携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 進化した爽快アクション 『ガンダム無双2』プレイ・インプレッション

進化した爽快アクション 『ガンダム無双2』プレイ・インプレッション
【プレイ・インプレッション】

2009/1/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●モビルスーツが1000機倒せる『ガンダム』ゲーム

 多くの『ガンダム』ファン、そしてゲームファンを驚愕させたアクションゲーム『ガンダム無双』。『ガンダム』ゲームシリーズのバンダイナムコゲームスと、『無双』シリーズのコーエーがタッグを組み、これまでにない『ガンダム』ゲームとして世に送り出した作品である。そんな同作のシリーズ第2弾『ガンダム無双2』が、2008年12月18日にリリースされた。このシリーズ最新作を元週刊ファミ通編集者で、現在はフリーライターとして活躍中の世界三大三代川がプレイ。そのインプレッションをファミ通.comでお届けする。


●無数の敵&巨大な敵に挑む爽快感とやり込み要素溢れる一品


 これまでに山ほどの『ガンダム』ゲームが発売されてきたが、これほど(いい意味で)バカな『ガンダム』ゲームはないんじゃないだろうか。ゲーム開始後にすぐ出てきた画面いっぱいに広がる敵のザクの姿を見て、そんなことを思ってしまった。今回紹介する『ガンダム無双2』は、「大量のモビルスーツをバッサバッサ倒したい!」というユーザーの夢を叶えてくれる稀有な『ガンダム』ゲームである。 『ガンダム無双2』は、三国志の武将が無数の兵士と戦う『真・三國無双』シリーズのバトルシステムを使った『ガンダム』ゲーム第2弾。2007年3月に発売されたシリーズ第1作同様、開発は『真・三國無双』シリーズの発売元であるコーエーが担当している。なお、本作はプレイステーション3、プレイステーション2、Xbox 360の3機種で発売されているが、今回のインプレッションではプレイステーション3版を遊ばせていただいた。ゲームの目的は単純で、特定の敵モビルスーツを倒すものや、仲間を目的地まで護衛するものなどがある。そこへ立ちはだかるのが無数の敵モビルスーツなのだが、この数がスゴい! 敵が占拠しているエリアに侵入すると、続々と新手のモビルスーツが上空から降下してくるため、ふと気づけば自分のまわりがザクで囲まれているなんていう状況もしばしば。前作でも無数のモビルスーツが登場していたものの、棒立ちしているモビルスーツも多く、若干興醒めする部分があったのだが、今回のザコモビルスーツはアクティブに攻撃してくるため、数の多さに飲まれピンチに陥ることさえある。たいていの『ガンダム』ゲームは、原作の雰囲気を壊さないように出現する敵モビルスーツの数はある程度限られている。物語が進み、宇宙での戦いになったとしても、無限に出るということはないだろう。しかし、本作はあの『無双』シリーズの作品である。敵モビルスーツがウジャウジャと大量に際限なく出てくるのが当然になるのだ。しかし、これに対して“世界観が壊れる”といった想いはまったくなく、むしろボタンを連打して敵を倒しまくる、これまでの『ガンダム』作品にはなかったひたすらに気持ちいい爽快感を生み出している。さらにパーツが強化され、攻撃力などが強くなったモビルスーツを使えば、ザコ敵は一撃で倒せるようになり、ビームサーベルを振るうたびに敵モビルスーツの頭部パーツが吹っ飛んでいく始末。この爽快さと、眼前に広がる大量のザクやドムで埋まった大地を見れば、冒頭に書いた“いい意味でのバカゲー”という表現もわかってもらえるのではないだろうか。ちなみに、本作から新たにビグ・ザムやサイコガンダムといった巨大なモビルアーマーが登場するようになった。そのデカさもまた半端ないうえ、通常攻撃がなかなか効かないという厄介な特性まで持っている。倒すためには、強力なスマッシュ攻撃でモビルアーマーを地面に倒してから攻撃を与えていくのだが、巨大な敵の攻撃を紙一重でかわす様や、一撃でくらうダメージの量には必死さを通り越して思わず笑ってしまうほどである。

