携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 待望のニンテンドーDSiが発売、都内量販店の様子は?――池袋には400人以上

待望のニンテンドーDSiが発売、都内量販店の様子は?――池袋には400人以上

2008/11/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ビックカメラ池袋本店の行列は400人に達した

 

 写真の撮影、加工ができるDSiカメラや、音楽プレイヤーにもなるDSiサウンドなど、楽しみかたが広がるニンテンドーDS最新モデル“ニンテンドーDSi”。このニンテンドーDSiが、2008年11月1日に満を持して発売開始となった。ここでは、発売当日の都内量販店の様子をお届けする。

 

 通常、午前10時にオープンするビックカメラ池袋本店では、午前8時30分の段階で、すでに300人近くの行列が。「昨日(2008年10月31日)の午後9時くらいから並びにきました」とは、行列の先頭に並んでいた男性。今回はブラックを購入するそうで、「ニンテンドーDSもニンテンドーDS Liteも持っているんですが、ニンテンドーDS LiteとニンテンドーDSiを比較するために買います。DSiカメラにも興味があって、この機能を使ったゲームが出てきたら遊びたいなと思っています」とのこと。

 

▲ビックカメラ池袋本店の店頭を先頭に、中間地点を経由して最後尾は店舗裏にある公園まで伸びた。人数は約400人。

 

 午前9時30分には、400人を越す規模の行列となり、最後尾はビックカメラ池袋本店の裏側にある線路沿いの公園まで伸びていた。この状況に店側は、行列を先頭から店内の階段などに誘導し、混雑を軽減。そして、ニンテンドーDSiの販売だけ時間を早め、午前9時40分過ぎに販売を開始した。レジを観察してみると、ホワイトよりもブラックのほうが若干売れているな、という印象。本体だけでなく、ニンテンドーDSiで使えるアクセサリー類や、2008年11月1日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『歩いてわかる 生活リズムDS』(任天堂)、『ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-』(スクウェア・エニックス)などを合わせて購入する人の姿も見られた。

 

▲そして午前9時40分を過ぎてニンテンドーDSiの販売がスタート。店頭レジ、1階総合カウンター、4階おもちゃ売り場はフル回転。午前11時まえに行列はようやく落ち着いてきた。

 

 ちなみに、ビックカメラ広報によると、販売開始時に並んでいた人には全員行き渡るだけの在庫があるようだが、今日の夕方まで持つかどうかはわからないとのこと。

 

▲親子連れから若い男女、年配者など、ニンテンドーDSiの購入者層はじつにさまざま。


 一方、秋葉原にあるヨドバシAkibaは大行列ができることを予想してか今回は予約販売のみ実施し、当日販売を行わないという対応。店頭にはその旨を伝える看板も立てられ、話題商品の発売日とは思えないほどの落ち着いたオープンを迎えた。なお、売場担当によれば現時点で店頭には発売翌日までの予約販売分しか用意されておらず、次回入荷予定は未定とのこと。


▲今回は予約販売のみ行ったヨドバシAkiba。そのため、目立った行列は見られなかった。


▲午前9時30分のオープン直前に予約済みの人たち30名ほどが列を作ったが、大きな混乱もなく販売が開始された。


▲確実に入手できる安心感からか、すぐにレジへ向かわずいちどソフトを眺めてからニンテンドーDSiを購入するという人も見られた。


▲店内にはニンテンドーDSiの発売に合わせて、DSi専用周辺機器のコーナーが設置されていた。


 ヨドバシAkiba以外の秋葉原にある量販店はどうだったか。アソビットゲームシティ、ソフマップ秋葉原本館には大行列とまではいかないものの、それぞれ開店まえから50名以上の購入希望者が列を作った。アソビットゲームシティは午前9時の時点で整理券の配布が終了。オープンを待たずして完売となった。ソフマップ秋葉原本館はWhite(ホワイト)とBlack(ブラック)をそれぞれ30台ずつ、計60台の当日販売分を用意。開店1時間まえに整理券の配布が行われ、Black(ブラック)は早々に完売。White(ホワイト)もかなりの品薄という状況になっていた。

