携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』転職システムの詳細と新職業が明らかに

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』転職システムの詳細と新職業が明らかに

2009/2/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●転職はおなじみのダーマ神殿で


 もはやRPGというジャンルを代表する作品と言える『ドラゴンクエスト』シリーズ。その最新作である『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が、2009年3月28日に発売される。さまざまな特徴を持っている『IX』だが、なかでもキャラクターメイキングは無限とも言える可能性を秘めた新要素。今回は、そんなキャラクター育成のカギを握る“転職”システムの最新情報をお伝えしよう。

 各キャラクターは、特定の職業に就き、経験を積むと、その職業のレベルが上がっていく。そして、転職を行ってさまざまな職業に就くことで、多才な能力を持ったキャラクターを育成することができるのだ。この転職を行うことができるのが、ダーマ神殿。 



ダーマ神殿の大神官に話しかければ、いつでも転職を行うことができる。


新たな職業に転職すると、そのキャラクターは新たにレベル1から経験を積んでいくことになる。なお、職業によって装備できるアイテムは決まっている。転職の際は、じっくり装備を選び直すといいだろう。


たとえば、レベル32まで成長し、戦士としては熟練の域とも言えるキャラクターがいたとする。このキャラクターも、別の職業に転職すると、新たな職業のレベル1から再スタート。仲間の助けを借りながら経験を積み、パラメータを伸ばしていくことになる。


ある職業で積んだ経験は、転職しても失うことはない。以前に経験した職業のレベルとパラメータは維持されているので、安心して転職を行えるのだ。


たとえば、戦士から新しい職業に転職し、再びレベル1から経験を積んでいる最中のキャラクターでも、再び戦士に転職し直せば、レベル32の戦士として活躍することができる。



 メラミやスカラなどの“呪文”は、職業固有の能力。つまり、僧侶の職業で覚えた呪文は戦士に転職すると使えなくなる。しかし、スキルによって覚えた“特技”と“スキルポイント”は、転職しても引き継ぐことができ、ほかの職業でも使うことができるのだ。


左の写真は僧侶のスキル“しんこう心”によって覚えた特技“聖女の守り”を戦士に転職したキャラクターが使っている様子。こうした特技は、ほかの職業に転職しても使うことができる。

右の写真は、盗賊に転職したキャラクターが“ドラゴン斬り”を放っている様子。“剣スキル”は戦士と盗賊の両方に共通したスキル。こうした同じスキルを持つ職業に転職した場合は、そのスキルで得たポイントをそのまま引き継ぎ育てることができる。





●新たな職業の存在が判明

 上記のように、キャラクター育成の幅を大きく広げてくれる“職業”。この職業にこれまで紹介されていない、新たなものがあることが判明した。その新職業とは、“魔法戦士”と“パラディン”だ。

 



 すでに明らかになっている6つの職業は“戦士”、“魔法使い”、“僧侶”、“武闘家”、“盗賊”、“旅芸人”。これらを“基本職”とし、さまざまな基本職で経験を積んだ者だけが転職できる“上級職”があることが明らかになった。新たに判明した“魔法戦士”と“パラディン”は、こうした上級職に位置する職業だ。なお、上級職には、ほかにもさまざまなものが用意されている。はたして、上級職だけが持つ驚異の実力とは!? 今後明かされていく情報に期待しよう。


基本職の“戦士”と“魔法使い”を極めた者だけが、“魔法戦士”になることを許される。さらに、転職を可能にするため、ある“トレーニング”が必要になるらしいが……?






※『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』公式サイトはこちら
 

タイトル

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

メーカー

スクウェア・エニックス

対応機種

ニンテンドーDS

発売日

2009年3月28日発売予定

価格

5980円[税込]

ジャンル

RPG / 冒険・ファンタジー

備考

ニンテンドーWi-Fiコネクション対応、DSワイヤレスプレイ対応、シナリオ・ゲームデザイン:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、開発:レベルファイブ/スクウェア・エニックス



この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『DOAX VV』クールでボインな新キャラクター"ルナ”が登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、DMM GAMESで展開中のコミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開。

『真・三國無双8』釣りや狩りをしてワイルドに暮らせ!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、2018年2月8日に発売予定のタクティカルアクションゲーム『真・三國無双8』の最新情報を公開。

プロゲーマー・sako氏がシーズン3を語る! 『ストV AE』発売記念特集&シーズン3開幕記念特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、『ストリートファイターV アーケードエディション』の最新情報を公開。

『New ガンダムブレイカー』がPS4で2018年に発売決定、同作の詳細を紹介する番組の配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『ガンダムブレイカー』シリーズ最新作『New ガンダムブレイカー』をプレイステーション4で2018年に発売することを発表した。

『ガンダムバトルオペレーションNEXT』新機能“ウィークリーミッション”が実装決定 ストライクフリーダムガンダムも参戦!

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ガンダムバトルオペレーションNEXT』にて新機能“ウィークリーミッション”の実装が発表された。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』Nintendo Switch版が4月26日に発売決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のNintendo Switch版を2018年4月26日に発売することを発表した。

『ガンダムバーサス』“ゴッドガンダム”、“マスターガンダム”は1月23日配信 ファルシア、ビルドストライクガンダムも参戦決定【リリース追記】

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、発売中のプレイステーション4用ソフト『ガンダムバーサス』を発表した。

『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日配信開始、独特な世界観の2Dホラーアドベンチャー

アクティブゲーミングメディアより、Uri Games 開発による『Strange Man』シリーズの第一作目、『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日(2018年1月16日)配信を開始した。

“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』の凱旋公演が1月25日からスタート

池袋シアターグリーン“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』が、凱旋公演として2018年1月25日(木)〜29日(月)、池袋シアターグリーンBASE THEATERにて上演される。本舞台には、ゲーム好きな声優・俳優として、ゲーム系のさまざまな配信番組に出演している望月英さんも出演。

『戦場のヴァルキュリア4』の戦場を支配する戦車と、それを操る車輌搭乗員たち【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、セガゲームスより2018年3月21日に発売される期待のシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』の最新情報を紹介。