携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 仲間とともに新たな冒険へ 『ファンタシースターZERO』プレイ・インプレッション

仲間とともに新たな冒険へ 『ファンタシースターZERO』プレイ・インプレッション
【プレイ・インプレッション】

2009/1/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2008年年末、注目のネットワークRPGがついに発売


 2008年12月25日。クリスマスの日にリリースされたニンテンドーDS用ソフト『ファンタシースターZERO』。オンラインゲームの先駆けとして、ドリームキャストで発売された『ファンタシースターオンライン』以降、多くのファンを魅了し続けたシリーズの最新作だ。ストーリーを追いながら、たっぷりと冒険を楽しめるひとり用の“ストーリーモード”、そして最大4人で楽しめる協力プレイなど、充実の内容となっている同作。この注目作品を、元週刊ファミ通編集者であり、自他ともに認める『ファンタシースター』シリーズファンの深見参段が早速プレイ。そのプレイ・インプレッションをファミ通.comで掲載する。


●気軽かつガッツリ! 手のひらサイズのネットワークRPG!! 

 

 本作は、ドリームキャストで好評を博し、名作と名高い『ファンタシースターオンライン』(以下、『PS0』)の流れを汲むシリーズ最新作。最大4人で同時プレイが可能なアクションRPGです。『PSO』が発売された当時は、いまほどインターネットも普及してなくて、家庭用ゲーム機で本格的なネットワークRPGはありませんでした。読者の方には、初めて遊んだネットワークRPGが『PSO』という人も多いのでは? かくゆう私もそのひとり。その血を受け継いだ作品と言われれば、思わず期待しちゃうのも当然ですよね! 

 

 『ファンタシースターZERO』でまず驚いたのは、ネットワークRPGが、ニンテンドーDSで気軽に全国の人と遊べるようになったこと! しかも、ガッツリ遊べるボリュームもあるんです。これまでネットワークRPGといえば、PCゲームや据え置きゲーム機で遊ぶのが一般的でしたが、なんと携帯ゲーム機でそれが可能になったわけですね。スゴーイ! 自宅にインターネットの環境があれば、誰でも簡単に全国の人と遊べちゃう……いやはや、いい時代になったものです! 

  

 携帯ゲーム機で全国の人と遊べるとはいっても、キーボードもないですし、相手とのコミュニケーションが取れるのか不安に思うかもしれません。でも、その心配は無用! なーんと、相手としっかりコミュニケーションが取れる、“ビジュアルチャット”という画期的なシステムがあるんです! 操作もカンタン。下画面にチャット画面を開いて、タッチペンで文字やイラストを書き、送信ボタンを押せばオーケー。それが吹き出しの形になって、相手に伝わるのです。まるで、プレイヤー自身が話しているかのような吹き出しチャットはシリーズの伝統ですが、温かみもあって感情移入しまくり! いままでのネットワークRPGと同じように、いやひょっとしたらそれ以上に、味のあるコミュニケーションが取れますよ。それに「字キレイじゃないし、絵心もないから、ビジュアルチャットって少し恥ずかしいかも……」って思う人もいるかもしれません。中学校のとき、美術が2だった私もそのひとり! ほかの人の吹き出しをコピーすることもできますが、できれば自分の言葉で伝えたいもの。そんな人にオススメなのが“顔文字”です。携帯電話にもたくさん登録されてるコレですね→(^▽^)V。たとえイラストが苦手でも、顔文字なら記号を並べるだけで表情になるし、文字だけよりも感情表現が豊かになるのでぜひ試してみて! 

 

ファンタシースターZERO

ファンタシースターZERO

 

 また、ネットワークRPGに初めて触れる人も、気軽に遊べるのが本作の魅力。Wi-Fi通信は機能が充実していて、しっかり“カンタン”、“あんしん”、“無料”と三拍子そろってます。しかも、クエスト中は動きもスムーズで、ワイヤレス通信と同じように最大4人同時プレイでそのまま遊べてしまうんだからびっくりです! これまでのシリーズのようなロビーこそないものの、行きたいフィールドを設定すれば、全国のプレイヤーとマッチングして冒険ができます(この場合は、ビジュアルチャットは使えませんが、定型文でチャットはできます)。また、事前にフレンドコードを登録しておけば、フレンドどうしだけでも遊べちゃうんです。さらに、マルチプレイ用のクエストにひとりで挑戦できるなど、そのときの気分や自分のプレイスタイルに合わせて遊べるのもいいですね。Wi-Fiサーバーですので課金もありませんし、ネットゲーム好きも納得のデキになっているのではないでしょうか? フレンドがWi-Fiに接続したら、音が鳴って下画面にアイコンが表示されるので、「みんなが来るまで、シングルプレイしながら遊んどこうっと」とのんびり待つことも可能ですよ。
 

 また、基本操作を覚えながら物語が楽しめるストーリーモードは、本作のボリュームからすると、ストーリーモードクリアーで初心者ハンターズを卒業するといったところ。一人前のハンターズになったあとは、その後に出現する、難関のハードモードやスーパーハードモードに挑むことになり、やり込める世界が待っているのです。それに本作は、協力プレイのほうが断然メリットが大きいシステム! 手付け(1以上のダメージ、もしくは補助テクニック(特殊攻撃)を敵にかけないと経験値が入らなかった、シリーズ特有のシステム)がなくなって経験値が平等に入り、ドロップアイテムもひとりずつ出るようになったので、アイテムの奪い合いも心配ありません。つまり、協力プレイの人数が多いほど楽に冒険を進めることができるってこと。歯応えがあるゲームバランスになっているので、いっしょに遊ぶメンバーが多いほど、強いボスにも立ち向かえますよ! ちなみに、個人的にお気に入りなのがフレンドランキング。最大ダメージやエネミー討伐数など、プレイのいろんな記録がフレンド中何位なのか分かる機能で、「最高ダメージはフレンドの中で1位だ! うふふ」とか「うわ! エネミー討伐数負けてるっ。つぎの冒険までにはやり込んでおくから!」など、負けず嫌い魂をとーっても刺激されるんです。しかも、パーティーを組めば自動的にフレンドランキングは更新されるので、面倒な手間も必要ありません。協力プレイならではの“つながっている感”があって、負けられないって感じですよっ。


