携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 登場キャラやシステムの最新情報が明らかに! 『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』のプレミアイベント

登場キャラやシステムの最新情報が明らかに! 『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』のプレミアイベント

2008/11/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新情報発表あり、体験試遊あり、ゲーム大会ありでお腹いっぱい

 

 “SNKプレイモア・アルカディア共催 THE KING OF FIGHTERS XII プレミアイベント”が、2008年11月29日にエンターブレイン本社2階のWinPa(ウィンパ)で行われた。

 

 2009年4月に稼動予定のアーケード版『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の最新バージョン(全キャラクターの搭載、システムのフル実装)や、2009年発売予定のプレイステーション2用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッド マッチ』の最新バージョンの試遊台が置かれ、来場者は自由にプレイすることができた。

 

▲最新バージョンの『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』がプレイできるとあって、来場者は試遊台に釘づけに。3回勝つか、1回負けたらつぎの人に台を譲るルールで行われた。

 

▲こちらは『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッド マッチ』の体験コーナーの様子。ボスキャラクターを見ることもできるとあって、こちらの試遊台も人気だった。

 

 『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の開発者トークセッションには、プロデューサーの久木野雅昭氏、プランナーの山本圭氏がゲストとして登場。今作は、これまで14人のキャラクターが公開されているが、このトークセッションで残りの6キャラクターが明らかにされた(うち3キャラクターは、2008年11月29日発売の月刊アルカディアでも掲載)。気になるキャラクターは、下でも紹介しているが、クラーク・スティル、大門五郎、ジョー・東、デュオロン、椎拳崇、鎮元斎。キャラクターについて久木野氏は、「『KOF』シリーズのキャラクターは存在感が強く、今作に誰を登場させるかとても悩ましかった。『KOF』らしさを表現でき、新システムに合う格闘スタイルを持ったキャラクターを選びました」とコメント。

 

▲『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の開発に携わる久木野氏(上の写真右)、山本氏(上の写真左)によるトークセッションでは、ファンの心が躍るキャラクターやシステムに関する情報が飛び出した。

 

 新システムの“相殺”、“クリティカルカウンター”、“ガードアタック”。これについて山本氏は、「相殺は、戦いの駆け引きになるポイント。必殺技や強攻撃により発生します。相殺後の動きかたでダメージをたくさん与えられるチャンスが生まれるし、逆に相手からの猛攻を受ける場合もあります。相手の攻撃を潰したあとに、一定時間好きな攻撃を叩き込めるのがクリティカルカウンター。このとき超必殺技をくり出すと、ド派手な演出を見ることができます」と説明。もうひとつのガードアタックは、相手の攻撃を無効化し、強烈な反撃ができる切り返しのシステム。「今作はお互いがガンガン攻め合えるゲームにしたいので、攻めているほうが有利なシステムを入れていますが、攻められているほうに切り返せるチャンスを与えてくれるのがガードアタックです」(山本)。

 

 そして久木野氏から「年内にはロケテストをやりたいと思っています」という、うれしい発表も。両氏は「今日のイベントで気になったこと、感想、厳しい意見などをアンケートに書いていただければ、参考にさせていただきます」と来場者に挨拶をした。

 

▲白熱のバトルがくり広げられた『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』のゲーム大会には、抽選で選ばれた16名が参加。トーナメント形式で進行していった。

 

▲ネオジオ博士による『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッド マッチ』特別講座。ネオジオ博士は「『2002』は『98』同様、高い評価を受けているシリーズ作品。それを『アンリミテッド マッチ』として発売します。登場キャラクターは史上最多の66人で、ゲームバランスも再構築されています」と紹介。各種モードを紹介しつつ、スクリーンではチャレンジモードの実演が行われた。

 

▲今回の体験プレイでアンケートに答えた人を対象にした『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズの関連グッズプレゼントコーナーも行われた。こちらはイベントのMCを務めた月刊アルカディアの猿渡編集長。

 

●プレミアイベントで明らかになった新情報を一挙お届け!