 

ガンダム無双2

ガンダム無双2

ガンダム無双2

ガンダム無双2

 

 いくら“バカゲー”と言っても、当然ながら中身は大まじめ。とくに本作のメインとなるモードのひとつ“オフィシャルモード”では、『機動戦士ガンダム』や『機動戦士Zガンダム』の原作を追体験しながらゲームが楽しめる。アムロとなって“黒い三連星”と戦ったり、カミーユとなってキュベレイやサイコガンダムと戦うことができるのだ。合間合間にイベントシーンが挟まれるのもうれしいのだが、何よりうれしいのは戦っている途中に挟まれるセリフとBGM。たとえばアムロを操りシャアと戦っている最中に、シャアから「やるようになった」、「その力、気に入らんな」などと言われてしまうと、ついつい自分の腕前のことを言われているような気になりニヤけてしまう。また、ジャブローでの戦闘中に“哀戦士”がBGMとしてかかったりすれば、いやがうえにも盛り上がるというものだ。欲を言えばボーカル入りの曲を使ってほしかったが、こんなことを書きつつもボーカルなしの曲だけで十分気持ちは盛り上がってしまったので、あまり強くは言えなかったりする。そして、もうひとつのメインとなるモードが“ミッションモード”。これは多数のパイロットからひとりを選び、さまざまなミッションに挑んでいくもので、原作を追体験するものではなく、さまざまな作品の登場キャラクターが敵味方入り乱れて登場する内容になっている。ミッションの中には、各パイロットごとにストーリーが語られるものもあるのだが、『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』のキラ・ヤマトを操り、ラクスを助けるために戦っているその相手が、なぜか『機動戦士Zガンダム』のヤザンだったりする。この組み合わせはランダムに発生するのだが、その組み合わせが思いもよらないものになったりするため、『ガンダム』シリーズに詳しい人ほど「ありえない!」と楽しめるはずだ。また、このミッションモードでは各パイロットごとに友好関係が設定されており、仲間として登場したパイロットからは好感が抱かれ、敵として倒したパイロットからは嫌悪されてしまう。この好感度が一定以上、もしくは一定以下になれば特別なミッションが発生し、『機動戦士ガンダム』のハヤトからミッションの依頼が来たり、『機動戦士Zガンダム』のシロッコからティターンズに誘われたりもする。この際、選択肢が発生し、ティターンズに加入するかどうかでまた発生するミッションが変わるなど、やり込み要素も盛りだくさんになっている。
 

ガンダム無双2

ガンダム無双2

 

 そのほかにもやり込み要素は非常に豊富である。たとえば各ミッションではさまざまなモビルスーツのパーツが手に入るのだが、そのパーツには搭乗中のモビルスーツがより強化されるもののほか、新たなモビルスーツのものもあり、頭部、胴体、右腕などと分かれたパーツを一式集めると、乗れるモビルスーツが増えるのだ。狙ったパーツを手に入れるためには、乗りたいモビルスーツを何度も倒す必要があるなど、ついついくり返し遊びたくなってしまう仕掛けが多いのはニクいところである。また、集めたパーツは”モビルスーツ研究所”で強化したり、別のパーツに開発し直したりすることができ、お気に入りのモビルスーツを強化することにより拍車をかける仕組みになっている。

 

ガンダム無双2

ガンダム無双2

 
 『ガンダム』ファンがニヤりとできる仕掛けが多く含まれた本作だが、『無双』シリーズの流れを汲む作品だけに、やはりゲームの肝は爽快感溢れるアクションとなっている。そのため、たとえ『ガンダム』ファンじゃなくとも楽しめる内容になっていることをお伝えしておく。ちなみに、筆者は『ガンダム』をある程度知っているものの、コアなファンと言えるほどの知識はない。そのため、知らないパイロットやモビルスーツなども多くいるのだが、だからといって作品の魅力が薄れることはなく、十二分に楽しめた。もちろん『ガンダム』を知っているほうがより楽しめるのは間違いないのだが、『ガンダム』を知らないアクションゲーム好きな人にも、新たな『無双』シリーズの一作品として楽しめるはずだ。『ガンダム』ファンはもちろん、『ガンダム』を知らない人も敬遠せずに手に取ってみる価値はきっとある。

