携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2009/1/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●据え置きハードの普及がひと段落し、市場規模は減少傾向に

 

 エンターブレインは2009年1月5日、2008年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報値(集計期間は2007年12月31日〜2008年12月28日)を発表した。
 

 2008年の年間ゲーム市場規模は、ハードとソフト合計で約5826億1000万円。これは2007年対比で84.7パーセントの数字となっており、昨年と比べて市場規模が減少するという形になった。エンターブレインではこの減少について、据え置きハードの市場で新世代機の普及がひと段落したことが要因であると分析している。


2007年と2008年のゲーム市場規模(エンターブレイン調べ)

 

ハード

ソフト

合計

2007年

約3274億1000万円

約3605億4000万円

約6879億5000万円

2008年

約2505億円

約3321億2000万円

約5826億1000万円

昨年対比

76.5パーセント

92.1パーセント

84.7パーセント

※2007年時の集計期間は2007年1月1日〜2007年12月3日


 2008年もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定年間販売台数は402万9804台。続いてPSPが354万3171台と、2008年も携帯ゲーム機がゲーム市場を牽引したことがわかる結果に。ソフトはカプコンのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』が、推定年間販売本数245万2111本でトップを獲得した。据え置きハード向けのタイトルでは『Wii Fit』、『マリオカートWii』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』といった任天堂のWii用ソフトがトップ5内に3本ランクイン。ハードだけでなくソフト面でも、同社の好調ぶりがうかがえるランキングとなった。


▲2008年11月1日に発売されたニンテンドーDSの最新モデル、ニンテンドーDSiは2008年末時点で128万台を販売。また、ニンテンドーDS全体の国内累計販売台数は2500万台を突破した。

 

2008年ハードの販売台数(エンターブレイン調べ)

ハード名

推定年間販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

402万9804台

2513万5276台

PSP

354万3171台

1107万8484台

Wii

290万8342台

752万6821台

プレイステーション3

99万1303台

266万4366台

Xbox 360

31万7859台

86万6167台

※ニンテンドーDSは、ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiの合計値

 

2008年ソフト販売本数トップ5(エンターブレイン調べ)

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

推定年間販売本数

推定累計販売本数

1

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年3月27日

245万2111本

245万2111本

2

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ

ポケモン

2008年9月13日

218万7337本

218万7337本

3

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年12月1日

214万9131本

296万7297本

4

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年4月10日

200万3315本

200万3315本

5

Wii

大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂

2008年1月31日

174万7113本

174万7113本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケットモンスター サン・ムーン』ウサイン・ボルト選手がスカル団に! ピカチュウの10まんボルトをくりだす新CM

ポケモンは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』について、新たなテレビCMを2017年3月4日(土)より放送開始。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』全国のローソンで白井日菜子(CV:高田憂希さん)による店内放送が開始

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト 『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、コンビニエンスストアのローソン店舗にて、本作の主人公・白井日菜子(CV:高田憂希さん)による店内放送を開始した。

『Splatoon2(スプラトゥーン2)』ローラー使用時に地面を塗りながら移動し続けているとスピードがアップするように変化

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『Splatoon2(スプラトゥーン2)』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、“ローラー”についての最新情報を公開した。

『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Middle-earth: Shadow of War』が発表、海外発売日は2017年8月22日【海外ニュース】

Warner Bros. Entertainmentは、プレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One向けに発売中のアクションRPG『シャドウ・オブ・モルドール』の続編となる『Middle-earth: Shadow of War』を発表、アナウンストレーラーを公開した。

『モンスターハンターダブルクロス』×快活CLUBのキャンペーンが今年も開催、クリーニングクロスやオトモアイルーがもらえる

カプコンより2017年3月18日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンターダブルクロス』とコミック&インターネットカフェ“快活CLUB”のコラボキャンペーンが、ソフト発売同日より全国の340店舗以上で開催決定。

『ドラゴンボール ゼノバース2』本日2017年2月28日より有料&無料のアップデートを大量配信開始!

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』にて、本日2017年2月28日より“破壊神シャンパ”、“ヴァドス”などを収録したDLC“第6宇宙編(後編)パック”と“アニソン&BGMパック”を配信開始。また、カスタマイズ要素や技などを大量収録した無料アップデートも配信した。

Twitchが今春より配信と連動したPCゲーム販売サービスを開始。購入価格の5%は配信者が受取可能で、UbisoftやParadoxなどのメーカーが参加予定

ゲーム映像配信サービス大手のTwitchが、今春よりPCゲーム販売サービスを開始することを発表した。

どこか懐かしくも新しい、美しく崩れつつある世界を進め。2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』PS4版が5月25日に国内発売決定

PLAYISMが、5月25日に『Hyper Light Drifter』のプレイステーション4版を国内発売する。

【Nintendo Switchカウントダウン特集】3つのモードで楽しめる、唯一無二のハードがもうすぐ発売! その魅力をチェック

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が3月3日に発売されることを記念して、その機能やタイトルラインアップなどを紹介する記事を3日連続で特集! 第1弾は、ハードの仕様・特徴について。