携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 任天堂ブースではマリオとの記念撮影も――“次世代ワールドホビーフェア ’09 winter”東京大会開幕

任天堂ブースではマリオとの記念撮影も――“次世代ワールドホビーフェア ’09 winter”東京大会開幕

2009/1/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●最新ホビーとゲームの一大イベントが今年も開催

 

 2009年1月18日の大阪大会を皮切りに、東京、名古屋、福岡の計4エリアで開催される、“次世代ワールドホビーフェア ’09 winter”。その東京大会が、2009年1月24日に千葉県の幕張メッセで開幕した。会場には任天堂、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)を始め、数多くのゲームメーカーがブースを展開。キッズ向けゲームを中心とした、最新のタイトルがズラリと勢揃いした。

 

 任天堂ブースは、ニンテンドーDSiの体験コーナーを大きく展開。広々としたエリアでソファーに座りながら、さまざまな本体機能を実際に操作することができた。また、マリオとニンテンドーDSiカメラで記念撮影ができるということもあり、体験コーナー周辺には長蛇の列ができ上がっていた。ブース内のステージイベントでは、ニンテンドーDSiウェア用ソフト『うごくメモ帳』、Wii用ソフト『Wiiであそぶ マリオテニスGC』(発売中)のデモンストレーションを実施。ゲームの体験コーナーでは、この『Wiiであそぶ マリオテニスGC』のほかにWii用ソフト『街へいこうよ どうぶつの森』(発売中)をプレイすることができた。

 

▲任天堂は、ニンテンドーDSiの体験コーナーをメインに展開。家族で参加する姿が数多く見られた。ブース内でマリオとの記念撮影も実施。


▲『うごくメモ帳』のステージでは、その場でパラパラマンガを作成するなどして、ソフトの特徴を紹介。


▲ゲームの体験コーナーでは『街へいこうよ どうぶつの森』、『Wiiであそぶ マリオテニスGC』をプレイすることができた。


 PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『サルゲッチュ ピポサル戦記』(2009年3月19日発売予定)を前面に押し出すブース展開となったSCEJ。体験プレイのまえには、ちょっとしたブリーフィングも行うなど、凝った演出で子供たちにゲームの世界を存分に堪能してもらおうという仕掛けが見られた。そのほかに注目なのが、“PSPパーク”と題したコーナー。こちらでは、計5タイトルのPSP用ソフトをプレイすることができ、その中にはKONAMIの『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009』(2009年1月29日発売予定)、スクウェア・エニックスの『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』(2009年発売予定)といった他社の作品も。担当者によれば、SCEJブースに他社タイトルが出展されるのは次世代ワールドホビーフェアでは初のことで、より多くの人にPSPのラインアップを知ってもらうべく今回実施されたそうだ。

 

▲ゲームの紹介を経て体験プレイが楽しめた『サルゲッチュ ピポサル戦記』。プレイした人には、オリジナルデザインのお面もプレゼントされた。


▲他社の新作タイトルも楽しめたPSPパーク。SCEJからは『クランク&ラチェット マル秘ミッション☆イグニッション!』、『パタポン2 ドンチャカ♪』、『LocoRoco 2(ロコロコ 2)』が出展された。


▲会場内で唯一のプレイステーション3用タイトルとなった『リトルビッグプラネット』。ステージイベントにはピポサルも登場して、ソフトの魅力をアピールした。


 SCEJブースに『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』を出展したスクウェア・エニックスは、自社ブースにも『キングダム ハーツ』シリーズ作品を出展。ニンテンドーDS用ソフト『キングダム ハーツ 358/2 Days(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー)』(2009年春発売予定)を計8台用意し、つねに満席状態という高い人気を見せた。ブース内には先日発表されたばかりのWii用ソフト『メジャマジ・マーチ』(2009年4月23日発売予定)もプレアブルな状態で登場。同作はWiiリモコンを指揮棒に見たてて、マーチンバンドのメンバーを引き連れてゴールを目指すという内容で、体験コーナーでは指揮者になりきった子供が元気よくWiiリモコンを操る姿が見られた。


▲発表されたばかりの『メジャマジ・マーチ』が早くもプレイアブル出展。


▲計8台出展された『キングダム ハーツ 358/2 Days(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー)』はつねに満席状態だった。


