界で圧倒的な支持を得る『Halo(ヘイロー)』シリーズ。その三部作の最終章にあたる『Halo 3(ヘイロー3)』が満を持してXbox 360 プラチナコレクションに登場! 確かなSFの世界観をベースに展開される壮大なストーリーや、最大16人が参加してのマルチプレイの楽しさを極めた作品として、Xbox 360に燦然と輝く同作。2007年9月の発売から1年半近くを経たいまに至るも、追加マップなどが続々と配信されている。『Halo 3(ヘイロー3)(Xbox 360 プラチナコレクション)』と同じ2009年2月26日に発売の『Halo Wars(ヘイローウォーズ) リミテッドエディション』の特典として入手できる追加コンテンツの“Halo 3 Mythic マップパック”の配信もあり、まだまだ『Halo 3(ヘイロー3)』の戦いは終わらない!

 

週刊ファミ通クロスレビューのコメントより
『Halo 3(ヘイロー3)』ここがおススメ!

●「難度は高めだが、チェックポイントが多いうえに、リトライ時のロードも皆無なので、快適にプレイし続けられるのが何よりうれしい」(レオナ海老原)
●「小難しいことは考えず、武器をガンガン持ち替えながら緻密で入り組んだマップを行くだけで、上質な没入感が得られる。迷うこともまずない。活き活きとした敵の描写も痛快無比」(サンフランシス小山)
●「美麗なグラフィックと入り込みやすいゲーム性がいい。キャラクターたちもいい動きをしていて、思わず注目してしまう」(戦闘員まるこ)
●「巨大メカとの戦闘などSFらしい派手でドラマチックな展開、世界規模で楽しめるオンライン対戦と、懐の深いゲーム性に感動」(河田スガシ)              

(週刊ファミ通 2007年10月5日号より)


※『Halo 3(ヘイロー3)』の特設サイトはこちら
※ファミ通.com『Halo 3(ヘイロー3)』の特設サイトはこちら
 

【TOPIC】シリーズ最新作の『Halo Wars(ヘイローウォーズ)』にも注目

『Halo 3(ヘイロー3)(Xbox 360 プラチナコレクション)』と合わせて楽しんでいただきたいのが、同日発売の『Halo Wars(ヘイローウォーズ)』。『Halo(ヘイロー)』シリーズから20年まえを舞台とした本作は、装いも新たにRTS(リアルタイムストラテジー)として登場。『Halo(ヘイロー)』シリーズでおなじみのユニットを指揮して自軍を勝利へ導くのだ。『Halo(ヘイロー)』ワールドを補完する存在として、『Halo Wars(ヘイローウォーズ)』は見逃せない。初回限定生産の『Halo Wars(ヘイローウォーズ)リミテッドエディション』には、『Halo 3(ヘイロー3)』用マルチプレイヤー新マップのダウンロードコードが封入されているので、お買い得かも。


※『Halo Wars(ヘイローウォーズ)』公式サイトはこちら
※ファミ通.com『Halo Wars(ヘイローウォーズ)』特設サイトはこちら 



バトルフィールド:バッドカンパニー(Xbox 360 プラチナコレクション)

 

■発売元:エレクトロニック・アーツ
発売日:2009年2月26日発売予定
価格:2940円[税込]
■ジャンル:アクション・シューティング
■対象年齢:15歳以上
プレイ人数:オフライン/1人、オンライン/2〜24人
通信機能:マルチプレイなど


 スウェーデンの開発会社DICE社が手掛ける、人気FPS『バトルフィールド』シリーズの最新作。軍のはみ出し者が集まった“バッドカンパニー”と呼ばれる部隊が、敵の金塊を奪取すべく戦うというぶっ飛んだストーリーが展開される。独自のエンジンである“Frostbyte Engine”を採用しており、建物や樹木など、マップ上にあるほぼすべてのオブジェクトが破壊可能で、爽快感は抜群。『バトルフィールド』シリーズのお家芸とも言うべきマルチプレイはもちろん充実しており、最大24人による参加者は、攻撃側と防御側にわかれて、拠点の確保を巡って戦うことになる。爽快に一人称視点シューティング(FPS)を楽しみたい人には、とくにおススメしたい。


週刊ファミ通クロスレビューのコメントより
『バトルフィールド:バッドカンパニー』ここがおススメ!

●「このジャンルでのクオリティーは間違いなく最高峰」(カミカゼ長田)
●「気になるオンラインですが、乗り物&砲台満載の戦場を暴れ回れるのが魅力。多人数対戦が熱いです」(山本ペンキ)
●「豊富な乗り物と武器を使って、敵だけでなく、いろんなモノがガンガン壊せるのが気持ちいい!」(吉池マリア)
●「建物ごと破壊するなど、ただ眼前の敵を倒していくFPSとは少々趣きが異なり、楽しげなストーリーと相まって、気持ちよく遊べる作品」(河田スガシ)

(週刊ファミ通2008年7月4日号より)


※『バトルフィールド:バッドカンパニー』の公式サイトはこちら


レインボーシックス ベガス2(Xbox 360 プラチナコレクション)


