携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 今度は961プロがシークレットイベントを主催! “THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 961 PRO SECRET EVENT”

今度は961プロがシークレットイベントを主催! “THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 961 PRO SECRET EVENT”

2009/1/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ラストにはサプライズイベントも!

 

 バンダイナムコゲームスは2009年1月17日、東京都渋谷のパセラグランデにて『アイドルマスター』シリーズのシークレットイベント、“THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 961 PRO SECRET EVENT”を開催した。

 1週間前に行われた“THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 765 PRO SECRET EVENT”に続く本イベントで主役となったのは、961プロ。オープニングからステージには961プロの星井美希を演じる長谷川明子、我那覇響を演じる沼倉愛美、四条貴音を演じる原由美が登場し、『オーバーマスター』を熱唱した。

 

▲会場に集まったファンのボルテージはいきなり最高潮へ! 2008年12月に発売されたシングル『Colorful Days』と『オーバーマスター』を購入した人のなかから、当選した人だけが参加できるというイベントだけに、ファンとの息も完璧。

▲左から沼倉、長谷川、原。それぞれのキャラクターの、『オーバーマスター』CDジャケットでの格好をイメージしたという衣装でライブ。

 

 続いて登場したのは765プロの天海春香を演じる中村繪里子と、高槻やよいを演じる仁後真耶子、そして前週とうってかわって、765プロの“坂上ホワイト”として坂上陽三プロデューサーが登場した。となればもちろん、恒例の両プロの対決へ。今回のお題は“告白対決”と『アイドルマスターSP』のオーディション対決の2番勝負。

 前者はテーマに沿った愛の告白を披露して、より拍手を集めた方が勝利というもの。ここでもっとも目立ったのは沼倉。“高校に入学した時から憧れていた先輩の卒業式の日に、校舎裏で告白”というシチュエーションに対して、こういった出し物に慣れない沼倉は「帰ろっかな……頑張れ、頑張れ私……。」という、本音とも演技ともとれるつぶやきからスタート。その絶妙なリアルさで一番の歓声を浴びていた。

 

▲沼倉の対戦相手は中村。仁後に「ちゃんとキャラを作ってね! いつものえりちゃんじゃないよ?」と念を押されつつ、思いを特製チョコに託して渡すという設定で熱演したが……終了後に「3倍返しとかあるからね!」と、喋らなくていい“作戦”まで披露してしまい、敗北。

 

 2戦目は長谷川対仁後。“放課後の教室で、数学の教師へ……”というテーマに、「美希だけに個人授業してほしいな」と際どく迫った長谷川だが、「お買物で暗算が早くなりました!」と、仁後が演じるやよいに天然ぶりを発揮されてしまっては勝ち目はない。しかし、3戦目は原と坂上プロデューサーの対決。誰もが予想した通りに原が勝ち、961プロが1本先取した。

 

▲自分のキャラとして演じるという縛りがあったにも関わらず、見事な関西弁で“居酒屋でバンドメンバーへの告白”を演じてしまった原。突っ込まれると「貴音は告白なんてしません!」と宣言し、喝采を浴びていた。

 

 2本目は『アイドルマスターSP』の通信対戦オーディションを使った対決。すでに発表されているように、本作では事務所モードで961プロ所属アイドルの3人を登場させられる。対戦は961プロの3人がオーディションで動いている姿を生で見られる貴重な機会となった。結果は961プロの全勝。こ、これがプロダクションの資金力の差か!

 最後に再びライブが行われ、765プロのふたりが2月4日発売予定の『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01』から新曲『L・O・B・M』を、961プロの3人が『オーバーマスター』から『KisS』を披露し、ライブ後のサプライズまで、大盛り上がりのまま終了した。

 

▲対戦はレベルの違いもあってか(961プロ所属のアイドルがレベル13、765プロ所属のアイドルがレベル9)、坂上Pまでもが負けてしまう結果に。

▲『KisS』は、その曲調に合わせて、時にスタイリッシュに、時にセクシーなパフォーマンスだった。

▲ラストには原の誕生日をちょっと早く祝うサプライズも。

 

イベント終了後の出演者のコメント

仁後真耶子 わたしは961プロの3人とイベントで一緒にトークをさせていただくことがいままでなかったので、楽しい時間を過ごせました。ドタバタひっかきまわしちゃってごめんなさい(笑)。 ありがとうございました。楽しかったです!