▲アソビットゲームシティはオープンを待たずして完売。ちなみに、さきに売れきれたのはソフマップと同じくBlack(ブラック)。


▲ソフマップでは予約販売と当日販売を並行して実施。ヨドバシAkibaが予約販売だけと知り、こちらへ並んだ人もいたようだ。


 池袋に比べるとかなり静かな印象だった秋葉原周辺の量販店だが、その一因にはやはりヨドバシAkibaの予約販売実施があげられるだろう。ヨドバシAkibaではこれまで予約販売を原則行ってこなかったため、今回の対応は異例とも言える。ただし、売場担当によれば予約販売を引き続き実施していくどうかは現状未定とのことなので、ゲームファンが心を躍らせるあの大行列は今後も見られそうだ。


※ついに発売!ニンテンドーDSiの魅力を写真で徹底解剖
※ニンテンドーDS公式サイトはこちら

※ビックカメラ池袋本店公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『シティーハンター』冴羽?、槇村香をイメージしたハンドクリーム、海坊主と美樹をイメージしたロールオンフレグランスが登場

『シティーハンター』冴羽?、槇村香をイメージしたハンドクリーム、海坊主と美樹をイメージしたロールオンフレグランスの予約販売が開始された。

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が7月14日より大阪で開催。炭治郎&善逸の刀スプーン&フォークセット、禰豆子の木箱キーホルダーなど新グッズを販売

“『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展”が、2022年7月14日(木)〜9月4日(日)の期間、グランフロント大阪にて開催されることが決定した。

『フォールガイズ』Switch版、Xbox版が登場。さらに基本プレイ無料に。開発中のステージクリエイトモードの公開も

バトルロワイヤル型のオンライン対戦アクションゲーム『フォールガイズ』(Fall Guys)。本作の最新情報が公開され、基本プレイ無料化とクロスプレイ、クロスプログレッションに対応した新プラットフォームへの配信も発表された。

『Apexモバイル』先行プレイレビュー。射撃やアビリティ使用はすべてワンタップ! 限定モードのチームデスマッチでは6v6のスピーディーな撃ち合いを楽しめる

エレクトロニック・アーツより、バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』のスマートフォン版『Apex Legends Mobile』が、2022年5月18日(日本時間)より配信される。本稿ではスマホ画面での操作感や限定モード:チームデスマッチなどのプレイレビューをお届けする。

『Apexモバイル』各レジェンドのパークまとめ。ダウンした状態でも使えるレイスの虚空、範囲が狭くなるが360度スキャン可能なブラハなどモバイル限定システムをお届け

2022年5月18日より配信される『Apex Legends』のモバイル版『Apex Legends Mobile』において、限定システムであるパーク、フィニッシャー、アビリティをまとめてお届け!

『Apexモバイル』限定の新レジェンド“フェード”が参戦。無敵になる戦術で安全に退避し、ウルトでほかレジェンドを虚空へ送りつける!

2022年5月18日より配信される『Apex Legends』のモバイル版『Apex Legends Mobile』において、限定新レジェンド“フェード”が登場。パッシブ、戦術アビリティ、アルティメットなどの能力を紹介!

PS2『オーディンスフィア』15周年。終末に向かう世界を舞台に5人の主人公の物語が絡み合うRPG。幻想的なグラフィックと演劇調の掛け合いが心に残る【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2007年(平成19年)5月17日は、プレイステーション2用ソフト『オーディンスフィア』がアトラスから発売された日。本日で15周年を迎えた。

アニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』第2期が制作決定。放送時期は2023年を予定。本日(5/17)9時からABEMAにて第1期が一挙放送

本日2022年5月17 日(火)、テレビアニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』第2期の制作決定が発表された。アニメ第2期は2023年に放送予定。

『炎炎ノ消防隊』TVアニメ第3期&完全新作アプリゲーム化が決定。オンラインでの展覧会も開催

『炎炎ノ消防隊』テレビアニメ第3期、完全新作アプリゲーム『炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章』が発表された。

ホラーアクションADV『ザ・チャント』がPS5/XSX/Steam向けに今秋発売。絶海の孤島に負のエネルギーを餌にする“闇”が解き放たれる

Koch Mediaは『THE CHANT(ザ・チャント)』をプレイステーション5/Xbox Series X|S/Steam向けに今秋発売することを発表した。