携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> アーティスト高杉さと美、『幻想水滸伝ティアクライス』とのタイアップを語る

アーティスト高杉さと美、『幻想水滸伝ティアクライス』とのタイアップを語る
【特別インタビュー】

2009/1/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●楽曲の提供、声優初挑戦について高杉さと美が思ったこととは?

 

 KONAMIから2008年12月18日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『幻想水滸伝ティアクライス』。

 

ニンテンドーDS用ソフト
『幻想水滸伝ティアクライス』
(2008年12月18日発売)

▲中国の小説『水滸伝』をモチーフにしたKONAMIの人気RPGの新シリーズ。これまでのシリーズの特徴とも言える"宿星を持った108人の仲間"は、『幻想水滸伝ティアクライス』にももちろん登場する。108の宿星のリーダーである主人公となり、個性豊かな仲間たちとパーティーを組んで壮大な冒険に出かけよう。

 

 今作のオープニングテーマ『Tears in the Sky』、エンディングテーマ『ティアクライス 〜希望のトビラ〜』を、アーティストの高杉さと美さんが歌っている。さらに彼女は、『幻想水滸伝ティアクライス』に登場する“シスカ”役として、声優に初挑戦。そこで、今回はファミ通.com特別インタビューと題し、高杉さと美さんに『幻想水滸伝ティアクライス』とタイアップした感想について聞いてみた。

 

高杉さと美
(Takasugi Satomi)

'85年東京都生まれ。2007年、映画『西遊記』のイメージソング『旅人』で鮮烈なデビューを飾る。その年は"第49回 輝く!日本レコード大賞"、"発表!第40回日本有線大賞"、"ベストヒット歌謡祭2007"で新人賞を獲得。新時代のアーティストとして期待される。2008年2月には4thシングルと自身初のアルバムをリリース。さらに、石井竜也とのデュエットで、東京ディズニーリゾートの25周年アニバーサリーソング『魔法の鍵〜The Dream Goes On〜』を発売するなど、2008年も精力的に活動した。

 

----過去にゲーム絡みのお仕事をされたことはあったんですか?

 

高杉 今回が初めてでした。私の中ではゲームは映像作品としてとらえているんです。最近のゲームでは音楽も重要な要素のひとつだと思っていますから、映画やドラマに楽曲を提供するのと気持ちは変わらないですね。やりがいのある仕事だと感じています。

 

----『幻想水滸伝ティアクライス』に対する印象は?

 

高杉 これまでに『西遊記』の主題歌や、ディズニーリゾート25周年の記念ソングなど、幻想的な世界観を持った作品に携わらせていただく機会があったんですが、『幻想水滸伝ティアクライス』もそれらに近いファンタジーチックな作品だなと思いました。それから人間の葛藤だったり内面が強く表現されているところにも魅力を感じています。

 

----『幻想水滸伝』は人気のあるシリーズなんですが、遊んだことってありますか?

 

高杉 はい。じつはあるんです。『幻想水滸伝IV』だったか『幻想水滸伝V』……どちらだったか忘れちゃいましたけど(笑)。ゲーム自体、昔はよく遊んでいました。最近はじっくり遊ぶ時間はないんですが、ニンテンドーDSを持っているので、移動時間とかにプレイしています。

 

----あまりゲームをやらなさそうな雰囲気なのに……意外とゲームをやっているとは親近感が沸きますね(笑)。どんなゲームをプレイしているんですか?

 

高杉 脳を鍛える系やお料理レシピ系のゲームなどです。

 

----そんな高杉さんですが、『幻想水滸伝ティアクライス』のオープニング、エンディングに楽曲を提供されていますね。

 

高杉 オープニングテーマは『Tears in the Sky』という曲です。ゲームの資料をいただいて、自分なりにイメージを膨らませて詞を書きました。星を宿した主人公たちが抱く未来に対する希望や不安、葛藤を表現しました。メロディーについては何パターンか候補があって、そこから『幻想水滸伝ティアクライス』の世界観にマッチしたものを選んで、そこに詞をのせていきました。

 

----プロモーションビデオも拝見しましたが、どこか幻想的な雰囲気でした。あれもゲームの世界観を意識したんですか?

