携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2009/1/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●据え置きハードの普及がひと段落し、市場規模は減少傾向に

 

 エンターブレインは2009年1月5日、2008年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報値(集計期間は2007年12月31日〜2008年12月28日)を発表した。
 

 2008年の年間ゲーム市場規模は、ハードとソフト合計で約5826億1000万円。これは2007年対比で84.7パーセントの数字となっており、昨年と比べて市場規模が減少するという形になった。エンターブレインではこの減少について、据え置きハードの市場で新世代機の普及がひと段落したことが要因であると分析している。


2007年と2008年のゲーム市場規模(エンターブレイン調べ)

 

ハード

ソフト

合計

2007年

約3274億1000万円

約3605億4000万円

約6879億5000万円

2008年

約2505億円

約3321億2000万円

約5826億1000万円

昨年対比

76.5パーセント

92.1パーセント

84.7パーセント

※2007年時の集計期間は2007年1月1日〜2007年12月3日


 2008年もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定年間販売台数は402万9804台。続いてPSPが354万3171台と、2008年も携帯ゲーム機がゲーム市場を牽引したことがわかる結果に。ソフトはカプコンのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』が、推定年間販売本数245万2111本でトップを獲得した。据え置きハード向けのタイトルでは『Wii Fit』、『マリオカートWii』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』といった任天堂のWii用ソフトがトップ5内に3本ランクイン。ハードだけでなくソフト面でも、同社の好調ぶりがうかがえるランキングとなった。


▲2008年11月1日に発売されたニンテンドーDSの最新モデル、ニンテンドーDSiは2008年末時点で128万台を販売。また、ニンテンドーDS全体の国内累計販売台数は2500万台を突破した。

 

2008年ハードの販売台数(エンターブレイン調べ)

ハード名

推定年間販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

402万9804台

2513万5276台

PSP

354万3171台

1107万8484台

Wii

290万8342台

752万6821台

プレイステーション3

99万1303台

266万4366台

Xbox 360

31万7859台

86万6167台

※ニンテンドーDSは、ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiの合計値

 

2008年ソフト販売本数トップ5(エンターブレイン調べ)

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

推定年間販売本数

推定累計販売本数

1

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年3月27日

245万2111本

245万2111本

2

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ

ポケモン

2008年9月13日

218万7337本

218万7337本

3

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年12月1日

214万9131本

296万7297本

4

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年4月10日

200万3315本

200万3315本

5

Wii

大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂

2008年1月31日

174万7113本

174万7113本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

神となり、自分のファミリアを大きくしよう! 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オラリオ・ラプソディア』先行プレイインプレッション【PR】

Yahoo!ゲームにて配信が開始された、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オラリオ・ラプソディア』のプレイインプレッションをお届け。

3DS版『逆転裁判4』の発売を記念して、巧舟ディレクターのサイン&握手会が開催!

2017年11月22日、3DS版『逆転裁判4』の発売を記念して、巧舟ディレクターによるサイン&握手会が開かれた。その模様をリポートしよう。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

ヒトを感じさせないイカらしさ。『スプラトゥーン2』アップデートの新曲に迫るサウンドスタッフインタビュー。新曲入りのサントラトラックリストも公開!

2017年11月24日の大型アップデートに合わせて追加される、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』の新バンド、新曲について、本作のサウンドスタッフに直撃インタビュー!

ファンとアーティストが作り上げた最高の6時間!――“ANIMAX MUSIX 2017 YOKOHAMA”リポート

2017年11月23日(木・祝)、横浜アリーナにてアニメミュージックの祭典“ANIMAX MUSIX 2017 YOKOHAMA”が開催された。

『グランツーリスモSPORT』NY対渋谷の都市対抗タイムアタックイベント会場にプロレーサーの松田次生選手が登場

2017年11月23日〜26日、東京・渋谷モディ1F店頭プラザにて『グランツーリスモSPORT』のベストレコードを競うタイムアタックバトル“Sony Square Grand Prix”が開催。イベント初日に行われたスペシャルトークイベントの模様をお届け。

『Wake Up, Girls! 新章』今後のストーリーに大きく関わるキーキャラクターを三森すずこさんが担当!

テレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』に登場するバーチャルアイドル(Vドル)の“マキナX”を三森すずこさんが演じることが明らかになった。また、幕張メッセ単独イベントのビジュアルや各ユニットの新衣装も発表。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』の追加リリース機体第21弾はケンプファー、12月12日からは冬の2大キャンペーンも開催

 バンダイナムコエンターテインメントより稼動中の『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”にて同作の最新情報が発表! 新規参戦機体が明らかに!

『進撃の巨人2』さらに多彩になった戦闘に関する新情報とプレイアブルキャラクター6名が公開

コーエーテクモゲームスは、2018年3月発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch、PC用ソフト『進撃の巨人2』について、戦闘システムとプレイアブルキャラクターに関する新情報を公開した。

Amazonで『今こそ買い時!PlayStation 4』(Kindle版)をダウンロードして、豪華プレゼントが抽選でもらえるキャンペーンが11月23日より開催

Amazonは、2017年11月23日より、『今こそ買い時!PlayStation 4』(Kindle版)を無料ダウンロードすると豪華プレゼントが抽選でもらえるキャンペーンを開催する。