 

中村繪里子 今日はゲストっていう位置でいていいよっていうことを言われました……よね? (坂上P「言いました」) はい(笑)、なので、リラックスして後輩3人ののびのびとトークしているさまだったり、プロデューサーさんたちとコミュニケーションをとっているさまだったりを、すごくニヤニヤしながら見れて、765シークレットイベントとは趣の違う、楽しいイベントでした。ありがとうございました!

 

長谷川明子 今回は進行役と言うことで大分緊張していたんですけども、今回は皆さんに助けてもらいながら、なんとか頑張れるかな? と思っていたら、予想以上にお客様がすごい暖かくて、応えてくれるし歌ってくれるし、すごいうれしくて楽しかったです。本当になんだかんだで、バースデーサプライズもみなさんのおかげでうまくいってよかったです。

 

沼倉愛美 961プロ主催のライブは初めてで、961プロの3人を見にきて下さった方々がお客さんということで、頑張らねばと思う反面、今年の目標は脱力ですので、それが少しでも出せればいいなと思ってやらせていただきました。(原)由美の誕生日をするのも成功して、ライブも楽しくできて良かったなと思います。ありがとうございました。

 

原由美 サプライズで誕生日を祝っていただいて、会場の皆さんで歌ってくださったので、今までで一番うれしい誕生日になりました。本当に全然何も知らなくて、すごいびっくりしちゃって、音楽がかかってきて、(中村)繪里子さんが踊っているのを見て、「私が聞いてない打ち合わせあるのかな」と思って、とりあえずノってたんですけど(笑)、本当にびっくりして、うれしかったです。イベントでも初めて3人で『KisS』を歌えて、色っぽさを意識して3人で振付を考えたりもしたので、今日はすごくいい感じにできたんじゃないかなと思います。それに、初めて貴音と響が踊っているところを皆さんに見ていただけたので、今日はうれしいことだらけのイベントでした、ありがとうございました。

※『アイドルマスター』シリーズの公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月18日〜2017年11月24日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『PUBG』アジア大会に見る松木安太郎ポジションの大切さ

『PUBG』のアジア大会が閉幕して5日ほど経過。落ち着いたところで感想を書きました。

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第55話/渡まかな】

プレイ漫画で『グラブル』の世界を追体験! 年に一度のお祭り、ハロウィンでのキャラクターたちを振り返る!!

VR ZONEと“異色肌ギャル”のコラボPVが公開、ド派手な色彩のフードメニューやフォトスポットを用意

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”について、2017年11月24日より“異色肌ギャル”とのコラボを開始した。

東京ジョイポリスで開催中のコラボイベント“初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX”が、2018年1月8日まで開催延長!

東京・台場の東京ジョイポリスで開催中の“『初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX』”が、好評につき、2018年1月8日まで会期が延長されることが決定した。

『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』 ニンテンドー3DS用ソフトとして2018年春発売決定

システムソフト・アルファーは、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』を2018年春に発売することを明らかにした。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”詳細リポート まさにお祭りのコンセプトマッチが展開

2017年11月24日、東京・浅草橋ヒューリックスホールにてバンダイナムコエンターテインメントのアーケードゲーム、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント、“極限感謝祭2017”が開催された。ここではその模様をお届けする。

『ディシディア ファイナルファンタジー』野村哲也氏直筆ゴルベーザのイラスト入りフリッププレゼント

『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#13 新キャラSP』で使用された、鯨岡武生ディレクター直筆のキーワードと、野村哲也氏によるゴルベーザのイラスト、そしておふたりのサインが入ったフリップを、抽選で1名様にプレゼント! 

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』序盤のエリア“東京砂漠”やキャラクターの情報を公開、楽曲担当アーティストも発表

角川ゲームスは、2018年春発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、最新情報を公開した。