 

『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』
新たに公開された6キャラクター

【タフ&クール】
クラーク・スティル
(Clark Still)

【聳え立つ嵐の山】
大門 五郎
(Goro Daimon)

【若きムエタイ・チャンプ】
ジョー・東
(Joe Higashi)

【静かなる暗殺者】
デュオロン
(Duo Lon )

【小龍飛天】
椎拳崇
(Sie Kensou)

【斗酒拳聖】
鎮元斎
(Chin Gentsai)

 

『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』
20人のキャラクター大集合!

 

【相殺】……強攻撃、必殺技、超必殺技など、おなじ強度の攻撃がぶつかり合ったときに発生。お互いの攻撃効果を打ち消し合い、従来よりもテンポのよい駆け引きを発生させるシステム。

 

【クリティカルカウンター】……近距離攻撃をもって、相手の攻撃を潰したうえで発生するカウンターヒットシステム。クリティカルカウンターが発生すると、相手は特殊なダメージ状態となり、攻撃側は一定時間好きな攻撃を叩き込むことができる。※写真、下の2枚はクリティカルカウンターの超必殺版。

 

【ガードアタック】……相手の攻撃を切り返すシステム。攻撃の対処法がわからなかったり、追い詰めた相手に暴れられたときなどが、相手の打撃を無効化して、反撃に転じられるガードアタックを決めるチャンスだ。

 

▲2008年11月29日より、『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の公式サイトがリニューアルされているので、そちらもチェック!

 

※『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『バリアント ハート カミングホーム』レビュー。第一次世界大戦で活躍したハーレム・ヘルファイターズの軌跡を追うパズルアドベンチャー

第一次世界大戦中を舞台にした『バリアント ハート ザ グレイト ウォー』の続編となる『Valiant Hearts: Coming Home(バリアント ハート カミングホーム)』が、2023年2月1日より配信される。本作はモバイル向けにNetflixアプリ上にて配信を予定しており、Netflix会員限定でプレイできるタイトルだ。ここでは、同作のレビューをお届けしよう。

『FF14』“絶オメガ検証戦”不正行為に関して吉田直樹氏よりお知らせ。外部ツール使用と調査、ペナルティ付与について言及

サービス中のオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』のパッチ6.31でリリースされた“絶オメガ検証戦”の不正行為について、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏によるお知らせが公開された。

【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】

『FGO』ストーリー第2部 第7章“黄金樹海紀行 ナウイ・ミクトラン”後編の攻略情報を随時更新でお届け。敵の編成やギミックの確認に役立ててほしい。

『龍が如く』ぬいぐるみ&缶バッジセットが予約受付中。桐生一馬や錦山彰など全6種。真島の兄さんの瞳が星型でキュート!

セガストアにて、『龍が如く』ぬいぐるみ&缶バッジセットが予約受付中。桐生一馬や真島吾朗など全6種がラインアップ。

【エヴァ】“真希波・マリ・イラストリアス”のプラモデルが予約中! グッドスマイルオンラインショップ限定の購入特典も

マックスファクトリーから“真希波・マリ・イラストリアス”が自由に組み立て、塗装ができるプラスチックモデルで登場。グッドスマイルオンラインショップ限定特典もお見逃しなく。

『フォートナイト』×『ドラゴンボール』コラボ第2弾が開催。孫悟飯&ピッコロが登場し、かめはめ波と筋斗雲も復活!

『フォートナイト』と『ドラゴンボール』コラボ第2弾が、1月31日より開始される。孫悟飯&ピッコロが登場!

『龍が如く 維新! 極』剣や銃、拳を同時に扱うことが魅力である本作の戦術に影響する4つのバトルシステムがついに公開

バリエーション豊富な4つのバトルシステムがついに詳細まで公開。剣や銃、拳を扱って好みのバトルスタイルで戦闘できる本作の魅力は必見だ。

『ポケモンSV』動画:チャンピオンロード攻略(前半)を公開!【ファミ通攻略 Ch】

チャンピオンロードの4人のジムリーダー、カエデ、コルサ、ナンジャモ、ハイダイ戦の攻略動画を公開。