携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> あの名コンビがニンテンドーDSでも! 『相棒DS』制作発表会見が開催

あの名コンビがニンテンドーDSでも! 『相棒DS』制作発表会見が開催

2009/1/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●全編実写のオリジナルストーリーで描かれる新たな『相棒』

 

 2時間ドラマから始まり、その後レギュラー放送、映画化、さらにはスピンオフ作品も制作されるなど、シリーズを重ねるごとにその人気を拡大しているテレビ朝日のテレビドラマ『相棒』。新たな“相棒”が登場する第7シーズン後半のレギュラー放送開始を翌日に控えた2009年1月13日、同シリーズの新展開が発表に。ニンテンドーDS用ソフト『相棒DS』が、2009年3月5日にテクモから発売されることが明らかになった。

 



▲第7シーズン後半のレギュラー放送開始直前に、ゲーム化が決定!


 都内にあるテレビ朝日本社で開催された制作発表会見には、テレビ朝日からドラマ『相棒』でチーフプロデューサーを務める松本基弘氏、テクモからは『相棒DS』のプロデューサーを務める設楽昌宏氏が出席。『相棒』ゲーム化の舞台裏などについて語った。

 

 設楽氏によれば、今回のプロジェクトはもともとドラマの大ファンだったという同氏からの働きかけでスタート。「よくできたドラマなので、いち開発者としてぜひゲーム化したいと思いました」(設楽)という持ちかけに対して、松本氏が「『相棒』ワールドをさらに広げるひとつのいい手だと思った」という形で快諾したとのことだ。

 

▲ドラマ『相棒』チーフプロデューサーの松本氏。「『相棒』をその人なりに楽しめる、すごいものを作っていただいたと思う」と、ゲーム化の喜びを語った。

▲設楽氏は『DS西村京太郎サスペンス』シリーズのプロデューサーを務めた実績を持つ。どちらも推理物作品ということで、『相棒』でもそのノウハウが活かされることになりそうだ。


 ゲーム内容はタッチアクションで進めるアドベンチャーゲーム。特徴的な部分としては水谷豊演じる“杉下右京”と寺脇康文演じる“亀山薫”の主役コンビを始め、全編をとおしてドラマと同じ役者たちが実写で登場する点が挙げられる。「『相棒』の世界観を再現する上で欠かせない」と設楽氏が語るこの実写取り込みでは、静止画だけでなく画像の切り替えによって動きも表現。もちろんセリフも実際の役者たちが演じており、動きと声の合わせ技で『相棒』の世界にどっぷりと浸かれる仕様になっている。もうひとつの注目ポイントは、オリジナルストーリーの採用。全3編の新規ストーリーが収録される模様で、シナリオの制作にあたっては松本氏も監修を行っており、ファンも納得の仕上がりになりそうだ。そのほか、事件の核心に迫るときなどに飛び出す杉下右京の名セリフ「ひとついいですか?」を元にしたシステム“ひとつだけボタン”など、ドラマを観たことがある人なら思わずニヤリとしてしまう要素がふんだんに盛り込まれている。


▲タッチペンで手がかりを捜し、有力な証拠が見つかったら推理を開始。仮説を重ねるなど『相棒』と同様の捜査方法で犯人を追い詰めていくのだ。


▲発売は2009年3月5日を予定。価格は4980円[税込]となっている。


 ゲームモードとしては、上で説明したオリジナルストーリーが楽しめる“ドラマモード”のほかに、ドラマ『相棒 season1』〜『相棒 season5』の中から人気作や節目となった重要な物語を文字とビジュアル、サウンドで楽しむことができる“ノベルモード”、『相棒』にちなんだミニゲームが楽しめる“おまけモード”も収録している。ちなみに松本氏が「くだらないですよ(笑)」といち押ししたのは、おまけモード内にある“組織犯罪対策5課・課長 角田六郎ミニゲーム”。これは特命係のふたりからバレないように、同係のコーヒーサーバーからコーヒーをもらってしまおうというもの。おまけモードにはミニゲーム以外に、『相棒』に関する情報が閲覧できる“『相棒』用語辞典”も入っているので、ドラマを観たことがない人でもすんなりと世界へ入り込めそうだ。
 

▲テクモでは今回のような動きのある実写取り込みを“ライブモーション”と呼んでいるそうで、設楽しは「自分のためだけに演じてくれているのでは、と、リッチな気分になれる」とその完成度の高さに胸を張った。

 

