携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 登場キャラやシステムの最新情報が明らかに! 『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』のプレミアイベント

登場キャラやシステムの最新情報が明らかに! 『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』のプレミアイベント

2008/11/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新情報発表あり、体験試遊あり、ゲーム大会ありでお腹いっぱい

 

 “SNKプレイモア・アルカディア共催 THE KING OF FIGHTERS XII プレミアイベント”が、2008年11月29日にエンターブレイン本社2階のWinPa(ウィンパ)で行われた。

 

 2009年4月に稼動予定のアーケード版『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の最新バージョン(全キャラクターの搭載、システムのフル実装)や、2009年発売予定のプレイステーション2用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッド マッチ』の最新バージョンの試遊台が置かれ、来場者は自由にプレイすることができた。

 

▲最新バージョンの『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』がプレイできるとあって、来場者は試遊台に釘づけに。3回勝つか、1回負けたらつぎの人に台を譲るルールで行われた。

 

▲こちらは『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッド マッチ』の体験コーナーの様子。ボスキャラクターを見ることもできるとあって、こちらの試遊台も人気だった。

 

 『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の開発者トークセッションには、プロデューサーの久木野雅昭氏、プランナーの山本圭氏がゲストとして登場。今作は、これまで14人のキャラクターが公開されているが、このトークセッションで残りの6キャラクターが明らかにされた(うち3キャラクターは、2008年11月29日発売の月刊アルカディアでも掲載)。気になるキャラクターは、下でも紹介しているが、クラーク・スティル、大門五郎、ジョー・東、デュオロン、椎拳崇、鎮元斎。キャラクターについて久木野氏は、「『KOF』シリーズのキャラクターは存在感が強く、今作に誰を登場させるかとても悩ましかった。『KOF』らしさを表現でき、新システムに合う格闘スタイルを持ったキャラクターを選びました」とコメント。

 

▲『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の開発に携わる久木野氏(上の写真右)、山本氏(上の写真左)によるトークセッションでは、ファンの心が躍るキャラクターやシステムに関する情報が飛び出した。

 

 新システムの“相殺”、“クリティカルカウンター”、“ガードアタック”。これについて山本氏は、「相殺は、戦いの駆け引きになるポイント。必殺技や強攻撃により発生します。相殺後の動きかたでダメージをたくさん与えられるチャンスが生まれるし、逆に相手からの猛攻を受ける場合もあります。相手の攻撃を潰したあとに、一定時間好きな攻撃を叩き込めるのがクリティカルカウンター。このとき超必殺技をくり出すと、ド派手な演出を見ることができます」と説明。もうひとつのガードアタックは、相手の攻撃を無効化し、強烈な反撃ができる切り返しのシステム。「今作はお互いがガンガン攻め合えるゲームにしたいので、攻めているほうが有利なシステムを入れていますが、攻められているほうに切り返せるチャンスを与えてくれるのがガードアタックです」(山本)。

 

 そして久木野氏から「年内にはロケテストをやりたいと思っています」という、うれしい発表も。両氏は「今日のイベントで気になったこと、感想、厳しい意見などをアンケートに書いていただければ、参考にさせていただきます」と来場者に挨拶をした。

 

▲白熱のバトルがくり広げられた『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』のゲーム大会には、抽選で選ばれた16名が参加。トーナメント形式で進行していった。

 

▲ネオジオ博士による『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッド マッチ』特別講座。ネオジオ博士は「『2002』は『98』同様、高い評価を受けているシリーズ作品。それを『アンリミテッド マッチ』として発売します。登場キャラクターは史上最多の66人で、ゲームバランスも再構築されています」と紹介。各種モードを紹介しつつ、スクリーンではチャレンジモードの実演が行われた。

 

▲今回の体験プレイでアンケートに答えた人を対象にした『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズの関連グッズプレゼントコーナーも行われた。こちらはイベントのMCを務めた月刊アルカディアの猿渡編集長。

 

●プレミアイベントで明らかになった新情報を一挙お届け!