▲スクウェア・エニックスの“Pure Dreams”ブランドから、ニンテンドーDS用ソフト『スヌーピーDS スヌーピーと仲間たちに会いにいこう』、『ピングーのワクワク♪ カーニバル』も出展された。


 KONAMIブースの目玉タイトルは、次世代ワールドホビーフェア ’09 winterが初のプレイアブル出展となるWii用ソフト『実況パワフルプロ野球NEXT』(2009年3月19日発売予定)。いずれの台も対戦用となっており、そのうちのひとつでは同作のウリである4人対戦モードをプレイすることが可能となっていた。『パワプロ』シリーズからは、ニンテンドーDS用ソフト『パワプロクンポケット11』(発売中)も出展。こちらのコーナーは、学校の教室を彷彿とさせる作りで、体験台の椅子もそれに合わせて学習机仕様というこだわりよう。勉強に打ち込むかのように、ニンテンドーDSを操作するというユニークな光景となっていた。


▲4人対戦が楽しめた『実況パワフルプロ野球NEXT』。そのほかに、ふたり対戦用の体験台も用意された。


▲黒板、壁に貼られた習字など、学校の教室をそのまま再現した『パワプロクンポケット11』の体験コーナー。


▲体験コーナーとステージイベントが設置された『ペンギンの問題 最強のペンギン伝説!』。ステージでは、レアキャラクターの入手方法などがゲーム画面を交えて紹介された。


 カプコンブースは、例年と同じく『ロックマン』シリーズのタイトルがブースのメインに。『流星のロックマン3 レッドジョーカー/ブラックエース』の体験コーナーが初心者向け、上級者向けのふたつにわかれて展開されたほか、バトルカードのダウンロード配信、会場限定の暗号コード公開などが行われた。そのほか、Wii用ソフト『タツノコVS.カプコン クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ』(発売中)も出展され、男児を中心に盛況。『ワンタメ』シリーズから出展された、ニンテンドーDS用ソフト『ワンタメ バラエティ チャンネル』(発売中)、アーケードゲーム『ワンタメ ミュージックチャンネル』は女児から人気を集めた。


▲会場に来なければ入手できない暗号コードなど、『流星のロックマン3』のコーナーはユーザーが得する情報満載の内容に。


▲男の子と女の子、それぞれに向けたタイトルも出展された。


 マンガ、アニメなど複数のメディアで展開されている『イナズマイレブン』関連のコンテンツが出展され、会場屈指の混雑ぶりとなったのが、レベルファイブブース。ゲームコーナーでは“イナズマコロシアム”と題した大会が実施され、勝利した人には特製缶バッジが贈られた。初心者向けには、ティーチングコーナー“イナビカリ修練場”を開催して、ゲームの基本ルールなどを説明。参加者にはイナビカリ修練場を卒業した証が贈られ、こちらも好評を博していた。


▲さまざまなメディアで展開されていることもあり、注目度はピカイチだったレベルファイブの『イナズマイレブン』。オリジナルグッズの配布も好評だったようだ。


▲ブース内では、タカラトミーから発売中のトレーディングカードの大会も実施された。


 Wii用ソフト『太鼓の達人Wii』(発売中)を大々的に展開したバンダイナムコゲームス。体験コーナーはまるで縁日のような作りで、提灯などに囲まれながらステージの一段高いところでプレイを楽しむことができた。発売まえのタイトルでは、ニンテンドーDS用ソフト『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』(2009年1月29日発売予定)、Wii用ソフト『WE CHEER(ウィーチア)』(2009年3月発売予定)がプレイアブル出展。とくに『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』は発売が近いこともあってか、体験コーナー周辺には長い行列ができていた。

▲お祭りのような雰囲気となった『太鼓の達人Wii』の体験コーナー。

 

▲発売まえの『WE CHEER(ウィーチア)』と『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』を出展。『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』はダウンロード体験版の配信も行われた。


 エレクトロニック・アーツはニンテンドーDS、Wii用ソフト『シムアニマル』(2009年2月19日発売予定)、ニンテンドーDS、Wii用ソフト『ぼくとシムのまち パーティー』(2009年3月12日発売予定)などを出展。『ぼくとシムのまち パーティー』では、ゲームキャラクター“DJキャンディ”との対戦も実施され、親子で挑戦するといったファミリーでゲームを楽しむ様子も見られた。

