携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 原作の“アツさ”を本気で再現した意欲作 『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』インプレション

原作の“アツさ”を本気で再現した意欲作 『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』インプレション

2009/1/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ナルト旋風がプレイステーション3で巻き起こる!

 忍者どうしの激しいバトルや、仲間たちとの友情が好評を博し、海外でも絶大な人気を誇る『NARUTO-ナルト-』。そんな『NARUTO-ナルト-』を、『.hack』シリーズなどを代表作に持つゲーム制作会社サイバーコネクトツーが、作品への愛情と情熱をたっぷり注ぎ込んで作り上げたのが、プレイステーション2やPSPでリリースされている『ナルティメット』シリーズだ。同シリーズは、アニメーションのようであり、マンガのようでもある映像作りに定評のあるサイバーコネクトツーによるこだわりの演出や、“忍者どうしのバトル”という要素を最大限に活かしたゲームシステムが人気を博し、『NARUTO-ナルト-』ファンを中心に、多くのゲームファンもが注目するシリーズとなった。そんな『ナルティメット』シリーズの最新作『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』がプレイステーション3でリリースされた。今回ファミ通.comでお届けするのは、『NARUTO-ナルト-』好きを自称する元ファミ通編集部出身のフリーライター・世界三大三代川による、同作のインプレッション。


●アニメそのままのグラフィックで動く作品に込められた『NARUTO-ナルト-』の世界
 

 子供のころアニメ原作のゲームを遊ぶと、「アニメと同じ絵のまま、ゲームが遊べたらいいのになあ」と思ったことがある。あれから、どれくらい経っただろうか。いざ、実際にアニメとほぼ同じ画質のゲームを遊んでみると、うれしいといった感情を越えて、あまりのスゴさにポカーンとしてしまうということがわかった。その後、沸々と興奮し出すのだが……。自分のことながら、予想外の反応である。今回は、そんなアニメの画質のまま遊べる『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』のインプレッションをお届けする。

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

 

 『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』は、その名のとおりマンガやアニメで好評を博している『NARUTO-ナルト-』を題材にしたアクションゲーム。現在、マンガやアニメで描かれているナルトの青年時代の物語ではなく、それ以前の少年時代の物語を全編フォローしている。基本は1対1で戦う対戦格闘ゲームだが、ひとり用の“アルティメットミッション”では、主人公ナルトが住む木ノ葉隠れの里を探索するアクションアドベンチャーのようなモードも楽しめる。本作は、プレイステーション2やプレイステーション・ポータブルで発売された『ナルティメット』シリーズの最新作。同シリーズは古いゲームにありがちだった“マンガやアニメなどの原作モノのゲームはいまいち”というイメージを完全に払拭したと言えるほど評判がいい。格闘ゲームでありながら初心者でも遊びやすい敷居の低さや、原作にある“チャクラ”といった要素を活かしたゲームシステムのすばらしさも理由のひとつだが、何より原作のタッチを再現したグラフィックこそが最大の要因だろう。昨今では、原作と同じタッチでグラフィックを描いたゲームは珍しくないが、同シリーズはそういった原作のグラフィックを再現したゲームの先駆けでもあった。そして、シリーズの特徴とも言える原作そのままのグラフィックは、プレイステーション3で発売される最新作で、さらなる飛躍を迎えることとなる。

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

 

 宣伝などで使われている本作のキャッチフレーズは、“触れるアニメ”。画面写真を見てもらえばわかると思うが、このキャッチフレーズは決して大げさなものではない。アニメのセル画で描かれたようなキャラクターは、プレイヤーの操作に合わせて、アニメ以上とも思える滑らかな動きで画面内を動き回る。しかも、ときおり挿入されるカットインなどの演出でバトルを一層盛り上げていく。こういったグラフィックの進化の陰に隠れてしまいがちだが、肝心な対戦アクションのゲームシステムも非常に遊びやすくなっている。攻撃やガード、必殺技にあたる忍術などの対戦格闘の基本的な要素に加え、本作ならではの特徴的なシステムが、仲間の忍者によるサポート攻撃。これは、ボタンひとつで仲間を呼び出し、自動的に相手に攻撃してくれるもので、自分が攻撃をしている最中に呼び出せば追撃に使え、自分がピンチのときに使えば相手の攻撃を食い止めることに使える。その仲間はふたりほど組み込めるのだが、キャラクターを自由に選べるため、原作と同じスリーマンセル(三人一組)を作ることも、自由な組み合わせにすることも可能だ。また、各キャラクターごとに持っている最大の必殺技“奥儀”は発動するたびに、アニメさながらのカメラワークによる演出が挿入される。これが全部で30人近くいる各キャラクターごとに用意されているのだから、ファンならば全員分を見たくなることは間違いない。このアニメさながらの演出をもっとも楽しめる本作最大の特徴が、巨大なボスとのバトルである。

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

 

 超巨大なカエル・ガマブン太や、大蛇のマンダとのバトルでは、通常の攻撃に加えて、画面に表示されるコマンドを入力する特別な演出が挿入される。その入力が成功すれば攻撃にも成功するというシステムなのだが、これがとにかくスゴい迫力! ただ単にこのコマンド入力をくり返すのではなく、通常の攻撃を当てたり、敵の攻撃を避けたりといったバトルの中で突然コマンドが表示されるため、いざプレイしていると非常に焦るのである。そんな焦った気持ちの中でコマンド入力を成功させ、巨大なボスに攻撃を加える気持ちよさは、従来の作品はもちろん、アニメでも味わえないものだ。残念ながら、原作自体に巨大ボスが多くは登場しないため、この巨大ボスとのバトル数は多くない。だが、原作でもとくに盛り上がる、ナルトと我愛羅(ガアラ)のバトルは、遊びながらついついこみ上げてくる笑みが抑えられないほど大興奮。少しでも原作を知っている人ならば、間違いなく興奮するポイントだ、

