携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 隠し玉2Dシューティングの存在も明らかに、“Xbox 360 シューティング フェスタ!”にファンも大満足

隠し玉2Dシューティングの存在も明らかに、“Xbox 360 シューティング フェスタ!”にファンも大満足

2008/12/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●期待の『デススマイルズ』の新情報も続々判明

 Xbox 360タイトルでも、ひときわ充実ぶりが際立つシューティング。そんな豊富なシューティングのラインアップをアピールするイベント“Xbox 360 シューティング フェスタ!”が、2008年12月5日に秋葉原で行われた。会場では、5pb.の『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』やトライアングル・サービス『シューティング ラブ。200X』など、未発売タイトルを含む12作が出展。事前申し込みにより招かれた120人のシューターは、心行くまでXbox 360のシューティングを堪能できた。

 イベントに先かげては、まずはマイクロソフトの宣伝担当吉原淳氏が登壇。「Xbox 360のシューティングタイトルの充実ぶりに気が付いて、このイベントを企画しました。いまXbox 360では、2Dシューティングだけでも、Xbox LIVE アーケードや発売予定タイトルも含め30タイトルあります」とコメント。そして、新タイトルとして、バンダイナムコゲームスのXbox LIVE アーケード用ソフト『PowerUp Forever』をサプライズ発表した。アメリカの開発会社BLITZ GAMES STUDIOS開発による同作は、ゲーム全体に生物的な概念を取り入れた独特なゲームシステムを採用した全方向横スクロール2Dシューティング。破壊した敵を吸収、同化することにより自機が進化したり、ゲームの進めかたよってステージが自動生成されるなど、斬新なシステムが搭載されている。『PowerUp Forever』は、2008年12月10日に早くも配信予定。価格は800マイクロソフトポイントだ。

▲国内2Dシューティングとは一線を画した世界観の『PowerUp Forever』。破壊した敵を吸収して、自機を進化させるのがキモとなる。


 そして会場では、数々のイベントがシューターたちを喜ばせた! まず行われたのは、5bp.のXbox 360用ソフト『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』を使用してのスコアアタック大会。このスコアアタック大会は、Xbox 360版『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』から新たに追加された“Xモード”を使用して、1ステージをクリアー、ハイスコアを競うという主旨で実施された。イベントでは、12人の腕に覚えのあるシューターたちが最高スコアを目指してしのぎを削り、見応え十分だった。

▲白熱した『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』のスコアアタック大会。“Xモード”はXbox 360オリジナルモードだったのだが、アーケード版をやり込んでいる皆さんには問題なし!?

▲スコアアタック大会に優勝した、ハンドルネーム、もんさん(左から3人目)は、優勝賞品としてシューター御用達のホリのファイティングスティックEX2とXbox 360のシューティングソフト詰め合わせセットをゲット! 5pb.のさかりまさきプロデューサー(左から2人目)と記念撮影。


 おつぎは、ケイブが満を持して2009年春に放つシューティング『デススマイルズ』のトークイベントが開催。ゲストとして登壇したのは、開発を担当したケイブのゲーム開発部長である池田恒基氏と、キャラクターデザインなどを担当した井上淳哉氏。『デススマイルズ』の見どころを語った。ちなみに、進行役はファミ通Xbox 360編集長の松井ムネタツが務めた。

 さて、同作がXbox 360参入第一弾となるケイブだが、池田氏は「Xbox 360にはシューティングが集まっていて、いい時期だということで参入しました。第一弾タイトルとしては、弊社のほかのタイトルも候補に挙がりましたが、(家庭のテレビにマッチしやすい)横スクロールということもあり、第一弾として『デススマイルズ』でいくことにしました」と発売までの経緯を語った。そして、「参入第一弾ということは、つぎも期待してよさそうですね?」との松井編集長の問いかけには、「できればつぎもやりたいです」と、Xbox 360へのさらなる展開に意欲を見せた。

 『デススマイルズ』では、予約特典として、“フルボイスDLCカード”がもらえる。こちらは、アーケード版でテキストのみで進行していたデモやイベントを、フルボイスで楽しめるダウンロードコンテンツ。いままで自身が手掛けてきたシューティングでは、脇役キャラの声をみずから担当していたという井上氏は、いままでは掛け声程度だったものが、今回の予約特典のために、初めて演技を求められる状況になったという。そのため、井上氏は収録のときはガチガチに緊張したとのことで、セリフがどうしても口にできなかったと裏話を披露。「ラスボスの演技をするときに、“きさまら”と言うつもりが、ずっと“きさらま”になってしまっていました」とコメントし、来場者を笑わせた。また、井上氏が新キャラクター、パイパーのデザインを担当した『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』では、「これまで“萌え”をあまり念頭に入れていなかったのですが、『デススマイルズ』で初めて“萌え”を意識して、さらにそれを推し進めようと思ったのが新キャラのバイバーです。作品のSF的な世界観を反映させて、『デススマイルズ』の“ゴシックロリータ”から“未来ロリータ”へと進化しました。さらには、私の好きな“ヤンデレ”や“キモかわいい”といったエッセンスも詰め込んでいますよ」とのことだ。

 また会場では、Xbox 360版(『デススマイルズ Ver.1.1』)ならではの新要素の数々が初紹介。池田氏によると、“パワーアップシステムの進化”や“アイテム取得方法の追加”など数々の新要素が加えられているXbox 360版だが、最大の注目点は“使い魔を右スティックで操作できるようになった点”とのこと。『デススマイルズ』では、自機キャラクターの近くに“使い魔”がいて、自機のショットに応じて敵を攻撃してくれるのだが、Xbox 360版では右スティックを駆使することで、自由に“使い魔”を動かせるようになったのだ。これにより、全方位の攻撃が可能になりそうだ。