 

text by 世界三大三代川

 

 

著者紹介
世界三大三代川

週刊ファミ通編集部出身のフリーライター。幼少のころ『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』のエンディングで破壊されたコアファイターを観て、「コアファイターがかわいそう」という謎の感想とともに泣いた経験を持つ。大人になったいまでは、アムロの「僕にはまだ帰る場所があるんだ」のセリフとともに、幼少のころよりもっと号泣する。


ガンダム無双2

対応機種

プレイステーション3、プレイステーション2、Xbox 360、

メーカー

バンダイナムコゲームス

発売日

発売中

価格

プレイステーション3版:7800円[税込]、トレジャーBOXは13440円[税込]
プレイステーション2版:6800円[税込]、トレジャーBOXは12390円[税込]
Xbox 360版:7800円[税込]、トレジャーBOXは13440円[税込]

テイスト/ジャンル

アニメ・ロボット / アクション

備考

開発:コーエー(ω-force)



※『ガンダム無双2』公式サイトはこちら
 

【プレイ・インプレッション】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『メダロットS』待望のシリーズ最新作はスマホアプリで登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年6月6日号(2019年5月23日発売)では、『メダロット』シリーズ最新作となるスマホアプリ『メダロットS』の詳報を掲載!

最大4人での対戦・協力プレイに新モードも! Nintendo Switch版『パワプロ』の魅力を紹介!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年6月6日号(2019年5月23日発売)では、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で発売予定の『実況パワフルプロ野球』のシリーズ最新作の魅力をお伝え!

『刀剣乱舞-ONLINE-』大包平や石切丸など4振りの刀剣男士をモチーフにしたコラボシューズが発売決定! シューズを履いて一緒にお出かけしよう

『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士、蜻蛉切、五虎退、石切丸、大包平をモチーフにしたコラボシューズの新モデルが発売決定した。

“ACE COMBAT(エースコンバット) 極上爆音FAN MEETING”リポート。ブランドディレクター・河野一聡氏らによるトークでは驚きの発言も

2019年5月19日、“極上爆音上映”で知られる東京都立川市のCINEMA CITY CINEMA TWOで、“ACE COMBAT 極上爆音 FAN MEETING”が行われた。ブランドディレクターの河野一聡氏らが駆けつけた同イベントの模様をお届けする。

Tokyo RPG Factoryの新作RPG『鬼ノ哭ク邦』“鬼ビ人”5名のビジュアルと役割が判明!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年6月6日号(2019年5月23日発売)では、Tokyo RPG Factoryの新作『鬼ノ哭ク邦』の記事をお届け。

“12億円”積まれたらオタクは早口になるのか? 答えは魔法少女恋愛RPG『マジカミ』が教えてくれる

オタクの口に“12億円”突っ込んで早口にさせようとする美少女ブラウザゲームが現れたので、取材してきました。

ポケモン×グラニフ第2弾。ピカチュウやメタモンモチーフのTシャツ&ワンピース全8種類。親子コーデも楽しめる!

ポケモンとTシャツ専門店“グラニフ”のコラボ第2弾。ピカチュウ、メタモン、タッツー、バタフリーなどをモチーフにした、かわいいTシャツ&ワンピースがポケモンセンターに登場!

『ニーア』9周年はバンドアレンジ、10周年は!?――“Billboard Live meets NieR Music”リポート

2019年5月11日(土)と12日(日)の2日間、東京都港区六本木にあるBillboard Live TOKYOにて開催された、『NieR』シリーズの楽曲を演奏するオフィシャルライブ“Billboard Live meets NieR Music”の模様をリポート。

『ザ クルー2』賞金付き大会“SCORPION CHALLENGE”の出演者が発表。小林洋介、野々宮ミカらがゲストプレイヤーとして出場

『ザ クルー2』の賞金付き大会“SCORPION CHALLENGE”について、大会の出演者などが発表になった。