▲『ぼくとシムのまち パーティー』に収録されているさまざまなパーティーゲームで来場者と対戦プレイをしたDJキャンディ。


 コーエーは、発売されたばかりのニンテンドーDS用ソフト『モンスター☆レーサー』で大会を実施。優勝者にはニンテンドーDSi本体が贈られるということもあり、真剣な表情でプレイに臨む子供たちの姿が印象的だった。


▲豪華賞品を目指し、チビっ子たちが『モンスター☆レーサー』でガチンコ勝負をくり広げた。


 小中学生を中心に人気の玩具“ベイブレード”のゲーム版、ニンテンドーDS用ソフト『メタルファイト ベイブレード』(2009年3月26日発売予定)が出展されたハドソンブース。人気ホビーとゲームの組み合わせはイベントとの相性がバッチリで、体験台、ステージともに大盛況となった。


▲『メタルファイト ベイブレード』のステージイベントでは、来場者どうしによる対戦プレイを実施。


 女児向けホビーが揃ったガールズアーケードのコーナーにはタイトーがブースを展開。ニンテンドーDS用ソフト『ガーデニングママ』(2009年3月19日発売予定)と、Wii用ソフト『クッキングママ 2 たいへん!! ママはおおいそがし!』(発売中)の『ママ』シリーズ2タイトルを出展した。


▲女の子向けコーナーに『ママ』シリーズの最新作を出展したタイトー。


 なお、 次世代ワールドホビーフェア ’09 winterの東京大会は2009年1月25日も実施。その後は、2009年2月1日にナゴヤドームで名古屋大会が、2009年2月8日に福岡Yahoo!JAPANドームで福岡大会が開催される。
 

※次世代ワールドホビーフェア ’09 winterの公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

テレビアニメは2018年4月に放送決定――『ウマ娘 プリティーダービー』“有明記念”イベントリポート

2017年12月16日(土)、東京のディファ有明にて『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、『ウマ娘』)のイベント“ウマ娘 プリティーダービー 2017年ファイナルイベント&アニメ新情報発表会 有明記念”が行われた。

『ドラゴンボール ファイターズ』最新映像公開、名曲「僕たちは天使だった」とともに名場面の数々が見られる

2018年2月1日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ドラゴンボール ファイターズ』の最新PVが公開された。

オイシイ! 『パシャ★モン』とスイパラのコラボカフェがオープン、たくぽん&日比美思が限定メニューに舌鼓

2017年12月15日より、スイーツパラダイス丸井錦糸町店にて、セガゲームスのスマートフォン用ゲーム『パシャ★モン』とのコラボレーション企画がスタート。

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年12月9日〜2017年12月15日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『ドラゴンクエストビルダーズ』Nintendo Switch版の発売日が2018年3月1日に決定! 体験版の配信も決定

Nintendo Switch版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の発売日が2018年3月1日(木)に決定。価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに4800円[税抜]。

『モンスターハンター:ワールド』 第2回ベータテストが12月23日2時より実施決定!

カプコンは、2018年1月26日発売予定のプレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、第2回となるベータテストを、2017月12月23日2時より実施することを明らかにした。

新キャラクター・ノクティスが早くも活躍! 『DFF』公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASY ヴァリアントストライク4”リポート

2017年12月9日、池袋のシアターカフェ&ダイニング“STORIA”にて、公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASY ヴァリアントストライク4”が開催された。本記事では、夕方の部の模様をリポートしていく!

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第176回 提督と、奄美群島沖対空戦闘

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」に水本提督と艦娘たちが参戦!!

『アイドルマスター ステラステージ』DLCカタログ創刊号が12月21日より配信決定、新曲『Vertex Meister』を含む楽曲や衣装などを配信

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年12月21日発売予定のプレイステーション4用ソフト『アイドルマスター ステラステージ』について、ダウンロードコンテンツ情報を公開した。

『ウイニングハンド』のインプレッションをお届け! 役を揃えて召喚獣を召喚する、ポーカーと融合した高い戦略性が味わえるオンラインTCG

2017年12月15日よりサービスが開始されたDMM.com POWERCHORD STUDIOのオンラインTCGタイトル『ウイニングハンド』。本作はTCGの要素に、同じカードゲームであるポーカーの要素が盛り込まれており、カードの役を揃えることで大逆転勝利が可能になっているなど、斬新なシステムが注目の作品だ。ここでは、そんな本作のプレイインプレッションをお届け。クエストの序盤と対戦を体験できたので、その内容を踏まえながら本作の魅力を余すことなく紹介したいと思う。