携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2009/1/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●据え置きハードの普及がひと段落し、市場規模は減少傾向に

 

 エンターブレインは2009年1月5日、2008年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報値(集計期間は2007年12月31日〜2008年12月28日)を発表した。
 

 2008年の年間ゲーム市場規模は、ハードとソフト合計で約5826億1000万円。これは2007年対比で84.7パーセントの数字となっており、昨年と比べて市場規模が減少するという形になった。エンターブレインではこの減少について、据え置きハードの市場で新世代機の普及がひと段落したことが要因であると分析している。


2007年と2008年のゲーム市場規模(エンターブレイン調べ)

 

ハード

ソフト

合計

2007年

約3274億1000万円

約3605億4000万円

約6879億5000万円

2008年

約2505億円

約3321億2000万円

約5826億1000万円

昨年対比

76.5パーセント

92.1パーセント

84.7パーセント

※2007年時の集計期間は2007年1月1日〜2007年12月3日


 2008年もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定年間販売台数は402万9804台。続いてPSPが354万3171台と、2008年も携帯ゲーム機がゲーム市場を牽引したことがわかる結果に。ソフトはカプコンのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』が、推定年間販売本数245万2111本でトップを獲得した。据え置きハード向けのタイトルでは『Wii Fit』、『マリオカートWii』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』といった任天堂のWii用ソフトがトップ5内に3本ランクイン。ハードだけでなくソフト面でも、同社の好調ぶりがうかがえるランキングとなった。


▲2008年11月1日に発売されたニンテンドーDSの最新モデル、ニンテンドーDSiは2008年末時点で128万台を販売。また、ニンテンドーDS全体の国内累計販売台数は2500万台を突破した。

 

2008年ハードの販売台数(エンターブレイン調べ)

ハード名

推定年間販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

402万9804台

2513万5276台

PSP

354万3171台

1107万8484台

Wii

290万8342台

752万6821台

プレイステーション3

99万1303台

266万4366台

Xbox 360

31万7859台

86万6167台

※ニンテンドーDSは、ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiの合計値

 

2008年ソフト販売本数トップ5(エンターブレイン調べ)

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

推定年間販売本数

推定累計販売本数

1

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年3月27日

245万2111本

245万2111本

2

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ

ポケモン

2008年9月13日

218万7337本

218万7337本

3

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年12月1日

214万9131本

296万7297本

4

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年4月10日

200万3315本

200万3315本

5

Wii

大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂

2008年1月31日

174万7113本

174万7113本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

古代祐三氏らによる歴代サウンドの生演奏に、ボウケンシャーたちも感涙! 『世界樹の迷宮』10周年記念ライブリポート

2017年8月14日、新宿 ReNYにて、アトラスの人気RPG『世界樹の迷宮』シリーズの10周年を記念したライブ“世界樹の迷宮 10th Anniversary LIVE 〜イザツドエ!ボウケンシャー!!〜”が行われた。本記事では、その模様をリポートする。

『GET EVEN』話題のスリラーADVの魅力に迫るプロデューサーインタビュー完全版を紹介

2017年8月18日より日本での配信が始まった1人称スリラーアドベンチャー『GET EVEN』。週刊ファミ通8月24・31日合併号(8月10日発売)で掲載されたプロデューサーインタビューを編集、加筆、再構成してお届け。

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』25周年記念3Dクリスタル付プレミアムセットが登場!

2017年10月26日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』。シリーズを象徴する悪魔“ジャックフロスト”を3D立体レーザー彫刻で再現した3Dクリスタルがセットになった“25周年記念スペシャルボックス”がECサイトのエビテン内アトラス”D”ショップに登場。

PC版『FFXV WINDOWS EDITION』の発売が決定! 4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応する“究極の『FFXV』”に

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXV』のPC版『ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDTION』を、2018年に発売することを発表した。PC版は4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応。超高精細な映像を表現する“究極の『FFXV』”になるという。

『ご当地鉄道 for Nintendo Switch!!』 さまざまな新要素を搭載して、今冬発売決定!

バンダイナムコエンターテインメントは、Nintendo Switch用ソフト『ご当地鉄道 for Nintendo Switch!!』を、今冬発売予定であることを明らかにした。

『実況パワフルプロ野球』テレビCM第6弾“大谷翔平”篇公開、ゲーム内には本人監修のイベントキャラ“大谷翔平”が登場

KONAMIは、配信中のスマートフォン向けアプリ『実況パワフルプロ野球』において、テレビCM第6弾“大谷翔平”篇を公開したことを発表した。

『スプラトゥーン2』初の公式大会“第3回スプラトゥーン甲子園”大会詳細が発表、決勝は闘会議2018で開催

ドワンゴとGzブレインは、2018年2月10日(土)、11日(日)に両社が主催する日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント“闘会議2018”にて、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』の公式全国大会“第3回スプラトゥーン甲子園”の決勝大会を開催することを発表した。

対戦弾幕シューティングアクション『旋光の輪舞』シリーズのドラマCDが発売決定

角川ゲームスより、2017年9月7日発売予定のプレイステーション4、Steam(PC)用ソフト『旋光の輪舞2』をより深く楽しむためのドラマCDが登場!

『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』 新規収録される『ゴーストルール』のリズムゲームPVを公開!

セガゲームスは、2017年11月22日発売予定のプレイステーション4用ソフト『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』の最新PVを公開した。

主人公はゴブリンのシーフ。ステルスアドベンチャー『スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス』が国内発売決定

インターグローは、プレイステーション4用ステルスアドベンチャーゲーム『Styx: Shards of Darkness(スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス)』を、2017年12月14日(木)に発売することを発表した。