 

高杉 そうですね。あれは沖縄で(2008年10月ごろに)撮影したプロモーションビデオなんです。お城の跡だったり森の中だったり、ちょっと不思議な場所で撮影したんですが、完成したものを観てみると「どこなんだろう?」と思わせる雰囲気があって、『幻想水滸伝ティアクライス』の主題歌のプロモーションビデオにピッタリだと感じましたね。

 

 

----一方、エンディングテーマはタイトルからしてゲームを意識した楽曲のようですね。

 

高杉 『幻想水滸伝ティアクライス』の“ティアクライス”という言葉を使わせていただきました。『ティアクライス 〜希望のトビラ〜』という楽曲ですね。こちらはゲームの中で冒険を終えた主人公たちだけど、旅はまだ続いていくんじゃないかなっていう気持ちにさせてくれる曲になっています。ゲームをクリアーして聴いていただければ、ひとつの答えが見えてくるような内容ですね。もちろんクリアーするまえに聴いていただいてもいい曲なんですが(笑)。クリアー後に聴くと、また違った印象を受けるんじゃないかなって思います。

 

----二度楽しめる楽曲なんですね。ところで、高杉さんは東京ゲームショウ2008のKONAMIブースのステージイベントで、今回の2曲を披露されましたよね。

 

高杉 私、あのときに初めて東京ゲームショウに行ったのですが、ゲームファンの熱気に圧倒されちゃいました(笑)。ふだんのライブとはひと味違った感じがしました。とくに歌っているときに、まわりのほかのメーカーさんのブースからいろいろな音が聞こえてくる中で歌うっていうのも初体験で。いろいろなゲームの世界観が音でわしゃわしゃ入ってくるという状況が、とても新鮮でした(笑)。

 

----なるほど(笑)。そういえば、今回は楽曲提供だけではなく、声優にも初挑戦されたとか。

 

高杉 そうなんですよ。『幻想水滸伝ティアクライス』に登場する“シスカ”と

いう女性キャラクターの声を演じさせていただきました。最初は歌だけのタイアップだと思っていたので、声優までやることになるなんてまったくの想定外でしたね(笑)。

 

----高杉さんはアーティストですからね(笑)。シスカを演じてみていかがでしたか?

 

高杉 シスカは、戦いに向かうまえの主人公たちを和ませたり、まわりに気を配る女性なんです。でも、ちょっとおっちょこちょいな面もあって、かわいらしいタイプでしたね。変なことを言って、周囲の人に「えっ!?」って言われるところは、私に似ている気がしました(笑)。

 

----そんなところが似ていたんですか(笑)。

 

高杉 シスカと似ている部分があったから、演じやすかったですね。ただ、収録のときはまわりに声優さんがいなくて、ひとりぼっちだったので、そこは心細かったです。すでに収録されていたほかの声優さんのセリフを聞きながらだったんですけど、やっぱり実際に隣でしゃべってもらったほうが生きた会話ができたと思うので、ひとりで収録したところはたいへんでした。

 

 

----ゲームで実際にシスカがしゃべっているシーンはご覧になりましたか?

 

高杉 見ましたけど……自分の声なのに気持ち悪かったですね(笑)。でもだんだんと慣れてきちゃって、途中からシスカのセリフを聞いても自分が演じていることを忘れるくらい、なじんでいました。それで「あ、これ私が演じたんだ」ってハッと気づいたり(笑)。

 

----もしまた声優もやってください、というオファーが来たらどうしますか?

 

高杉 そういった機会をいただけるのであれば、また違ったキャラクターを演じてみたい気持ちはありますね。今回シスカを演じましたが、じつは村長に惹かれている自分がいたんです(笑)。

 

----村長!? 演じてみたという意味で惹かれたんですか?

 

高杉 やってみたいです、村長! 声質が男の子っぽいと言われることがあるので、そういったキャラクターを演じてみたいですね。

 

----今回、『幻想水滸伝』という人気シリーズとタイアップしましたが、プレッシャーは感じましたか?

 

高杉 『幻想水滸伝ティアクライス』に限らず、自分の楽曲と何かの作品がタイアップすることについて、あまりプレッシャーを感じることはないです。むしろ、自分の曲をいろいろな角度で感じることができる楽しみがあるので、タイアップは好きですね。

 

----肝が据わってらっしゃる(笑)。じゃあこれからもどんどんタイアップの話を持って来い、と?

