携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 藤原竜也、渡哲也、age嬢など、百花繚乱の『龍が如く3』完成披露会

藤原竜也、渡哲也、age嬢など、百花繚乱の『龍が如く3』完成披露会
【『龍が如く3』完成披露会】

2009/1/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●名越稔洋氏がクリエーター生命を賭けたシリーズ最新作が完成

 

 2009年1月23日に都内で、セガから2009年2月26日に発売予定のプレイステーション3用ソフト『龍が如く3』の完成披露会が実施された。既報のとおり、同ソフトは登場キャラクターの声優として渡哲也や藤原竜也、宮迫博之ら豪華キャストを起用しているほか、雑誌『小悪魔ageha』やドン・キホーテといった企業とのコラボレーション、矢沢永吉の楽曲提供など、前例がないほど豪華な内容となっている。完成披露会には、豪華声優陣に加え、ゲーム中にキャバ嬢として登場するage嬢、セラピスト役の椿姫彩菜らが駆けつけた。
 

▲映画の主役級が声優として参加する『龍が如く3』。age嬢、椿姫彩菜らも駆けつけ、豪華絢爛の完成披露会となった。


 完成披露会冒頭、まず声優陣がズラッと会場後方に登場。『龍が如く3』の主人公、桐生一馬役の黒田崇矢を筆頭に、藤原竜也や渡哲也といった豪華なキャストが、会場中央の敷かれた赤絨毯を颯爽と通り会場前方のソファに着席した。全員が揃ったところで、『龍が如く3』の総合監督である名越稔洋氏が壇上に。集まったマスコミ、業界関係者、キャストを前につぎのようにあいさつを行った。
 

▲「熱いドラマを描くというシリーズの原点に回帰した作品」と自信を持って語った名越氏。

 「いまから4年まえにあるタイトルのゲームが誕生しました。『龍が如く』というちょっと変わったネーミングのタイトルは、挑戦という宿命を負って誕生しました。当時、いろいろなゲームのジャンルが出てはいるもののマンネリしているなかで、「本当におもしろいものはこういうものだろう!」という気持ちをぶちかましてやるんだと思って、日本人以外はわからなくていいんだ、女子供は近づくなという大胆なコンセプトを持って作られたこのゲームは圧倒的な支持を得て、記録的なヒットを遂げることができました。当時僕自身、これが当たらなかったらゲームを作るのはやめようと思っていましたが、またこうしてたくさんの人に集まっていただきながら、発表会を迎えられるというのは、幸せだと思っていますし、皆さんのおかげだと思っています。今作のテーマは“信じる気持ち。男の信念”。気合いを入れて作りました」(名越)
 

 あいさつに続いて、名越氏の気合いの一端を垣間見ることができる映像が披露。映像は今作の舞台となる沖縄、そして神室町で展開される重厚な人間ドラマを感じられる内容で、名越氏は「新しい沖縄という場所が舞台にもなりますが、ドラマとしての原点回帰ができたと思います。今作でも熱いドラマが楽しめます」とアピールした。

 

 そしていよいよ豪華キャスト陣が壇上に。桐生一馬役の黒田崇矢氏を皮切りに、各キャストがそれぞれ登壇し、『龍が如く3』に参加した感想やアフレコでの裏話などを披露した(各キャストのコメントはこちら)。
 

▲俳優の渡哲也、藤原竜也、アーティストの泉谷しげる、高橋ジョージ、お笑い芸人の宮迫博之、宮川大輔ら、キャストの豪華さも『龍が如く』シリーズの大きな魅力のひとつ。


 各キャストのあいさつが終わると、ゲーム内容の詳細をまとめたムービーが披露。通行人のアクションが増えたことや、27社の企業とのタイアップ(タイアップの詳細はこちら)、これまで以上に遊び応えがあるミニゲームの数々、シームレスバトルや“天啓”といったバトルシステムなどが紹介された。そして『龍が如く』シリーズの大きな特徴とも言える“キャバクラ”に、雑誌『小悪魔ageha』のage嬢がキャバ嬢として出演していることや、プレイヤーを癒してくれるセラピスト役として椿姫彩菜を起用していることなどが紹介。会場にはage嬢3人と椿姫彩菜が壇上に上り、実際に自分が登場しているゲームシーンを見ながら、あいさつを行った(こちらも詳細は後ほど!)。

 