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

 

 見た目にもわかりやすく、シリーズでもっとも進化したポイントであるグラフィックを中心に触れてきたが、いざ遊んでみると、本作がどんなユーザーでも楽しめるように、遊びやすく作られていることがわかってくる。たとえば、一般的な対戦格闘ゲームではキャラクターどうしが左右の端に立って向かい合うような画面になるのに対し、本作では画面の奥と手前で向かい合うこともしばしば。こういった画面構成の場合、バトルの迫力が出る反面、キャラクターを動かすアナログスティックの入力方向に戸惑うことが多い。だが、それにも関わらず、本作のプレイ中に操作が煩わしいと思ったことは皆無である。こういったプレイ感覚の気持ちよさが、よりゲームに熱中をさせてくれるのは言うまでもない。そういった気遣いも含め、全編通して感じるのはゲーム開発者の本作への意気込みと、『NARUTO-ナルト-』への愛情だ。原作が好きで、なおかつ原作のおもしろさをゲームにして伝えたいという情熱が伝わってくる。とくに原作への愛情は、ユーザーが持っているそれよりも熱いものかもしれない。ヒナタの奥儀を使ったときに、ナルトに使ったときにだけ演出が若干変化するといった小ネタを見つけ、驚きとともにふとそんなことを感じた。

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

 

 プレイステーション2以降、原作モノタイトルにも質のいい作品がだいぶ増えてきた。だが、それと同時にこれ以上はグラフィックの進化ばかりで、楽しさは変わらないかなとも思っていたのだが、本作を遊んでみてその考えは大きく変わった。圧倒的なグラフィックの進化が生む楽しさは、これまでとは比べ物にならない。『NARUTO-ナルト-』ファンはもちろんのこと、ゲームファンはぜひ1度触れてほしい作品だ。そして、できることならば、今後発売される原作モノのタイトルは、本作なみの熱意を感じられる内容にしてほしい。そんなことを思わせるほど罪作りな原作モノタイトルを、ぜひお試しあれ。

 

text by 世界三大三代川

 

 

著者紹介
世界三大三代川

RACE DRIVER GRID(レースドライバー グリッド)

週刊ファミ通編集部出身のフリーライター。『NARUTO-ナルト-』で好きなキャラクターはカカシ先生。だが、残念ながら本人はチョウジ似。

 

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

対応機種

プレイステーション3

メーカー

バンダイナムコゲームス

発売日

発売中

価格

7800円[税込]

テイスト/ジャンル

対戦 / アクション

備考

原作:岸本斉史、制作:サイバーコネクトツー



※『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)』が本日(2月21日)Switch向けに配信開始、ニンテンドーeショップにて33%オフの発売記念セールも

『ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)』が本日(2月21日)Switch向けに配信開始された。

『デレステ』3周年記念イベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”のBlu-rayが4月24日に発売決定!

『デレステ』3周年記念イベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”のBlu-rayの発売が決定。

生町内会動画アーカイブ更新!

2月12日放送分の生町内会動画をアップ。さらに“俺の恩返し”など、3つの投稿コーナーを更新。3月の投稿者ランキングもスタート。最近暖かいですが、油断は禁物。薄着で風邪をひくよりも、ヒートテックで汗だくになれ! 

原由実さん&三宅麻理恵さん&佳村はるかさんが関西弁での即興劇やゲーム対決など大盛り上がり! “『はらまる大盛』ニューイヤーイベント2019”リポート

2019年1月12日(土)、東京・赤羽会館にて開催された“『原由実の○○放送局 大盛』ニューイヤーイベント2019 -お友達と遊ぶよ-”のリポートをお届け。

『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』メルル、ケイナ、べノンの情報が公開! 新たなストーリーやルルアたちの人物像も明らかに

『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』メルル、ケイナ、べノンの情報が公開! ルルアに忍び寄る不穏な影やルルアと仲間たちの人物像や能力も紹介。

山下七海さんがパーソナリティーを務める『山下七海のななみんのねごと』2019年2月21日(木)21時30分よりスタート!

ファミ通チャンネルにて声優の山下七海さんをパーソナリティーにお迎えしたニコニコ生放送を配信!

『ギルティギア』シリーズ20周年記念パッケージ『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』がNintendo Switch向けに5月16日発売決定!

『ギルティギア』シリーズ20周年を記念した『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』が、Nintendo Switch向けに、2019年5月16日に発売決定。

『ポケットモンスター』“ゲンガー”をモチーフにしたブラックバージョンのネックレス&リングが2月22日より発売!

『ポケットモンスター』“ゲンガー”のネックレス&リングのブラックバージョンが2019年2月22日に発売!

『真・三國無双8』“重装備”をモチーフとした追加コスチュームDLC第5弾が本日(2月21日)より配信開始

コーエーテクモゲームスより発売中の『真・三國無双8』にて、追加コスチューム第5弾が本日(2019年2月21日)より配信開始。

巨大メカが街を破壊しながら戦う『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』は協力・対戦・乱闘と豊富なバトルが魅力!

巨大メカ戦が楽しい3gooの『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』。その魅力に迫る!