 会見の最後には、特別ゲストとして杉下右京役の水谷豊が登場。「いろいろと『相棒』にまつわるグッズが出て、ついにDSですから……いつか俳優を辞めたときの自慢話がまたひとつ増えました(笑)」とゲーム化決定の感想についてジョークを交えつつ披露した。現在はほとんどゲームを遊ばないという水谷だが、かつては「『ドンキーコング』に燃えたことがある」という意外な一面も。『相棒DS』が発売された際には「『ドンキーコング』以来、やってみようかと思います。撮影所などでやるのはアレなので……オフの日にやってみたいですね(笑)」とひさしぶりにゲームへ挑戦する考えがあることも明かした。ゲームの収録に関する話では、さまざまなパターンの「ひとつだけ」を撮ったことなどを紹介。「ゲームの世界の方法論がわかってきましたよ」と、ベテラン役者らしいコメントを残した。


▲ゲーム化された自分を初めて見たときの感想を求められ「不思議ですねえ」と語った水谷。また、実生活で“相棒”にするなら誰がいいですか? という質問に対しては「杉下右京としては誰が来てもそれなりに対応すると思いますが、水谷豊としてはそう簡単に相棒にはさせないぞ、と思いますね(笑)」と回答。


▲フォトセッションでは杉下右京のキメポーズも! ちなみに、この制作発表会見のあと、水谷はそのままドラマ『相棒』の撮影へと向かった。

 

※『相棒DS』の公式サイトはこちら

※『相棒 Season7』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1月26日、27日開催の“eSPORTS国際チャレンジカップ 〜日本選抜vsアジア選抜〜”の各タイトル競技のルールと出場選手の一部が判明、人気プロプレイヤーが続々参戦

2019年1月26日、27日に幕張メッセにて開催される“eSPORTS国際チャレンジカップ 〜日本選抜vsアジア選抜〜”。その開催直前情報として、各タイトル競技のルールが発表。また、アジア選抜プレイヤーと日本選抜の一部のプレイヤーが明らかにされている。

『エースコンバット7』初心者向けプレイガイド! エースパイロットを目指す新兵に贈る3つの重要テクニック【動画あり】

人気フライトシューティングのシリーズ最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』が、2019年1月17日についに発売された。新米パイロットはもちろん、ベテランパイロットも必見のプレイガイドを、記事担当ライターが伝授!

『エースコンバット』シリーズが好きすぎる世界的モデルが『ACE7』発売記念に来日! 河野BDと奇跡の対談

『エースコンバット7』の発売に合わせて、ヨーロッパ中心のモデルであり、大の『エースコンバット』ファンであるOmbeline Le-Mire Cahnさんが来日。『ACE』シリーズのブランドディレクター・河野一聡氏との対談が実現した。発売日イベントリポートと併せて、その模様をお届け。

『スマブラSP』誰でも参加可能な公認大会“niconicoチャンピオンシップ2019”が闘会議2019で開催。世界トップクラスのESAM選手、Ally選手も参戦!

Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の、誰でも参加できる参加費無料のオープン大会“大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL niconicoチャンピオンシップ2019”。応募締切迫る!

続編の可能性は? 革新的AIゲーム『アストロノーカ』20周年を記念して齊藤陽介氏、森川幸人氏らスタッフが再結集したトークイベントをリポート

2019年1月15日、1998年に発売されたプレイステーション用ソフト『アストロノーカ』の20周年イベント“アストロパーティー2019”が開催された。その模様をリポートする。

『キングダム ハーツIII』発売まであと1週間! ストーリーやシステムなどをおさらい!

スクウェア・エニックスより、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4およびXbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』。今回は、発売まで残り1週間ということで、ストーリーや登場ワールド、システムなどについておさらいしよう。

人気インディーアクション『Celeste』のピアノカバーアルバム“Celeste Piano Collections”が1月25日より配信。あの山の思い出が美しい旋律で蘇る

人気インディーアクションゲーム『Celeste』のピアノカバーアルバム“Celeste Piano Collections”が1月25日より配信される。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 新コインボス、ゴレオン将軍に挑戦してきました!(第214回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第214回(通算314回)。

池袋STORIA『CoD:BO4』対戦会イベントに『FF14』祖堅正慶氏が急遽参加! Libalent Vertexのsitimentyooo氏、Japanese小池氏も

東京・池袋の“STORIA(ストーリア)”で『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』のイベントが開催。そこに、なんと『FFXIV』の祖堅正慶氏が参加!