▲左からセラピストの椿姫彩夏役の椿姫彩菜、キャバクラ嬢として出演するage嬢の荒木さやか、桜井莉奈、武藤静香。男の熱い物語の一服の清涼剤として、彼女たちが『龍が如く3』に花を添える。


 登壇する声優陣ひとりひとりが映画の主役級とも言えるほど豪華絢爛だった『龍が如く3』完成披露会。最後に名越氏は「『龍が如く』というタイトルは、僕個人としてはずっと攻め続けるタイトルとして、ぶれない魅力を持ったタイトルとして、がんばっていきたいと思っています。我々がいまできる最高のものを作ったつもりです。プロジェクトに参加いただいたキャストの皆様と『龍が如く』シリーズを辛抱強く見ていただいたソニー・コンピュータエンタテインメント様、こんなワガママなものを作っちゃう僕を許してくれたセガという会社(笑)。そして何より、この作品を愛してくれたユーザーの皆様に改めて感謝したいと思います」と熱いメッセージを贈り、会を締めくくった。各キャストのコメント、今回新たに発表された『龍が如く3』と他業種とのコラボレーションなどについては、後ほど掲載するので、そちらもお楽しみに!

 

※『龍が如く3』の公式サイト

【『龍が如く3』完成披露会】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ミリシタ』2周年を30ページにわたる多彩な企画でお祝い! 世界が注目の海外タイトル『サイバーパンク2077』&『キングダムカム・デリバランス』特集!!(2019年6月27日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年6月27日)発売の週刊ファミ通2019年7月11日号の表紙を飾るのは、スマートフォンで配信中の人気ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』。新衣装“ルミエール・パピヨン”に身を包んだ、全52人のアイドルたちが描かれた表紙が目印です。

『トロピコ 6』国内でも発売決定! リードレベルデザイナーに本作の魅力を聞く【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2019”が開催された。Kalypso社の独裁国家運営シミュレーション『トロピコ 6』について、リードレベルデザイナーのMark Mussler氏にお話をうかがった。

『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーを1/6スケールで再現したスタチューが登場!【プレゼントあり】

いまにも動き出しそうな『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーのフィギュアが登場。ゲームファンのみならず、フィギュア好きも要注目の製品を紹介! このページから同製品のプレゼントにも応募可能だ!  

週刊ファミ通をTSUTAYAで買うと、『艦これ』限定イラストカードがもらえる! キャンペーン実施中(2019年6月27日発売号)

週刊ファミ通2019年7月11日号(2019年6月27日発売)をTSUTAYAの対象店舗で購入すると、『艦隊これくしょん -艦これ-』イラストカードがもらえます。

『進撃の巨人2 -Final Battle-』(Switch、PS4)プレイレビュー。『進撃』ファンの兵士諸君! プレイ時間を捧げよ!!

2019年7月4日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『進撃の巨人2 -Final Battle-』。『進撃の巨人2』をベースに、新たな物語や新モードが追加された本作を担当ライターがプレイレビュー。

『サムライスピリッツ』連続レビュー第3弾。“サムスピ道場”公式大会優勝編集者が、対戦の醍醐味を語る!

2019年6月27日に発売を迎える、シリーズ最新作『SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ)』の連続レビュー第3弾。今回は、公式大会覇者である豊泉三兄弟(次男)が戦いの醍醐味を濃密にレクチャー!

【ソフト&ハード週間販売数】『妖怪ウォッチ4』が15万本で初登場1位! 約2ヵ月ぶりの週販10万本超えタイトルに【6/17〜6/23】

ファミ通が発表した、2019年6月17日〜2019年6月23日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

サクラ大戦公式応援団“帝国華撃団・応援組”の募集がスタート。登録で『新サクラ大戦』のPS4用オリジナルテーマがもらえる!

サクラ大戦シリーズがポータルサイト“サクラ大戦.com”にて、“帝国華撃団・応援組”の募集を開始。

『新サクラ大戦』“総司令&支配人・神崎すみれ”や杉田智和演じる“帝国華撃団技師長”など4人のキャラクターが明らかに

2019年6月26日に配信された“サクラ大戦 帝劇宣伝部通信”にて、『新サクラ大戦』の新情報が判明。やはり劇場支配人は、あの、神崎すみれさんだった!

森下由樹子さんと大和田仁美さんがMCの『ディシディアFF オペラオムニア』公式番組#32で“次元の最果て:混沌”の第3層に挑戦!

声優の森下由樹子さんと大和田仁美さんがMCを務めるスマホアプリ『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』の公式番組#32が配信。