携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【動画追加】成海璃子、浪川大輔ら声優陣も駆けつけた『プリンス・オブ・ペルシャ』発売記念イベント

【動画追加】成海璃子、浪川大輔ら声優陣も駆けつけた『プリンス・オブ・ペルシャ』発売記念イベント
【『プリンス・オブ・ペルシャ』発売記念イベント】

2008/12/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プリンス役とエリカ役のふたりによる協力プレイも

 

 『レインボーシックス』シリーズや『アサシン クリード』といった作品で知られるユービアイソフトの新作タイトル、Xbox 360用ソフト『プリンス・オブ・ペルシャ』が2008年12月18日に発売される(プレイステーション3版は2009年1月22日発売予定)。それに合わせて、2008年12月9日に発売記念パーティーが都内にあるカナダ大使館で開催された。


▲会場内には体験コーナーが設置され、イベント開始までのあいだ自由にプレイすることができた。また、ゲームメーカーの人間も数多く訪れており、あの小島秀夫監督の姿も。


『プリンス・オブ・ペルシャ』発売記念イベント


ストリーミング再生
   [ 514Kbps / wmv形式 ]

再生には、Windows Media Playerが必要です。

 

 『プリンス・オブ・ペルシャ』は、『アサシン クリード』を開発した、カナダに社屋をかまえるユービーアイソフトのモントリオールスタジオが手掛けたアクションゲーム。今回、会場にカナダ大使館が選ばれたのも、そのつながりからとなっている。イベント冒頭にはカナダ大使館参事官のキャサリン・ドノヒュー氏が登壇し「モントリオールスタジオが発売する期待作に協力することができ、とてもうれしく思っています」と祝いの言葉を贈った。続いてユービーアイソフト代表取締役社長のスティーヴ・ミラー氏が主催者挨拶を行い、「ユービーアイソフトは昨年、サードパーティーでは世界3番目の売り上げを達成することができました」と、同社の好調ぶりをアピール。海外に続いて、日本でもいよいよ発売される『プリンス・オブ・ペルシャ』については「我々の目標は、ユーザーに驚きと感動を与えることです。今年、その目玉となるのが本作になるでしょう」と、その仕上がりに自信を見せた。


▲イベント開催に先立って、会場を提供したカナダ大使館のドノヒュー氏(左)と、ユービアイソフト代表取締役社長のミラー氏(右)が挨拶を行った。


 本作のキモとなるのは、主人公“プリンス”とヒロイン“エリカ”の“デュオアクション”。プレイヤーが操作するのはプリンスのみだが、道中にはどうしてもプリンスひとりでは行けない場所や、倒せない敵が出てくる。そのようなときに、エリカと力を合わせることで新たな道を切り開くことが可能となっているのだ。イベントには、このふたりに声を当てている、プリンス役の浪川大輔と、エリカ役の成海璃子も登場。ユービアイソフト、マーケティングディレクターの辻良尚氏とともに、『プリンス・オブ・ペルシャ』の魅力を紹介するトークショーを行った。


 収録ではセリフの量が想像以上に多くて苦労したと語る、浪川と成海の両名。成海はゲームの声優に挑戦するのが今回初めてということで「ひとりでずっと同じ場所にこもって収録するので、かなりの集中力が必要でした」と、ハードな収録に感じられた模様。一方の浪川は、セリフの多さに加えて「英語の音声を聞きながら、声を当てる」というゲームのローカイライズならではの収録手法に苦戦したという。ちなみに、ゲーム、映画、アニメなどで数多くの作品で声を演じてきた実績を持つ浪川から見た、成海の評価は「すごくナチュラルなお芝居」とかなりの高評価。「かなりセリフがあるので、プレイヤーは聴くことに疲れちゃうかなとも思ったんですけど、成海さんは自然に語りかけてくるのですんなりゲームに入れると思います」(浪川)など、ゲームの世界観と合致した演技を絶賛した。


▲エリカを演じるに当たっては「彼女の芯が強いところを表現したかった。また、声だけの演技なので、ひとことひとことを、いつも以上に意識して喋りました」と成海。

▲「プリンスとは軽薄な部分がかなり似ているかな。といっても僕は親しみやすいだけで、あそこまで強引にはなれないです(笑)」と、浪川は自身が演じたキャラクターと自分の性格を比較した。


▲浪川から「マッチョなプリンスはどうですか?」と聞かれ、成海が「マッチョは好きじゃないです……」と返されてしまうひと幕も。また、浪川はエリカの思わせぶりな素振りを紹介する映像のあとに「エリカさん、僕らを持て遊ばないでくださいよ!」とコメント。


▲プロデューサーを務めたベン・マッテス氏からのビデオメッセージも上映。成海の演技について、「エリカに“魂”を吹き込んでくれた」と絶賛した。


 辻氏はゲームのテーマについて言及。欲望に負け、悪魔に魂を売ったことで人間から異形の姿になってしまったボスキャラを、エリカが“浄化”するシーンなどをスクリーンで流し、「敵が本当に悪なのか?」というメッセージを一貫して描いていると説明した。そのほかに、“愛”もテーマのひとつであるとし、海外のレビューで「このゲームはラブストーリーである。それはプリンスとエリカではなく、プレイヤーとエリカのである」と紹介されたエピソードなどを紹介。このテーマは、しっかりとユーザーに伝えることができるだろうと胸を張った。
 

▲辻氏からはゲームの簡単なプレゼンも行われ、エリカ役に成海を起用した理由について「作られたキャラクターではなく、生身の人間を感じてほしかった。そこで、ふだん聴きなれた声優ではなく女優さんに頼みたいと思いました。成海さんは演技に対して非常にストイックなので、うまくキャスティングできたのではないかと思います」と説明した。


 また、トークショーの中では浪川と成海によるデモプレイが披露されるひと幕も。ボスキャラを浪川が倒したところで、操作を成海にバトンタッチして汚染された土地を浄化するという擬似協力プレイを披露。最後に、それぞれつぎのようにゲームの感想を述べ『プリンス・オブ・ペルシャ』発売記念イベントは幕を閉じた。


▲成海は浄化のシーンになると「連射!」と言って、ボタンを連打。


 「映像もすばらしいものになっていますし、何よりもプリンスとエリカ会話というものが非常に楽しめるものになっていると思います。いろいろな背景や、深いテーマがあったりで本当に盛りだくさんな内容になってますので、ぜひ楽しんでもらえればと思います」(浪川)

 

 「キャラクターが魅力的で、映像もすごいと思います。私も一生懸命演じたので、エリカを見て楽しんでくれたらうれしいです」(成海)


▲ふたりともふだんからゲームは遊ぶそうで、成海は「対戦ゲームとかで負けると本当に悔しくて、勝てせてください! って言っちゃいます」とアツくなりやすいタイプの模様。浪川は自他ともに認めるゲームファンで、「移動中などはずっと遊んでいますね。僕も対戦で負けると悔しいですけど、成海さんほどじゃないかな(笑)」とのこと。

 

※『プリンス・オブ・ペルシャ』の公式サイトはこちら
 

【『プリンス・オブ・ペルシャ』発売記念イベント】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!

学園ファンタジーものアクションRPG『Ar:pieL』の日本サービスが決定

2017年10月20日、WeMade OnlineとNHN ハンゲームは、学園生活が楽しめるPC用ファンタジーアクションRPG『Ar:pieL』(アルピエル)の日本サービスについて発表した。