 

高杉 私の歌を必要としてくれるタイアップは光栄なことですので……どんどんお話ください(笑)。

 

高杉さと美 7thシングル
『Tears in the Sky』

【価格】
CD+DVDは1890円[税込]、CDは1050円[税込]

【CD収録内容】
01、Tears in the Sky
02、ティアクライス 〜希望のトビラ〜
03、Tears in the Sky -ゲームオープニング Edit-
04、Tears in the Sky -Instrumental Ver.-
05、ティアクライス 〜希望のトビラ〜 -Instrumental Ver.-

【DVD収録内容】
01、“Tears in the Sky” Music Video
02、“高杉さと美 premium LIVE -garden party-” Digest part.3
03、Making of “Tears in the Sky”(※初回盤のみ収録)

 

※幻想水滸伝×高杉さと美公式サイトはこちら

※高杉さと美オフィシャルサイトはこちら

※『幻想水滸伝ティアクライス』公式サイトはこちら

【特別インタビュー】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケモンレジェンズ アルセウス』の特別映像が公開。まさかりポケモン・バサギリや特別なポケモンたちを護る存在”キャプテン”たちをチェック!

2021年9月28日、ポケモンは2022年1月28日発売予定のNintendo Switchソフト『Pok?mon LEGENDS アルセウス』の新情報をまとめた特別映像を公開した。

『ガーディアンテイルズ』が10月6日にリリース決定。高森奈津美(女騎士役)、小野友樹(男騎士役)がナレーションを担当するアニメPVも公開!

YostarとKongStudiosは、新作アプリゲーム『ガーディアンテイルズ』を、2021年10月6日(水)にリリースすることを決定した。

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』万能グッズ“ポケッチ”、“ふれあいひろば”など新情報が公開。ナタネ、モミ、ゲンの新アートも明らかに!

ポケモンは、2021年11月19日発売のNintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』について、最新情報を公開した。万能グッズ“ポケッチ”、“ふれあいひろば”、“ナタネ”などのアートが明らかに!

『トライブナイン』新ティザームービーが公開。ネオトーキョー国、トライブ、XB法など、さまざまなキーワードが……!?

アカツキは、トゥーキョーゲームスとの共同新規プロジェクト『TRIBE NINE』(トライブナイン)のティザームービーを公開した。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-』が正式サービス開始。期間中にログインすると合計で9000個のブルージェムが手に入る!

スクウェア・エニックスは、2021年9月28日(火)、スマートフォン向けゲームアプリ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-』のサービスを開始した。

『アナザーエデン 時空を超える猫』PC版が今冬にリリース予定。新たな外典やアップデート情報など、新情報も盛りだくさん!

2021年9月28日(火)19時より配信された“「アナデンまつり2021秋」アナザーエデン超邁進!最新情報生放送”にて、スマホ向けRPG『アナザーエデン 時空を超える猫』の新情報が公開された。PC版は今冬にリリース予定に!

『超戦士ザイダー』がレトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”にて配信開始。超戦士ザイダーとなって魔神の打倒を目指すアクションRPG

D4エンタープライズは、レトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”にて、アクションRPG『超戦士ザイダー』(FM-7・Windows10対応版)を配信開始した。

今井麻美さん収録曲12曲すべてが新曲の7thアルバム『Balancing Journey』を12月22日に発売。声優の小岩井ことりさんが作曲を担当する楽曲も

声優、歌手として活躍する今井麻美(ミンゴス)さんの7thアルバム『Balancing Journey』が2021年12月22日に発売されることが発表。同アルバムは、今井さん自身初となる全曲新曲の完全オリジナルフルアルバムとなっている。

『ロストジャッジメント』プレイ日記【5夜目】。リスを探して東奔西走。ペイントサーチでゲットしておきたい報酬まとめました

2021年9月24日発売の『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』のプレイ日記を掲載。『ジャッジアイズ』シリーズの大ファンであるライターのリプ斉トンが、プレイしながら八神のカッコよさやゲームのおもしろさを語ります。

『刀剣乱舞無双』開発者インタビューから、麗しき刀剣男士たちや世界観、ゲームシステムなど、本作の詳細が明らかに【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2021年10月14日号(2021年9月30日発売)では、ニトロプラスとDMM GAMES、コーエーテクモゲームスのタッグによって実現した『刀剣乱舞無双』の新作特報をお届け。