▲『デススマイルズ』のトークショウに臨む、左からファミ通Xbox 360の松井編集長、ケイブの池田恒基、そしてマンガ家の井上淳哉氏。

▲Xbox 360版『デススマイルズ』の新要素も発表された。アーケード版のファンも納得の数々の変更点が。


 さらに、池田氏の口から、ソフトの発売とほぼ同時期に、『デススマイルズ メガブラックレーベル』のダウンロードコンテンツが配信されることも発表された。『デススマイルズ メガブラックレーベル』とは、いわば『デススマイルズ』のバージョンアップ版。こちらがダウンロードコンテンツとして配信されるということは、ファンにとっては何よりの贈り物と言えるだろう。そして、来場者にはさらにビッグなプレゼントが! トークショウのあとには、本邦初(!)のXbox 360版『デススマイルズ』の試遊が可能になったのだ。その人気たるやすさまじいもので、ほとんどの来場者が試遊を求め列を作るほど! サービス精神テンコ盛りの“Xbox 360 シューティング フェスタ!”に、シューターも大満足だったのでは?

▲Xbox 360版『デススマイルズ』が本邦初のプレイアブル可能に! 発売日は2009年春とのことだが、期待が膨らむばかり。

▲『デススマイルズ』を試遊した方には、特製マグカップがプレゼント! このイベントのためだけに用意されたという、超レアアイテムなのだ!

 

▲Xbox 360のシューティングファンが集まった“Xbox 360 シューティング フェスタ!”。結果として13タイトルが試遊可能だった。揃いも揃ったり!

 

▲なにげに大人気だったのが、Xbox LIVE アーケードタイトルの『R-TYPE DIMENSIONS』。往年のシューティングファンの血が騒ぐのか!? 残念ながら配信日は未定。


※Xbox.comはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

タイトーのAC新作『ミュージックダイバー(MUSIC DIVER)』先行体験レビュー。液晶画面をスティックで叩いていいの!? 新感覚音ゲーを初体験

2022年冬に稼働を予定しているアミューズメント施設向けの音楽体感演奏ゲーム『MUSIC DIVER』(ミュージック ダイバー)。2022年5月27日〜29日にロケテストも予定されている本作を先んじて体験することができたので、その感触をリポートする。

『パックマン』の歴史を辿る海外本『PAC-MAN: Birth of an Icon』著者インタビュー。シリーズの歴史を日本と米国の両面から追った、その制作秘話を語る

ビデオゲームの金字塔『パックマン』シリーズの40周年を記念した書籍『PAC-MAN: Birth of an Icon』が、海外限定で2021年11月9日に発売された。本記事では、その著者であるTim Lapetino氏と、Arjan Terpstra氏にインタビューをおこなった。

TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期が30分でわかる動画が公開中。7月放送開始の2期までに入門&復習したい人は必見

動画“30分でわかる!TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期”が公開中。30分で1期の各シーン、挿入歌を振り返っていく。

『クローズ×WORST - XROSS OVER -』6月末リリース予定。パズルを制して“最高の男”を目指せ。事前登録受付中

ソニックパワードは?橋ヒロシが描く人気不良漫画2作品を題材にしたスマホゲーム『クローズ×WORST - XROSS OVER -』を6月末にリリースすることを発表した。

『進撃の巨人』×福岡ソフトバンクホークスのコラボグッズが登場。ユニホームを着用したクールな立ち姿のエレンたちの描き下ろしイラストを使用

スペースエイジは、テレビアニメ『進撃の巨人』The Final Seasonと福岡ソフトバンクホークスのコラボグッズを発売した。グッズは、HAWKS STORE PayPayドーム店のほか、福岡ソフトバンクホークスのオンラインストアでも販売中。

『範馬刃牙』のアクションフィギュアがあみあみにて予約受付中。差し替え可能なハンドパーツやヘッドパーツで劇中のポーズを再現可能

2022年5月17日(火)、あみあみは“バキ アクションフィギュア 範馬刃牙”の予約を開始した。

百獣合体 ガオゴッドが食玩プラキット“SMP”に登場。『勇者特急マイトガイン』の原型モデルやアクションフィギュアプラキット“SMPキメポーズ”の情報も

2022年5月20日(金)、バンダイはプラキットブランド“SMP(SHOKUGAN MODELING PROJECT)”よりNo.100“百獣合体 ガオゴッド”(『百獣戦隊ガオレンジャー』)の予約をプレミアムバンダイにて開始。さらに『勇者特急マイトガイン』や『超獣戦隊ライブマン』の商品展開や新ブランド“SMPキメポーズ”の情報も解禁された。

『パックマン』が誕生した日。北米で大ヒットを記録して空前の“パックマンフィーバー”を巻き起こした伝説的ビデオゲーム【今日は何の日?】

過去のこの日にゲーム業界で何かあったのかを振り返る。1980年(昭和55年)5月22日は、アーケードゲームの『パックマン』が発表された日。

Switch/PS4『冥契のルペルカリア』の体験版が公開。小劇団を舞台に可憐なヒロインとの切なく悲しい物語を描いた恋愛アドベンチャー

2022年5月19日(木)、エンターグラムは、2022年6月23日(木)に発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『冥契のルペルカリア』について、体験版を公開した。

大型のゲーミングデバイスを安全に持ち運べる“マルチゲーミングリュック”が登場。大型アケコンやヘッドホンなどのガジェットを細かく分けて収納可能

ライラクスは、ゲーミングデバイス一式をまとめて収納できるマルチゲーミングリュックを発表した。2022年6月に発売予定で、価格は14080円[税込]。