発売元:ユービーアイソフト
発売日:2009年2月26日発売予定
■価格:2940円[税込]
ジャンル:アクション・シューティング
■対象年齢:17歳以上
■プレイ人数:オフライン/1〜2人、オンライン/2〜16人
■通信機能:協力プレイ、マルチプレイなど


 対テロリスト特殊部隊“レインボー”の活躍を描く『レインボーシックス ベガス』の続編。主人公は少数精鋭の部隊を指揮して、国際テロリスト組織と対峙していくことに。本作から新たに追加されたシステムが“リワード”で、こちらは敵を倒すたびに経験値が入ってくるというもの。経験値を得ることによって階級が上がったり使える武器が増えたりと、成長要素が加味されているのだ。最大4人まで楽しめるストーリーモードの協力プレイでは、ふたり目以降のプレイヤーがいつでも参加できる“ジャンプイン・ジャンプアウトシステム”を採用。臨場感溢れる戦いが楽しめる。もちろん、最大16人が参加してのマルチプレイもアツい。


週刊ファミ通クロスレビューのコメントより
『レインボーシックス ベガス2』ここがおススメ!

●「とくに前作を補完したストーリーやダッシュの追加がうれしい。画面分割だけじゃなく、ネットを通じても、ストーリーモードの協力プレイのメンバーを募れるのは◎」(カミカゼ長田)
●「突入の指示を出して背後から挟撃するなど、特殊部隊ならではの戦いが楽しめます。オンラインも豊富なステージとルールで遊べますよ」(山本ペンキ)
●「ストーリーモードで、ネットを介してのふたり協力プレイが可能なのはうれしい」(吉池マリア)
●「オンライン協力プレイや経験値システムの強化、“走り”の追加は素直に喜べる点。」(デイリー松尾)

(週刊ファミ通2008年5月2日号より)


※『レインボーシックス ベガス2』の公式サイトはこちら
※ファミ通.com『レインボーシックス ベガス2』特設サイトはこちら

アイドルマスター ライブフォーユー!(Xbox 360 プラチナコレクション)


■発売元:バンダイナムコゲームス
■発売日:2009年3月12日発売予定
■価格:2940円[税込]
■ジャンル:アイドルLiveコーディネーター
■対象年齢:12歳以上
■プレイ人数:1人
■通信機能:コンテンツダウンロードなど


 ファン待望! お気に入りのあのアイドルたちを自由にコーディネート。曲や衣装、カメラワークなどを設定して、自分だけのライブを作り上げるのだ! 衣装やアクセサリー、新曲などが追加コンテンツとして定期的に有料配信されているものファンとしてはうれしいところ。プロデューサーさんのセンスが、アイドルたちのライブを輝かせる!
 


週刊ファミ通クロスレビューのコメントより
『アイドルマスター ライブフォーユー!』ここがおススメ!

●「前作にあったような育成的な部分はなくなり、ひとつのステージを成功させることに全力を尽くします」(山本ペンキ)
●「好きな衣装やユニットで好きな楽曲を楽しむために、アイテムの能力値などを撤廃したのは英断」(サンフランシス小山)
●「前作からライブ部分だけを抽出。好きなアイドルで、好きなようにライブを開催できます」(吉池マリア)
●「キャラ、曲、衣装などを好みで設定、鑑賞できるステージ演出ソフト」(デイリー松尾)

(週刊ファミ通2008年3月7、14日合併号より)


※『アイドルマスター』の公式サイトはこちら
 

【TOPIC】さらなるビッグな贈り物! 同梱パックの『アイドルマスターツインズ』が発売

『アイドルマスター』ファンにさらなるうれしいプレゼントが! 『アイドルマスター(Xbox 360 プラチナコレクション)』と『アイドルマスター ライブフォーユー!(Xbox 360 プラチナコレクション)』を同梱したスペシャルパック『アイドルマスターツインズ』が2009年3月12日に発売されるのだ。描き下ろしスリーブを採用したパッケージは全国のプロデューサーさん必見! 期間限定生産販売となっているので、気になる方はお早めの購入をおススメします! 

アイドルマスターツインズ
■発売元:バンダイナムコゲームス
■発売日:2009年3月12日発売予定
■価 格:5040円 [税込]


※[関連記事] 『トラスティベル 〜ショパンの夢〜』など新たに4タイトルが追加、Xbox 360 プラチナコレクションはいまがお買い時

(C) 2008 EA Digital Illusions CE AB. All rights reserved. Battlefield: Bad Company is a trademark or registered trademark of EA Digital Illusions CE AB in the U.S. and/or other countries. EA and the EA logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.
(C) 2009 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.
(C) 2008 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Persistent Elite Creation, Ubisoft, Ubi.com, the Ubisoft logo, and the Soldier icon are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries. Rainbow Six, Red Storm, and the Red Storm logo are trademarks of Red Storm Entertainment in the U.S. and/or other countries. Red Storm Entertainment, Inc. is a Ubisoft Entertainment company.
(C)窪岡俊之 (C)2003-2009 NBGI

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。