 

『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』
新たに公開された6キャラクター

【タフ&クール】
クラーク・スティル
(Clark Still)

【聳え立つ嵐の山】
大門 五郎
(Goro Daimon)

【若きムエタイ・チャンプ】
ジョー・東
(Joe Higashi)

【静かなる暗殺者】
デュオロン
(Duo Lon )

【小龍飛天】
椎拳崇
(Sie Kensou)

【斗酒拳聖】
鎮元斎
(Chin Gentsai)

 

『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』
20人のキャラクター大集合!

 

【相殺】……強攻撃、必殺技、超必殺技など、おなじ強度の攻撃がぶつかり合ったときに発生。お互いの攻撃効果を打ち消し合い、従来よりもテンポのよい駆け引きを発生させるシステム。

 

【クリティカルカウンター】……近距離攻撃をもって、相手の攻撃を潰したうえで発生するカウンターヒットシステム。クリティカルカウンターが発生すると、相手は特殊なダメージ状態となり、攻撃側は一定時間好きな攻撃を叩き込むことができる。※写真、下の2枚はクリティカルカウンターの超必殺版。

 

【ガードアタック】……相手の攻撃を切り返すシステム。攻撃の対処法がわからなかったり、追い詰めた相手に暴れられたときなどが、相手の打撃を無効化して、反撃に転じられるガードアタックを決めるチャンスだ。

 

▲2008年11月29日より、『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』の公式サイトがリニューアルされているので、そちらもチェック!

 

※『ザ・キング・オブ・ファイターズXII』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『DFFオペラオムニア』“シルバーウィークキャンペーン”がスタート。対象ガチャが初回10+1連無料など、お得なキャンペーンが開催中

スクウェア・エニックスは、アプリ『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』にて、“シルバーウィークキャンペーン”を開始した。

『ベルセルク』ウイスキー9月28日発売。ガッツ、グリフィスがラベルにプリントされた589本限定品

小学館集英社プロダクションは、『ベルセルク』ラベルの限定スコッチウイスキーを、ウイスキー専門サイト“WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)”にて2020年9月28日より発売する。

【週間PVランキング】PS5ショウケースが上位を席巻。『FF16』発表が圧巻の注目度【9/11〜9/17】

ファミ通ドットコムで2020年9月11日〜9月17日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をどうぞ。

天然? それとも計算?『デジモンアドベンチャー:』第15話、城戸丈の成長を促すゴマモンに視聴者も感心

2020年9月13日に放送された『デジモンアドベンチャー:』第15話“ズドモン 稲妻の鉄槌”。最年長メンバー・城戸丈の扱いかたが上手なゴマモンに、視聴者から「まさに天然の策士!」と称賛の声が寄せられている。

アニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』公式サイト公開。カウントダウン終了後に何が起こるのか?

aNCHORは、2020年9月19日(土)から9月20日(日)にかけて開催しているオンラインイベント“最終試験マブラヴ”にて、アニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』の最新情報を公開した。

『マブラヴ TDA04』最新イメージボードで神宮司まりもやあの人の姿が! “最終試験マブラヴ”最新情報まとめ

オンラインイベント“最終試験マブラヴ”に公開された『マブラヴ』関連の最新情報をまとめて紹介。『マブラヴ アンリミテッド ザ・デイアフター episode:04』の新規イメージボードも公開。

『ロストアーク』公式インタビュー形式で新情報を発表。嶋田P「ダンジョンのマッチングや各種取引所は全サーバー共通」

ゲームオンは新作PC用オンラインRPG『ロストアーク』において、公式インタビュー形式で新情報を公開した。

『機動警察パトレイバー後藤喜一ぴあ』10月1日発売。描き下ろし表紙解禁! カミソリ後藤か昼行灯か

ぴあは、2020年10月1日、『機動警察パトレイバー』に登場するキャラクター“後藤喜一”の魅力を徹底解説した書籍『機動警察パトレイバー後藤喜一ぴあ』を発売する。

【FGO】イベント“聖杯戦線”攻略まとめ。やり方や敵編成、基礎知識を紹介【ネコとバニーと聖杯戦争】

『FGO』の新規ボックスガチャイベント“影の国の舞闘会 〜ネコとバニーと聖杯戦争〜”で挑戦できる特殊なクエスト“聖杯戦線”の基礎知識ややり方、登場する敵サーヴァントやコツなどの攻略情報をお届けする。