携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 時代は“体感型”に? 『Wii Fit』が文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞

時代は“体感型”に? 『Wii Fit』が文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞

2008/12/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ゲームソフト3年連続の大賞獲得はならず……

 

▲アートからマンガ、アニメまで幅広い作品を扱い、海外からの応募も多い“文化庁メディア芸術祭”。一般メディアからの注目度も高いようで、プレス向けの受賞作品発表会には多くの報道陣が詰め掛けた。


 2008年12月9日に都内で、“第12回文化庁メディア芸術祭”受賞作品のプレス向け発表会が開催された。文化庁メディア芸術祭は、文化庁とCG-ARTS協会の主催により行われている毎年恒例のイベントで、ゲームソフトや映像作品、アニメーション、マンガなど幅広い分野のメディア芸術作品を表彰している。プロ、アマチュア、商業作品などの制限なしに公募されるのが特徴で、今年は過去最多となる2146作品の応募があった。

 

 このうち、アート部門とエンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門でそれぞれ大賞1作品、優秀賞4作品、奨励賞1作品、そして人物に対して贈られる功労賞1名が選出された。ゲーム作品については、遊具や映像(VFX、CMなど)、キャラクター、Webなどとともにエンターテインメント部門に含まれる。今年は、その優秀賞に任天堂のWii用ソフト『Wii Fit』が選ばれた。

 

 『Wii Fit』の受賞理由は、「ゲーム機を、眼と指先だけでなく体全体を使うものへと変貌させ、これまで男の子のものという色彩が強かったゲームを家族のコミュニケーションツールにまで高めた」というもの。この受賞は“一連のWiiプロジェクト”に対するものとも説明され、「Wiiがゲームのありかたを変えた」として高く評価されたようだ。

 

▲「“板です”のCMでおなじみ、皆さんももちろんご存じでしょう」と紹介された『Wii Fit』。今年、多くの人がこのソフトでダイエットや健康管理に励んだはず!


 2006年はカプコンのプレイステーション2用ソフト『大神(OKAMI)』、2007年は任天堂のWii用ソフト『Wiiスポーツ』が、過去2年連続でエンターテインメント部門の大賞を獲得。さらには優秀賞にも複数のゲームソフトが選出されており、今回の優秀賞1作品のみというのはゲーム業界にとって残念な結果となってしまった。ちなみに、エンターテインメント部門の大賞には、任天堂のニンテンドーDS用ソフト『エレクトロプランクトン』を手掛けたメディアアーティスト、岩井俊雄氏の新作品である電子楽器“TENORI-ON”(ヤマハから発売中)が輝いた。

 

▲TENORI-ONは、16×16のLEDが配置されたパネル状の電子楽器。ひとつひとつのLEDを押すことで音を出すとともに、パネルに光が点灯する。音楽を手軽に作り、目でも楽しむことができる画期的な楽器だ。発表会では岩井氏が自らデモンストレーションを行い、「iPodが生まれて、私たちの音楽を聴くというライフスタイルが変わりました。つぎのステップでは、その場その場でみずから音楽を作っていく、もっとおもしろいライフスタイルができるのではないかと考え、6年をかけてTENORI-ONを作りました」と開発秘話を明かした。「エンターテインメント部門はゲームソフトが大賞に選ばれることが多かったので意外でしたが、このような大きな賞をいただけて光栄です」ともコメント。


 全部門の受賞作品を俯瞰して見てみると、『Wii Fit』や『TENORI-ON』を始め、視聴するだけではなく体を使って参加できる“体感型”の作品が多く入賞しているようだった。これについて、文化庁メディア芸術祭の運営委員のひとりである東京大学大学院教授、浜野保樹氏も、「従来はディスプレイの中の作品が多かったが、今年は身体性をともなう作品が評価された」と言及。ゲーム業界にWiiが登場して広く一般に受け入れられたように、メディア芸術の世界でも体感型は時代の象徴なのかも? これらの受賞作品は、2009年2月4日〜15日まで国立新美術館にて展示され、実際に触れることができる。興味のある人はぜひ足を運んでみよう。


第12回文化庁メディア芸術祭の開催概要

会期

2009年2月4日〜15日(10日(火)は休館)
午前10時〜午後6時(金曜は午後8時まで)

会場

国立新美術館 企画展示室2E

入場料

無料

問合せ先

CG-ARTS協会“文化庁メディア芸術祭事務局”
フリーダイヤル0120-454536


※文化庁メディア芸術祭の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。

ネタバレ注意! 『キングダム ハーツIII』最強キーブレードを入手しよう

『キングダム ハーツIII』に登場する最強のキーブレードの入手方法を紹介。これを入手すれば、あの敵も楽勝!?

『メトロ エクソダス』攻略情報! 過酷な世界を生き延びるために役立つ知識を伝授

2019年2月15日に発売された『メトロ エクソダス』で覚えておくべきテクニックをお伝えする。