携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ファイナルファンタジーXI』で削除したキャラクターを復活させられる“ウェルカムバック キャンペーン”が開始

『ファイナルファンタジーXI』で削除したキャラクターを復活させられる“ウェルカムバック キャンペーン”が開始

2008/12/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●条件を満たしている場合、アイテム“アニバーサリーリング”が配布される

 

 スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ファイナルファンタジーXI』(プレイステーション2、Xbox 360、Windows)で“ウェルカムバック キャンペーン”がスタートした。期間は2008年12月18日午後5時〜2009年4月15日午後5時。
 


 キャンペーン期間中は、過去に削除した(された)キャラクターを無料で復活させることができる(例外的にできない場合もある)ので、『ファイナルファンタジーXI』を退会した人でも容易にゲームを再開することができる。

 

 さらに、2008年5月に開催された“冒険者さんありがとうキャンペーン”で“アニバーサリーリング”を入手していないキャラクターで、しかも、2008年5月28日午後12時までに1回でも『ファイナルファンタジーXI』にログインしたことがあるキャラクターには、取得経験値にボーナスが付与されるアイテム“アニバーサリーリング”が配布される。

 

※『ファイナルファンタジーXI』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“NPB スプラトゥーン2”キャンプ2日目リポート! 野球の歴史を学び、東京ドームスイートラウンジでプロ野球オープン戦を見る機会に!

“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”のキャンプ2日目。野球殿堂博物館と東京ドームオープン戦見学などの模様をリポート。

外国語学習アプリ『Duolingo(デュオリンゴ)』に見る、難しいことを簡単に学べるようにする方法論【GDC 2019】

2019年3月18日〜22日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコで行われた世界最大級のゲーム開発者のカンファレンス、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。最終日の3月22日に実施された『Duolingo』による興味深いセッションの模様をお届けしよう。

基本プレイ無料のサイキックアクションRPG『CLOSERS』、PS4版の事前登録受付が開始! ゲーム内で役立つ豪華アイテムをゲット

『CLOSERS』プレイステーション4版の事前登録受付を開始! 事前登録をした全員にゲーム内で役に立つ豪華報酬をプレゼント!

高校野球は“甲子園”だから全国高校eスポーツ選手権は“幕張”と呼ぼうぜ! 『ロケットリーグ』部門の初代王者は鹿島に決定

2019年3月23日、24日の2日間に渡って“第1回 全国高校eスポーツ選手権 決勝大会”が幕張メッセで開催。23日『ロケットリーグ』部門の模様をお届け。

坂口健太郎が「ツイスター」「ドレッド」!? 吉田鋼太郎は『FF』シリーズプレイヤー! 劇場版『光のお父さん』制作会見リポート

『ファイナルファンタジーXIV』の大規模ファンイベント“ファンフェスティバル 2019 in Tokyo”のPLL内にて劇場版『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の制作発表会が行われた。その模様をリポート。

『Fate/Grand Order』アニメや新イベント“徳川廻天迷宮 大奥”の詳細など新情報満載のスペシャルステージをリポート!【AnimeJapan 2019】

2019年3月24日、幕張メッセの“AnimeJapan 2019”にて開催された、『Fate/Grand Order』のスペシャルステージの模様をお届け。

『ひとりぼっちの〇〇生活』ステージイベントで森下千咲さんや田中美海さんらが友だちづくり!【AnimeJapan2019】

2019年3月24日(日)、AnimeJapan2019内にてテレビアニメ『ひとりぼっちの〇〇生活』ステージイベントが実施された。

『ディシディアFF』参戦のゼノスは専用EXスキルが決め手! 『FFXIV』ファンフェスでディレクター兼光の戦士・鯨岡氏による実機プレイも

“『FFXIV』ファンフェスティバル 2019 in 東京”。2日目に実施された“直樹の部屋 part2”に、アーケードゲーム『ディシディアFF』及びプレイステーション4・PC用ソフト『ディシディアFF NT』のプロデューサー・間一朗氏と、ディレクター・鯨岡武生が登壇した。