 キャラクターデザインや世界設定などが一新されていて、シリーズのファンの人ほど一瞬戸惑うかもしれません。名作である『PSO』の血を受け継いだ作品と言われれば、思い入れのあるゲームだけにきびしい目で見がちでしょう。しかし、アクションパレットや3段攻撃、マグなど、触ってみると「あ。ちゃんと『PSO』してる」と思うハズ。誰かが立ち止まったと思ったら、ポインッという音がして、「いま、マグにエサやってる!?」とツッコミを入れる場面なんて、思わずニヤリとしてしまいます。『ファンタシースターユニバース』で登場したド派手な必殺技のフォトンアーツや、『ファンタシースターポータブル』で好評だった称号システムなど、過去のシリーズで培ってきたものが、本作にはフルに盛り込まれていて、ガッツリ遊べること間違いなし! シリーズのファンの人も初めての人も、友だちとクエストに挑戦したり、全国のプレイヤーと協力して強敵に立ち向かうこのドキドキを、『ファンタシースターZERO』で感じてほしいです! 

 

text by 深見参段
 

ファンタシースターZERO

ファンタシースターZERO

 

 

ファンタシースターZERO

ファンタシースターZERO

 

 

 


 

著者プロフィール
深見参段

ファンタシースターZERO

ファンタシースターZERO

『PSO』との出会いで大きく人生が変わったフリーライター。元週刊ファミ通編集者。週刊ファミ通では、携帯ゲーム機のクロスレビューも担当。プレイスタイルはスローペースで、いつも周囲からツッコまれる日々。本作は、メインキャラクターがレベル61で、プレイ時間は全3キャラクター合わせてまだ50時間といったところ。そのうちの10時間は、原稿を書きながらマグのエサやりタイムだった気がします……。年末年始は、友人とのWi-Fi通信を楽しみつつ、もっとやり込みます!


ファンタシースターZERO

対応機種

ニンテンドーDS

メーカー

セガ

発売日

発売中

価格

5040円[税込]

テイスト/ジャンル

SF / アクション・RPG

備考

ニンテンドーWi-Fiコネクション対応、DSワイヤレスプレイ対応、プロデューサー:酒井智史、ディレクター:川端真之



※『ファンタシースターZERO』公式サイトはこちら
 

【プレイ・インプレッション】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

Steamサマーセールが開始。『ニーア オートマタ』30%オフ、『ダークソウル3』60%オフ、『フォールアウト4』半額、『シュタゲ』40%オフなど

Valveが運営するPCゲーム配信プラットフォーム“Steam”で、恒例のサマーセールが開始した。日本時間の7月6日午前2時まで行われる。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

E3動画まとめ 大混雑だった会場の模様から、注目タイトルのプレイ動画まで!【E3 2017】

アメリカ・ロサンゼルスにて、2017年6月13日〜15日(現地時間)に開催された世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017。本稿では、現地で撮影した動画を紹介します。

東京都町田市を紹介するインターネットVRラジオ番組“SHOW MACHIDA GO ON”が配信中

舞台芸術創造事業、人財開発研修事業を行うヒューマンデザインは、町田市との文化芸術パートナーシップ協定事業として、音楽座ミュージカルが本拠地として30年間活動を続けている東京都町田市の活性化をテーマに、インターネットVRラジオ番組“SHOW MACHIDA GO ON”の配信を開始した。

『The Lost Child』初回特典ブックレット“神話構想記”の詳細が公開、ゲーム本編の前日譚などを収録

角川ゲームスは、2017年8月24日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)』について、初回特典ブックレット“神話構想記”の最新情報を公開した。

【独占動画】『テラバトル2』を坂口博信氏と宇宙最速プレイ!新作『テラウォーズ』や『テラバトル』の最新アプデ情報も

ミストウォーカーから電撃発表された『テラバトル2』を坂口博信氏と先行プレイ!さらに『テラバトル2』と同時発表された新作『テラウォーズ』の情報や『テラバトル』の最新アップデート情報も!

『ファイプロ ワールド』Steam版アーリーアクセスの詳細も発表! 『ファイプロ』トークライブリポート

2017年6月21日、東京・ロフト9渋谷にて開催された、『ファイヤープロレスリング』のファン向けイベント“待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!”の模様をリポートする。

『ARMS』矢吹光佑プロデューサー&椿姫彩菜さんの対談完全版!

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の新規IPとして人気の格闘スポーツゲーム『ARMS』。週刊ファミ通2017年6月29日号(2017年6月15日発売)の発売記念特集『ARMS』の記事内で掲載した矢吹光佑プロデューサーと椿姫彩菜さんの特別対談に、加筆・修正を施した完全版をお届け。

Yahoo!ゲームのPC用アプリケーション“Yahoo!ゲームプレイヤー”が提供開始 スマホ向けゲームをPCで遊べるように!

enish開発による“Yahoo!ゲーム”のPC用アプリケーション“Yahoo!ゲームプレイヤー”が、本日2017年6月22日(木)より提供開始された。

『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』 家庭用版からの新キャラクターも登場する最新PVを公開!

アークシステムワークスは、2017年7月20日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』について、最新PVを公開した。